王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

日本人誤認逮捕

2006-02-28 09:59:25 | 生活(地域)
日本人を旅券不携帯の疑いで誤認逮捕 埼玉県警川口署 (朝日新聞) - goo ニュース
ななーなんと 町を歩いていた日本人の若いご婦人が外国人と誤認され逮捕されてしまった

その婦人は25日土曜日地場を歩いているとき警官と行き会い目線を避けたらしい 加えて容貌が(東南アジア系)外国人に似ていたらしい そこで警官はピーンときたらしい
これは何か怪しいと そこで警官は“日本人ですか”との質問に“日本人です”と答えた後応答しなくなったと その後警察署へ任意同行となったらしい

そこ迄はわかる 犯罪の多くは現場の警察官のピーンと来たもので未然に防がれたり被害が軽いうちに抑止されている事が多いのであるから しかし署に着いて(報道によれば)徹夜で取り調べる緊急性がどこに有るのであろうか? ホリエモンだって園児2名殺害の容疑者であっても夜は寝ているのであろうに?
爺だって街中歩いていて“貴方は日本人か”と尋ねられたら答えに困る この様な長胴短足えらの張った顔を捉えて 言葉に詰まるよね

ショックで言葉が出なくなったとすればどうしたら良いのだ! 爺なら財布に運転免許証 たまに財布を忘れる それなら自宅の健康保険証 家人が不在で老妻始め子供達にに電話をしまくるのであるけど言葉が出ないとすれば出来ない相談だよね
外国人似の日本人は戦時中みたいに胸に名前血液型連絡先などの名札をしっかり縫い付けるとか金属板に必要情報を打ち込んだ迷子札もどきの物を首から掛ける様な時代なのであろうか どこか怪しい 何か一つ二つ本当の事が報道されていない



   
コメント (7)   トラックバック (6)

サマワ自衛隊 撤退

2006-02-27 15:26:28 | 政治
サマワ英軍「5、6月に撤退完了」 日本は時期明示せず (朝日新聞) - goo ニュース
先週末から英国で(多分ロンドンで)日米英豪軍の実務担当者がサマワ周辺の派遣軍撤退について話し合いを詰めているらしい
英軍は条件次第で5月か6月には撤退を完了すると報道している 英軍は南部に展開する兵数が日本に比べて多いにも拘らず決まれば引き足が早い 自衛隊は装甲車を始めかなりの重装備をしているが他国と違い自己の判断で自由な発砲攻撃を禁じられているから英又は豪軍の撤退に合わせ引き上げないとわが身が危ない

さて条件であるが(政治的)条件の事であろう 新政権発足が4月の予定であるが
首都バクダードではシーア派・スンニ派がお互いの寺院に攻撃を仕掛け国内の宗教戦争の様相をみせている 当初はフセイン残党による米英軍に対するゲリラ或いはテロ攻撃それに誘発される民族感情による外国軍に対する同様の攻撃 それがいまやイラク治安部隊のそれなりの編成と配置により外国軍直接攻撃よりイラク人同士による争いに見える

この状態を素人が見ても3月中に改善が見られると思えないから英軍が撤退するか否かは英国政府の政治的決断であろう
サマワの自衛隊もそうなれば英軍に踵を接して引き上げなければいけない 間違っても花びらを振りかけられてとか花束を贈られてなんてスケベ根性を起こしてはいけない 第9次派遣の要員が全員無事に帰国することが国家的イベントなのであるから

日米同盟のからみで“Boots on the ground(現地に兵を派兵せよ!)”と言われて自己の判断で発砲の出来ない軍隊を送ったのであるからとにかく拙速で良いから無事引き上げること

高校の頃の国文の授業で高名の木登りの話があったよね 木登りで一番難しいのは高い所から降りてきてあと地上一間(1.8メートル)位が一番危ない 気が緩んで思わず大怪我をするそうな

国内でも派遣軍に組み入れられたくないとして万引きをした中年の自衛官が出た(自白の信憑性を疑うけど)米軍はサマワに幹部級だけでも後始末の部隊にと強要している様子 

小泉総理ここはとにかく地上部隊は全員引き上げてその後の状況でよろず考えてください

コメント (3)   トラックバック (3)

冴えない前原代表

2006-02-26 12:57:09 | 政治と経済
今日は朝から雨 気温もあまり上がらない 花粉症の心配が無いのが良い
さてTV朝9時NHKの日曜討論、10時のサンデープロジェクトで永田議員の偽メールで何かをやるだろうと思ってみていた

どちらの番組にも民主党代表前原氏が登場 地方にいるのか二元放送になっていた
永田議員が堀江メールを掴んだとして仲介者でなく何故(ニュースの)出し元に確認をしなかったのかとの繰り返しての質問にのらりくらりと核心を外した回答をして永田氏の処遇についてもいつまでに如何すると明言しなかった まともな組織の長であるなら“一晩ゆっくり休養を与えましたから明日は這ってでもとか襟髪を掴んででも国民への説明会を開きます”位の発言はしなければいけない

サンデーの方では野田国対委員長が週明け頭のうちにはと田原氏に詰め寄られ答えていた フジテレビの番組では鳩山幹事長が一両日にも会見をと言う発言をしたらしい 元毎日の岸井さんが報道関係の組織でガセネタを元にこれだけの誤報をすれば記者は懲戒解雇、編集長も重い処分が当然 この問題は早く片付けて新たに疑惑解明に取り組むべしと 爺の意見とぴったり合う

前にも書いたけれど責任を感じてここは早く身を処した方が後があるような気がするのだけどね  まー前原さんの力量の限界なのであろう ♪駄目な 駄目な 本当に駄目な いつまで経っても駄目な私ねー♪ 野党第一党がこれでは困る

つまらないので一休み 12時過ぎから横浜国際女子駅伝を見ている 日本勢も雨の中頑張っているよー 本物は素人が見ても良く分かる 感動する 頑張れー
コメント (7)   トラックバック (12)

遺棄化学(毒ガス)兵器-満州敦化

2006-02-25 09:12:15 | 中国関連
中国に兵器引き渡し文書発見なら日本の処理義務なし 担当室長 (産経新聞) - goo ニュース
荒川選手の金メダル、民主党の偽メール事件でマスコミが賑わった昨日地味だが大切な応答が衆院内閣委員会であった 旧日本軍による遺棄化学兵器の処理費について日本が正式に引き渡した文書が明らかになればその費用を負担する義務がない旨の(政府側)答弁が民主党の質問に対してあった

昭和20年8月中国の日本軍は中国軍(蒋介石軍)に満州の日本軍はソ連軍に降伏し武装解除を受け武器弾薬は勿論戦車・飛行機・小艦艇の類まで相手側に引き渡し 日本軍降伏以降大陸は蒋介石軍と共産軍の内戦模様になりソ連軍より満州所在の大量の(日本軍)鹵獲兵器の供与を受けた共産軍は見る間に優勢となった 時は経って 1972年日中国交回復交渉でも満州(現在名東北三省)所在の遺棄化学兵器が問題になる事はなかった 1990年代になり湾岸戦争における化学兵器の被害後遺症が問題になり国連を舞台に1993年1月化学兵器禁止条約がまとまり日本も署名国となった
その後1995年批准国になる際東北三省での遺棄化学兵器の問題を知る関係者の危惧を考慮せず村山元首相と河野元外相が批准してしまった 両名は周辺の注意を無視して中国の首脳に東北三省での遺棄化学兵器処理を口約束した

1997年に中国が条約に批准すると同時に日本が安易に口約束した東北三省における遺棄化学兵器の処理が具体化した その9割が吉林省敦化のハルバ嶺(中朝ソ国境近く)に埋没されており当初日本側の見積もりでは60万発程と見られた その後の調査で40万発程と見積もられるようになると中国側は200万発と数を増やす始末 更に発掘処理される毒ガス弾にはたくさんのソ連製毒ガスがある事が分かってきている

当初700億円ほどを見積もっていた処理費が950億円を超え200万発の声とともに必要以上の規模の発電施設・ヘリポート・進入道路等建設を要求し国境地帯に日本の費用で軍事基地を作るかの様相を呈してきた 昨春?国会議員による調査団を送ろうとしたら泥濘を理由に断られたはづ その後どうなったかしら?

遺棄したのでなく引き渡したのであるから以降の管理責任はないのだよ 毒ガス処理の技術が中国にないならお手伝いするくらいの道義的責任はあるけど
しっかり歯止めを掛けないと税金が際限なく毟り取られる 

日本の宮本新中国大使さん 頑張ってよ
コメント (5)   トラックバック (5)

快挙 荒川 金!

2006-02-24 09:04:45 | 社会
おめでとう! おめでとう! やったー
  
トリノ冬のオリンピックであるが女子フィギュアースケートで荒川静香選手が見事金メダルに輝きました 優勝が決まった時の笑顔は内側から溢れ出るオーラで輝いて見えました

不振続きの日本陣営でしたが荒川さんのお陰で有終の美を飾ることが出来ました
三人娘の残り村主選手は4位 ミキティーは4回転ジャンプ失敗で15位の成績でした 渡部絵美さんの辛口前評が半分外れ半分中りでほっとしました

採点と技術の関係は分からないが素人目にもロシアのスルツカヤと米国のコーエンの優位は動かないものと思っていた 一部小さな声で二人がミスをすれば荒川も入賞の声もあった 爺は思っていたよ あの二人がミスなんかするかよと

荒川選手は堂々完璧の演技 ところが外国勢二人がよもやのミス あるのだねー
外部の期待・圧力、自分自身の焦り・あの演技をやらなければとの過度のモティベーション 等など 世界級でも(たまの)失敗があるのが分かった
ともかく荒川静香さんは平素の実力を全てだしその結果世界一と認定された
  
さて今後の荒川さんであるが競技スケートの業界からさっさと足を洗い別の仕事をするとかあっと言う間に結婚をして2児のママ コロコロに太って見違えてしまったとか “競技スケートは人生の通り道”とか言って 新しい日本人像をというか生き方を見せてほしい

写真は時事通信社

コメント (3)   トラックバック (62)