王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

陛下60歳、公務の重み実感即位後初の記者会見

2020-02-23 09:15:29 | 天皇家
別紙の情報と合わせると、21日今上陛下は住まいの赤坂御所で即位後初めての記者会見を内外の記者46人を前にされ「天皇の一つ一つの公務の重みと、大切さを感じている」と即位後の約10カ月を振り返られたそうです。

その内容が今日23日0時00分、天皇誕生日のお言葉として抄録されました。
「たくさんの方々から頂いた祝福の気持ちを糧に、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、象徴としての責務を果たすべくなお一層努めてまいりたい」
60歳の還暦を迎え、「もう還暦ではなく、まだ還暦という思い」
「多くの人々と触れ合い、直接話を聞く機会を大切にしていきたい」

昨年5月に即位、ここをクリック⇒10月22日の即位礼正殿の儀と饗宴の儀では一大絵巻物を見ているような素晴らしさでいた。
それに続く、ここをクリック⇒令和2年の新年一般参賀の人波も国民の天皇家に対する敬愛と尊敬の情の表れでした。
その時のお言葉が「本年が災害のない安らかで良い年になるよう願っている」でした。
それが、1月下旬辺りから新型コロナウイルスの感染が日本でも問題になり、今ではすっかり世の中の雰囲気が暗くなりました。

勿論、今上陛下は日本国の象徴ですから、今の状態に何の政治的責任は無いのでが、余り時宜を得た会見とは成りませんでした。
行政府の長たる日本国首相 安倍晋三氏 としては恐懼し謹んで新型コロナウイルスの感染の囲い込みに全力を挙げて今上陛下の年頭の御心に応えて貰いたいものです。 本当にお願いします。

写真:赤坂御所で会社会見に応じる今上陛下

共同通信:
 天皇陛下は23日、60歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、住まいの赤坂御所で即位後初めて記者会見し、「天皇の一つ一つの公務の重みと、大切さを感じている」と即位後の約10カ月を振り返った。「たくさんの方々から頂いた祝福の気持ちを糧に、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、象徴としての責務を果たすべくなお一層努めてまいりたい」と決意を新たに示した。
 60歳の還暦を迎え、「もう還暦ではなく、まだ還暦という思い」と笑顔を見せた。今後は「多くの人々と触れ合い、直接話を聞く機会を大切にしていきたい」と述べた。
(引用終わり)
コメント

「災害のない安らかな年を願う」新年一般参賀、両陛下と上皇ご夫妻そろって

2020-01-02 16:53:00 | 天皇家
2日午前から一般参賀が皇居で行われました。
天皇皇后両陛下は宮殿のベランダにお立ちになり集まった人々の祝賀に笑顔で答えられました。
今日は5回お立ちましの予定で午前3回には上皇様ご夫妻もお立ちましだったとの事。
今上陛下は「新年を皆さん(国民)と祝うことをうれしく思い、我が国と政界の人々の幸せを祈る」とお言葉を述べられました。
又、昨年の台風などの被害に言及され「本年が災害のない安らかで良い年になるよう願っている」と発言されました。恐れ多い事ですが誠に以て仰せの通りでご座います!
ここまでは例年の通りなのです。
でも浜爺がおや?! と思ったのは、ベランダに皇族方が並んで参賀の皆さんに手を振る写真が無いのですよね!!
しかも、あちこちググると今上陛下ご夫妻がにこやかに手を振る写真と上皇陛下ご夫妻が親しく手を振られる写真が個別の写真としてあるのですが、ご一緒の場面のそれが仲々見つかりません。
あちこち探すとアップではありませんがある事はあるのですね。
これです。 日経電子版 より 

祝い事なのですから二重権力なんて変に気を回さないで親子が並んで国民の祝賀を受ける場面は感動的だと思うのですがね?!
上皇様ご夫妻 今上陛下ご夫妻 明けましておめでとうございます!!!!

写真:1度目のお立ちまし

毎日新聞:
新年恒例の一般参賀が2日午前、皇居で始まった。天皇、皇后両陛下らが宮殿のベランダに立ち、集まった人々の祝賀に笑顔で応えられた。天皇陛下は「新しい年を迎え、皆さんとともに祝うことをうれしく思います。年の始めにあたり、我が国と世界の人々の幸せを祈ります」とあいさつした。参賀は計5回予定されており、午前の3回は上皇ご夫妻も出席する。
 陛下はまた、昨年の台風などの災害にも言及し「いまだご苦労の多い生活をされている多くの方々の身を案じています。本年が災害のない安らかで良い年となるよう願っております」と述べた。
 午前10時10分ごろにあった1回目には、両陛下と秋篠宮ご夫妻、上皇ご夫妻ら15人がベランダに立った。2019年春の代替わり後、両陛下と上皇ご夫妻がそろって国民の前に姿を見せたのは初めてだった。【高島博之、和田武士】
(引用終わり)

コメント

令和初、皇居で新年祝賀陛下「国民の幸せ祈る」

2020-01-01 16:42:03 | 天皇家
1日午前、皇居・宮殿で「新年祝賀の儀」が開かれ天皇、皇后両陛下は皇族や三権の長らの新年のお祝いを受けました。
天皇陛下は「国民の幸せと国の発展を祈ります」と応じられたとあります。

今日の横浜は風もなく日中の気温は12度前後で穏やかな日和でした。
まずは、穏やかな令和の新年の始まりを共にお喜びいたします

写真:「新年祝賀の儀」であいさつされる今上陛下

共同通信:
令和初の新年を迎えた1日、天皇、皇后両陛下が皇族や三権の長らから新年のお祝いを受ける「新年祝賀の儀」が、皇居・宮殿で開かれ、天皇陛下は「国民の幸せと国の発展を祈ります」と応じられた。
 午前に宮殿「松の間」で秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまら皇族があいさつした。その後、両陛下は皇族と共に宮殿の各部屋を回り、安倍晋三首相や閣僚、衆参両院議長らの祝賀を受けた。上皇ご夫妻は参加せず、住まいの吹上仙洞御所で皇族や宮内庁職員らのあいさつに応じた。
 陛下は祝賀の儀に先立ち夜明け前に、皇居・神嘉殿前の庭で、国の安寧や豊作を祈る宮中祭祀「四方拝」に装束姿で臨んだ。
(引用終わり)
コメント

「大嘗宮の儀」15日未明に終了令和の安寧祈られる

2019-11-15 10:20:45 | 天皇家
昨日14日夕刻6時過ぎ食事で居間に集まりTVを見ていたら丁度、「大嘗祭」が新築された「大嘗の宮」で執り行われている場面がLIVEで映しました。
かがり火の光と侍従?が足元を照らす小さな松明しかありませんが、最新技術でしょうカメラは見事に対象を捉えていました。
今上陛下が「悠紀殿」とかに向かわれる様子が映し出されました。
この後そこで「東日本で採れた新米他を皇祖神に捧げ自らもいただく様です」
映像はそこまでで「悠紀殿」や「主基殿」内部の事は、天皇家の私事にわたるので国は関与しないとする苦心の策と思います。
大嘗の宮とはこんな様子です。(ネットより)

配置図はこんな風(ネットより)
祭祀を終えて赤坂御所へ 15日未明 (ネットより)

さてこの大嘗蔡(古くは新嘗祭)は中世の頃より一世一代の儀式となり戦国の乱で200年ほど中断したものの今日に続いて来たものだそうです。
神様の直系の子孫という(伝説を持ち)絶対の権威を持つ家柄としての天皇家が自分の家と合わせ国民の安寧と豊穣を祝う儀式のようです。
各メディアも書きませんが殿/館の内陣では「衾“ふとん”に包まれて皇祖神の神霊で生まれ変わりか、リフレッシュをイメージする儀式」が有った様です。
これは憲法が出来る前から「歴代天皇が務められてきた儀式なのです!

1945年の敗戦で国民の信仰を「政教の分離」というなじみのない戦後の「憲法」で私事と公的行事を「スパッと切り分ける」のは困難です。
戦後長い事掛けて政府も天皇家も「天皇家の私事の部分を切り分ける努力をして来ました」
何も天皇家が現行憲法下に「組み入れて下さい」と懇願したわけではありません。
戦後の国際政治、特に米国の意向が強く働いて「天皇(特に昭和帝)の御稜威」が憲法に「象徴天皇」という「木に竹を接いだような判らない制度が持ち込まれました」。
それを「平成の上皇/上皇后陛下が国民寄り添い国民の安寧をひたすら祈る」
との生き様/スタイルを確立されました。今上陛下は「そのスタイルを継続されるお気持ち」と拝察いたしました。
もう既に「キリスト教信者」から今回の一連の行事が憲法の「政教分離」に反すると訴訟の様です。また大嘗祭に掛る一連の行事で25億円(大嘗の宮のそれは9億6千万円とか)が無駄とか演説会で批判やら会合ツイッターなどで意見が投稿されている由。

国家予算100兆円を超える東アジア一番の優良にして穏やかな国が一代(ざっと25-30年に一度)の晴れの盛儀です。「即位立礼の儀」始め「祝賀パレード」でどれほどおとぎの国の様な夢の様に平和で穏やかな国柄を海外に示すことが出来たでしょうか!! この行事をイベントと捉えれば「Good Job !!」いやいや「Well done!!ですよ。
この後の「大饗の儀」も晴れやかに無事お開きとして欲しいものです。
これをやってこそ安倍首相は「行政府の長として一世一代の盛儀を取り仕切った貫目が認められます」
雑事に気を奪われない様18日までしっかりお願いします。

写真:祭場(悠紀殿)に向かわれる今上陛下

FNN PRIME:
皇位継承にともなう重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的な儀式、「大嘗宮の儀」が、14日の夕方から15日未明にかけて行われた。
「大嘗宮の儀」は、皇居・東御苑に建てられた大嘗宮で行われ、15日午前0時半ごろ、ほのかな明かりの中、陛下は最も格式の高い白い装束に身を包み、皇位のしるしである「剣」と「勾玉(まがたま)」をともない、「主基殿」へと進まれた。
皇后さまも、「おすべらかし」に髪を結い、純白の十二単姿で「帳殿」と呼ばれる建物に入り、拝礼された。
陛下は「主基殿」の中で、新米などを神々に供え、自らも口にし、五穀豊穣(ほうじょう)や国民の安寧(あんねい)を祈られ、午前3時15分ごろ、儀式は終了した。
これに先立ち14日夜、「悠紀殿」でも同様の儀式が行われ、およそ6時間に及ぶ重要な祭祀を終えた両陛下は、午前4時すぎ、皇居をあとにされた。
儀式には、安倍首相や三権の長など425人が参列し、16日と18日には、両陛下が参列者と食事を共にされる「大饗の儀」が行われる。(引用終わり)
コメント

写真で振り返る10日の祝賀パレード

2019-11-11 08:54:26 | 天皇家
昨日10日は天皇陛下即位の祝賀行事の内、最後となる「祝賀御列の儀」平らな言葉で「祝賀パレード」が行われました。
幸い日中は暖かく傘の心配のないまさにこの日のための様な穏やかな日和に恵まれました。
前日9日の「昼夜に国民祭典」が有るなんて知らなかった浜爺ですが、祝賀パレードは予定されており台風15,19と21号の被災者の気持ちを思い10日にその行列(パレード)を日延べにしたのですよね!
その気遣いはとても良かったと思います。被災地ではライフラインの復旧も目処がつき加えて仮堤防とか仮設橋の完成等で一息つきましたものね。
そのせいではないでしょうが、皇居から赤坂御所迄4キロ余り所用時間30分。400メートルの車列が時速10キロで通り過ぎるのに2分30秒程だそうですが、前日夕刻から並んだり、目抜きの場所に並ぶのに朝6時頃から「セキュリティーチェック」の場所に大勢の人が並んでいる映像が朝のTVニュースで流れていました。昼に見たスマホには「チェックに時間が掛ると警察官に文句を言った中年?の小父さんが「ポイント」からそのの一般スペースに追い出されていました。  汗 >
式典は午後3時 定刻通り始まりました。
堂々の車列
祝田橋付近
右側からの今上陛下

左側からの妃殿下

式典はテロは勿論の事、投石は愚か火炎瓶などの投げ込みもなく無事終了しました。御列を見守った国民は勿論、両陛下の晴れの盛儀に騒ぎなくお開きとはめでたい限りです。
昭和の21年からは戦争なし、平成の31年も戦争なしそして令和の時代も「日本」がアジア周辺国に迷惑を掛ける様な戦争や紛争が無い事を願います。
北の大国や西の大国もパレードには戦車部隊とミサイル車両の大行列ですがね ↓ ↓
浜爺は令和の終わりを見届ける事は無いとおもいますが孫たちのために本当にそう思います。
沿道に集まって即位をお祝いした11万9千人の思いも同様と思います。TVニュースでは昨日の夜そして今朝と昼も繰り返しパレードの映像をながしています。
一粒で3度も4度も楽しめます。

写真:祝福に応える両陛下

産経新聞:
 天皇陛下のご即位に伴うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」が10日、行われた。午後3時ごろに皇居・宮殿を出発したパレードの車列は赤坂御所までの約4・6キロを約30分かけて走行。にこやかな笑顔で手を振られる天皇、皇后両陛下に、沿道に詰めかけた国民が日の丸の小旗を振って祝福した。10日のパレードを写真で振り返る。
■早朝から沿道混雑 警察官約2万6000人態勢で警戒
 「すごい。もうこんなに人が集まってるんだ!?」。
 午前8時過ぎ、千葉県八街市から皇居近くの東京・二重橋前に到着した保育士、小林美恵子さん(56)は驚きの声を上げた。午前8時に開場した手荷物検査場所にはすでに長い行列ができ、一人一人、警察官から金属探知機でかばんの検査やボディーチェックを受けていた。
■両陛下、宮殿をご出発 パレード始まる
 天皇陛下が即位に伴い、皇后さまと一緒に車でパレードされる国事行為「祝賀御列(おんれつ)の儀」が10日午後、始まった。両陛下のお車を中心とした約400メートルにも及ぶ車列は同日午後3時ごろ、皇居・宮殿を出発した。宮殿前では、宮内庁や皇宮警察の職員ら計約600人が整列して見送った。
■「安泰を祈りたい」「ドレスお似合い」 皇居前広場で祝福の声
 「陛下」「皇后さま」。パレードの開始を告げる陸上自衛隊中央音楽隊による演奏が響き渡り、皇居・正門から警視庁の警備車両を先頭に車列が現れると熱気はピークに。安倍晋三首相や山本信一郎宮内庁長官を乗せた車が次々と二重橋前交差点へ出ていった。
■感動のパレード 目頭押さえられる皇后さま
 国会議事堂正門前に差し掛かったところで、左右を埋め尽くした人たちに手を振っていた皇后さまは、目頭を押さえるしぐさを見せられた。
■両陛下、赤坂御所ご到着
 車列は青山通りを青山一丁目交差点で大きく右に曲がり、赤坂御所へ向かった。平均で時速10キロほどのゆっくりとしたスピードで進み、沿道に集まった人たちは日の丸の小旗を振るなどして祝福した。
■両陛下はゆっくりとした足取りで赤坂御所内に
 赤坂御所では、両陛下のご到着に合わせて、皇宮警察本部の音楽隊が奉祝行進曲「令和」を演奏。続いて君が代が演奏され、両陛下はゆっくりとした足取りで赤坂御所内に入られた。(引用終わり)
コメント