王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

27日 安倍氏国葬、4200人参列=世論二分、反対派は集会

2022-09-28 09:17:31 | 政治
昨日27日 早朝からのTVによる一般献花の長い行列の報道から始まった「安倍元首相の国葬」が秋晴れの中、内外の招待客4200人を集め九段の武道館で粛々と行われ、幸いにも「国葬」に絡む、傷害事件はもとより殺人或いは広義の自殺等もなく無事終了しました。何よりです。
いつも通りTVの「ちむどんどん」を見て「羽鳥慎一モーニングショー」に切り替えると、国葬の様子を程よくカットし「式の様子を映像で流して」くれました。
友人代表菅善首相の挨拶は「7年余支え合った2人の関係を伝える聴き応えのある内容でした」。それは置いて番組は「国葬反対」の論客の多い場ですから、粛々と行われた「国葬儀」に至る過程を問い、国民を分断した点に今後に問題が尾を引く事を指摘していました。
まあ、「エリザベス女王の国葬」を見てしまった後ですから、宗教色のない国葬儀は彩りなく、儀仗兵の整列も何か場に似つかわしくなく「政治ショーとして見るべきものはないなー」と思い見てました。
今度の安倍元首相の「殺害事件」の葬儀の時も、今回の国葬儀の献花台でも「喪服を着て涙を流し献花する人、特に若い人」そしてインタビューに応じた「若い婦人や男の方の中にーー安倍氏の業績を称え、涙ながら哀悼の意を表する」人がかなりいるのに改めて驚きました。会場付近の一般献花の方は2万3千人が4-5時間も並んで献花していますから、その熱意は半端なものではありません。良くも悪くも自民党は長いこと政権与党で実績がありますから「このような折、選挙応援中に”テロで死亡”となると岩盤層からの支持が現れるのでしょうかね? 県庁は40か所以上が半旗を掲げ、東京都下の市や区でも半旗掲揚が多数な様ですから「反対6割、賛成3割」という割には微妙です。
まあ、国葬儀は粛々と終わりましたが、16億円の概算費用が、警備費の実際を織り込み一体いくらになるのか? 自民党と旧統一教会の関係は切れるのか? 旧統一教会の霊感商法を「どうやって規制するか?」「宗教法人として解散させるのか?」など本質に迫る立法府(野党の働きも含め)の議員の知恵の結集が求められます。
国会議員と地方議員の質がこれからも問われるでしょうね。

写真:武道館 国葬儀 会場  

時事通信:
安倍晋三元首相の国葬が27日、東京都千代田区の日本武道館で執り行われた。政府発表によると、国内外から4183人が参列し、憲政史上最長の通算8年8カ月にわたり首相を務めた安倍氏に最後の別れを告げた。国葬をめぐる世論の賛否が割れる中、会場周辺では一般献花に多くの人が訪れる一方、抗議集会も開かれた。
 首相経験者の国葬は1967年の吉田茂氏以来55年ぶり。岸田文雄首相は追悼の辞で「あなたが敷いた土台の上に、持続的ですべての人が輝く包摂的な日本、地域、世界をつくっていく」と述べ、安倍氏が内政・外交面で築いた「遺産」の継承を誓った。
 国葬では、国歌演奏や黙とうが行われ、生前の安倍氏の映像が流された。秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方が参列。官房長官として長年、安倍氏を支えた菅義偉前首相は「あらゆる苦楽を共にした7年8カ月。私は本当に幸せだった。日本にとって真のリーダーだった」と故人をしのんだ。国葬は開始から4時間後の午後6時すぎに終了した。
 式に先立ち、安倍氏の遺骨を乗せた車は東京都内の私邸を出発。防衛省を経由して会場に到着すると、自衛隊の儀仗(ぎじょう)や演奏、弔砲で迎えられた。会場近くの九段坂公園に設けられた献花台には長蛇の列ができ、一時約3キロ離れた四ツ谷駅付近まで献花を待つ人が続いた。午後6時時点で約2万3000人(政府発表)が訪れた。
 一方、国会正門前では反対派が集会を開き、「弔意の強制は許さない」などと声を上げた。 

27日 安倍元首相国葬 国葬、きょう午後実施 戦後2例目 参列者約4300人

2022-09-27 09:44:31 | 政治
今朝は良く晴れて爽やかな一日になりそうです。
いつも通りTVで「ちむどんどん」を見て「羽鳥慎一モーニングショー」に切り替えると、早くも安倍元首相の靖国通りの「献花台」近くで「一般人が献花」の為に順番を待って長蛇の列を作っていました。「献花」の開始は10時からだそうです。献花台は2台?有って「一台当たり10人が同時に献花できる」ようですが、中の様子はテントに覆われわかりませんでした。「献花」には地下鉄の半蔵門から「献花台」まで一方通行の様で、一般人並びに通行の車両にも「規制がかかる」様でした。「国葬反対」の声は高いのですが、ハリス米国副大統領まで弔問のため来日していますから、岸田政権としては「粛々として国葬を開始」し、後日の評価を待つしかありません。近くの学生さんはリモート授業、商店は規制で来客を期待できず、宅配を始め配送関係者は規制で時間がかかる様です。まあ、「テロなど起きて」巻き添えで会葬者に被害が出ないことを願っておきます。
「エリザベス女王の国葬」の宗教色の濃い弔意を表す「黙とう」の儀式迄とその後、棺がウインザー城に会葬される一大イベントを見た後です。5時間の国葬儀が、どう見えますかね? 気になります。

写真:安倍元首相国葬のため、北の丸出口周辺では厳戒態勢が敷かれた=27日午前、東京都千代田区(岩崎叶汰撮影) 

産経新聞:
参院選の街頭演説中に銃撃され死亡した安倍晋三元首相の国葬(国葬儀)が27日午後、東京・北の丸公園の日本武道館で営まれる。首相経験者の国葬は戦後2例目で、昭和42年の吉田茂元首相以来、55年ぶり。国内外から約4300人の参列が想定され、警察庁は警備態勢に最大約2万人を動員する。会場周辺をはじめ都心部は広範囲で交通規制が実施され、厳戒態勢となる。
国葬は遺骨到着後、午後2時頃に始まる。国歌演奏、黙祷(もくとう)の後、安倍氏の生前の姿を映像で流し、葬儀委員長の岸田文雄首相や友人代表の菅義偉前首相らが追悼の辞を読む。天皇、皇后両陛下と上皇ご夫妻がそれぞれ派遣される使者が拝礼し、皇族方の供花、参列者の献花へと移る。式典は無宗教形式で執り行われる。
秋篠宮ご夫妻が参列されるほか、衆参両院議長ら三権の長や元職を含む国会議員700人以上、経済界など各界から1千人以上が出席。国外からは米国のハリス副大統領ら218の国・地域・国際機関の代表団約700人が列席する。
午前10時から午後4時の間は、会場近くの九段坂公園に一般向けの献花台が設置される。周辺道路は人や車の通行が規制され、献花者の手荷物検査も行われる。
政府は安倍氏の国葬について「国民一人ひとりに喪に服することを求めるものではない」(松野博一官房長官)として各府省に弔旗掲揚などを求める閣議了解を見送った。学校や官公庁を休日とする措置も取っていない。
首相は国葬に先立つ27日午前、参列のため来日したシンガポールのリー・シェンロン首相、オーストラリアのアルバニージー首相、インドのモディ首相らと東京・元赤坂の迎賓館で相次いで会談。各国との関係強化を図る。

24日 安倍晋三元首相の国葬、最大級の警戒態勢に 警視庁

2022-09-26 10:00:39 | 政治
今朝いつもの通り「ちむどんどん」を見てチャンネルを「羽鳥慎一モーニングショー」に切り替えると「長万部で地下水が吹きあがる現象が朝止まった」との話題をやっていました。そのあとが「安倍元総理の国葬」について田崎史郎氏を解説者に「国葬の決め方」から「招待状が届いた方、届かなかった方」いろいろな意見が出てました。今日のゲストの気象予報士石原良純氏は歯切れ悪く「(最後に)国葬の決め方に問題があり、今後もそれが続く」とコメントしてました。元財務官僚にして法学者の山口真由さんは「国葬の決め方に問題があった」と言い切っていました。このブログを書いている浜爺も「国葬の決め方に問題があった」と思っています。すでに安倍家の葬儀は終えていたのですから「衆院法制局」の意見をよく聞いて「国会と図り、合意が得られなければ、賛成多数で押し切れば良かったもの」を安倍元総理風に「内閣の決定のグレイ部分を強調」して事を進めたことに間違いがありました。加えて「旧統一教会との関係も公然と非難を口にする有名人が出て」も岸田首相は「関係を断つ」とは言ったものの、具体的に現閣僚の処分もままならないようでその曖昧さに国民の6割が「国葬に反対」する異常な事態になりました。
それはさておき、昨日から海外要人の羽田空港到着を警戒し、大勢の警官が空港に出ている様です。さらには首都高を中心に交通規制が敷かれ、明日は正午から午後9時まで大規模な規制が続くようです。
武道館での式典は5時間にも及び婦人のハンドバック以外は荷物の持ち込み禁止とか?! 平均年齢が高いであろう参列者の体調を考えると厳しいものがあります。昔秀吉が信長公の葬儀を政治的ショーに仕立て「香木で彫った信長像を担いで都の内を練り歩いた」大成功例など日本にも良い先例があるのですが、内閣府にも人がいませんね。「国葬儀」が無事に済んでも、その「決定の過程」は問われ続きそうです。

写真:羽田空港内で警戒する警察官ら(24日午前、東京都大田区) 

日経新聞:
警視庁は27日に営まれる安倍晋三元首相の国葬で、警視総監をトップとする「最高警備本部」を設置する方針だ。同本部は天皇陛下が即位を宣言された2019年の「即位の礼」や、21年の東京五輪・パラリンピックの開閉会式でも設置した。各地の警察から応援を受け、最大級の警戒態勢で国葬に臨む。
同庁は24日、羽田空港や付近の首都高速道路の入り口付近で機動隊員らが爆発物などの不審物がないか確認する様子を報道陣に公開した。これから本格化する海外からの参列者の来日に向け、移動ルートとして想定される高速道路の一斉点検も始めた。
不特定多数が利用する主要駅などで巡回態勢も増強した。特定の組織に属さず、単独で犯行に及ぶ「ローンウルフ(一匹おおかみ)」型のテロなども念頭に、情報収集を強化している。
安倍氏の国葬は27日午後に東京都千代田区の日本武道館で開催される。参列者は約4300人に上り、うち約700人は200を超す国や地域などの海外代表らが占める見通しだ。
警視庁は27日正午から午後9時ごろまで首都高で大規模な通行止めを行うなど交通規制を敷く方針。26日と28日にも、一般道や首都高で一時的な規制が実施される。
(引用終わり)

英国「国葬」事情 ニュートン、チャーチルも…王以外は議会同意必要

2022-09-19 09:50:00 | 政治
昨日昼 昼飯の時間に居間のTVを見ていたら、たけしのTVタックルで安倍元総理の「国葬議」について、有名人が議論している場面を見た。久しぶりに大竹まこと氏と思うが「英国でも国葬は”国会の承認がいる”と聞くのに、(安倍氏の国葬議は)国会の承認を得ていないーー」と「国葬議」の決め方に問題を感じている様だった。
ネットより

確か自民党元幹事長の石破議員が「エリザベス女王の国葬は議会の承認を得て」と発言し、その「議会の承認」はネットからの孫引きで「英国議会に聞き合わせした訳で無い」と17日に釈明したとの事。
これに賛否のSNSが乱れ飛んでします。さて大竹氏の発言も古いままで発言されていたようです。念のためあちこちググると、「議会の承認」はNHKや共同通信が先行して報道していたと指摘しているマスコミ記事が有りました。
そして「英国議会に聞き合せたのか? 常識なのか?」は判りませんが、英国では国王或いは女国王の国家元首は「慣習で国葬と決まっているそうです」。そしてそれ以外の人を国葬扱いするには「王室と議会の同意」が必要が正解なようです。戦後ではダイアナ妃、フィリップ王配も王室国民葬だったそうです。
そこで、素人ながら考えると「日本でも慣習と言うほど行政府の長である首相を国葬儀で送るなら「国会に諮った方が丁寧な進め方ではなかったか」と思います。議会の反対が有っても政権与党の自民党と公明党それに野党の一部を合わせれば「過半数は問題なくとれ国葬は可決」されたであろう気もするのですがね?! 
さて、今朝の「羽鳥慎一モーニングショー」の2番目の話題は「エリザベス女王の国葬」でしたウエストミンスターホールの棺安置所に一般市民が14-5時間も並んで弔意を表す様子が映し出されました。既に最後列では受け付けは終了との事で、今度はウエスト明スター寺院の前で「葬儀を見送ろうと大勢の市民が座り込んでいる場面」が映りました。この時期に夜分には「指先がしびれるほど寒い」と伝えていました。弔意+一大イベントの参観気分もある様です。
いずれにしても、エリザベス女王に対する国民の人気は大変なものだと感じさせられました。いずれBBCか何処かが葬儀の模様を写した映像が流されるでしょうね。昼間の良い時間に見たいものです。

写真:エリザベス女王の棺の移送〈ネットより)

毎日新聞:
エリザベス英女王の「国葬」(state funeral)が19日に首都ロンドンのウェストミンスター寺院で行われる。英国の国葬は法律ではなく慣習に基づくもので、国家元首の女王や国王は国葬となる。日本でも安倍晋三元首相の国葬への関心が高まる中、英国の国葬事情をまとめた。
エリザベス女王の国葬が執り行われるウェストミンスター寺院=ロンドンで2022年9月11日、ロイター
女王の国葬日程 国民へ詳細に公開
 「女王のひつぎは13日午後、(女王が死去した)スコットランドから空軍機で飛び立ち、同日夕に(ロンドン郊外の)ノースホルト空軍基地に到着する」「ひつぎは14日午後、ウェストミンスター宮殿に移され、ウェストミンスター・ホールで国葬の日(19日)の朝まで安置され、一般公開される」。英王室は10日、国民の関心事である女王の国葬について、ホームページで日程や場所などを詳細に公開した。

 英国では女王や国王以外でも国葬となる場合がある。明確な基準はないが、「際立った功績の人物」(英BBC放送)が対象とされる。過去には万有引力の法則を発見した科学者ニュートンや、英本土侵攻を目指したナポレオン配下のフランス・スペイン連合艦隊を「トラファルガーの海戦」で破ったネルソン提督も国葬となった。
バッキンガム宮殿の周囲に集まり、エリザベス女王の死を悼む市民=ロンドンで2022年9月11日、ロイター
 最近では第二次大戦を勝利に導いたチャーチル元首相も1965年に国葬が行われたが、英メディアによると、王以外の人物を国葬とする場合、王室と議会の同意が必要
(引用終わり)

玉城氏が再選=辺野古移設反対、対立続く―沖縄知事選

2022-09-12 09:09:00 | 政治
11日行われた任期満了に伴う沖縄県知事選は「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の是非が争点でした」が「移設を容認する前宜野湾市長の佐喜真淳氏(58)=自民、公明推薦=とこれ以上の埋め立てに反対する元衆院議員の下地幹郎氏(61)」の3人の戦いでした。下馬評では佐喜真候補有利の様でしたが、(この記事には記述が有りませんが)産経新聞によれば、8月ごろから始まった「自民党議員と旧統一教会の関係が問題」になると、佐喜真氏や複数の自民党議員が関係団体の会合に出席するなどしていたことも分かり、オール沖縄側は選挙演説で「ズブズブだ」などと批判を強める展開に なり、佐喜陣営には逆風となったと確り記述が有りましただ産経の記事にはお決りの「当選万歳」の写真がありませんでしたので、時事の記事を元にしました。
「デニー アゲイン」が敵失により実現しました。
勝負事は「下駄を履くまで判らない」とは言葉どおりでしたね。この期で「辺野古基地移転反対の県民の思いは1ミリもぶれていないという結果だ」と玉城知事は述べましたが本当の戦いはこれからの様です。

写真:米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の是非が争点となった、任期満了に伴う沖縄県知事選は11日、投開票され、移設に反対する現職の玉城デニー氏(中央)が再選を果たした=那覇市【時事通信社】 

時事通信社:
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の是非が争点となった、任期満了に伴う沖縄県知事選は11日、投開票され、移設に反対する現職の玉城デニー氏(62)=立憲民主、共産、れいわ、社民推薦=が、移設を容認する前宜野湾市長の佐喜真淳氏(58)=自民、公明推薦=、これ以上の埋め立てに反対する元衆院議員の下地幹郎氏(61)を破り、再選を果たした。
 玉城氏が再び県政を担うことで、普天間飛行場の辺野古移設をめぐる県と国の対立は続くことになる。玉城氏は国との法廷闘争を展開しつつ、対話による解決を求めていくとみられる。新型コロナウイルス感染で落ち込んだ地元経済の立て直しにも全力を挙げる方針だ。
 玉城氏は11日夜、那覇市内で記者団に「間違いなく辺野古の新基地建設は大きな争点だった。(再選は)県民の思いが1ミリもぶれていないという結果だ」と述べた。
 一方、自民党の推薦候補は2014、18年に続き知事選で3連敗となった。政府の辺野古移設方針に変わりはないが、工事への影響は避けられない見通しだ。
 投票率は57.92%で、前回を5.32ポイント下回った。 
(引用終わり)