王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

5日 台風4号、長崎に上陸 高知で線状降水帯、大雨に

2022-07-05 09:59:36 | 環境
1日金曜日を最後に横浜は大分涼しくなり、野暮用で日中外出せざるを得なかったのですが、熱中症にやられず片付きました。日本列島中が真夏日だったのも台風4号の接近による気象の変化だったようです。その台風4号が今朝6時前ん佐世保市付近に上陸したそうです。朝のTVニュースショーは、各地の大雨、大水の様子を流していました。
台風4後の予想進路〈ネットより)

なんとまあ、ゆっくりした速度で四国を横断紀伊半島に再度上陸しそうです。
高知県の部に線状降水帯が形成されたとして、顕著な大雨情報を発表したそうですから、それ以外でも1か月弁が1日でみたいな極端な降りに襲われるところがあるかも知れません。
この台風で水がめのダムが満水に近づくのは良いと思いますが、降りすぎは困りますね。被害の少ない事を願っておきます。


写真:傘を差して熊本市内を歩く人たち。上は熊本城=5日午前8時11分 

共同通信:
 台風4号は5日午前6時前、長崎県佐世保市付近に上陸した。西日本を進む見通し。日本列島には台風周辺の湿った空気や太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が流れ込み、6日にかけて全国的に大気が不安定になるとみられる。気象庁は土砂災害や河川の氾濫に警戒を呼びかけた。
 5日は西日本の太平洋側を中心に非常に激しい雨が降った。気象庁は5日未明、高知県西部に線状降水帯が形成されたとして、顕著な大雨情報を発表。1時間に須崎市で85.0ミリ、四万十町で79.5ミリを観測した。
 九州でも熊本県宇城市で65.5ミリ、宮崎県えびの市で46.5ミリが降った。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

台風4号、5日に九州上陸の恐れ 西〜東日本横断も 大雨に注意

2022-07-04 09:47:07 | 環境
先週はどのTV局のニュースショーでも冒頭は「猛暑と熱中症」が話題でした。しかしこの週末の2日は「やや涼しいな」と感じられる程気温が下がりました。昨日の午後から夕刻には、ここ横浜の北では時折「霧雨が降り涼しさを一層感じさせました」。今朝も新聞を取りに出たら軽い霧雨が降りまもなく止みましたが、やや涼しいです!
週末の天気小父さんやお姉さんの見立てでは「台風4号は日本海方面を抜ける」としてましたが、その後の気象配置の関係でしょうか? 九州に上陸後、日本列島に沿って北東に進む様で、大雨、大風はともかく、「線状降雨帯」とかで1か月分が1日で降る様な事が起きるといろいろ大変な事が起きそうです。西日本は雨が少なかった様ですから「程よい降りで終わってくれることを願っておきます」

写真:台風4号 7月3日18時現在 

毎日新聞:
台風4号は3日、東シナ海を北寄りに進んでいる。4日にかけてそのまま北上し、次第に進路を東寄りに変えて5日には九州にかなり接近し、上陸する恐れがある。その後の進路によっては西日本から東日本を横断する可能性がある。
 気象庁によると、3日午後9時現在、東シナ海を時速10キロで北西に進んでいる。中心気圧996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートルで、最大瞬間風速は25メートル。九州南部は早いところで4日昼過ぎに風速15メートル以上の強風域に入る見込み。
 台風周辺にある雨雲の影響で奄美地方と九州、四国地方は5日にかけて大雨となる恐れがあり、4日午後6時までの24時間雨量は多いところで、九州南部200ミリ▽九州北部、奄美150ミリ▽四国100ミリ――と予想。気象庁は土砂災害や河川の増水に注意するよう呼びかけている。【中里顕】
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きょう27日も各地で厳しい暑さ 東京都心は3日連続の猛暑日か 熱中症に厳重警戒

2022-06-27 08:47:51 | 環境
いやはや暑いですね!
先週末から急に横浜も気温30度を超す暑さになりました。
昨日は気温34度とか予報が出てましたので。昼食後の散歩を取りやめて自宅でぐーたらしている事にしました。熱中症んも鳴らず正解だったようです。
tennki.jp の観測では日本全国が
猛暑の様でどこまあ大変の様ですね! 今朝のTVニュースショーは鎌倉の観光客の様子と上野公園の猛暑の様子を映していましたがサーモカメラの映像は真っ赤でした。
今日も全国で30度を超えるところが続出の様で、熱中症に気を付けましょうね!
今日の全国の気温(tennki,jpより)



写真:きょう27日も各地で厳しい暑さ 東京都心は3日連続の猛暑日か 熱中症に厳重警戒 

tenki.jp:
きょう27日(月)も各地で厳しい暑さが続き、関東甲信など猛暑日の所がありそう。東京都心は3日連続で猛暑日の可能性も。無理な運動は避けて、喉が渇く前に意識してこまめに水分を補給するなど、最大限の熱中症対策を。
東京都心では3日連続の猛暑日か
きょう27日(月)も各地で厳しい暑さが続き、関東甲信など猛暑日の所がありそう。東京都心は3日連続で猛暑日の可能性も。無理な運動は避けて、喉が渇く前に意識してこまめに水分を補給するなど、最大限の熱中症対策を。
東京都心では3日連続の猛暑日か
(以下省略)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

19日 石川・珠洲で震度6弱、5人けが 神社の鳥居倒壊

2022-06-20 08:58:15 | 環境
昨日日曜日、夕食の時間五TVニュースを見ていて、能登半島の東の突端の珠洲(すず)市で午後3時8分頃震度6弱の地震が有った事を報じていました。
神社の石で出来た鳥居が倒れあちこちが割れるほどの衝撃だったようです。まあ鳥居の下に人が居なくて何よりでした。市の向かい側にある見附島が地震で一部崩れ土煙が上がっている映像も流れました。
土煙を挙げる見つけ島〈ネットより)

今朝のTVニュースショーでは市内の瀬戸物屋さんの被害が陳列品と在庫を合わせ数百万円との話やスーパーの陳列商品が飛び出し足の踏み場もない映像を見ましたが大規模な人的被害は無かった様で、又2次被害の津波も無く不幸中の幸いでした。
それはそれとして、被害を受けた方にお見舞いを申し上げます。
公式見解ではない様ですが地震緒原因は列島に東からプレートが沈み込み能登半島付近の地下にプレートから押し出された水が大量に溜まりそれが動いた可能性が有るとか?!
数日前「福島原発の事故に対する損害賠償請求」が想定外の出来事で国に責任が有るとは言えないとの判決が出たばかりですが、想定外は今後も地震に関しては全国的にあり得そうで原発の有る場所に近い方は心配ですね。

写真:この記事の写真はコピペ出来ませんでしたのでネットから

中日新聞:
19日午後3時8分ごろ、石川県珠洲市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は同県能登地方で、震源の深さは約13キロ。地震の規模はマグニチュード5・4と推定される。津波はなかった。珠洲市ではその後も小さな揺れが断続的に確認された。
 珠洲市の住民によると、大きな揺れが20~30秒間続いた。市内の神社で鳥居が倒壊したほか、建物の窓ガラスが割れたり、屋根瓦が落ちたりする被害が県に報告された。県によると、けが人が5人確認され、うち1人は手首の骨を折った。
 気象庁は、能登地方では「20年12月から地震活動が続いており、当面継続すると考えられる」と指摘した。
(引用終わり)





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6日 関東甲信地方が梅雨入り 平年より1日早く

2022-06-07 10:34:54 | 環境
昨日6日関東地方が梅雨入りしたとTVニュースが報じていました。
ニュースの中で埼玉や群馬の方ではゴルフボール大の氷の塊が降り、学校の窓ガラスが割れたり、車の屋根やウインドウに落ちて傷を付け、或いはせっかく植えたトウモロコシが凍りに叩かれ折れたり潰れたりした様で大変というかお気の毒な状態でした。そうかと思うと、似たようなゴルフボール大の氷粒がっフランスのどこかでも降り車のウインドウが日々の入る被害を伝えていました。
昨日横浜は朝から「足元まで濡れるような雨で午後3時くらいまでは確り降りました」が夕刻にかけ軽くなり夜分には止んだ様でした。
昨日は先約が有り日中雨の中を歩きましたよ。ゴルフボール大の氷に襲われなかったのを幸いに思わないといけないかも知れません
以下は関東地方のここ一週間の転機です。

ほどほどの降りにして夏を迎えたいものです。

tennki.jp:
きょう6日、気象庁は関東甲信地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。今年は、これまで沖縄・奄美地方で梅雨入りしていますが、関東甲信地方が九州南部よりも梅雨入りが早かったのは、17年ぶりです。
 
関東甲信地方 平年より早い梅雨入り
気象庁は、きょう6日、関東甲信地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。平年より1日早い梅雨入りです。今年も長雨の季節が始まりました。

なお、今年はすでに、沖縄・奄美地方で梅雨入りしていますが、関東甲信地方が九州南部よりも梅雨入りが早かったのは、2005年の梅雨入り(関東甲信地方が6月10日ごろ、九州南部が6月11日ごろ)以来、17年ぶりのことです。

※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。なお、この梅雨入りの発表は速報値です。秋に再検討され、見直されることがあります。
梅雨前線は、今週中ごろは、いったん南下するでしょう。ただ、関東甲信では、北東から湿った空気が流れ込みやすく、しばらくは、曇りや雨のぐずついた天気の日が多くなりそうです。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする