王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

郵政改革 亀井案を承認

2010-03-31 08:34:43 | 政治
亀井案を容認=「閣内にいるから」-仙谷氏・郵政改革(時事通信) - goo ニュース

去る28日の日曜日朝のTV番組で亀井金融・郵政改革担当相が「郵政改革案」をぶち上げたところ菅副総理・財務相が「そんな事聞いていない」発言に続き仙谷国家戦略担当相も「話が無くて法ができるか」と発言しマスコミは「又もや閣内不一致」と囃し立てた。

その為であろう30日夕刻閣僚懇談会が開かれ「首相一任と決まり」聞いていない派も矛を収め「骨格案通り」との首相裁定がおりた。
まあ聞いていない派も首相の前で反対意見を述べておけば後日の(不具合が起きた際の)責任論から逃れられる。

普天間基地移設問題が最たるものであるけど、この内閣はどうやら閣僚会議或いは関係閣僚会議をしっかり官房長官辺りを軸として行っていない様に見える。
自公政権時代は1省の法案と言えども「事務次官会議で了解を得ないと閣議に上がらなかった」とか。
それでは官僚が国策を決めるとの反省から「事務次官会議の廃止」は良かったけど「閣僚会議」が行われていないか連絡が不十分なのか行っても中身が無いのか機能していない。
国会議員大臣が政策を提案しても関係者が集まって政策論争をする場が無いかあっても対立意見の調整が出来ないので「言いっぱなし、聞く耳持たない」が出ているのであろう。
会社で言えば「役員会」が行われず「行われても意見集約が出来ず」不十分なまま「社長一任」で役員は責任逃れ。これでは先に大声を出した(亀井大臣)方が有利であろう。

国債発行残高の急増と税収の落ち込み、加えて大きな政府型の多額の歳出をどう鳩山内閣は整理統合して行くのだろうか?
菅さんや仙谷大臣による「特別会計の洗い直し」に期待していたのだがさっぱり声が聞こえてこない。


時事通信:
仙谷由人国家戦略担当相は30日夜、鳩山由紀夫首相が郵政改革案をめぐり、亀井静香金融・郵政改革担当相が示した骨格案通りに了承したことについて、「だって閣内にいるんだもん。そういうことだ」と記者団に述べ、受け入れる考えを示した。

 仙谷氏は、郵便貯金の預入限度額の引き上げに対し、地方の中小金融機関の経営に影響するなどとして反発していたが、これ以上の混乱は好ましくないと判断したものだ。

 閣僚懇談会で首相に判断を一任したことについて、仙谷氏は「わたしの方からも総理に一任しようと話した」と語った。ただ、限度額の具体的な引き上げ幅については「聞いていない」と述べるにとどめた。  (引用終わり)
コメント   トラックバック (5)

国松警察庁長官銃撃事件が時効

2010-03-30 11:34:33 | 社会
警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず-「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信) - goo ニュース

国松警察庁長官が銃撃された事件が30日午前0時に時効を迎えたそうです。
殺人未遂罪での公訴時効15年が成立したそうです。
被疑者不詳で一件落着の様です。

警視庁公安部の捜査で一頃オウム真理教の信者である巡査長が「自分が撃った」との自白にと「神田川に銃を捨てた」との自供があったとかで:
「神田川に警察のフロッグマンが潜ったりついには台船にクレーンとツメを付けた装置で川底を根こそぎ浚っていました」が銃は発見できませんでした。この事件は当初からオウムの幹部(死刑が確定)等が関与している事が疑われていましたが「巡査長関与の自白を得る事ができず」最終的に「巡査長は不起訴」でした。
一方この報道には載っていませんが「名古屋の銀行で拳銃強盗」を行なった男(76)が犯行を自白した事で警視庁の捜査1課が別筋で証拠探しに動きましたが決定的な物証(拳銃とか共犯とか)を突き止められませんでした。
公安部と捜査1課の鞘当で捜査が機能しなかったとの厳しい指摘もあります。

そもそも厳しい見方をする人は「平成時代の幕開けはオウムの悪事と共に始まった」という人もいます。そういえば「地下鉄サリン殺人事件」が20日に15年目の慰霊式を行なっていました。サリン事件後の1995年3月22日にはカナリアを鳥かごにいれ上九一色村のオウム本部に強制捜査に入る警察部隊のTV映像を思い出しました。

その後オウムの悪辣振りがはっきりしたわけですが「これだけの無法組織を非合法化して解散させるだけの力が日本の政権にはありませんでした(具体的には破防法の適用を公安委員会が見送ってしまった)」

その間(今では北朝鮮による)拉致による行方不明があって未だに5名の帰還意外は進展がありません。
つい最近では中井国家公安委員長の「夜の忍び歩き」で見られるように:

「国民の声明と財産を守るため(せめて在任中だけでも)身体を張って守る」との国士がいません。

この辺りのどこかに警察庁長官が狙撃されたのに犯人が特定できない素地が有るような気がします。

追記:
30日午前警視庁の公安部長が記者会見で「オウムの信者が事件に関与している」と発言しました。加えてその経過を(警視庁の)HPに30日掲載続けるとか。
司法組織の一部である警視庁が「時効成立までに被疑者に関する物証を入手できず公判維持が不可能」との判断ですから時効成立後に「オウムの信者が被疑者」だと公言するのは重大な法律違反の気がします。警察庁なり法務省なり疑義を挟む人は居ないのですかね?


時事通信:
1995年3月、国松孝次警察庁長官(当時)が自宅マンションで銃撃され、重傷を負った事件は30日午前0時、殺人未遂罪の公訴時効(15年)が成立した。警視庁は「被疑者不詳」で書類送検し、東京地検は証拠物を精査した上で、不起訴処分にする。

 警察組織のトップを狙った前例のないテロをめぐり、同庁南千住署捜査本部は延べ約48万人を投入。オウム真理教の組織的犯行とみて容疑者逮捕に全力を挙げたが、実行役を特定できず、真相は闇に包まれたままだ。

 国松長官は95年3月30日午前8時半ごろ、東京都荒川区南千住のマンション前で、背中や腹部など3カ所を撃たれ、重傷を負った。

 捜査関係者によると、96年5月、教団信者だった元同庁巡査長(44)が「自分が撃った」「拳銃は神田川に捨てた」と述べ、事件関与を認めた。

 しかし、元巡査長の供述はほとんど裏付けが取れず、神田川で拳銃は見つからなかった。元教団幹部数人が現場にいたとも話したが、いずれも関与を否定した。

 捜査本部は2004年7月、事件関与の疑いが強いとして、殺人未遂容疑などで元巡査長ら4人を逮捕したが、供述は変遷し、不起訴となった。

 その後の捜査で、元巡査長のコートや眼鏡、マスクなど複数の所持品に火薬成分が付着していることが判明。捜査本部は元教団幹部らの事情聴取を続けたが、銃撃を直接的に示す証拠はなく、状況は打開できなかった。  (引用終り)
コメント   トラックバック (5)

モスクワで連続爆発

2010-03-30 06:17:06 | 海外
連続テロか、モスクワ地下鉄駅2カ所で爆発 死傷者多数(朝日新聞) - goo ニュース

昨日午後TVのニュースフラッシュでモスクワの地下鉄で爆発があり25名が死亡とか報じられました。
爺は瞬間テロで無いかなと思いましたよ。

その後自宅に戻って見たニュースでは最初のルビャンカ駅から少し離れた駅でも30分後に発があり両方で少なくとも38名の死者とと70名を超える負傷者が出たと報じていました。
モスクワ市長が早々と「女性による自爆テロ」と語る場面が映っていました。

ルビャンカといえばソ連邦華やかな頃KGB本部のあった場所で今でのその後裔の本拠です。
チェチェンを初めとしたロシア連邦からの独立派のテロでしょうかね?
モスクワ市内で地下鉄が襲われるようではメドベージェフ大統領にしろプーチン首相にしろ首都治安の貫目を問われる事になります。
どの様な捜査が行なわれるでしょうかね?
何か本当の事が判るでしょうか?
しばらく見守る必要がありそうです。


朝日新聞:
【モスクワ=星井麻紀】モスクワ中心部にある地下鉄ルビャンカ駅で29日午前8時(日本時間午後1時)ごろ、爆発があった。イタル・タス通信によると、少なくとも35人が死亡、多数が負傷した。また、約30分後には、4駅離れたパルククリトゥーリ駅でも爆発があり、約15人が死亡したとしている。ロシア治安機関は自爆テロの可能性があるとみて調べている。

 ルビャンカ駅はロシア保安庁近くにあり、地下鉄周辺は通勤客で混雑していた。
(引用終わる)

コメント   トラックバック (4)

そごう 広島 認知症女性に7千万円分大量販売

2010-03-29 10:56:54 | 社会
認知症女性に7千万円分大量販売 広島・そごう外商社員(朝日新聞) - goo ニュース

まあそごうと言えば西の方の百貨店の老舗ですよね。
そのそごうの呉店の外商の男性が高齢の女性に7千万円も商品を売りつけたとの報道です。


一般的に考えて2年間に7千万円も売りつけて(売って)良いかとの問題です。
高齢のご婦人は87歳(現在)の高齢ですから百貨店の外商のベテランに上手に勧められた時、その是非を判断できたか疑問ですよね?!
もし彼女がお金を払うとして「夫か息子か家族のチェックとか点検を受け無かったのでしょうか?」
いろいろ事情があって「そごうの外商部丸抱え」だったようです。

幸いこの高齢のご婦人は「マダラボケだったのでしょうね」
勧められた商品の幾つかは好きでなかったーーという発言をされているようです。

50歳代で平とも思えませんので彼の上にいろいろ役職がいたと思うのですが営業第一がまかり通っていたのかも知れません。
取りあえず2年間の「強制売り上げ」を0にするとしても「そごう呉」の悪行は真っ当な商売を阻害しましたね。
何だか日本の商道の不心得の人が増えているようです。


朝日新聞:
大手百貨店「そごう・西武」のそごう呉店(広島県呉市)で、外商を担当していた50代の男性社員が、認知症の疑いがある同県在住の女性(87)に、約7000万円分の貴金属などを売っていたことが29日までに、関係者への取材で分かった。女性側は、成年後見人を通じて代金の返還を求めるという。

 女性側関係者によると、女性は1人暮らしで、2008年と09年の2年間で約7000万円の貴金属や絵画などを同店から購入。ほとんどがクレジットカード払いで、口座残高がなくなると、男性社員に付き添われて銀行に行き、別の口座から金を移したこともあったという。

 関係者によると、女性は今年1月に認知症と診断され入院。08年ごろには既に症状が出ていた可能性が高いという。

 昨年12月、呉市の消費生活センターに市内の銀行から「本人が分からないような取引があり、不審ではないか」との通報があった。同センターから連絡を受けた市の介護保険課が親族に相談し、発覚した。

 そごう呉店は「男性社員は女性が認知症の疑いがあるという認識はなかった」としているが、「結果的にこういう事態になってしまったことは重大」として、内部調査した上で何らかの処分を検討するという。  (引用終り)
コメント (2)

白鵬全勝優勝 把瑠都14勝

2010-03-29 08:01:39 | スポーツ
白鵬全勝で13度目の優勝、把瑠都も14勝(読売新聞) - goo ニュース

大相撲春場所で横綱の白鵬が全勝で13度目の優勝となりました。
おめでとう御座います。

大阪場所の前には前売りチケットの販売具合が芳しくないなんて話がありました。
勿論ヒール横綱の朝青龍が引退したからでしょうね。
興行面から見ると白鵬が期待にたがわず活躍したのは何よりです。

素人の爺が見て朝青龍の突出振りは大関陣の不甲斐なさと裏表でした。
相変わらず大関陣の不甲斐なさは続いているようですが大阪場所で新しい芽が出ました。
関脇の把瑠都が14勝で来場所の大関昇進を確定させたとの事です。
良かったですね。

バルト三国のエストニア出身で来日前は柔道を習っていたとか生活の為バーの用心棒をしてたとか話題豊富です。
ところでこの把瑠都は朝青龍のヒール振りを裏返しした様な好漢で気は優しくて力持ちに見えます。
いつもニコニコしていて礼儀正しいし日本語も上手になりましたよね。
老妻の話ですが入門した手の頃先輩力士に「頑張れよ!」と激励され「お前も頑張れよ!」と返事をして怒られたと話したそうです。英語やロシア語ならそれで正しい会話ですが日本語では一寸問題でしょうかね。わははは

膝に大怪我による古傷があるのが心配ですが大関昇進を機会に大化けして相撲人気を盛り上げて欲しいものです。
期待しています。


読売新聞:
相撲春場所千秋楽(28日・大阪府立体育会館)――横綱白鵬が2場所ぶり13度目の優勝を5度目の15戦全勝で飾った。

 白鵬は日馬富士を力強い上手投げでねじ伏せた。日馬富士は10勝5敗。大関昇進を確実にしている関脇把瑠都は、琴光喜を圧倒して4大関総なめの14勝1敗。琴光喜は9勝6敗。琴欧洲は魁皇を寄り倒して10勝目。三賞は、把瑠都が初の技能賞と敢闘賞のダブル受賞。殊勲賞は該当者がなかった。十両は木村山が優勝決定ともえ戦を制した。
(引用終わり)
コメント