王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

首相、2年ぶり韓国に言及「元来」重要な隣国と不満にじむ

2020-01-21 09:06:23 | 環境
昨日20日第201回通常国会が開催されました。期間は6月17日までの150日間です。
法案審議は52本と数を絞り、審議に先立ち2019年度補正予算案と2020年度予算案が提出されます。 与党としては上記2案の年度内成立が最低限の目標になります。
一方、通常国会に、ここをクリック⇒「選挙違反疑惑渦中」の河井克行前法相と妻の河井杏里参院議員が表れ、ぶら下がり会見に応じていました。そして別の場所か?菅原前経産相の映像もチラリと見ました。
国会内で菅原前経産相(ネットより) 乃木坂・欅坂の娘さん達なら3月も見ないと心配ですがね。 
 
皆さん方「捜査中なのでコメントを差し控えたい」とお決まりのセリフでした。 冷や汗 >
開会まえから劇場型国会の始まりになりそうです。
その後に始まった安倍首相の施政方針演説には新味がなくマスコミ各紙は「桜を見る会」、「IR疑惑」と「選挙違反議員」の3点セットに言及することなく東京五輪を強調するのは「時間切れ逃げ切り策」と批判的です。
下の参考記事では産経が「韓国に対し“元来”と表現し数年前は価値観を共有できた(けど今は問題あり)。改めて国と国との約束を守れ!」としたと韓国の扱いに言及しました。
実際、野党側が“隠しネタ”でも暴露できないと、昨年秋の「のらりくらり対応国会と官僚側の(忖度でもした様な)文書廃棄等」の与党合わせ技には対抗すべきも有りません。
そんな事より景気を良くしてほしいものです!
まあアベノミクスに代わる新経済政策の提言なんて無理でしょうね?!
7月東京都知事選、7月末東京五輪開幕ですからね!!
とにかく大惨事等起きないよう、静かな年明けを期待しています。

写真:20日午後衆院本会議場で施政方針演説を行う安部首相

産経新聞:
安倍晋三首相は20日の施政方針演説で、昨年の演説で省いた韓国との二国間関係への言及を2年ぶりに復活させた。隣国として韓国を重視していることを示した形だが、言外には文在寅(ムン・ジェイン)政権に対する不満や不信がにじんだ。
 首相は演説で、韓国について「元来、基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と指摘した。あえて「元来」としたことで、文政権のためにそれらが共有できないことが強調された。
 首相は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の就任直後の平成25年2月の施政方針演説で、韓国について「自由や民主主義といった基本的価値と利益を共有する最も重要な隣国」と述べていた。
 その後、朴氏が第3国で日本批判を行う「告げ口外交」を展開したことなどもあり、27年の演説では「基本的な価値と利益の共有」を削除。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した同年末の日韓合意を受け、28、29年の演説は「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」との表現を用いた。
 だが、文氏の就任後はその表現も消え、昨年は二国間関係の文脈では韓国に一切触れなかった。
 文政権が日韓合意を破り、いわゆる徴用工判決で生じた日韓請求権協定違反の状態を是正しないためだ。加えて文政権は昨年、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄に一旦は動くなど、日韓の対立を安全保障分野にまで持ち込んだ。
 こうした文政権の対応への批判が「元来」の二文字にはあるとみられる。
 首相は演説で「国と国との約束を守り、未来志向の両国関係を築き上げることを、切に期待する」とも述べ、請求権違反状態の解決策を示すよう求めた。
(引用終わり)
コメント

辛坊治郎氏、小泉環境相のCOP25での演説に「日本のエネルギー政策は基本、経産省。環境大…

2019-12-15 11:43:20 | 環境
実はCOP25は今月2日から12日の予定でチリに代わってマドリードで行われていたのですね! 議長案が纏まらず、2日の延長とか!!
小泉環境相は11日に会場で演説しましたが「脱石炭火力について発言がない」と大批判を浴びました。
演説後会場を去る小泉大臣(ネットより)

しかし本来は彼に海外の活動家が非難を浴びせるのは酷な事です!
参院選に大勝利し第4次第2期?だか安倍内閣の環境相に就任した時、素人の浜爺が書いたように、ここをクリック⇒彼の主管は「福島原発の放射能汚染水の処理」にあるのです。
責任ある立場でCOP25に出席するのは「梶山経済産業大臣」であり彼が月初に日本で「石炭火力発電など化石燃料の発電所は選択肢として残していきたい」と発言した事に環境団体が即「化石賞」を送ったわけですが、それは12月3日の事でした。
何だか小泉環境相がもらったような映像の構成でしたが。 冷や汗 >
ネットより

そう日本のエネルギ  mix について 矢面に立つべきは梶山経産ですよね!
14日の辛坊キャスターの言う通り、窓口は違う感じがします。
又今朝の「サンジャポ」で与良コメンテーターが「政府は化石燃料の発電所は選択肢として残していきたい」「安倍首相は意地の悪い任命をした」とはっきりい切りました。 日本国首脳に「脱石炭を行う気がないのですから主管大臣でもない小泉進次郎さんは「看板に偽りあり」とか「羊頭狗肉」を承知での汚れ仕事をにこにこしながら務めていると言えます。
グレタさんに、ここをクリック⇒ How dear you! と言われるべきはそう考える首脳達です。
それだけでなく、原子力発電を維持どころか推進したいグループがいて石炭火力もやりたいのですから、「人類の未来を考えるならXmasのイルミネーションとか大型施設のライトアップ果ては24時間営業だってどうするのか」まず国論を集約しなければいけません。
はて日本でも環境を考えるグループが小さなデモをやるようになりましたが、もっと衆知を集めないといけません。
地震や風水害を考えると日本はもっと「自然エネルギー」の割合を増やすことを進めないといけませんが、電力買取価格はこの所、安く誘導され辛坊さん宅でも初期コストが回収できないとか?!
総論賛成、各論反対の現実をどう「仕切るでしょう?」 安部首相の貫目がとわれます。小泉環境相も適切な助言を呈してください。 お願いします。

写真:辛坊キャスター
コメント

ローマ教皇「焼き場に立つ少年」の写真家の家族にあいさつ

2019-11-25 15:02:08 | 環境
一昨日6時過ぎ結構な風と雨の中をフランチェスコ教皇が羽田に到着されました。傘も差さずタラップを慎重に握って降りてこられました。
どうやら膝か腰が痛む様な歩みぶりでした。
一夜明け昨日24日の午前は長崎の爆心地公園で「平和のための集会」で献花と黙とうを捧げた後、(献花され黙とうを捧げる教皇 ネットより)

スピーチを行いました。
「この(爆心地と言う)場所は人間がどれだけ酷い苦痛を悲しみをもたらすかを認識させる」と述べ その後も核兵器と大量破壊兵器の非人道性を強く非難しました。
この会場の正面向かって右側には「焼き場に立つ少年」の写真を大きくしたパネルが設置されていました。
その元画像がこれです。 ネットより

この写真は被ばく直後の長崎に入った米軍カメラマンの撮ったものカメラマンの話として10歳くらいの少年で死んだ弟を負ぶい誘うの順番を待っているのだそうです。
弟が火葬されるときには、歯を食いしばり唇に血がにじんだとの話が有ります。
浜爺はこの兄さんと弟の間くらいの年齢で戦争直後の記憶が多少ありますから他人事とはとても思えません。
大分前(10年以上?)に見た覚えが有ります。
どんな立場であれ核兵器もっと広く言えば戦争は良くありません!!
浜爺は典型的な日本教徒ですから「(ここをクリック)オバマ大統領が平和を祈ってくれても教皇が黙とうを捧げてくれてもああー有り難い事だ」と感謝するばかりです。
カソリックの信徒さんは又別の思いが有るのかも知れません。
まあみんなで願えばその分だけ「核兵器や大量破壊兵器を使ってやろう」と思う悪い奴が減る理屈です。
大東亜戦争で銃後に居たのに戦果に巻き込まれた大勢の犠牲者に哀悼の意を表します。     合掌

写真:長崎で「焼き場に立つ少年」の写真を横に演説する教皇 AFPBB

NHK ニュース:
ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は、長崎市の爆心地公園でスピーチを行ったあと、原爆が落とされたあとの長崎で「焼き場に立つ少年」の写真を撮影した、アメリカ軍の従軍カメラマン、ジョー・オダネル氏の息子と会話を交わしました。
【焼き場に立つ少年とは】「焼き場に立つ少年」は、アメリカ軍の従軍カメラマンだった、ジョー・オダネル氏が、原爆投下後の長崎で撮影したとしている写真です。

この写真には、目を閉じた幼い子を背負いながら、唇をかみしめて直立不動で立ち、まっすぐ前を見つめる10歳ぐらいの少年の姿が写されています。

オダネル氏は、すでに亡くなった弟を背負った少年を写したものだとし、このあと少年が見つめる中で弟は屋外で火葬されたと伝えています。

オダネル氏が長崎や広島など日本各地を回り、私用のカメラで撮影したフィルムは、アメリカに帰国したあとも悲惨な記憶とともにトランクの中にしまわれていました。

しかし、オダネル氏は過去と向き合うことを決意し、帰国から40年余りが経過した1989年にトランクを開き、翌1990年には地元・テネシー州で原爆の悲惨さを訴える写真展を開催。

アメリカ国内では反発を招いたものの、その後、日本各地でも写真展が開催され、平成19年、2007年には長崎市にある長崎県美術館で「焼き場に立つ少年」が特別公開されました。

長崎市に寄贈された「焼き場に立つ少年」は、いまも長崎市の原爆資料館に展示され、戦争の悲惨さを訴え続けています。そして、おととし、平成29年の年末、フランシスコ教皇がこの写真に、みずからの署名と「戦争がもたらすもの」というメッセージを添えて、教会関係者に配布するよう指示したことから再び注目を集めました。

カードの裏には、教皇のメッセージとともに「この少年は血がにじむほど唇をかみしめて、やり場のない悲しみをあらわしています」という説明も添えられました。

一方、オダネル氏みずからも来日し、長崎市で少年の行方を探したほか、長崎平和推進協会の写真資料調査部会なども調査を続けていますが、この少年は誰なのか、また撮影された場所はどこなのか、特定には至っていません。
 【撮影者の息子「誇りに思います」】「焼き場に立つ少年」の写真を撮影した、ジョー・オダネル氏の息子のタイグ・オダネル氏(50)は「フランシスコ教皇に父親が使っていたメダルを見せると、スペイン語で『ありがとう。あなたと父親に祝福を』とおっしゃった。父親が撮影した『焼き場に立つ少年』の写真がきょう、爆心地に掲げられていたことを誇りに思います。世界中の人がこの写真を見て、『長崎の悲惨な経験を繰り返してはならない』と思いを寄せた瞬間になったのではないかと思う」と話していました。
コメント

千葉・福島で死者10人=大雨被害、27河川で浸水

2019-10-27 09:25:22 | 環境
25日台風21号の直撃は免れましたが本州紀伊半島付近の低気圧に刺激され、千葉県と福島県が半日で一か月分と表現される激しい雨で中小の河川が氾濫し死者10名と家屋の浸水、家財の流出、所により土砂崩れによる崩壊など深刻な被害に見舞われました。
千葉県では台風15号から数えて3度、少なくとも2度の被害を受けた地域と住民の方が沢山います。  謹んでお見舞い申し上げます。
TVニュースで見ていますが「ようやく形ばかりの片付けが済んだ所に追い打ちで気力が萎える」と年配の方が数人語っていました。
本当にそうだと思います。また福島では(他の件でも)東日本大震災の津波を避け山間部に引っ越ししたら「そこで水害にやられた方」がいて重ね重ねの痛手です。
下は千葉県佐倉市の洪水

車で走っている時に洪水に会い亡くなられた方も居るとか!
こうして各地で失われる住民の方の資産はつもり積もって大変な額でしょうね!
ここ数年の天災を見ていると西から東へと移りその復旧にはおよそ最低で2年はかかるように見受けられます。
県と市町村は当然、国にもしっかり復旧と復興の後押しをお願いいます。

写真:土砂崩れで崩壊した民家(千葉市緑区)

時事通信:
台風21号などの影響による関東や東北にかけての記録的な大雨で、浸水や土砂崩れなどによる死者は26日までに、千葉県と福島県で計10人となった。福島県では1人が行方不明となっており、捜索活動が続けられた。両県と宮城、茨城、埼玉各県の少なくとも計27河川で浸水被害が確認され、千葉県茂原市や佐倉市などで広範囲が冠水した。
 千葉県内の死者は9人で、千葉市緑区では複数箇所の住宅地で土砂崩れが発生し、男女3人が死亡した。他に長柄町と長南町で各2人、市原市と茂原市で各1人が、車の中などで遺体で見つかった。
 福島県では、相馬市の海岸近くで60代女性とみられる遺体が見つかったほか、女性の息子が行方不明となっている。
 千葉県などによると、県内公立学校に通う児童生徒674人が25日夜、大雨の影響で帰宅困難となり学校に宿泊した。体調不良は確認されておらず、26日に順次帰宅したという。このほか、同県内の避難所には26日午後4時現在で約200人が避難した。
 国土交通省によると、堤防を越えて水が流れるなどの浸水被害を確認したのは一宮川(茂原市)、鹿島川(佐倉市)、夏井川(福島県いわき市)など5県の27河川。台風19号で決壊した堤防の再決壊は確認されていない。
 JR東日本によると、総武線や久留里線などは26日午後も一部区間で運転見合わせが続いた。総武線は流入した土砂の撤去などのため、復旧まで4日程度かかる見通し。(引用終わり)
コメント

今日25日(金)の天気東京なども大雨警戒台風被災地は二次災害注意

2019-10-25 08:41:19 | 環境
今日25日ここ横浜の北部では未明から雨がしっかり降っています。
雨量に関しては19号台風の時よりよほどしっかり降っている気がします。
しかもこの後も夕刻まで続きそうです!   恐怖 >
天気予報とTVの気象士さんによれば「台風21号は未明には関東の沖合を通過中なのですが、それに呼び込まれる形で本州南部に低気圧が広がりそれが雨をもたらしている」様です。
下の図が今日午後2時の雨の世周防図ですが先の台風19号による被災地域と重なります。

千葉を始め関東の被災地の方は重ねての「心配事になりお気の毒に思います」できるだけ降雨の被害が少ない事をお祈りします。重ねて「想定外だったなんて関係機関の長の開き直りを聞かないで済む様、しっかり対策をお願いします!」

写真:25日朝9時の気象配置図

2019/10/25 05:37 ウェザーニュース:

■ 天気のポイント ■
・台風被害の大きい地域を強雨が直撃
・西日本は傘の置き忘れに注意
・北海道や東北北部は帰宅時に雨
今日25日(金)は本州の南の海上を進む低気圧の影響で、雨の降るところが多くなります。特に東京都心も含め、関東や東海、東北南部は大雨のおそれがあるため、警戒が必要です。

台風15号や台風19号で大きな被害を受けた地域では、二次災害の発生に厳重に警戒してください。
(以下省略)

コメント