王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

21日 裏金事件めぐり自民党の幹部内に“不協和音” 安倍派幹部の一部は政倫審に出席へ

2024-02-22 08:57:10 | 政治
自民党安倍派による裏金追及の与野党攻防は、ここをクリック⇒前日より少しは進んだようです。
今朝TVでNHKの朝ドラの後、「羽鳥慎一モーニングショー」に切り替えると各地の暖冬に続く寒波来週で混乱する各地の様子を報道した後、前明石市長泉氏をゲストに「政倫審」が開かれるか、議論される映像が流れました。
目下確定申告が始まってますが「税務署窓口に”納税者から自民党議員の裏がね問題を取り締まれ」とのクレームが多い との話から、関係者の「政倫審」への参加者は誰か? に言及していました。
TV朝日の政治部の若手が昨夜来の取材の話をきくと:
与野党は概ね「安倍派の事務総長経験者5名が政倫審に出席、28日29日の両日に行う」で決まりそうとの事。
裏金を使った51名全員を主席させろとの正論もある様ですが、3月2日までに令和6年度の一般会計予算を衆議院通過させるため、人数を絞る事は野党も”彼らの反対で能登半島地震の復興予算が遅れた”との悪評を気にして腰が定まらない様です。 ⤵
「非公開の上、発言してもしなくても、刑事罰の無い会議で事の真相が判りますかね?」。自民党の若手の中には、政倫審に出席し”真実を話したい”と発言する議員は複数いる様ですが、自民党幹部は「不測の発言を警戒し抑え込んだ」様です。そうなると、安倍派事務総長経験者5名の発言が「国民の怒りを鎮めるに足りない場合」は3月に入り、証人喚問せよ!! との声に繋がるかですかね?? 何とも微妙な雰囲気です」。

写真:裏金事件めぐり自民党の幹部内に“不協和音” 安倍派幹部の一部は政倫審に出席へ 

TBS NEWS DIG:
自民党の派閥の裏金事件をめぐり、西村前経済産業大臣ら安倍派の幹部が次々と政治倫理審査会に出席する意向を明らかにしました。一方、「政治とカネ」の問題をきっかけに、自民党幹部の間では不協和音も生じ始めています。

記者
「岸田総理が麻生副総裁と会食を終え、ホテルから出てきました」

きのう夜、急遽、自民党の麻生副総裁とおよそ2時間にわたって会談した岸田総理。

きょうは…。

記者
「政治倫理審査会など、今後の国会運営について意見を交わすものとみられます」

党本部で茂木幹事長ら幹部と会談しましたが、その雰囲気は重苦しいものだったといいます。

自民党関係者
「国会日程をめぐって言い合いになったようだ」

背景にあるのは、派閥の裏金事件をめぐる国会の動きです。来年度予算案の審議が行われている衆議院では、野党側が裏金問題に関わった安倍派や二階派の議員51人が政治倫理審査会に出席するよう求めています。

きのう夕方までに出席する意向を示していた議員は2人でしたが、きょうになって…。

自民党・安倍派 西村康稔 前経産大臣
「私自身の政治資金のこと。事務総長として私の知りうること、知っていること、すべて正直にお話をしたいというふうに思っています」

西村前経済産業大臣をはじめとする安倍派の事務総長経験者が次々と、政倫審に出席する意向を党幹部に伝えたことがわかりました。

きょう、政倫審開催の申し立てがあった参議院も含め、これまでに6人が出席する意向を示しています。

ただ、野党側は…。

立憲民主党 後藤祐一 衆院議員
「派閥幹部以外の方々の意見というのは非常に重要なんじゃないですか。実は自分はしょうがなかったということを政倫審に出て話したいって方もいるのではないか。その声を握りつぶしてるんじゃないんですか」

林芳正 官房長官
「政治倫理審査会を含めて、国会における審議のあり方については、国会においてお決めいただくことであると認識をしております」

安倍派内では政倫審に出席して弁明したいと語る議員もいますが、自民党内には不規則発言を警戒する声もあり、出席議員をめぐる調整が続いています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20日 西村康稔氏が政倫審出席意向 「5人衆」で初めて 座長の塩谷氏らも

2024-02-21 08:57:21 | 政治
昨日20日「盛山文科大臣の不信任案を与党と維新の会で一蹴した」自民党ですが、次の課題「裏がね議員たちの政治責任をどうつけるのか」については盛山総務会長が「党としては政倫審への出席は個人の判断」と発言し安倍派や二階派出席に関与しない事を表明し、政治責任の決着にやる気のない事を明らかにしました」。
そんな中で、朝日新聞の記事によれば:
同紙が9~20日、裏金作りが判明している衆参両院の議員82人に文書でアンケートを行った。20日午後7時半までに回答があったのは82人中20人。塩谷氏は回答したが、西村、武田両氏は無回答だった。しかし「現時点では安倍派の塩谷立座長と西村康稔前経済産業相、二階派の武田良太事務総長が衆院の政治倫理審査会に出席する意向であることが分かった」と報じました。
「政倫審」なる罰則規定の無い非公開の席での発言で「裏金に関する禊が済んだ」事になるのか?  自民党のやる気の無さに国民の怒りが爆発し「偽証罪に問われる可能性がある証人喚問や公開が原則の参考人招致」に向かうのかは判りません。しかし3月2日までに令和6年度の一般会会計予算案が衆議院を通過すれば「衆院優先で年度内に予算成立」ですから、「野党の反対で年度内予算成立しない」との悪評に耐えて「厳しい対応を野党が求めるか?」も良く判りません。
微妙ですね! 

写真:衆院本会議に臨む西村康稔前経済産業相(中央)=2024年2月15日午後1時2分、岩下毅撮影© 朝日新聞社 

朝日新聞デジタル:
自民党派閥の裏金事件をめぐり、安倍派の塩谷立座長と西村康稔前経済産業相、二階派の武田良太事務総長が衆院の政治倫理審査会に出席する意向であることが20日、分かった。野党が強く出席を求める安倍派幹部の「5人衆」の出席意向が明らかになるのは西村氏が初めて。朝日新聞が行ったアンケートでは、5人いずれもが出席か否かを明らかにしていなかった。
 疑惑が浮上した国会議員に質疑や審査を行う政倫審をめぐり、今回の問題でまず正式に3議員の出席意向が示された。塩谷氏は同日、記者団から出席するかを問われ、「それが基本だ」と述べた。
朝日新聞は19~20日、裏金作りが判明している衆参両院の議員82人に文書でアンケートを行った。政倫審に出席する考えがあるか▽その理由▽政倫審出席以外での「説明責任」に関する考え――の3点を尋ねた。20日午後7時半までに回答があったのは82人中20人。塩谷氏は回答したが、西村、武田両氏は無回答だった。
 20人のうち、いずれも安倍派で衛藤征士郎・元衆院副議長、高鳥修一衆院議員、西田昌司参院議員の3人が、政倫審に出席する意向があると回答した。衛藤氏は「事実解明のチャンス」を理由に挙げた。
 82人のうち、出席する考えがある議員は塩谷、西村、武田3氏を加えても6人にとどまっており、党全体としては「説明責任」に後ろ向きな姿勢が鮮明になったと言える。一方、政倫審の開催は議員本人の申し出を基本にしており、衛藤氏ら3人を出席させるかどうか、今後の党の対応も焦点になる。
 自民内には塩谷、西村、武田3氏の出席では批判が収まらず、5人衆全員の出席は不可欠との見方も強い。前安倍派事務総長の西村氏が出席の意向を党側に示したことで、残る4人にも出席を求める圧力が強まるとみられ、党幹部は安倍、二階両派幹部に対し、引き続き出席を呼びかける方針だ。(森岡航平、小木雄太)
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

19日 立憲民主が盛山正仁文科相不信任案、維新は反対の公算 政治倫理審査会にらみ神経戦

2024-02-20 08:50:27 | 政治
昨日19日「立憲民主党が盛山正仁文部科学相不信任決議案を衆院に提出した」と夕刻のニュースで報じられました。
素人の興味は:
1)野党の中はどんな反応か?
2)与党の反応、特に自民党内部で;
2-1)次期裁候補と名の出ている重鎮の賛否がどうか?
2-2)若手の反応は反応はどうなのか?でした。
2)については今日の不信任案の採決の結果を見るしかなさそうです。
1)に付いては、この表題にある如く「残念ながら野党は賛成に一本化さえできない様」です。
しかし維新も、自民党派閥パーティー収入不記載事件を受けた政治倫理審査会の開催要求に関しては3党と主張が一致しているそうですが、強制力のない「政治倫理審査会の開催」程度が落としどころでは国民の怒りを甘く見ている様にしか見えません。
今夕までに不信任案採決の結果が出ますから、与野党の本音はそれからでしょうかね?

写真:盛山正仁文部科学相への不信任決議案を岡田憲治衆議院事務総長(中央)へ提出する立憲民主党の議員=19日午後、国会内(春名中撮影) 

産経新聞:
立憲民主党が19日に盛山正仁文部科学相不信任決議案を衆院に提出したのは、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の解散命令請求を巡り、東京地裁が教団側と文化庁側の双方から意見を聴く「審問」が22日に開かれることを踏まえた判断だ。教団側との関係が指摘される盛山氏に不信任の意思を突きつけるには最善のタイミングだと読んだ。
立民の安住淳国対委員長は「いつまでもこの問題を引きずらせるわけにはいかない」と不信任案提出の理由を記者団に説明した。
加えて、党内には、盛山氏への追及が「旬」を過ぎてしまうことへの懸念もあったようだ。立民閣僚経験者は「審問が始まれば、世論の追い風が勢いを失う可能性もある」と指摘する。
立民は、日本維新の会や共産党、国民民主党に対して不信任案への賛同を呼び掛けているが、維新は反対に回る公算が大きく、足並みは乱れそうだ。
維新は、盛山氏の国会答弁の迷走などに対しては批判を重ねているが、積極的に辞任は求めてはいない。盛山氏が「行政のゆがみ」を生じさせたという根拠は示されていないと主張し、立民、共産、国民民主3党とは一線を画している。
とはいえ、維新も、自民党派閥パーティー収入不記載事件を受けた政治倫理審査会の開催要求に関しては3党と主張が一致している。自民に対して連携して圧力をかけるため、不信任案への対応の違いが「野党分断」と映ることは避けたいところだ。
維新幹部は19日、不信任案への賛同を立民幹部から求められ、反対に回る見通しをにじませながらも「邪魔はしない」と応じた。政倫審開催や令和6年度予算案の衆院採決日程をにらみ、当面は野党間の神経戦が続くことになる。(松本学)
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

16日 「忖度しまくり…やったふり調査」 自民党”裏金報告書”公開…5年間で5億7949万円 野党“不記載”51人に政倫審出席求める

2024-02-17 08:31:50 | 政治
15日夕刻、自民党は「安倍派や二階派の議員ら91人を対象に行った聞き取り調査の報告書を公表」しそれを巡り予算委員会で厳しい議論が行われました。
残念ながら岸田首相の答弁は「真剣に問題を糺すとの決意に欠け」て見えました。
裏金の総額は、2022年までの5年間で5億7949万円にのぼったそうで、折から確定申告が始まる各地の税務署に並ぶ庶民の怒りの声が沢山報道されています。
この記事はその様な状況の中で16日午後国会内で行われた「政倫審」政治倫理審査会の開催を巡る衆議院の与野党協議。野党側は、キックバック不記載が判明した51人の衆議院議員全員の「政倫審」出席を求めたと報じています。
今朝のTVニュースでは東大の準教授が「政倫審」が開かれても、罰則規定が無いので”どこまで話かは疑問」「どの範囲を出席させるかでも線引きは難しそう」と余り期待でき無さそうなコメントでした。⤵ ⤵
失礼承知で素人の思いを繰り返せば「泥棒を捕まえるのに泥棒としていては捕まるわけが有りません」!
西暦2000年頃までは「日本の政治の失敗は”人口増”の中でごまかされてきましたが、以降24年は「減り行く人口が地方で起き市町村単位に広がり既にここ数年では県単位にまで広がっています」。しかし、高度経済成長の残滓である国、地方の議員の数、同人達の給与ベースや待遇は人口縮小の現実に何も答えていません」! 長期的には「立法府の人間が自分ちの構成人数、給与や待遇を決める事に規制を掛ける”国民的第三者委員会”を作り対処しないといけない」でしょうね?!
全員を出席させても当然ですが「令和6年度の一般会計予算を年度内に成立させたい政府・与党としては裏金問題を打ち切るためには、最小の人間の出席に絞って対応」がイージーですが、答えですかね?
そしてその付けは、衆参の補選と秋の衆院選に出てきそうです。

写真:疑惑の渦中 関係者

FNNプライムオンライン:
2月16日午後、国会内で行われた「政倫審」政治倫理審査会の開催を巡る衆議院の与野党協議。野党側は、キックバック不記載が判明した51人の衆議院議員全員の「政倫審」出席を求めた。
「聞き取り調査」32人キックバックを認識
衆・政倫審幹事 立憲民主党・寺田 学議員:
清和研(安倍派)と志帥会(二階派)、両派の会長、事務総長ならびにそこに準じるような役職にあった派閥の責任者に必ずこの場に出向いて、弁明すべきだと。
安倍派と二階派の幹部は必ず出席するよう要求。これに対し与党側は、検討した上で回答するとした。
そうした中、自民党は15日夕方、安倍派や二階派の議員ら91人を対象に行った聞き取り調査の報告書を公表。裏金の総額は、2022年までの5年間で5億7949万円にのぼった。
還付金、いわゆるキックバックがあったとされたのは85人。そのうちキックバックを認識していたのは32人、残りの53人は当時、認識していなかったという。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

16日 「辞めるも迷惑、残るも迷惑」 萩生田氏、自民都連会長「続投」

2024-02-17 08:27:40 | 政治
別紙の報道では自民党の裏金事件で、政治資金規正法違反の責任を取るとして富山県と長崎県の県連会長が辞任しています。今朝ググった所、富山は後任未定、長崎は公認決定とありました。
さて、16日自民党東京都連の総務会が開かれ「萩生田光一会長(衆院東京24区)ら役員の改選先送りを決めた」と報じられました。
既に2日には役員選考委員会が「先送り」をきめていて、この日の総務会が正式に決めたと記されています。
前政調会長にして自民党東京都連の会長である萩生田光一衆院議員が残る事には一部で不満の声もある様ですが、4月の衆院補選や7月の都知事選を控え、「対応できる人材がいない」と嘆き節も漏れているそうです。
金と票集めに力のある後継者が見つからないのが実態なのかも知れません。
まあ、今回の見送りが自民党都連にとって「好判断になるのか?どうか?」微妙ですかね??

写真:自民党東京都連の総務会で挨拶する都連会長の萩生田光一衆院議員=2024年2月16日午後2時21分、同党本部、中村英一郎撮影© 朝日新聞社 

朝日新聞デジタル:
自民党東京都連が16日、萩生田光一会長(衆院東京24区)ら役員の改選先送りを決めた。裏金問題の中心にある安倍派議員は各地で県連会長辞任を表明しているが、同派の「5人衆」の一人の「続投」に、都連内にも不満の声がある。一方、4月の衆院補選や7月の都知事選を控え、「対応できる人材がいない」と嘆き節も漏れてくる。
 同日の都連総務会で決めた。出席した萩生田氏は「大変な政治不信を招く事態を生んでしまった。説明責任を果たす道半ばですが、心からおわび申し上げたい」と頭を5秒下げて陳謝。その後、知事選などを控える時期に「辞めることも残ることも迷惑」と都連内で意見されたと明かし、進退を役員選考委員会に委ねたと説明した。
 同委は2日に見送り方針を固めており、この日の総務会で追認された。「こういう状況なので少し落ち着くまで(延ばした)」と都連関係者は説明。三宅茂樹・幹事長職務代行(都議)によると異論はなかった。5月に改めて検討するという。
 都連は、会長が萩生田氏、会長代行が同じ安倍派の丸川珠代氏(参院東京)。自民が公表した調査結果によると、政治資金収支報告書への不記載は萩生田氏が2728万円、丸川氏が822万円に上る。萩生田氏は総務会後、報道陣の呼びかけに応じず立ち去った。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする