王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

東証 大幅続落 !!

2019-03-09 09:48:06 | 為替 ドル 株式
東証大幅続落、終値430円安 欧州経済、中国貿易統計に嫌気
昨日8日東証の日経平均の株価は4日連続して下落し前日比430円45銭安の2万1025円56銭となりました。
週初めには2万1600円前後でしたよ。
年金の株式に対する投資もいくらかリカバリーするかと思いましたが駄目そうですね!

そもそも高値となったら利益確定売りが出来なければ「確定利益が出ません」からね。

さて国会では参議院の予算委員会が行われていて衆院に続いて「統計の不適切な処理」それに関する「法制局長官の不適切発言と謝罪」そして1月の政府統計が予想より悪く6年数か月に及ぶ好景気との説明が「嘘でないか!」と厳しく追及され出しています。

そして中国の全人代で今年の経済の伸びを6-6.5%と低めの設定に呼応して「中国経済の不調について」あれこれレポートが出てきています。
加えて英国のEU離脱問題に絡みEUそのものも世界経済の牽引が危うくなってきています。

逸れやこれやを東京のマーケットは感じ取って反応したのでしょか?
一日遅れの米国の市場も週末は数かに下げました。
北との首脳会談も決裂。中国との貿易交渉、英国のEU離脱と3月は問題材料が続きます。
貴重な年金の基金をなくさない様に強くお願いします。


写真:大幅下げを示すボード

共同通信:
8日の東京株式市場は、欧州経済の先行きに対する懸念や、この日発表された中国貿易統計の軟調さを嫌気した売り注文が強まり、日経平均株価(225種)は大幅続落した。値下がりは4日連続。

 終値は前日比430円45銭安の2万1025円56銭。東証株価指数(TOPIX)は29.22ポイント安の1572.44。出来高は約16億7283万株だった。
(引用終わり)
コメント

東証 大発会 続落 !!

2019-01-05 09:36:09 | 為替 ドル 株式
東証、大幅続落452円安 世界経済の減速懸念強まる
昨日4日の東証大発会の日経平均は大納会に引き続き大幅続落しました。
一時は700円安を示しましたが大引けでやや戻し前年末比452.81円安の1万9561円96銭で引けました。

これは前日米アップル社が対中貿易での業績予想を下方修正したことを受けたNY市場の大幅下げを受けたためです。
その流れを組めばNY市場は4日大幅に値を戻しましたから週明けの日本も2万円台の回復が見込めそうですが値動きの激しい始まりであることは間違いありません。

写真の様に色あでやかな1年になって欲しいものです。


写真:大発会での若い娘さん達

共同通信:
年明け4日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。米アップルが業績予想を下方修正したことを受けて、世界経済の減速懸念が強まった。

 終値は前年末比452円81銭安の1万9561円96銭。東証株価指数(TOPIX)は22.93ポイント安の1471.16。出来高は約15億5130万株だった。
(引用終わり)
コメント

東証 大納会 日経平均は辛うじて2万円台!!

2018-12-29 07:14:38 | 為替 ドル 株式
大納会の東証は下落、2万円台は維持 7年ぶり年間下落

昨日東証の大納会では日経平均は25日のブラックX’マスよりいくらか戻して2万円台乗せの2万0014円77銭で引けました。前日比62円85銭安の、7年ぶりの年間下落で前年末の終値2万2764円94銭を大きく下回りました。

10月2日には年初来高値でバブル後最高値圏の2万4270円を付けたのですがね。

このブログで何度も書いていますが神ならぬ投資家は「この辺りが高値。儲けを確保して一休み!!」なんてできないで胃の痛い年末を迎えることになったのでしょう。

株価回復による景気の底上げは米国発の株安で完全にシナリオが破たんしました。
来年になり米国市場主導で急速な株価の回復が果たされると良いですね。
損害を会社に付け替えをできない方は用心深く相場を張ってください。
来年が市井の投資家に良い年になるようお祈りします。


写真:クロージングベルを鳴らすサッカー前日本監督西野朗氏

朝日新聞:
大納会の28日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに下落。終値は前日より62円85銭(0・31%)安い2万0014円77銭だった。前日の大幅高の反動で売りが優勢で、何とか2万円台は維持したが、前年末の終値(2万2764円94銭)を大きく下回った。2011年以来7年ぶりの年間下落で、アベノミクス相場の開始以来初めて。東証1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は7・54ポイント(0・50%)低い1494・09。出来高は11億株だった。

 日経平均は08年9月のリーマン・ショック後、11年の東日本大震災も経て低迷が続いた。12年末の第2次安倍政権の発足後は、経済政策「アベノミクス」への期待や、日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁が始めた異次元緩和による円安で、株高傾向となった。12〜17年の間は年末の終値が前年末を上回り続けた。6年連続の「年間上昇」はバブル崩壊後最長だった。

 だが、今年に入ると米中貿易摩擦などの不透明要素が増大。今月25日には日経平均の終値が2万円を割って年初来最安値をつけていた。
(引用終わり)
コメント

ブラック X’マス ? 東証1010円下げ

2018-12-26 13:41:09 | 為替 ドル 株式
東京株、1000円下げ=1万9155円、1年8カ月ぶり水準―世界経済先行き懸念

昨日25日東証の日経平均株価はNYのダウ式株価の値下げを受けて」あれよあれよついに5営業日ぞくっらくの終わ値で前週末比1010円。45銭下げの1万9千4155円74銭を付け2017年4月以来1年8日月振りの水準となりました。

米政府の政治の行方に対する不透明感が台頭、海外の投資家を中心に日本株の売りが広がり大幅下げとなりました。

今朝26日の朝1番では200円近い買い戻しがありましたが午後2時ではさらに前日比200円近い下げの1万8950円台で推移しています。
とんだ米国からのX’マスプレゼントになりました。

大納会まであと2日、下げ止まりで終わりますかね??
まあ一般人は今年1年の稼ぎがぶっ飛んでしまいました。
アベノミクス第4?第5?の矢はどうなりますかね。
難しい年になりそうです。


写真:25日株価を示す電光ボード終り値で前日比1010円の下げ

時事通信:
25日の東京株式市場は、世界経済の先行き懸念を背景に投資家心理が悪化し、大幅安となった。日経平均株価の終値は前週末比1010円45銭安の1万9155円74銭と、5営業日続落。2017年4月以来1年8カ月ぶりの水準で、下げ幅は2月6日(1071円)に次ぐ、今年2番目の大きさだった。

 東証株価指数(TOPIX)も72.64ポイント安の1415.55と5日続落。連日で年初来安値を更新した。

 米政府機関の一部閉鎖や、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の解任検討報道などにより、米国政治の行方に不透明感が台頭。海外投資家を中心に、日本株の持ち高を圧縮する動きが広がった。

 為替相場での円高進行も株安を加速。精密機器、機械などの輸出関連株を中心に下げが目立った。市場では、相場下落により「損失が膨らんだ個人投資家が穴埋めのため、株式や投資信託の売却を迫られた」(中堅証券幹部)との声が聞かれた。
(引用終わり)
コメント

東証株価 続落 sb株の低調響く !!

2018-12-19 13:30:04 | 為替 ドル 株式
東証、午前終値2万1025円 続落、ソフトバンク株の低調響く

今日19日午前中の東証日経平均株価は続落し一時は」下げ幅が200円を超え節目の2万1千円を割り込み約9か月ぶりの安値を付けました。
/heartbreake/}
また今朝新規上場となった携帯電話大手ソフトバンクの株価が低調で投資家心理を冷やした様です。
そのソフトバンク株ですが初値1463円で前場は1360円で終わりました。
まあファーウェイの問題が半月掛けてしっかりマイナス材料として報道されましたから投資家心理は燃え上がらなかった様です。
30年前のNTT株上場の時に群がった個人投資家の熱き願いと比べると覚めた反応に見えます。
まあNTTも一時期は200万円を超えましたがたちまち売り出し価格119万円を割りましたから売り逃げ出来た人は良しですがはてどうでしょうか??
そんなわけで東証後場も2万1千円を目指す展開の様です。
今年の2月並に成ったら辛いものがありますよね。
何か反騰の良い材料が出ると良いのですがね。
しっかり見守っています。


写真:一時2万1千円割れを示すボード

共同通信:
19日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。朝方は下げ幅が一時200円を超え、節目の2万1000円を割り込んで約9カ月ぶりの安値を付けた。大型の新規上場となった携帯電話大手ソフトバンクの株価が低調で、投資家心理を冷やした。一方で割安感から買い戻しが入り、平均株価は前日終値を上回る場面も目立った。

 午前終値は前日終値比90円35銭安の2万1025円10銭。東証株価指数(TOPIX)は5.50ポイント安の1557.01。

 18日の米国市場では主要な株価指数が反発したが、総じて勢いを欠き、19日の東京市場で十分に追い風が吹かなかった。
(引用終わり)
コメント