王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

北海道 大地震 2日目 !!

2018-09-07 08:47:04 | 環境
死者9人に...続く捜索活動 北海道で震度7

北海道厚真を震源とする大地震は1夜明けて死者9名行方不明26名(発表の時間により多少の違い)が出ている様で厚真を中心に懸命の救出作業が続いている様です。

震度は6.7強から7に訂正されましたから大きな地震だと改めて分かりました。
阪神淡路大地震の大都市の直下を襲ったそれに比べると死者の数が少ない事はいくらか救われる気がしますが被害にあった関係者からすれば大切な一つの命ですもんね。数の多少でなく辛い事と思います。

さて札幌を中心に住民の食糧さえ潤沢で無くなっている時ですが千歳空港や苫小牧フェリー乗り場に居る観光客の生活も心配です。
緊急事態ですから空港ターミナルが機能しなくても応急の施設で臨時便を出すなんて事は考えないのですかね? 空自が施設を供与して飛行機は自前で良し民間機をチャーターして良し方法はあるような気がします。海路もそうですね。ここは海自のでばんとも居ます。
話は地元の生活に戻って苫東厚真の火力発電所が機能しないのは2次被害を大きくしています。
近隣の火力発電所が動きだし130万戸ほどが復旧したそうですがまだ半分以下ですね。
道南に物資を大量に送り込むには海路で函館、苫小牧や小樽場合によっては釧路あたりに上げて被災地に陸送ですかね?!
これも官民の密接な協力が必要になりそうです。
平成と言う時代30年は平均で経済の伸びがありますが優劣の格差ははっきりとして真ん中辺りではおこぼれにあずかれません。安全対策はすべて「有識者の意見」基準が設けられていますがどれも予想をはるかに超える雨や風そして台風の規模或いは自身の規模に翻弄され国民の財産は消耗しています。大きく見れば国力が落ちている事ですよね。
取り敢えず「応急、臨時や仮設」で拙速に被害に対し対応することをっ政府を始め地域の首長山にお願いをします。


写真:懸命の救出作業

FNN Prime:
北海道で、6日未明に発生した震度7の地震。

土砂崩れの現場では、懸命の救出活動が続いている。

土砂が、かなり広い範囲にわたって流れ出し、家屋、建物を押し流してしまっている状態となっていた。

避難した厚真町民は、「いきなり下から、ドンッて来て。横揺れがひどくて、もう家がつぶれるんだなっていうぐらい、見える範囲で、こうやって揺れてました」と話した。

6日未明、北海道胆振地方を襲った強い衝撃。

午後3時半ごろ、気象庁は、「(北海道)厚真町で震度7を観測していたことがわかりました」と発表した。

震度7に見舞われた北海道・厚真町では、全長およそ1kmにもわたる大規模な土砂崩れが発生。

住宅は、無残に押しつぶされていた。

厚真町民は、「どうにか、はって、はって、抜けられた。(妻と)必死に、お互いに声をかけながら」、「興奮していたので逃げた。『大丈夫か、大丈夫か』って」などと話した。

地震前の厚真町の様子。

山々のふもとに、住宅が立ち並んでいるが、今回の地震で、山の姿は一変し、大量の土砂が、住宅をのみ込んでしまったことがわかる。

別の地域でも、大量の土砂が道や川をふさいでいた。

この土砂崩れで、けがを負った男性。

押しつぶされた家で行われていた妹の捜索を、祈るように見つめていた。

妹の無事の知らせを待つ兄は、「妹の...、写真がきれいに出てきて、妹が使ってた高校のブレザーも出てきて」、「(昨日)いつも通り『おやすみ』って言って、それっきりなんで...」などと話していた。

夜を徹しての捜索活動が続いている。

また、震度5弱と推定される札幌市清田区では...。

地震の影響で、大きく地面が盛り下がっていた。

波打つ道、傾いた家、

高低差3メートルはあろうかという陥没した道を、自転車を押してのぼる人たちも。

札幌市清田区の住民は、「家がたぶん、ゆっくり下がっていったと思うんですよね。ギシギシとかじゃなくて、バキバキみたいな音しながら。あっちこっちでしてたんで」と語った。

札幌市清田区の住宅では、水道管の破裂や、液状化現象が発生。

道路は大きく陥没し、車が泥に埋まるなど、町の様子は大きく変わってしまった。

また、今回の地震では、停電や断水など、ライフラインにも深刻な影響が。

午前10時半ごろ、札幌市北区では、水を求めて100人以上の人が並んでいた。

トイレが使えない、あるいは洗い物ができないということで、水を求めて列を成していた。

また、午前11時半すぎ、最大震度5強を観測した札幌市北区の家電量販店前。

1,000人以上の行列ができ、モバイルバッテリー、乾電池、ライト、携帯のラジオを買い求めていた。

スーパーには、水や食料を買い求める人が並び、ガソリンスタンドにも、給油に訪れる車の列ができるなど、市民生活にも大きな支障が出ている。

この地震で、これまでに9人が死亡、360人以上が負傷し、いまだ28人の安否が不明のままとなっている。

気象庁によると、今後1週間程度は、最大震度7程度の地震に注意が必要としている。
(引用終わり)
コメント

北海道 厚真で 震度6強の地震 !!

2018-09-06 08:45:30 | 環境
〔北海道胆振中東部震度6強〕余震相次ぐ、安全確保を(6日6時45分現在)

今日6日未明(3時過ぎ)北海道厚真地区を震源とする震度6強の地震が起きました。

気象庁は地震の大きさを示すマグニチュードは6.7と報じています。
さて厚真がどこか地図で探しました。
千歳市の東南東20キロほど札幌市へは北東40キロほどの辺りです。
周辺に地震計が配置されていますが応答しない所があり震度はもっと大きいかも知れないそうです。

(朝日新聞航空機より)
内陸型としては大きいですよね。
孤立した集落にはすでに警察陸自のヘリが入った様で着のみ着のままの住人がヘリから降りる様子がTVニュースに映りました。
又周辺の大きな施設としてはまず千歳空港ですがターミナルビルが地震の被害で使用不能。空の便は全便欠航と張り紙が映りました。
更に鉄道の表玄関札幌駅では「午前中全便運行見合わせ」で待合室で状況待ちの旅客が大勢映りました。
そのほかライフラインの主力の電力ですが震源地に近い「苫東厚真火力発電所」を緊急停止したため道内の需給バランスが崩れ善導の送電が目下ストップ。295万所帯が停電している様です。
これについては世耕経産相が会見し水力発電を稼働させ苫東厚真の供給不足を解消し順次通電に努力すると述べました。病院はじめ流通業でも停電は困りますから早急な対応をお願いします。
不幸中の幸いは泊原発が停止中で地震による2次被害を受けずに済みました。
一昨日の台風21号の被害に次いで厚真の地震と何だか気持ちが落ち着きませんね。
官民あいまってしっかりと普及に取り組んでください。
お願いします。


写真:震度の速報

レスキューナウ:
6日03:08頃、北海道胆振地方中東部を震源とするM6.7・最大震度6強の地震以降、余震が相次いでいます。06:11頃にはM5.4・最大震度4の地震が発生し、緊急地震速報も出されました。
気象庁は05:10からの記者会見で、今後1週間程度は最大震度6強程度の揺れを伴う地震が、特に2、3日程度は規模の大きな地震の発生する可能性があるとしています。

【胆振地方中東部を震源とする地震(震度3以上)】〔気象庁〕
・6日06:32 M3.9 約40km 最大震度3(千歳市、安平町)
・6日06:11 M5.4 約40km 最大震度4(苫小牧市、三笠市、千歳市、恵庭市、南幌町、由仁町、安平町)
・6日06:04 M4.4 約40km 最大震度3(安平町)
・6日05:20 M3.9 約40km 最大震度3(安平町)
・6日05:13 M3.3 約30km 最大震度3(安平町)
・6日04:10 M4.7 約40km 最大震度3(千歳市、安平町)
・6日03:32 M4.6 約30km 最大震度3(千歳市、南幌町、安平町)
・6日03:23 M4.8 約30km 最大震度4(安平町)
・6日03:20 M5.3 約20km 最大震度3(函館市、室蘭市、苫小牧市、江別市、千歳市、登別市、鹿部町、安平町、新ひだか町)
・6日03:17 M4.7 約30km 最大震度3(札幌市北区、千歳市、石狩市、安平町、新ひだか町)

・6日03:08 M6.7 約40km 最大震度6強(安平町)

※胆振地方中東部を震源とする地震で、震度5弱以上を観測したのは過去2回。
・2017/07/01 23:45 M5.1 27km 最大震度5弱(安平町)
・2014/07/08 18:05 M5.6 3km 最大震度5弱(白老町)
(引用終わり)
コメント

関空 台風21号で冠水、連絡橋不通 大被害!!

2018-09-05 09:29:14 | 環境
関空で孤立5千人、船で輸送開始 臨時便運航、神戸空港へ

昨日4日昼頃徳島南部に上陸した台風21号はその後大阪や兵庫近辺を通過し北陸へ抜けました。
今朝5日のTVニュースでは視聴者がスマホで撮った映像を局で使い流していましたが強風でトラックやコンテナが紙の細工物の様に軽く飛んでいる様子が判りました。その他マンションや民家の屋根が飛び下を行く車や人が間一髪で事なきを得たような恐ろしい映像もありました。全域の被害はこれからの集計でしょうが風速の強さを警戒した早めの避難や準備が奏功して沢山の人命が失われるのは避けられた様です。

それでも関西空港への冠水と連絡橋へのタンカーの衝突と同橋の不通による被害は今後半年以上にわたり応急処置と修復工事が見込まれ観光客の減少や貨物の輸出入の減少などでGDPにも影響を与えるほどの被害の様です。
足止め客が3000人 関空のン関係者が1000人もいるとか?!

細かい事は分かりませんが官民総力を上げ英知を絞って空港機能の回復を図って欲しいものです。
今朝からは空港に取り残されたまずは観光客の救出にフェリーの運航が始まりました。
1隻80人乗りだそうで3000人を運び出すには終日掛りそうです。
命あっての物種だけどもう少し次の手はないですかね?
他の地区でのも被害に会われた方二お見舞いを申し上げます。

写真:朝1番フェリーで神戸港に上がる足止め客

共同通信:
台風21号の影響でタンカーが衝突して連絡橋が通行できず、約5千人が孤立した関西空港で、取り残された利用客らを、大阪湾を挟んだ神戸空港へ輸送する高速船の臨時運航が5日始まった。関西エアポートなどによると、高速船は関空と神戸空港を結ぶ110人乗りの定期船。3隻を15〜20分間隔で運航し、関空に残る客らをピストン輸送する。

 関空は安全確認のため5日は全便が欠航、復旧の見込みも未定という。

 関西エアポートなどは連絡橋で損傷がなかった車線の安全性を確認し、通行可能と判断できれば、孤立客をバスで対岸の大阪府泉佐野市などへ運ぶことも検討している。
(引用終わり)
コメント

非常に強い台風21号 日本を窺う ?!

2018-08-31 09:03:33 | 環境
21号「目がハッキリ」早くも非常に強い台風に…!週末さらに発達 本州直撃か?

今日は31日で8月もそして子供さんたちの夏休みも(一般的には)お仕舞です。
休み明けには度々もの自殺が多いとかで無理に学校に行くなとか識者の呼びかけも目に尽きます。
まあ7月の半ばから横浜では今日も暑い日が続いています。
明日は9月1日防災の日です。
それだからかそれとは関係なく台風21号が非常に強い台風に成長して?日本を窺っています。

目下のところ西寄りのコースの様ですが東に逸れれば関東方向もありとか?!
まあしっかり監視が必要です。
20号は警戒が奏功し極端な被害が出ずに済みました。
今回も厳重に警戒して軽くやり凄いたいものです。


写真:目のはっきりした21号

ハザードラボ:
気象庁によると、台風21号は30日午後、「非常に強い台風」に発達した。週末にかけてさらに成長し、「猛烈な勢力」になって、来週半ばにも列島を直撃する可能性が高くなってきた。

 30日午後3時現在、非常に強い台風21号の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 台風はマリアナ諸島近海を西へ向かって時速20キロで進んでおり、あす31日にはさらに発達。9月に入るころには、さらに強い「猛烈な勢力」に成長して四国の南の海上に到達。

 その後は停滞する高気圧の影響で進路を北寄りに変えながら、カーブを描くように北上を続け、来週4日には本州付近にかなり接近する見込みだ。

 5日先の進路予測を見ると、4日には西日本のほとんどが予報円の中に入ってきて、上陸する可能性も高いうえ、東寄りのコースを進めば、東海や関東を直撃する可能性もある。予報円はまだ大きいので、今後、進路が絞り込まれる見通しだが、台風の接近前から湿った空気の影響で、秋雨前線の活動が活発化して、雨が降ることも考えられる。

 9月は台風シーズンが本格化するうえ、1日は防災の日。今後も最新情報をチェックして、事前に十分な準備を行ってほしい。

■ハザードラボ「台風マップ」では、最新情報を更新しています。合わせてご利用ください。
コメント

台風20号 未明に日本海へ !!

2018-08-24 10:09:36 | 環境
台風20号、各地に爪痕 猛烈な風雨で負傷者続出

昨日23日夜7時頃のTVニュースは各局とも台風20号に対する報道で一杯でした。
室戸岬と徳島市あたりを目指している様でした。
今朝7時のニュースをTVで見ると未明に日本海に抜けかつ温帯低気圧に変わりつつある様子。
交通が乱れたほかそれなりの被害はあるようですが7月中旬の岡山、広島程のひどい被害はなかった様です。
ほっとしました。

台風20号の接近とともに19号の報道が消えてしまいましたが九州西方の会場をかすめ朝鮮半島に条理記していた様です。
これも温帯低気圧に変わり20号と合わせ東北の日本海側と北海道に大雨をもたらす恐れとか。嫌ですね。

さてここ横浜では20号の影響か未明から風交じりの雨が降りましたがさほどの事も無く住んでいます。
今も曇りぞれで風が残り時折小雨が降る程度で結構なお湿りという漢字です。
追って被害情報が判明するでしょうがひどい被害のない事を願っています。


写真;台風20号23日午後9時の位置(日テレ24)

共同通信:
徳島県や兵庫県に上陸した台風20号は24日未明には日本海に抜け、石川県輪島市沖を北寄りに進んだ。通過に伴って神戸市の神戸空港では1時間に136ミリの猛烈な雨を観測し、レーダー解析では京都府綾部市西部付近で約90ミリの雨が降った。和歌山・友ケ島では23日午後11時すぎに52.3メートルの最大瞬間風速を観測した。和歌山県新宮市では熊野川が氾濫。強い風にあおられて転倒し、けがをする人も相次いだ。

 台風は24日夜にかけて温帯低気圧に変わる見込み。朝鮮半島を進む台風19号も温帯低気圧に変わり、そろって北海道や東北北部に近づき、北日本で大雨になる地域がある見通しだ。
(引用終わり)
コメント