王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

小池氏366万票、都知事選確定次点は宇都宮健児氏

2020-07-06 08:58:04 | 政治
昨日5日には東京都の新型コロナウイルスの新感染者が111名だとか! 4日続けて100人超えの状態で、いくらか反小池票が増えるかな?と思っていました。
夜8時は都知事選の開票で、深夜には新都知事が決まるとの報道でした。
ひと風呂浴びて午後8時数分にTVの前に立ったら老妻が「小池さんが当選よ!」と言いTVの映像では小池さんが当選の記者会見であれこれ述べている場面が写っていました。
正確にはその瞬間を見ていませんが「8時の開票と同時にマスコミ各社は出口後調査を参考に1分以内に小池さんの当確を宣言したのでしょう!」
多分、秒殺ですよ! 少しTVの報道を見ていると投票後の調査で60%が小池さんだったそうで、これは圧勝と言えそうです。
小池さん  3661万票    得票率 59,70%
宇都宮氏  844万票         13,76
山本氏   657万票         10.72
小野氏   612万票         9.99
ですから、もし?は有りませんが、矢という統一候補を立てっても鎧袖一触という無残な状態でした。  ⤵⤵⤵
晴れて第2期東京都知事に当選ですから市井の爺が小池氏にあれこれ言っても公職選挙法違反なんかで注意される恐れはなさそうです!

この小池都知事に対する浜爺の感触は「羊頭狗肉」「竜頭蛇尾」或いは「言語明瞭、意味不明」な方とお見受けしました。
第1期選挙の時には「豊洲の安全、築地は残す」との趣旨の主張をされましたが、
豊洲の「地下水の問題は何だか解決したのか良く分からず? 狭い新市場の使い勝手もいつの間にかうやむやに」と見えます。
「東京五輪招致にはワイズスペンディングと被災地支援」とか発言されていましたが、あまり実現されたものは無く、何が被災地支援かとの話もある中で、マラソンは「暑さ対策」とかで、札幌に移される体たらく! そして今年に入り年内五輪開催に拘るあまり「新型コロナウイルスの取り組みが2-2週間遅れたのでないか?」との疑惑は安倍首相の責任問題とともに今でも疑問視されています。
5月になって緊急事態宣言の解除以降、東京アラートなる指標を作り独自の規制を始めたかと思うと6月に入り徐々に東京都での新型コロナウイルスの新感染者が増えるにつれ、「数字的指標を取り去り」経済活動再開に力を入れる風の行政で、感染者を増やしてしまいました!
その付けは、「東京都民と東京圏の住人と東京から出かけた感染者により一部地方の方が感染しているようです」 ⤵⤵⤵
それでも、小池都知事が好きなのは都民ですが、近隣の住民も影響受けますから、ちょっと心配です。
「初めに言った言葉がその通り実行されていない」のは政治家としてどうなのかな?と今朝も改めて思う浜爺でした。

写真:午後8時早々第2期当選の記者会見する小池都知事

共同通信:
東京都知事選は6日午前2時17分、開票結果が確定した。再選された小池百合子氏は、2012年に猪瀬直樹氏が獲得した約433万票に次いで過去2番目に多い約366万票を獲得した。
 次点は無所属の元日弁連会長宇都宮健児氏で約84万票。次いでれいわ新選組代表の山本太郎氏が約65万票、無所属の元熊本県副知事小野泰輔氏が61万票、諸派の桜井誠氏が約17万票だった。(引用終わり)
コメント

三原市天満市長 30日付で辞任 河井克行容疑者から現金!

2020-07-01 09:14:46 | 政治
昨日30日昼のTVニュースショーを見ていましたら元法相の河井克之氏と妻の杏里氏の参院選挙収賄疑惑について判り易く説明していました。
これから紹介する三原市の天満市長に小生は何の関係もありません。
ただニュースショーで「数日前まで現金の受け取りを否定していました」が「25日になり克行氏から2回にわたり計150万円を受け取ったことを認め辞意を表明していた」そうです。
TVでは他にも丸坊主になって謝罪した「安芸高田市長の児玉氏」や「元安芸太田町長」らに触れ、「何で次々に現金収受を認めるのか?」という点を元衆院議員の若狭先生や政治評論家の伊藤淳夫氏にMCの恵さんが聞いていました。
「夫婦の現金手渡しリストが検察側にあり、これ以上白を切ると、一括起訴の上、正直者には起訴猶予もあり」との読みでないか?と見立てていました。 なるほど!
辞表提出の上、辞職が認められれば、「ひとまず、社会的責任は取った形にはなります」
さて、三原市の天満市長ですが、30日の市議会で全会一致で辞職が認められました。
この人は克行氏の所属する衆院3区ではないのですよ。参院広島全県の中の三原市なんですが、現金の送りつけにより「相手陣営から引き離した」とみられたとか??
よくわかりません? 1億1億5千万円はどこに行ったのですかね?

写真:三原市の天満市長(ネットより)

広島ホームテレビ:
去年の参院選をめぐる買収事件で河井克行容疑者から現金を受け取ったことを明かした広島県三原市の天満市長の辞職が認められました。

三原市の天満祥典市長は当初、河井容疑者夫妻からの現金授受について否定してりすましたが、25日、克行容疑者から去年3月に50万円、6月に100万円を受け取ったとがことを認め、辞意を表明していました。

きょう開かれた臨時議会では天満市長のきょう付での辞職について審議され、全会一致で可決されました。

本会議で現金授受を否定していたことについて問われた天満市長は「職を辞することにより責任をとらせていただく」と繰り返すにとどまりました。

なお天満市長にはきょう期末手当として約203万円が支給されたということです。

天満市長の辞職にともなう三原市長選挙は8月2日に告示され、9日に投開票されます。
コメント

元広島県会議長200万円受領認める提供額突出、河井夫妻が影響力頼ったか

2020-06-25 10:29:07 | 政治
24日の報道です。
参院議員の河井杏里容疑者(46)と夫で前法相の河井克行容疑者の選挙違反について94人に2570万円を提供した容疑(買収)で逮捕されたのは、ここをクリック⇒一言書きましたが、それとの関連で別記事がぽつぽつ出てきています。
その一つが下の参考記事にありますが、元広島県会議長の奥原信也県議(77)が計200万円を受け取っていたことが明らかになったそうです。
全体像が分からないながら断片を集めると、奥原氏の件は94人2570万円の外枠ではなくて、県会議員グループ、市会議員グループと後援会など重要度により配る金を調整した様で、県会議員グループは提供の厚い事が最上の部の様に見えました。 
94人で2570万円とは一人当たり27万円-30万円程度です。
浜爺の感覚で見ると、こんなはした金で票の取りまとめをするか? という気がします。 それもこのグループの中で手厚くもらう人が200万円だとすると他の人はもっと少額で買収されてしまったのですかね?

そして別の話として、夫妻の政党支部へ党本部から1億5千万円送金されていたそうですが、克行容疑者は県議らへの現金について「手持ちの金だ。原資は1億5千万円でない!」と説明したそうです。
どこから来た金でしょうか? 1億5千万円はどこに眠っているのでしょうかね?
18日にも書きましたが買収した金2570万円は「ねずみ講スタイルの詐欺」における被害額の様に、実害は数百億円としても立件可能な数億円に限って解決を急ぐのか? つまり実際は1億数千万円は買収に使ってしまったという政治風土なのかよくわかりません。

検察当局は、東京都内の克行容疑者らの議員事務所や広島市内の自宅などを複数回家宅捜索。県議や地元首長、後援会幹部らに提供された現金の出どころについても、解明を急いでいる模様だそうです。 まだ別に原資があるようなら凄いですよね!!

写真: 河井夫妻

毎日新聞:
参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区、自民党を離党=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、前法相の夫克行容疑者(57)=衆院広島3区、同=と案里議員から、元広島県議会議長の奥原信也県議(77)が計200万円を受け取っていたことが明らかになった。自民党の広島県連が案里議員擁立に反発する中、奥原氏は当初から支持を表明していたことも判明。提供額は突出して多く、東京地検特捜部は、夫妻が地元政界に強い影響力を持つ奥原氏を頼って現金提供を繰り返したとみている。
 夫妻は19年3月下旬〜8月上旬ごろ、地方議員ら94人に案里議員への投票や票の取りまとめを依頼して計約2570万円を提供したとして、公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された。
 元議長の奥原氏は当選12回のベテラン。奥原氏によると、200万円は夫妻から3回に分けて受け取った。克行議員から4月に50万円、6月に100万円を提供され、案里議員からは5月に50万円が渡された。現金提供の趣旨については、取材に「夫妻から説明がなかった」と話した。うち50万円は使い、残りの150万円は政治資金規正法に基づく寄付として処理したとしている。
 広島選挙区(改選数2)では2議席独占を狙った党本部が、6選を目指した溝手顕正・元防災担当相(落選)を推す県連の反発を押し切り、新人の案里議員も擁立した経緯がある。関係者によると、18年12月、党本部の方針について県連の選対委員を担う県議ら10人が広島市内で協議した。県連幹部を除く9人が意見表明し、奥原氏を含む2人が案里議員の追加公認に異を唱えなかったという。
 地元議員への提供額は10万〜30万円がほとんどだが、奥原氏には200万円が提供された。奥原氏は24日、報道陣の取材に「現金受領は反省している。進退について考えたい」と話した。【池田一生、山本康介、中島昭浩】(引用終わり)
コメント

コロナ対策・五輪開催が争点都知事選告示

2020-06-19 09:14:32 | 政治
昨日18日2020年東京都知事選が告示され、選挙戦がスタートしました。
その前の日でしたか小池都知事、対立候補の宇都宮氏、令和の山本太郎氏、前」熊本県副知事の小野氏とN党党首の立花氏が立候補していることを知りました。
そして愚かな浜爺は市場最多の22立候補者数というのが判らもいたということでしたなかったのですが、上記5者の他に立候補届をした方が17名もいらしたと言う事でした。
一見小池現職候補が優位に見えますが、学歴詐称問題とコロナ対策の是非、そして東京五輪の延期前には(年内実行の為、コロナ対策を怠っていたのでないか?との)疑惑にどうこたえるでしょうか? 宇都宮さんは誠実に見えますが、花がないですね! 山本太郎さんは一寸エキセントリックな所がきになります。N党の立花氏にもエキセントリックな所を感じています、小野氏は維新の会の押す方の様ですがいかんせん知名度がなさそうです、
まあ、選挙権の無い横浜市民ですから、上位5者を中心にどんな選挙が展開されるか興味シンシンです。
豊かな財源が売りの都政も今回のコロナ対策で財源を大幅に減らしたとか!!
そうなると、2021年オリンピックなのか? 選挙戦以降の都民生活再建が中心になるのか? 実は問われるところです!
従来型の人を集めて立会型の選挙運動も形を変えざるを得ない様です。
それやこれやで何か新しい考え方や都政の在り方が出てくると良いと重いますがはてどうなるでしょうか?
候補者の皆さん、 頑張って政策を訴えてください!!

写真:5者が共同会見をした時の写真(ネットより)

日テレ24:
任期満了に伴う東京都知事選挙が告示され、首都・東京のトップを選ぶ、17日間の選挙戦がスタートしました。選挙戦では、新型コロナウイルス対策や、延期された東京オリンピック開催の是非などを巡って、論戦が交わされます。

今回の東京都知事選挙には、午後1時現在、21人が立候補を届け出て、さっそく街頭などでそれぞれの主張を訴えました。

山本太郎氏「『ステイホーム』、ステイホームできます?(コロナの影響で)職を失ったり、給料が減ったり、路上(生活)に出なきゃいけないという状況をいかに止めるかってことが東京のトップの仕事なんですよ。『密です』とか『ディスタンス』とか、わかっとるわ、そんなこと』」

小池百合子氏「『東京大改革2.0』を進めてまいりたい。柱の一番最初にまいりますのは、喫緊の課題であるコロナ対策につきます。都民の命と健康を守り、『稼ぐ東京』をすすめること」

宇都宮健児氏「まず第一にコロナ感染症から都民の命を守る医療体制の充実と、自粛や休業に伴う補償を徹底するということであります」

小野泰輔氏「小池さんに勝つことができる可能性のあるポジションとポテンシャルを持っている、そして行政能力を持っているのは私しかいないと考えています」「もう東京アラートは解除されているんです。街は安全になっていることを都知事自ら示さないといけないんだと思います」

立花孝志氏「今回の選挙の争点は、やはりこのコロナ。これから第2波がきてもどんどん都債を発行して、東京都は十分借金をしてでもやっていけるんですよ。少なくとも飲食店の方やイベント業やっている方、お守りしますよ」

都知事選にはこのほか午後1時時点で、七海ひろこ氏、込山洋氏、西本誠氏、押越清悦氏、桜井誠氏、竹本秀之氏、関口安弘氏、服部修氏、斉藤健一郎氏、澤紫臣氏、石井均氏、牛尾和恵氏、後藤輝樹氏、市川浩司氏、長澤育弘氏、平塚正幸氏も立候補しました。

選挙戦では、新型コロナウイルス対策や、東京オリンピックの開催の是非のほか、小池都政の評価などが争点となる見通しです。

新型コロナの影響で、オンラインを活用する候補者も多く、異例の選挙戦となりそうです。東京のかじ取り役を選ぶ都知事選は、来月5日に投開票が行われます。
コメント

検察、河井夫妻の逮捕状請求19年参院選で買収の疑い

2020-06-18 14:59:58 | 政治
出る出るといって出ないのは冬のお化けと現役議員の選挙違反ーー? に一矢報いますかね?
今日18日検察当局は自民党の河井杏里参院議員(46)=離党=が初当選した2019年参院選を巡り、地方議員らに現金を渡して票の取りまとめを依頼したとして、公職選挙法違反(買収)の疑いで。杏里氏と夫で前法相の河井克之衆院議員(57)の逮捕状を請求したそうです。
今朝の朝刊各紙は午後にも請求されるだろうとの見通しでした。
同日中にも二人を取り調べ逮捕すると見られています。

夫妻はこれまで任意聴取に買収行為を否認しているそうです。
東京の議員会館を家宅捜索の結果、ここをクリック⇒自民党から1億5千万円もの政治献金の応援?があり、党幹部からもあまりの多額で信じられねー!! なんて声もありましたよね。
その割には県会議員に2500万円程度しか渡っていないのは‘’確実な分だけを取り上げているのか” ”追って追加分が別の人から出るのか?” 判りませんが、誰が黙って飲んじゃったのでしょうかね??
1月20日から始まった通常国会のほとんどは出席しなかったか? 体調不良でお休みもあった様でした。 それでもボーナスは満額もらったのですかね?
たかが10万円を手にするのに電子申告で3週間掛かりましたからね!
しっかり金の流れを把握して、疑惑を解明してほしいものです。

写真:河井夫妻

毎日新聞:
自民党の河井案里参院議員(46)=離党=が初当選した2019年参院選を巡り、地方議員らに現金を渡して票のとりまとめを依頼したとして、検察当局は18日、公職選挙法違反(買収)の疑いで、案里氏と、夫で前法相の克行衆院議員(57)の逮捕状を請求した。同日中にも2人を取り調べ、逮捕するとみられる。夫妻はこれまでの任意聴取に買収行為を否認しているという。
 案里氏の参院選擁立は首相官邸が主導したとされ、自民党本部から1億5000万円が、夫妻が支部長を務めるそれぞれの政党支部に流れていた。検察当局は買収資金の流れも捜査するとみられ、政権に大きな打撃になりそうだ。
 関係者によると、夫妻は案里氏が党公認を得た19年3月以降、地元の首長や県議、市議ら約100人に、それぞれ数万〜数十万円を配ったとされる。総額は2000万円を超えていた疑いがある。
 案里氏の陣営の選挙違反疑惑は19年10月、陣営が車上運動員に違法な報酬を支払った疑いがあると週刊誌が報じ、克行氏は9月に就任したばかりの法相を辞任した。告発を受理した広島地検は20年1月、夫妻の事務所を捜索。捜査の過程で現金の提供先が記されたリストを押収し、東京地検特捜部の検事らも応援に加わって、買収容疑で捜査を進めていた。
 一連の捜査はこれまで広島地検が主軸となって進めてきた。だが、東京地検や東京高検に政界捜査の経験が豊富な検事が多数いることや、夫妻が東京に生活の拠点を置いていることなどを踏まえ、東京地検に捜査の拠点を移すとみられる。
 国会閉会日の17日、克行氏は報道陣に「法にもとるような政治活動を行ったことはない」と事件への関与を否定。案里氏は「弁護士から止められています。申し訳ありません」と述べていた。
 19年参院選の広島選挙区(改選数2)には、自民党が21年ぶりに2人の公認候補を擁立。現職だった溝手顕正・元防災担当相と案里氏が保守分裂の様相を呈した激しい選挙戦を繰り広げ、溝手氏は落選した。違法な報酬を車上運動員に支払った疑惑では、案里氏の公設第2秘書、立道浩被告(54)ら2人が公選法違反(運動員買収)で起訴され、広島地裁は16日、立道被告に有罪判決を言い渡している。【国本愛、二村祐士朗、賀有勇】(引用終わり)
コメント