王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

7日 大谷翔平、33号“勝ち越し弾”と4三振 エンゼルス抑えがまさかの連続被弾で逆転負け

2022-09-08 10:03:23 | スポーツ
5日 エンゼルスの大谷翔平選手が31号ホームラン そして同試合で32号ホームランも打ち、これを喜ぼうかと思っていたら、7日(現地時間)2戦ぶりに
33号ソロホームランを打ったそうです。おめでとうございます !!
しかし、試合は、今¥のホームランで逆転はしたものの、九回にリリーフ左腕キハダがまさかの連続被弾で逆転負け。3連勝はならなかったそうです。
まあ、野球ですから一人だけ頑張っても勝てない日が有ると言う事で、これは残念でした。次回頑張って下さい!!

写真:エンゼルス・大谷翔平(提供・共同通信社) 

デイリー:
「エンゼルス4−5タイガース」(7日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)が「3番・指名打者」で出場し、2戦ぶり33号ソロを放つなど、5打数1安打1打点だった。試合は大谷の一発で一度は勝ち越したが、九回にリリーフ左腕キハダがまさかの連続被弾で逆転負け。3連勝はならなかった。

 気温37度の酷暑のアナハイム。大谷のバットが本拠地をさらに熱くした。3−3の七回。先頭で打席に立った大谷が代わったばかりの左腕チャフィンがカウント2−0から投じた148キロ内角シンカーを右中間席へたたき込んだ。飛距離122メートル、打球角度34度の豪快なアーチ。直近9試合で6本塁打。量産体制を継続させた。

 この日はスロースタートだった。初回無死一、二塁の好機。タイガースの先発右腕ハッチソンにカウント1−2と追い込まれた後、外角低めに沈む136キロチェンジアップにバットは空を切った。0−0の三回1死一、三塁の絶好機はワンボールから連続ファウルでワンツーとし、内角低めワンバウンドのスライダーに空振り三振。トラウトの4戦連発32号でリードを2点に広げた直後、五回の打席は2番手ベストにフルカウントから内角高めのボールになる154キロ直球に空振り三振を喫した。

 七回の一発は5日の試合から8打線連続無安打のうっ憤を晴らす一発。ダイヤモンドを回り、ベンチで祝福を受けた大谷は左翼フェンスのむこうにあるブルペンに向かって、あとは頼んだぞ!と言わんばかりに手を上げた。

 しかし、1点リードの九回に試合は暗転。抑えとしてマウンドに立ったキハダが8、9番を打つ新人2人にまさかの連続被弾で逆転される。

 大谷は1点を追う九回1死から打席に立ったが、剛腕守護神ソトにこの日4度目となる空振り三振。2死からレンヒーフォが左前打、ウォードが四球でサヨナラ機をつくったが、ダフィーが空振り三振に倒れて万事休す。チームは3連勝を逃した。

31日 大谷「凄くいいホームラン」日本人初2年連続30号 史上初「10勝&30発」とダブル達成

2022-09-02 09:08:53 | スポーツ
31日(日本時間1日)エンゼルスの大谷翔平投手がヤンキース戦の6回に30号逆転3ラン。この3連戦2度目の決勝弾で、チームを勝利に導いとスマホのニュースで知りました。頑張ってもチーム全体で点が取れず、「くたびれ儲け」みたいな日も有りましたが、この日は逆転3ランでチームを勝利に導き、その上2年連続30号は日本選手初で、「10勝&30発」はメジャー史上初の快挙 と「一粒で2度美味しい(に止まらず)3度も美味しい」機会をものにしました。
おめでとうございます! 
今シーズ後、31試合残しているそうで、怪我をしないで頑張って欲しいと思います!!!

写真: <エンゼルス・ヤンキース>6回、30号逆転3ランを放ち雄叫びを上げる大谷 

スポニチ:
◇ア・リーグ エンゼルス3―2ヤンキース(2022年8月31日 アナハイム)
 またも歴史を塗り替えた。エンゼルス・大谷翔平投手(28)が8月31日(日本時間1日)、ヤンキース戦の6回に30号逆転3ラン。この3連戦2度目の決勝弾で、チームを勝利に導いた。2年連続30号は日本選手初で、「10勝&30発」はメジャー史上初の快挙。ヤ軍のアーロン・ジャッジ外野手(30)との激しいMVP争いをモチベーションに、大谷は残り31試合も突き進む。
 時差があり、すでに深夜になっている米東海岸に向かい、実況アナが絶叫した。「オハヨウゴザイマ~ス、ニューヨーク!」。目が覚める。思わずベッドから飛び起きてしまうような、大谷の豪快すぎる打球だった。
 「最初の打席も惜しかった。チャンスが来たらもう1回打ちたい、と。凄くいいホームランだった」
 初回1死一塁では中堅への大飛球も、ヤ軍ヒックスにフェンス際で好捕された。だが、迎えた0―2の6回1死一、二塁だ。水原一平通訳に背中を両手で叩かれ、気合満点で臨んだ打席。剛腕・コールの97・9マイル(約157・5キロ)の直球を粉砕し、糸を引くような打球が中堅へと一直線に伸びる。30号逆転3ラン。一塁塁上でガッツポーズし、雄叫びを上げた。通算123本塁打で最も速い球を捉えた一発となった。
 同一シーズンの「10勝&30発」は大リーグ史上初。「単純にうれしい。安定してしっかり出続けられているのがいいところかな、と思う」と素直に喜んだ。ベンチに戻るとアデルらから紙コップの水をかけられる「リアルスプラッシュ」。過去2度はコップが空の「エアスプラッシュ」だったが、初めての祝福の儀式に驚きつつも、うれしそうだった。
 「(MVP争いは)もちろんモチベーションになる。今日のいい場面で打てたのもそうだけど、勝ちを意識して頑張ればおのずと数字はついてくるかなと思う」。チームのプレーオフ出場は絶望的。そんな中で大きな刺激を受けた3連戦だった。相手の主砲ジャッジはMVP争いの最右翼で、1、2戦目に連発し51本塁打。大谷が追いかける形となっているが「単純に凄いなと思って見ている。もちろん本塁打も凄いけど、今日も四球を取ったり打席のクオリティーが高い。見ているだけで勉強になる。素晴らしい打者」とライバルの存在を力に変える。
 今夏のトレード期限前には、ヤ軍も大谷獲得へ動いたことが米メディアで報じられた。17年オフのメジャー移籍時にも獲得に乗り出したヤ軍。去就が再燃することが必至の今オフに向け、再び強烈なインパクトをヤ軍に与えたと言ってもいい。8月は月別で今季最多の8本塁打。「ペース的には昨年ほどではないが、打席の内容は最近もいい」。残り31試合。全米を、そして日本を目覚めさせるショータイムはまだ、続く。(笹田 幸嗣通信員)
 ≪史上初2年連続 100奪三振&30本塁打≫大谷による同一シーズンでの10勝&30本塁打達成は大リーグ史上初。2桁勝利&2桁本塁打は他に1918年のベーブ・ルース(レッドソックス=13勝&11本塁打)しかおらず、19年のルースは9勝&29本塁打だった。大谷は投手として昨季が156奪三振、今季が176奪三振。投手として2年連続100奪三振をマークし、同時に2年連続30本塁打は大リーグ史上初となった。大谷が30号3ランとしたコールの直球97.9マイル(約157.5キロ)は、米移籍後に本塁打を放った球で最速。過去の最速は今年の6月25日のマリナーズ戦でのジルベルトから16号ソロを放った際の96.8マイル(約155.8キロ)。
(引用終わり)

27日 大谷翔平11勝目 7回2安打無失点9K

2022-08-28 09:34:23 | スポーツ
27日(現地時間)エンゼルス大谷翔平投手は「3番投手兼DH」で先発出場。今季最多の109球を投げ、7回を2安打無失点、9三振を奪い今季11勝目(8敗)を挙げた。バットの方は2打数無安打2四球だった。
おめでとうございます!
これでホームらも出ていると大騒ぎになる所でしたが、欲を言ってはいけません。
単純に喜んでいます!

写真:ブルージェイズ戦に先発し、力投するエンゼルス大谷(撮影・菅敏)

日刊スポーツ:
エンゼルス大谷翔平投手は「3番投手兼DH」で先発出場。今季最多の109球を投げ、7回を2安打無失点、9三振を奪い今季11勝目(8敗)を挙げた。バットの方は2打数無安打2四球だった。
エンゼルスは今季127試合目。大谷は7イニングを投げ今季の投球回が128回まで到達。現時点での規定投球回(127回)をクリアした。シーズンの規定投球回は162。初の規定クリアへ残り34イニングとなった。
(以下省略)

9日 大谷翔平「今の数字がどういう印象なのかとかは、あまり分からない」偉業達成もいつもと変わらず

2022-08-11 09:13:24 | スポーツ
9日(現地時間)エンゼルス大谷翔平投手(28)が1918年のベーブ・ルース以来史上2人目、104年ぶりに「2桁勝利&2桁本塁打」の大偉業を達成しました。
おめでとうございます!!
プロ野球ですから、当方が調子が良くても、相手がもっと強い日が有るかと思うと、投げて好調でも、味方打線が全く打てず、勝星が付かない日なども有って足踏みが続いていました。
25号ホームラン〈ネットより)

いま記事を見て改めて思いますが、べーブ・ルース104年振りだそうですから、新記録達成には時間が掛かるのは当然だったかも知れません!!
もう一回おめでとうございます!!!
余分な事は書かず単純に喜んでいます。

写真:アスレチックス対エンゼルス 5回裏、雄たけびを上げて力投するエンゼルス先発の大谷(撮影・狩俣裕三) 

日刊スポーツ:
<アスレチックス1−5エンゼルス>◇9日(日本時間10日)◇オークランドコロシアム
【オークランド(米カリフォルニア州)9日(日本時間10日)=四竈衛】エンゼルス大谷翔平投手(28)が1918年のベーブ・ルース以来史上2人目、104年ぶりに「2桁勝利&2桁本塁打」の大偉業を達成した。3日に7敗目を喫したアスレチックスとの連戦に、「2番投手兼DH」で出場。3回に打球が左足付近を直撃するアクシデントを乗り越え、6回を4安打無失点。2桁王手からのべ7度目の挑戦で、メジャーで自身初のシーズン10勝目(7敗)を挙げた。打席では4−0の7回先頭で、左投手のスライダーを引っ張り、右翼席へライナーで突き刺すダメ押しの25号ソロ。イチローを抜き、日本人歴代2位の118本塁打目で、日本人通算700号も飾った。登板試合では今季2発目。2安打1打点と「二刀流」全開で節目の記録を刻んだ。
    ◇    ◇    ◇
1世紀以上、だれも届かなかった領域に足を踏み入れても、周囲が拍子抜けするほど、いつもの大谷だった。「光栄なことだとはもちろん思いますけど、シーズン中とか、自分の今の数字がどういう印象なのかとかは、あまり分からない。終わった後に、どんなシーズンだったのかを振り返られればいいと思います」。大谷にすれば、9勝の次は10勝、24号の後は25号。ルースと比較される実感もなければ、偉業さえ、人ごとのようだった。
1918年(大7)の日本にはプロ野球もなく、第4回全国中等学校優勝野球大会(現全国高校野球選手権)が「米騒動」で中止になるなど、野球の黎明(れいめい)期だった。そんな時代に、米国ではルースが「二刀流」として2桁本塁打&2桁勝利を達成した。投手は形状が異なる球を投げ、打者は重く飛ばない球をこん棒のようなバットで振り抜く時代だった。投手の球種は基本的に、平均130キロ台とも推測される速球とカーブだけ。それでも、ルースの能力は群を抜いていた。試合後、洋酒のグラスを手に葉巻をくゆらせていても、グラウンドでは快投を演じ、アーチを連発。娯楽の少ない時代のスーパースターとしてファンを魅了した。
一方で、過去1世紀以上、「二刀流」の発想自体が封印されてきた。その間、用具の質や投打の技術は格段に進歩した。オフから肉体を鍛え、幾多のデータを基に科学的なトレーニングを進めることが当然となった。時速160キロ前後の速球に多彩な変化球を交える投手が激増し、細かいデータを重視。その結果、選手の役割の分業化が進み、より高度化した。だが、大谷はスペシャリスト育成の流れに逆らうかのように、メジャーでも少年時代と同じ「二刀流」を貫き、球界の常識を完全に覆した。
文字通り、100年に1人の逸材。それでも、大谷に偉業の実感はない。
「うーん、単純に2つやっている人がいなかったというだけかなと思うので。それが当たり前になってくれば、もしかしたら普通の数字かもしれないですし、それは単純にやっている人が少ないっていうことかなと思います」
2桁勝利と2桁本塁打が「普通の数字」。今の大谷のプレーを見て、天国のルースはどんな言葉をかけるだろうか。
(以下省略)

古江彩佳 参戦1年目で米女子ツアー初V

2022-08-01 09:29:15 | スポーツ
31日(現地時間)米女子ゴルフツアーのスコットランド・オープン最終日で米女子ツアー参戦1年目の古江彩佳(22=富士通)が念願のツアー初優勝を飾ったと報じられました。
4打差の9位から出た最終日は10バーディー、ボギーなしの62と記録的な猛チャージをみせ、通算21アンダーと独走。ハ・ミジョン(韓国)の大会記録(19年、20アンダー)を更新するビッグスコアで次週8月4日開幕のAIG全英女子オープン前哨戦を制した。おめでとうございます !!
お決りの優勝カップにキスをする写真が無いのは、日本選手の優勝は日本のメディアは無いと思いカメラマンを派遣しなかったのですかね? 喜びの瞬間は畑中プロが優勝した古江ポロを祝福する写真でカバーされています!
最終日、4打差の9位から出た最終日は10バーディー、ボギーなしの62と記録的な猛チャージをみせ、通算21アンダーと独走して優勝だそうですから、小型(154センチ)とは言いながらただ物では無さそうですね。
ひと時限りの喜びで終わらない様、これからも活躍されることを願って優勝をお祝い申し上げます。  おめでとうございました!!!

写真:<スコットランド女子オープン・最終日>優勝し畑岡の祝福に笑顔を見せる古江(撮影・西尾 大助)


スポニチアネックス:
 ◇米女子ゴルフツアー スコットランド・オープン最終日(2022年7月31日 英ゲイレス ダンドナルド・リンクス=6494ヤード、パー72)

 米女子ツアー参戦1年目の古江彩佳(22=富士通)が念願のツアー初優勝を飾った。4打差の9位から出た最終日は10バーディー、ボギーなしの62と記録的な猛チャージをみせ、通算21アンダーと独走。ハ・ミジョン(韓国)の大会記録(19年、20アンダー)を更新するビッグスコアで次週8月4日開幕のAIG全英女子オープン前哨戦を制した。
(以下省略)