王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

牧之原で突風、10棟超損壊竜巻か、3人軽傷沼津でも被害

2021-05-02 08:30:30 | 環境
昨日1日夕刻7時頃牧野原市では竜巻などの突風により家屋など10棟以上に全壊や半壊の被害が有った他、トラックが横転したり軽トラックが飛び去る被害などが有った様です。牧之原市全域とか言えば激甚災害に成るかもしれませんが10棟くらいでは公的な援助は期待できないかもしれませんね。微妙な問題です。
この日は西から前線の移動で天候が悪くなるとの予報で、浜爺の済む横浜の北部でも午後3時過ぎに割と近くで雷が鳴り雨が激しく振り出し30分ほどで止みました。その後一休みで夕刻6時頃から雨降り8時頃から11時頃まで、しっかり風も交えて雨が降りました。
突然の竜巻で被害が出た住民の方々にお見舞い申し上げます。

写真:突風により散乱したとみられるがれき。横転しているトラックもあった=1日午後8時40分ごろ、牧之原市布引原(写真の一部を加工しています) 

静岡新聞:
 前線を伴った低気圧が接近、通過した影響で静岡県内は1日、暖かく湿った空気が流れ込み、局地的に大雨が降り強風が吹いた。牧之原市内では午後7時ごろ、突風による被害が多数発生。静岡地方気象台は目撃情報を元に「県中部で竜巻などの激しい突風が発生したとみられる」と発表した。静岡市消防局などによると、牧之原市内で3人が軽傷を負い病院に搬送された。割れたガラスで負傷したという。
 同市内で東名高速道相良牧之原インターチェンジ周辺の布引原地区から勝間田地区にかけてがれきが散乱し、倒れた電柱や倒木が道をふさぐなど大きな被害が出た。屋根が飛ぶなどして損壊した家屋は少なくとも10棟以上。がれきや倒れた電柱、倒木により通行できなくなっている道路も多数あるもよう。中部電力パワーグリッドによると、同市では約3千戸が停電した。
 布引原地区に住む女性(43)は「飛行機が離陸するときの『ゴー』というような音が近づいてきた。外を見るとトタン屋根などが飛んでいるのが見えた」と当時の様子を語った。自宅の屋根や雨戸が飛ぶなどした同地区の男性(54)は「家の前にあった2台の軽自動車がない。どこかへ飛ばされてしまった」と嘆いた。
 県内ではこのほか、沼津市下香貫で複数のトタン屋根の破片が突風で飛ばされた。破片は大きいもので縦約2メートル、横約4メートル。けが人はいなかった。付近の飲食店の男性店主(65)は「どこから飛んできたかわからない。落ちたことに気付かないほど雨と風が強かった」と驚いた様子だった。
(引用終わり)
コメント

「何も持たずに急いで逃げた」「津波のサイレン聞くと気持ち悪い」…沿岸部に緊張

2021-03-21 10:10:55 | 環境
昨日20日の午後6時過ぎ、夕食をしながらTVニュースで「武田総務祖言の接待問題の質疑の場面の後、元官僚の野党議員の話に切り替わった頃」、軽いめまいを感じたと思った後、かなり長い拠れが続きました。あ、地震だと老妻と火の元に気を付けた頃、TVの場面は宮城県近辺の地震速報と共に現地の放送局室内からの映像に切り替わりました。震度5強の地震で津波の警戒を呼び掛けていました。11日には各地で鎮魂の催しがなされたばかりで、さぞ驚いたことでしょう。おそらく地震の時間塾で言えば10年前の「東日本大震災」の余震の一部なんでしょうね?!
目下の所、甚大な被害は周辺部に起きなかった様でほっとしています。
今朝のTVも総務省の接待問題やコロナの緊急事態宣言解除後についてが焦点でしたから、田波による大被害などもなかったようで何よりでした。


写真: 塩釜市では、道路沿いののり面のコンクリート擁壁が地震の影響で崩れた(20日午後9時20分頃) 【読売新聞社】 

読売新聞:
「またか」「津波が来るのか」――。20日夕、宮城県内で最大震度5強を観測した地震は、津波注意報が発令され、沿岸部に緊張が走った。10年前に東日本大震災が起きた3月11日から1週間余り。2月13日にも最大震度6強の地震に見舞われたばかりで、改めて教訓の大切さを思い起こさせた。
 各消防によると、美里町の90歳代の女性と石巻市でも70歳代女性が頭や肩にけがを負った。いずれも救急搬送されたが命に別条はないという。このほか、岩沼市の40歳代女性が過呼吸を訴えて救急搬送された。気仙沼市の80歳代の女性が腰に軽いけがを負ったほか、仙台市でも40〜80歳代の女性4人が足などに軽いけがを負って救急搬送された。
 東北電力によると、仙台、栗原、登米、大和の4市町353戸で一時停電が発生した。
 東北新幹線やJR在来線が運転見合わせとなり、仙台駅では利用客らが案内板を心配そうに眺めていた。JR仙台駅前のタクシー乗り場では地震発生直後、乗車を待つ40〜50人の列ができた。富谷市の会社員の男性(24)は、発車直前の新幹線車内でそのまま20分ほど待たされたという。「揺れで車内は一時騒然となった。最近地震が多く、10年前のようで怖い」と声を震わせた。
 津波注意報を受けて、沿岸部の7市町に避難指示が出された。七ヶ浜と松島両町はそれぞれ全世帯の6765世帯1万8420人と5660世帯1万3623人が対象となった。このほか、亘理町2527世帯6911人、山元町718世帯1939人にも避難指示が出された。津波注意報の解除を受け、避難指示も解除された。
(以下省略)
コメント

発達する低気圧の影響で日本海側は数年に1度の猛吹雪のおそれ北海道

2021-02-16 10:18:51 | 環境
今朝のTVニュースの天気予報でも放映してましたが、16日は日本海側で猛吹雪の様です。横浜は快晴の15度前後で3月の陽気だそうです。
対した事が無いと良いのですが1月頃の北陸方面の豪雪による高速道での1日或いは2日に亘る交通止めみたいな渋滞が起きない事を願っておきます。

写真:発達する低気圧の影響で日本海側は数年に1度の猛吹雪のおそれ 北海道  

HBC北海道放送:
急速に発達する低気圧の影響で、16日は、日本海側で数年に1度の猛吹雪となるおそれがあります。

 道東は、このあと非常に強い風が吹き、16日から17日にかけては、日本海側を中心に見通しの全くきかない猛吹雪になる見込みで、気象台は外出を控えるよう呼びかけています。
 JRは、16日、宗谷線や留萌線など120本の運休を決めています。
 また、大潮の時期にあたるため、太平洋側東部では高潮に厳重な警戒が必要です。
 根室市は、1046世帯に避難準備情報を出し、根室市図書館など5か所で避難所を開設しています。
(引用終わり)
コメント

「10年前思い出した」=東北で震度6強、緊張走る―停電や断水、道路隆起も

2021-02-14 08:54:41 | 環境
昨日13日の夜11時8分(と気象庁は報じました)頃、かなり長いそしていつもより強い地震を感じました。これまでも、千葉の北や茨城県との境付近で震度2から3位の軽い地震が有りましたが、それとは違って感じました。
数分後、スマホに速報が入りましたが午後11時8分頃、福島県沖で地震が起きた様でした。福島県と宮城県の一部は震度6強の様でした。今朝になって未明の1時10分から気象庁の記者会見の映像を見ましたが「東日本大震災の余波としたうえで、自身の規模はマグニチュード7.3と大きかったが、今回の地震は沈み込んだ太平洋プレートの内部(地下55キロ)の深い所で起きたので、大きな津波に繋がらなかったそうです。不幸中の幸いでした。ほッ!
同じく朝の各地の様子は福島や仙台の市内でコンビニや店舗の内部が激しく物が落ちたり散らかったりしている様子が映像で出るほか、高速道路の一部が崩れ百も重機がでて土砂の除去に掛かっている映像があり、負傷者が100名ほど出てこれから明るくなるともう少し増えるかもとのようで、目下のところ死傷者はいない様です。しかし不幸な方もいた様で一部の地区で停電が有り、交差点でひき逃げされた方がいたようです。幸い意識はあるとの事でした。その他東北・秋田新幹線が緊急停止したため、この日に家に帰れなかった方が出たかもしれません。気象庁によれば今後一週間程度は震度6程度の余震に気を付けてとの事ですから、不要不急の外出は無しですね。
ついでのことながら福島原発並びに女川原発には被害が無かったとの事です。
今朝家に来た朝刊は「この地震について一言も言及が有りませんから、すでに印刷にまわっていたのでしょう!」
福島と宮城で被害を被った方々にはお見舞い申し上げます。

写真:福島県内の常磐自動車道で土砂崩れが発生した現場=14日未明、福島県相馬市

時事通信:
13日夜遅く、福島県や宮城県で最大震度6強を観測した地震。「東日本大震災以来だ」「10年前を思い出した」。役所は情報収集に追われ、住民らはよみがえる恐怖に、緊張感をあらわにした。
 震度6強の揺れを観測した福島県国見町では停電が生じたとみられ、役場は非常電源で情報収集などを行った。職員の男性は「電話がかかりにくく状況はまだ分かっていない」と不安そうに話した。郡山市役所の当直職員(59)は「少し揺れたなと思ったら、大きく30秒ほど横揺れした」と回想。新地町役場でも天井の一部が落ちるなどの被害が出た。
 「『またか』と思った」と話すのは、相馬市のJR相馬駅近くの牛丼店の男性店長(39)。直後に停電し、店員同士で「動かないで」などと声を掛け合ったという。「店内はぐちゃぐちゃ。朝までに片付けなければ」と声を落とした。
 震度6強を観測した宮城県蔵王町。役場に駆け付けた職員の女性によると、大きな被害は確認されていないが、キャビネットから書類が落ちるなどした。女性は「10年前を思い出した。寝ていた人が慌ててけがなどしなければいいが」と懸念した。町内のホテル「アクティブリゾーツ宮城蔵王」でも戸棚のガラスが割れるなどしたが、宿泊客約250人にけがはなく、従業員は「ひとまずほっとした」と話した。
 登米市役所に緊急登庁した総務課の男性職員は大きな横揺れが2〜3分続いたと振り返り、「役所への道中で数カ所道路が波打っていた。東日本大震災ぶりというくらい、久々に大きく揺れた」と緊張気味に話した。亘理町も全職員を緊急招集。役場のパソコンが倒れるなどしたという。
 仙台市内はサイレンが鳴り響く中、家路を急ぐ人の姿が見られた。居酒屋で飲食中に揺れを感じたという医療事務の女性(22)は「家が心配で途中で抜けてきた」と話し、慌ててタクシーを探した。青葉区のコンビニ店員菅原英雄さん(70)は、「10年前より大きく感じた」と落ち着かない様子で話し、散らばった商品を拾い集めた。 
(引用終わり)
コメント

【大雪】北陸道の福井県内区間で立ち往生、1190台に県が自衛隊に災害派遣を要請

2021-01-10 08:27:04 | 環境
横浜でも連休前の8日くらいから一段と冷え日中6-7度明け方0-マイナス1度ほどになりました。北国では例年意ない豪雪で雪下ろしで亡くなった方が出ているのをTVニュースで知りました。
そして豪雪の意影響は年末に次いでまた高速道で車の大渋滞を起こしたようです。今朝10日の5時現在北陸自動車道の上下線で大雪に伴いざっと1190台の車が対応上しているとの事です。
下り線で福井IC付近で500台、丸岡ICで300台が動けなく、上りで丸岡ICで300台、丸岡IC-福井IC間に90台の立ち往生との事です。
除雪の先から降り積もる様ですと昨年同様、立ち往生の回復に2-3日はかかるかも知れません。
燃料切れによる凍死なんか起きない様、適宜の対応を関係者にお願いしておきます。

写真:大雪の影響で渋滞する北陸自動車道上り線=1月9日午後8時5分ごろ、福井県坂井市丸岡町の女形谷パーキングエリア付近 

福井新聞:
中日本高速道路によると1月10日午前5時現在、大雪に伴い福井県の北陸自動車道で立ち往生している車は計約1190台に上った。下り線で、福井北インターチェンジ(IC)付近を先頭に約500台、丸岡ICを先頭に約300台が動けない状態。上り線は、丸岡ICを先頭に300台、丸岡IC〜福井北IC間で90台が立ち往生している。
 県は10日午前4時、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。北陸自動車道の立ち往生解消の支援と運転手らへの食料、燃料の分配などに当たる。
 午前6時現在、下り線では武生IC〜福井北IC間、上り線は丸岡IC―福井IC間が通行止めになっている。
(引用終わり)

コメント