王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

文科省 2代連続で次官辞任 !!

2018-09-22 11:03:25 | 政治
2代連続辞任「混乱いつまで」文科省 反省なき体質に危機感も

21日戸谷(とだに)一夫事務次官(61)と高橋道和(みちやす)初等中等教育局長(57)が21日、引責辞任した。

戸谷事務次官は自らコンサルを介したとはいえ飲み食いの接待を受けて減給処分を受けていました。汚職の実行犯ですよね!

真面目な子分は以降「お前に接待の事などで注意を受けたくない!」と思うでしょうから官僚のトップとしては睨みがききません。

辞任が当然と思いますがこれでも「引責辞任」と表現するのですかね??
直属部下の不祥事が続発して、自らはその件に関与してないが管理責任を重く見て辞職するとしたら「引責辞任」と言って良いでしょうけどね!!

さて連続とはもう1代前が前川次官でこれは「OBが禁止事項の天下りの斡旋をしていた」とかで辞任でした。誰が言ったか彼の「キャバクラ通い(いろいろ人助けで事情はあったらしい)」まで出て彼の品性を貶めていました。

米国政府でもロビイストが居て選挙民や企業あるいは地域の要望を(票と結び付けて)議員に結び付ける仕事をしている連中が居ます。
それでも日本の官僚の様にならないのは何故なんでしょうね?
浜爺がなけなしの知恵を絞って考えると「行政府」と「立法府」が分立しさらに「司法府」が前2者の馴れ合いを厳しく監視しているためでないか!!(三権分立ですよね) と言う事です。

今の若い人は知らないでしょうが平成10年(2008年)当時の大蔵省や日銀の幹部が関与したノーパンしゃぶしゃぶ事件がありこれは大蔵大臣と日銀総裁の首は当然飛びました。
しかし日銀の幹部の中にはのちに日銀総裁になった方が居たかとうろ覚えですが思い出しました。この事件が大蔵省の解体につながったわけですが財務省の文章改ざん事件などをみても少しも官僚たちの体質は変わり無い気がします。

簡単に言えば「泥棒に泥棒を捕まえる方法を任せては駄目」ですよね!!
昔、塩野七生さんが「ローマはなぜ2000年さかえたのか?」と自問し「僅かな事でも絶えざる改革を続けたから」と答えていたと思います。

高級官僚を辞任した後、関連法人や企業を渡り歩き億単位の稼ぎを上げるような不具合を止めさせる提言を合意を得れば(選挙民の合意は得られると思います)それを法制化する事を指導できるような人は「日本の指導者に相応しい」と思いますが誰か思い当りますか?
出て欲しいものです。


写真:文科省入口

産経新聞:
「いつまで混乱が続くのか」。文部科学省幹部が逮捕・起訴された贈収賄事件に絡み、贈賄業者から不適切な接待を受けていたとして事務次官ら幹部2人が引責辞任した文科省。21日、幹部の懲戒処分と辞任が発表されると、省内には衝撃が広がった。昨年の違法な天下り斡旋(あっせん)問題以降、2代続けての「次官辞任」という異常事態に陥った組織は再生できるのか。

 「混乱状態が終わる気配がなく、文科省の信頼は完全に失墜した」。戸谷(とだに)一夫事務次官(61)と高橋道和(みちやす)初等中等教育局長(57)という文科行政の中枢を担う2人が引責辞任したことについて、ある職員は文科省の今後を悲観する言葉を口にした。

 幹部の一人は、前任の事務次官の前川喜平氏が引責辞任した違法な天下り斡旋問題を受けて起用された戸谷氏に関して「組織の信頼回復にどれだけ貢献したのか。訓示を聞いても本気度が感じられなかった」と苛立ちを隠さない。

 実際、停滞する組織改革への不満は省内で高まり、異例の事態へと発展している。今年7月、同省の中堅や若手職員の有志約40人がスピード感のある政策決定など組織改革を求める文書を戸谷氏らに提出。天下り問題後に掲げられた改革が「十分実現されているとは言い難い」と指摘した。

  ×  ×  ×

 反省なき組織風土の根は深い。

 事務次官経験者を含め職員40人以上が処分された天下り問題後の平成29年5月、組織を引き締めるべき官房長(当時)の職にあった前科学技術・学術政策局長、佐野太(ふとし)被告(59)は私立大学研究ブランディング事業の選定で東京医科大側に便宜を提供。その後、見返りに息子を不正に合格させてもらったなどとして、東京地検特捜部は今年7月、受託収賄罪で起訴した。

 前国際統括官の川端和明被告(57)も宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事に出向中の27年8月〜29年3月、医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司(こうじ)被告(47)から約20回の飲食接待やタクシーチケットの提供を受けたとして収賄罪で起訴された。川端被告は天下り問題で文科省が大揺れとなる中、接待を受けていたとされる。

  ×  ×  ×

 「今回の汚職は旧科学技術庁の話。旧文部省は関係ない」。佐野、川端両被告が相次いで摘発されても、2人が旧科技庁出身ということもあり、旧文部省出身職員の間では当事者意識が欠けていたという。

 だが、捜査の進展で高橋氏や減給処分を受けた義本博司高等教育局長(56)ら旧文部側にも接待疑惑が飛び火した。

 文科行政は小学校での英語の教科化や大学入試センター試験の後継となる「大学入学共通テスト」での英語の民間検定導入など大規模改革の途上にあり、行政の停滞は許されない。

 「不祥事のたびに改革プランを掲げ、それが達成されないうちに新たな不祥事が生まれる。この悪循環を終わらせない限り、再生への道のりは険しい」。幹部の一人は困惑気味にこう漏らした。
コメント

安倍首相 総裁選3選 勝利 !!

2018-09-21 14:22:42 | 政治
安倍首相が自民党総裁3選 石破氏は810票中254票

昨日20日自民党総裁選挙は2時10分過ぎ予定より早く結果が出ました。
現職の安倍総裁が対抗馬の石破元幹事長を破り3連続勝利しました。
一般的には圧勝と言えますが事前の予想では石破氏への支持はもっと低かったと思います。
まあこれも現職に忖度するマスコミの事情かも知れません?

結果は:
党員票    安倍首相  329票   石破元幹事長    73票
地方票          224票            181票
合計            553票            254票    でした。
石破氏は国会議員票も地方票も下馬評を上回りました。
石破氏が善戦と言ってよいでしょう!

自民党国会議員の大半は既得権益にすがって安倍氏を支持しました。しかし地方議員あるいは党員は庶民により近い場所にいるわけですから安倍批判票もかなりあり石破氏に票を入れたと思います。しかし26日鹿児島で立候補表明を正式にした安倍首相に対しブログで書きましたが石破氏の主張は新総理を狙うには余りにも対立軸にかけていました

さてこれで安倍新内閣の誕生は間もなくになりますが来年10月の消費税10%で年金暮らしの我々も地獄ですが安倍内閣も地獄を見ることになりそうです。
その前に2019年7月末に任期満了を迎える参院議員の半数が改選ですからその結果次第で首相交代かもしれません??

年内でもトランプ政権の日本に対する報復関税、北朝鮮との非核化交渉とその関連で平和協定等日本を囲む安全保障の在り方が変わるかも知れません。
来年の臨時国会で改憲(9条関連)の発議などしてる暇はないかもしれません?!
とにかく安心して衣食と災害に対する住が確保できるよう最優先で頑張って欲しいものです。
しっかり見守ってゆきます。


写真:3選が決まった瞬間の安倍新総裁

朝日新聞:
自民党総裁選は20日午後開票され、安倍晋三首相(63)が石破茂・元幹事長(61)を破って、連続3選を決めた。任期は2021年9月までの3年間。

 総裁選は1人1票の投票権を持つ国会議員票405票と、党員・党友による地方票405票の計810票で争われた。首相は553票(議員票329票、地方票224票)を獲得し、254票(議員票73票、地方票181票)だった石破氏を破った。

 国会議員票については、朝日新聞の事前の取材で首相は337票を集めていたのに対し、石破氏は50票にとどまっていた。だが、実際の投票結果では石破氏が20票以上を上乗せし、首相は取材の数字を下回った。

 議員票で圧倒的にリードし、首相の3選が確実視される中、焦点になっていたのは地方票だった。首相は地方票でも石破氏に勝利したものの、石破氏の獲得票は、両陣営の事前の予想を上回った。

 首相は20日午後6時から記者会見を行う予定だ。
コメント

安倍首相 鹿児島で総裁選出馬表明 !!

2018-08-27 16:34:30 | 政治
「西郷どん」意識した首相 総裁選の出馬表明、鹿児島で

昨日26日午後安倍首相は鹿児島で桜島を背景に「自民党総裁選立候補」を表明しました。
NHKの「西郷どん」に肖って「地方重視」とか「薩長力合わせて」の思惑だとか?!
女性総裁候補の野田聖子さんは「20名の推薦人」も集められず戦わずして安倍氏の軍の軍門に下りました。

唯一の対抗馬石破氏も「地方創生」に屋や力点があるものの「安倍氏に対して(自分石破は)正直・公正」
を総裁選挙戦に封印」するというのですからまったく詰まらない総裁選です。

要するにポスト安倍の総理として「何を重点にやるかポイントが無いのですよ!!」

これまでに何度も書いていますが昭和28年度から31年度にかけて国家予算(一般会計が)1億円+アルファだったころ学卒の初任給が1万1千円前後/月でした。
昭和32年フランク永井の歌で月給13800円と歌う歌詞が頭に残っています。これはトラックの運転手の稼ぎだと思いますがまあ1万2-3千円/月ですかね。
今平成30年度の国家予算の一般会計は100兆円 学卒の初任給が23万円/月位でしょうか?!!!
財政出動によるインフレが避け得なかったにしろ国家予算が100倍になった今、学卒の初任給が100万円前後/月なら労資の所得配分は(昭和30年ベースで)まあ均衡していると言えます。
欧米の学卒者は月給100万円程度は稼いでいます。
日本では学卒出この程度ですからフリータとかパートや臨時工と言ったら年間200万円以下がごろごろです。

要するに安倍首相のアベノミクスに対してせめて「消費税の8%撤廃」すなわち消費税0%にして国家予算80兆円(一般会計)を提言出来る人は自民党にはいないし分裂を重ね野党にもいないという現実が日本の危機なのです。
一つを新たに起こすより旧弊を一つなくすに勝るはなし!!
若い人で日本の現状を打破できる人はいませんかね?
老人は現状打破は出来ません!
しっかり世の行く末を見守りましょうね。


写真:立候補表明後桜島を背景に花束を受ける安倍首相

朝日新聞:
自民党総裁選への立候補を鹿児島県で表明した安倍晋三首相。地方視察にあわせた異例の表明には、あの「ドラマ」の存在もあった。

 26日午後、快晴の鹿児島県垂水(たるみず)市。錦江(きんこう)湾越しに見える雄大な桜島を背景に、首相は総裁選への立候補を正式に表明した。「あと3年、自民党総裁として、首相として日本のかじ取りを担う決意だ。来月の総裁選挙に出馬します」

 総裁選への立候補表明を、地方視察にあわせるのは異例だ。カメラ目線で語る出馬表明をNHKが生中継した。山口が地盤の首相は放映中の大河ドラマ「西郷(せご)どん」を意識。直前には鹿児島選出議員が開いた会合の演説で「今晩は西郷どん。薩長で力を合わせて、新たな時代を切り開いていきたい」と語った。若者向けにPRできる「インスタ映え」の意識もにじむ。

 地方重視の姿勢を強調する意味合いに加え、来年の統一選と参院選に向けた動きでもある。12年に1回、二つの選挙が重なる「亥年(いどし)選挙」は、統一選で疲弊した自民党組織が力を発揮できず、参院選が苦しくなりやすいとされる。首相が第1次政権を担っていた12年前の07年の統一選では野党民主党が躍進し、参院選で自民党は惨敗。その後首相は体調不良で退陣した経緯があるためだ。
(引用終わり)
コメント

自民党総裁選 9月7日公示 安倍対石破 !!

2018-08-21 06:27:52 | 政治
安倍首相、短期決戦へ票固め=石破氏は論戦に意欲―自民総裁選

今朝21日の9時半頃TVのチャンネルをテレ朝に切り替えたら石破さんが総裁選候補と言う事で総裁選に経つ己の立場を語っていた(ようだ)。経済政策は既に語ってしまったようだが、石破さんはアベノミクスを批判していたと思う。
話は戻って自民党総裁選は9月7日公示、同20日投開票と決まった。
別紙では野田聖子さんは推薦人20人を集めるのに苦労しているとありましたから、事実上安倍対石破の一騎打ちでしょうかね?
下馬評では安倍さんが圧倒的にゆうせいだそうです。森加計学園問題、決済文章の改ざん、防衛省の日報隠し、官僚の忖度そして一部の人にしか及ばない」アベノミクス効果等を踏まえても安倍さんを圧倒雨滴に支持する自民党の先生方と地方票を支える地元の自民党地方代議士の頭の中が良く判りません。
まあ要するに「既得権益にぶら下がっていたい」のでしょうね。
阿部さんは夏休みに小泉、麻生元首相とゴルフで悠々と見えました。それでも機能を休みを中断して東京の「日本会議」のフォーラム?でぶち上げていますから底固めでしょうか?
今の状態を見ると近日中にトランプ大統領が大胡家でもし無ければ三選必勝でしょうかね?
何だかすっきりしませんね。


写真:10日総裁選出馬表明の石破さん(ネットより)

時事通信:
 9月の自民党総裁選に向け、事実上の一騎打ちとなる安倍晋三首相(党総裁)と石破茂元幹事長の作戦の違いが際立っている。首相は出馬表明の時期を慎重に探りつつ、圧勝を目指して地道な票固めに懸命。短期決戦に持ち込みたい思惑がにじむ。いち早く出馬表明した石破氏は夏休み返上で記者会見などを開き、メディアへの露出増を狙う。

 首相は16日、静養先の山梨県で小泉純一郎元首相、麻生太郎副総理兼財務相らと約2カ月ぶりのゴルフに興じた。小泉氏は4月、森友・加計学園問題で野党の追及を受けていた首相の3選を「難しい」と評していたが、首相はプレー後、記者団に「気持ち良くやりましたよ」とリラックスした様子で語った。

 首相は山梨県鳴沢村の別荘で、側近らと出馬時期や公約をめぐり準備を進めているとみられる。16日は自民党山梨県議らと中国料理店で会食。出席者は3選支持を伝えた。同県は2012年総裁選の地方票で石破氏に大差をつけられた。休暇中も地方票対策に余念がないのは、国会議員票(405票)と同数の地方票でも石破氏を圧倒しないと、圧勝シナリオに狂いが生じるからだ。

 総裁選は9月7日告示、20日投開票となる方向で、首相の出馬表明は8月下旬となる見通し。選挙戦直前の表明になることについて、関係者は「総裁選モードにさせないためだ」と指摘する。政権批判を強める石破氏との対比を避ける狙いがあるとみられる。

 首相は選挙期間中の9月11〜13日にロシア極東ウラジオストクで開催される東方経済フォーラムに出席する予定。党関係者は討論会や街頭演説会の機会は通常より減るとの見通しを示した。

 一方、石破氏は16日、お盆休みにもかかわらず派閥会合を開き、竹下派会長の竹下亘党総務会長の支持を取り付けたと紹介。「目先のことではなく、日本や党がどうあるべきかとの思いを共有される方々と全身全霊で戦いたい」と決意を示した。

 議員票で劣勢の石破氏は会合で、政策テーマごとの候補者討論会の開催を改めて要求した。首相が改憲を総裁選の争点に据えようとしていることを念頭に、17日に憲法問題に絞った記者会見を開く。ただ、出馬表明を遅らせて直接論戦を避ける首相陣営にはいら立ちを募らせそうだ。 
コメント

文科省の国際統括官 収賄で逮捕!!

2018-07-26 14:42:00 | 政治
以前から癒着のうわさ「派手に飲み歩いていた」

今日26日文科省の国際統括官である川端和明容疑者(57)が収賄容疑で逮捕されました。局長級の幹部だそうです!

今朝は早朝から前3日に比べ4度ほど気温が低く良く寝られました。
日中も涼しそうなので外出して雑用片付けを思い立ったのでネットの情報を斜め読みしたせいもあり、この新しい収賄事件は先の佐野太前局長の追加上情報とばかり思っていました。

何と川端統括官がJAXA出港時ぬ便宜を図った元会社コンサル佐野前局長の(息子の入学に関わる)フィクサーだったようですから文科省漢文の汚職体質は深刻です。

高級官僚が140万円程度の接待でまだ先のある人生を棒に振りますかね??
140万円は今回の立件に関わる一部であり根はもっと深いのかもしれません。

話はそれますがこれも麻原等の死刑のサイト利上げ化と思いましたら上川法相が「慎重に判断」下のはこれも残り6名の残党に対する死刑でした。
夕刊の内日曜日の翌日月曜朝の記事を読むような気がしましたが全て26日午前に会ったリアルな報道でした。
浜爺の頭が暑さで煮えかかっています。


写真:川端国際統括官(ネットより)

読売オンライン:
文部科学省の局長級幹部である国際統括官が26日、東京地検特捜部に収賄容疑で逮捕された。同省では前局長が受託収賄罪で逮捕、起訴されたばかり。省内では2人と、今回、贈賄容疑で再逮捕されたコンサルタント業者との癒着が以前からうわさされていた。

 「問題のコンサル業者と派手に飲み歩いていた。癒着があっても何の不思議もない」。同省関係者は、収賄容疑で逮捕された同省国際統括官・川端和明容疑者(57)についてそう話す。

 川端容疑者は宇宙航空研究開発機構( JAXA ジャクサ )に出向していた15年8月〜昨年3月、医療コンサル会社の元役員・谷口浩司被告(47)(受託収賄ほう助罪で起訴)から東京都内の飲食店などで約140万円相当の接待を受けていたとされる。関係者によると、同省の私大支援事業を巡る受託収賄罪で起訴された佐野太被告(59)も、谷口被告から高級クラブなどで繰り返し接待されていた。
(引用終わり)
コメント