王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

16日 台風14号 北上中

2022-09-16 09:43:38 | 天皇家



台風14号の元になった熱帯性低気圧は出来た頃、東京のはるか南方の海上で、その頃は日本本土上空に高気圧が有りましたから、先行した12号や13号に倣って、西側の高気圧に沿って、日本直撃が無ければ良いなー!と思っていました。しかし昨日あたりの進路予想からすると九州から本土を北上するコースを取りそうで、17-19日の3連休は、全国的に警戒が必要になりそうです。 もっとも、九州西方で本州寄りにコースを取るポイントが微妙で、この位置が北にずれれば、九州北部をかすめ日本海へ出るコースも有るかなー?と目下は微妙なようです。
今少し観測を待たないとはっきりした見通しは立たない様です。

写真:台風14号の予想進路 (tenki.jp)

tenki.jp:
大型で強い台風14号は16日午前、西日本の南方海上を西へ進んだ。18日に九州に接近して上陸する恐れがあり、19日未明には進路を北東へ変える見込み。気象庁は九州南部と奄美、沖縄では17日から暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。西・東日本などでは20日にかけて大雨も予想される。
 17日に予想される最大瞬間風速は奄美40メートル、九州南部と沖縄35メートル。波の高さは九州南部と奄美、沖縄10メートル、四国8メートル、九州北部7メートル、東海と近畿6メートル。
 17日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、沖縄120ミリ、九州南部100ミリ。その後、18日午前6時までの同雨量は、東海や近畿、四国、九州、奄美、沖縄で100~200ミリ。
 14号は16日午前6時、西日本の南方海上を時速15キロで西へ進んだ。中心気圧は960ヘクトパスカル、最大風速40メートル、最大瞬間風速55メートル。半径150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側650キロ以内と西側560キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

16日 日経平均 反落、日経平均は308円26銭安

2022-09-16 09:30:20 | 為替 ドル 株式
16日大引けの東京市場は反落、日経平均は前日比308円26銭安の2万7567円65銭で引けた。
NY株の下落に嫌気、後場も膠着状態で308円安で引けました。

株式市場新聞:
16日大引けの東京市場は反落、日経平均は前日比308円26銭安の2万7567円65銭で引けた。 米8月小売売上高が予想を上回ったことや先週分新規失業保険申請件数の減少でFRBの大幅利上げを織り込む長期金利の上昇を警戒した売りで15日のニューヨーク市場が3指数揃って下落したことを嫌気、後場も膠着状態で推移した。 
(以下省略)

ここからは前引け:
16日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前引けは前日比301円33銭(1.08%)安の2万7574円58銭だった。
この日の前引けは301円安と続落しました。アジア市場で上海などの株式が軟調なの重荷だったそうです。引き続き後場を追ってみます。
日経新聞:
16日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前引けは前日比301円33銭(1.08%)安の2万7574円58銭だった。 米国の利上げ加速への警戒感から前日の米株式相場で主要3指数が下落したことを受け、朝方から値がさのハイテク株を中心に売りが出た。同日午前のアジア株式市場で上海などの株式相場が軟調に推移したことも重荷になった。 

ここからは寄り付き:
16日の日経平均株価は、ここをクリック⇒前日比244.52円安の2万7631.39円で寄り付いた。
今朝早朝閉まったNY株のダウ平均、ナスダック総合のかなりはっきりした値下がりを受け、日経平均も244円安で寄り付きました。寄り付き一巡後280円安ほどで揉み合っています。昨日様子見をした人はまあまあ、売った人は中々の出来でした。引き続き前場を追ってみます。

株探ニュース:
16日の日経平均株価は前日比244.52円安の2万7631.39円で寄り付いた。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

15日 NYダウ平均 173ドル安、3万961ドル…2か月ぶりの安値

2022-09-16 08:24:37 | 為替 ドル 株式
【ニューヨーク=小林泰裕】15日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は,ここをクリック⇒前日比173・27ドル安の3万961・82ドルだった。 
今朝早朝閉まったNY株はダウ平均は173ドル安と前j日の小幅値戻しだけで終わりました。FRBによる大幅な利上げ警戒感が強いようです。ナスダック総合も167ポイント安とNY株は共に下げました。

読売新聞オンライン:
【ニューヨーク=小林泰裕】15日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比173・27ドル安の3万961・82ドルだった。
 
値下がりは2営業日ぶり。7月中旬以来、約2か月ぶりの安値となった。
 15日に発表された米国の新規失業保険申請件数が減少し、米国景気の堅調さが意識された。米連邦準備制度理事会(FRB)による大幅な利上げへの警戒感が強まり、情報サービス大手セールスフォースやIT大手マイクロソフトなどの銘柄が売られた。
 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は167・32ポイント安の1万1552・36だった。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

15日 中ロ首脳が会談 連携強化を示唆

2022-09-16 08:18:41 | 中国関連
現地にあまり西側の報道関係者が居ないのか? 鳴り物入りの中露首脳会談なのに写真が少ないのです。さて、15-16日 ウズベキスタン・サマルカンドでの上海協力機構(SCO)首脳会議に合わせ 、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領が会談しました。
中央アジア5か国はこんなところです〈ネットより)
ロシアに出られなければ将来的にイランに通じれば海に繋がります。

ロシアがウクライナを侵攻してから初めての会談で、プーチン大統領は冒頭「(侵攻について)中国のバランスの取れた立場を高く評価している」と述べ「中国の問題意識は理解しており、この会談でロシアの立場をくわしく説明したい」とし、更に「ペロシ下院議長の台湾訪問を非難し、台湾を含め中国は一つ」と中国の対場を支持したそうです。これに対し習主席は「中国はロシアとともに責任ある大国としての規範を示す準備ができている」と応じました。
これを以て「両国が経済や軍事での連携強化を確り確認しあった」事になるのか素人には疑問ですが、紙面に載らない所で確り本音が出たのでしょうか?
良く分かりません。この後も上海経済経済協力(SCO)参加国と個別の教義が有るでしょうから、どこかで本音が漏れるかもしれません。

写真:首脳会談 冒頭写真か

FNNプライムオンライン:
ロシアのプーチン大統領は、15日、中央アジアのウズベキスタンで中国の習近平国家主席と首脳会談を行い、経済や軍事などの連携強化を通じて欧米など、各国をけん制する構えを見せた。
ロシアがウクライナ侵攻を開始してから初めてとなる会談の冒頭、プーチン氏は侵攻について「中国のバランスの取れた立場を高く評価している」と述べたうえで、「中国の問題意識は理解しており、この会談でロシアの立場をくわしく説明したい」と伝えた。
さらに、アメリカのペロシ下院議長が8月、台湾を訪問したことを「挑発だ」と非難し、台湾を含めて「ひとつの中国」とする中国の主張を強く支持した。
一方、習氏は、「中国はロシアとともに責任ある大国としての規範を示す準備ができている」と応じるなど、両首脳は経済や軍事での連携強化を示唆して、ロシアや中国を危険視する各国をけん制した。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする