王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

吉と出るか凶と出るか、トランプ氏積極関与-ジョージア州上院決選投票

2020-12-31 11:24:07 | 米国(トランプ)関連
以下のブルムバーグの記事は5日に行われるジョージア州の上院議員検挙について共和党のベテラン市場調査員の話を引用して「トランプ大統領が投票前日共和党候補の応援に駆け付けるが、その様な肩入れに反して民主党に風が吹いてきた」との話を載せている。まあ、バイデン候補が共和党の州知事、州見長官に大統領と認定された事を基礎に書いてあるので反トランプ記事の一環ですかね?
これがジョージア州上院候補の写真です〈ネットより)

左から2人目 女性 ケリー・ロフラー議員、3人目デービッド・バーデュー議員
6日には昨日も書いた様に、ここをクリック⇒連邦議会合同会議が有りペンス副大統領の主宰で「代理人による大統領指名」の最終確認が行われます。
既にジョージア州を含む7州の共和党議員からは「バイデン候補勝利」の州知事の認定に反対の意見が出されていますから、これをどの様にペンス副大統領が扱うのか判りません。
前日のジョージア州上院選挙で共和党の2人が当選し、議会でも共和党から裏切り者が出ないとすれば、ペンス副大統領は「選挙人による大統領の指名」を主宰する意味があります。ここでもしトランプ大統領とバイデン候補が共に270票を取れないとすると、まず下院で50州で各州1票の26票を取った側が大統領で、下院は民主党多数とされていますからどうなるでしょうね?
仮に下院で決まらねば上院100人で一人1票だと共和党に芽が有りそうです。今回はどんな緊急動議が用意されているか想像がつきません。
こういうデリケートな話は日本のTVや新聞では流しませんからね!
もう少しきょろきょろする時間が有りそうです。
 
写真:ケリー・ロフラー候補

ブルムバーグ:
決選投票が来年1月5日に行われ、上院の主導権を共和、民主党のどちらが握るかが決まる。その選挙戦終盤のキャンペーンにトランプ大統領が自ら積極的に関与しようとしている。
決選投票は、共和党現職のデービッド・パーデュー氏とケリー・ロフラー氏が、民主党候補のジョン・オソフ氏およびラファエル・ウォーノック氏と議席を争う。近く交代するトランプ大統領は投票前日の1月4日にジョージア州で開く集会で、共和党現職2人の応援に立つ予定だ。
  先月の大統領選で、バイデン次期大統領は1万2670票の僅差でトランプ氏を破り、ジョージア州の選挙人を獲得した。トランプ氏は、バイデン氏の勝利を正式に認定した同州のラッフェンスパーガー州務長官とケンプ知事(共に共和)を厳しく非難し、パーデュー氏とロフラー氏もラッフェンスパーガー氏の辞任を要求。同州の共和党陣営にトランプ氏が生んだ亀裂が、今回の決選投票にも影響する可能性がある。
  共和党のベテラン世論調査専門家フランク・ルンツ氏によれば、過去1週間から10日間でウォーノック氏がロフラー氏に追い付き、オソフ氏がパーデュー氏より優位に立つ情勢がデータで示された。トランプ氏の最近の動きで変化が生じ、共和党支持者の投票数を抑える方向に働いているという。
  ルンツ氏は27日のABCの番組で、「彼らは投票総数で全般に4ポイントリードしていたが、大統領のおかげで消え去った。驚くべきことだ。投票数に既に影響していると認識している」と語った。
(引用終わり)
コメント

草なぎ剛が電撃婚!お相手は一般女性…愛犬クルミの誕生日に婚姻届提出

2020-12-31 11:02:43 | 芸能
昨日30日元SMAPの草なぎ剛さん’46)が結婚した事が判ったそうです。最近香取君と頭髪のシャンプーか何かのCMで見ましたよ。お相手は一般女性との事で写真も紹介もないようです。別紙では都内に20億円と聞いただけで目を回す様な価格の豪邸を建築中だったとか。
晴れて添えることが公表できたのか? 縁あって結婚できるのか判りませんが、良かったですね! グッジョブ!!
幸せになってください。

写真::草なぎ剛君

デイリースポーツ:
元SMAPで俳優の草なぎ剛(46)が結婚したことが30日、分かった。報道各社への文書で発表。関係者によると、お相手は一般女性で、この日婚姻届を提出。新妻は妊娠していないという。ジャニーズ事務所を同時に退所し、「新しい地図」として活動を共にする稲垣吾郎(47)、香取慎吾(43)の中では、最初のゴールインとなった。

 長年、芸能界のトップを走り続けながらも、ラブロマンスが聞こえてこなかった草なぎが、電撃婚を果たした。近しい関係者にも、交際を知らせていなかったといい、ひっそりと愛を育んできたようだ。昨秋、都内に一軒家を建設中であることが報じられており、結婚準備を進めていたとみられる。

 40代半ばを超えて、最近では結婚願望を「この年だから、常にあるよね」と隠そうとはせず。好みのタイプに挙げていたのは、「クルミを好きでいてくれる人」。恋人に求めたのは、自身のインスタグラムに登場することも多い、愛犬のクルミ(フレンチ・ブルドック、メス)との相性だった。

 今年3月、クルミが3匹の子犬を出産。草なぎもミルクをあげるなど、「パパ、頑張ってます!」と“子育て”に励んでいた。結婚記念日に選んだ「12月30日」は、クルミの4歳の誕生日。草なぎらしい“親心”で、メモリアルデーを重ねることになった。
(引用終わり)
コメント

30日 【国内感染】新型コロナ59人死亡 3852人感染確認(22:30時点)

2020-12-31 09:08:13 | 新型コロナウイルス
昨日30日水曜日の全国の新型コロナウイルス感染者数は3852人と報告されました。26日の過去最多に次ぐ2番目に多い感染者数で、愛知県、福岡県では過去最多を更新しました。ガガーン 😨 ⤵⤵⤵
一週間前の23日水曜日の感染者数は、ここをクリック⇒3271人でしたから581人増えています。東京都は全国第1位の944人でこれは26日の過去最多に次ぐ2番目の感染者数ですが、前週の748人に比べ196人増えています。東京圏で神奈川県は全国2位の432人で、前週は346人でしたから86人増えました。埼玉県は5位の244人で、前週は230人でしたから14人増えました。千葉県は6位の218人で、前週は142人でしたから76人増えています。東京方面の1都3県で合計1838人は4地区とも増加という抑制のきかない状態を示しており、前週の1466人に比べ372人の増加となりました。この数が先刻の感染者に占める割合は48%で東京近郊での感染が盛んな事が判ります。
大阪府は3位の307人で、前週の312人に比べ7人減りましたが依然高止まりです。関西圏で兵庫県は8位の188人で、前週は169人でしたから19人増えました。京都府は10位の96人で、前週は88人でしたから8人増えています。大阪方面2府1県の合計は591人となり、前週は569人でしたから22人の増加で兵庫県と京都府の増加が止まりません。その他の道県で北海道は9位の133人で、前週は114人でしたから19人増えてしまいました。小樽当たりのクラスター発生とか! せっかく二桁に収まりつつあったのに残念です。愛知県は過去最多を更新して4位の294人は、前週の239人に比べ55人増えました。福岡県も過去最多を更新し7位の189人は前週の156人に比べ33人増えました。これに次いで11位は広島県の84人、12位は岐阜県の67人、13位は栃木県の56人、そして14位に心配な沖縄県が47人で入ります。前週は37人でしたから10人の増加で高止まりのうえ、医療崩壊が心配です。これに次いで11人の山口県まで20県が続きその後に1桁県がつながります。感染安全県と思った鳥取県7名、秋田、山形県各4人、岩手県2名などが心配です。
すでに年末年始が今日明日になってしまいました。
一般的市民は静かな引きこもり生活を続けるのが良さそうです。
良い新年をお迎えになるように祈念したします。

NHK:
30日はこれまでに全国で3841人の感染が発表されています。

また、兵庫県で11人、大阪府で8人、神奈川県で5人、東京都で4人、北海道で3人、愛知県で3人、群馬県で3人、京都府で2人、千葉県で2人、奈良県で2人、岐阜県で2人、三重県で1人、埼玉県で1人、宮城県で1人、岡山県で1人、岩手県で1人、広島県で1人、愛媛県で1人、熊本県で1人、福岡県で1人、福島県で1人、長崎県で1人、長野県で1人、静岡県で1人、鹿児島県で1人、の合わせて59人の死亡の発表がありました。

国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め23万1223人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて23万1935人となっています。

亡くなった人は国内で感染した人が3443人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3456人です。
各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は、累計で次のとおりです。

( )内は30日の新たな感染者数です。

▽東京都は5万8840人(944)
▽大阪府は2万9686人(307)
▽神奈川県は※2万674人(432)
▽愛知県は1万6333人(294)
▽埼玉県は1万3965人(244)
▽北海道は1万3275人(133)
▽千葉県は※1万811人(218)
▽兵庫県は※9812人(188)
▽福岡県は8774人(189)
▽沖縄県は5307人(47)
▽京都府は4694人(96)
▽広島県は3232人(84)
▽静岡県は2654人(46)
▽茨城県は2418人(37)
▽群馬県は2278人(56)
▽岐阜県は2209人(67)
▽宮城県は2165人(34)
▽奈良県は1925人(30)
▽熊本県は1843人(44)
▽栃木県は※1405人(56)
▽岡山県は1340人(32)
▽三重県は1273人(25)
▽長野県は1163人(23)
▽滋賀県は1154人(27)
▽石川県は1064人(14)
▽鹿児島県は1006人(13)
▽福島県は924人(17)
▽宮崎県は739人(12)
▽大分県は667人(13)
▽高知県は654人(12)
▽長崎県は626人(15)
▽和歌山県は607人(7)
▽山口県は572人(11)
▽山梨県は560人(13)
▽富山県は553人(3)
▽新潟県は532人(12)
▽佐賀県は464人(7)
▽青森県は459人(6)
▽愛媛県は457人(12)
▽山形県は382人(4)
▽岩手県は382人(2)
▽福井県は353人(3)
▽香川県は301人(5)
▽島根県は208人
▽徳島県は196人(1)
▽秋田県は136人(4)
▽鳥取県は118人(7)です。
(以下省略)
コメント

30日 NYダウ平均 73ドル高の3万409ドル…2日ぶりに最高値更新

2020-12-31 08:37:49 | 為替 ドル 株式
30日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は、ここをクリック⇒前日比73・89ドル高の3万409・56ドルとなり、2日ぶりに最高値を更新した。 
昨日30日NYダウ平均は2日ぶりに過去最高値を更新してめでたく引けました。1月6日の大統領選の決着になるか連邦議会の両院合同会議でペンス副大統領による、大統領選挙の選挙人投票の集計次第では「ウオール街にも激震がはしる」かも知れません。年内はめでたく3万409ドルの仕上がりおめでとうございました。

読売新聞:
30日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比73・89ドル高の3万409・56ドルとなり、2日ぶりに最高値を更新した。 
英政府が30日、英製薬大手アストラゼネカなどが開発した新型コロナウイルスワクチンを承認し、ワクチンの普及で世界経済が正常化に向かうとの期待が高まった。
 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は19・78ポイント高の1万2870・00だった。
(引用終わり)
コメント

トランプ氏支持の米ニューヨーク・ポスト紙、社説で「敗北を受け入れよ」

2020-12-30 10:27:39 | 米国(トランプ)関連
以下の参考記事は産経新聞の記者が28日タブロイド版のニューヨークタイムズ紙の社説を紹介する形になっています。趣旨は「敗北を受け入れよ」と上品な文字になっていますが紙面は「凶器の沙汰は止めろ」とあります。
バイデン候補側のいらだちが良く伝わってきます。
昨日も書いた様に、ここをクリック⇒トランプ大統領側は、1月6日のペンス副大統領主催の両院合同(選挙人確定)委員会で「各州議会による(形式的)選挙人票の報告数」を覆すことに全力を挙げている様です。昨日夜の動画でトランプ大統領が「1月6日 ワシントンで会いましょう」とツイートしたのは、トランプ大統領のサポーターによる遠いところは西海岸からの大型バスでの一大ツアーが企画されていて、大型バスの人も近くの人は自分の車で集まって一大イベントをやる様です。
ペンス大統領にも様々な脅しや家族を含む脅迫が寄せられているのでしょう?! リン・ウッド弁護士は「ペンス副大統領の当日の行動に注目している」と支援とも監視ともとれる発言をしています。
シドニー・パウエル弁護士による、主に Dominion社の集票計算器による「バイデン候補優位とする投票数水増し不正行為」については6日までに最高裁が判断を下すとは思われないので連邦議会を通じて法律に則り解決する努力をする様です。それには5日ジョージア州での上院議員選挙の最終戦で共和党議員が2名選出されなければなりません。また議会で共和党員でも民主党べったりとか中国企業とズブズブと知られている共和党の大物も複数います。国民のサポートがある事を示して、それらの人の裏切りや日和見の態度に規制を掛けないといけません。実に微妙ですね!
米国の大手メディアがトランプ大統領側の情報を流しませんから、日本の主流メディアもそれを流しません。でも丁寧に拾ってゆくと目下1月6日は一つ目の天王山であることは疑いう有りません。もう少し辺りをきょろきょろしてみます。

写真:「狂気の沙汰を終わらせて」との見出しを1面に掲げて、トランプ米大統領に大統領選の敗北受け入れを迫った米紙ニューヨーク・ポスト 

産経新聞:
11月の米大統領選でトランプ大統領への支持を表明した米タブロイド紙ニューヨーク・ポストは28日付社説で、民主党のバイデン前副大統領の勝利を認めようとしないトランプ氏に選挙の敗北を受け入れるよう呼びかけた。
 トランプ氏はワシントン・ポストなど主要紙の購読を停止する一方、ニューヨーク・ポストを愛読しているとされ、同氏がどう反応するかが注目される。
 同紙は1面にトランプ氏の写真と一緒に「大統領、狂気の沙汰を終わらせて」との見出しを掲げ、「暗黒の茶番劇に幕を下ろすときが来た」と訴えた。
 社説は、来年1月6日に上下両院合同会議で選挙人投票の結果が正式承認されることに関し、トランプ氏が結果を覆そうと共和党議員らに異議を唱えるよう呼びかけているのは「非民主的な政変を後押しする行為だ」と批判した。
 また、トランプ氏には選挙の不正を追及する権利があるとしつつ、不正を示す証拠は「何一つ見つからなかった」と指摘。さらに、集計機に不正があったと陰謀論を唱えるシドニー・パウエル弁護士を「正気でない人物」、政権に戒厳令の布告を推奨するフリン元大統領補佐官を「国家反逆罪に値する」と非難した。
 社説はその上で、共和党の将来に重要なのは、同党が上院の過半数を確保できるかを左右する1月5日の南部ジョージア州での上院選2議席の決選投票だと強調し、上院選に関心を集中させるべきだと訴えた。
 民主党が両議席を制して上院の過半数を奪回した場合、共和党でのトランプ氏の影響力が消滅するだけでなく、民主党も同氏の下での4年間を「1期限りの異常現象」と一蹴し、同氏は「世界の腐敗について吠(ほ)え立てるリア王と化すことになる」と警告した。
(引用終わり)
コメント