王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

今年も後十数時間

2008-12-31 08:12:52 | 生活(地域)
暮れも押し詰まりましたね。
と言っても別段何をしなければいけないなんて事は何もないのです。

昨日は暖かで午後散歩に出ましたら仕事場の隣町大岡町の材木屋さんが壁に立てかけた材木に来年の干支である丑の絵を書き上げて正月の準備を終えていました。

米国発の経済危機はまだ底を見せていません。大統領がブッシュjr.からオバマに変わって何がどう変わるかもよくわかりません。
もしオバマ大統領が本気で米国のドル垂れ流しを止めようとすれば「忠実な同盟国だと思い込んでいる首脳部に率いられる日本」は今まで以上に酷い米国からのおねだりや恫喝、強請り,たかりもどきの金銭的支出を強いられるでしょう。
オバマ大統領が本気でイラクやアフガンからの撤退を実行すれば「軍産政の反対勢力により暗殺と言う混乱も予想されます」
それはもう少し先にしても「パレスチナのガザ地区ではイスラエルとハマスの死闘が始まってしまいました」このままではイスラエル対イスラム勢力の戦いでヨルダン、イランを交えた中東の激動と言う暗雲が漂ってきています。

日本では衆議院の総選挙という国民審判を経ない自民党の総裁が3年間に3代続いて「無策の証に赤字国債を発行して昨今の問題を乗り切ろうとしています」
そんな事では収まる事態には見えません。

年金の支払い、高齢者医療や介護、秋以降の雇用不安などこの経済危機が100年に1度と本当に認識しているなら「2次補正と09年度予算はもう少し斬新で鮮烈な政策が提案されてしかるべきでした」

あれやこれや積み残ししたまま新年を迎えます。
まあとりあえず気分が一新されるのもよいものでしょう。
三平師匠では有りませんが「体だけは大切にしてください」
今年はブログを通じてお世話になりました。来年もご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
どうぞよいお年をお迎えください。
コメント (1)   トラックバック (1)

東証 大納会 8859円

2008-12-30 12:26:30 | 為替 ドル 株式
東証、年間下落率最大の42% 大納会終値は8859円(共同通信) - goo ニュース

はっきり覚えていないけど今年の大発会は取引開始後一時は前年の大納会の相場
15307円を550円も下回る動きを示した。
今になれば何となく今年の荒れた相場を暗示していたよなー。

今日の大納会の終値は8859円で前日比112円ほど上げて引けたのは何よりでした。
しかし年間で見ると下落率(前年大納会比)は42%となり1990年のそれ38%を越え過去最大の下落率だそうである。

銀行はじめ金融機関その他東証の株式を持っていた機関や個人は年初の含み資産の価値を42%も落としてしまった。 100兆円価値があったものが58兆円になってしまった。   とほほほほ

米国経済の闇の部分は未だに生産されていないしカーメーカーのビッグ3に対する融資問題もすっきりしない。
年が明ければ明るい見通しになると考えるのは甘かろう。
個人投資家はしばらくお休みしてジリ貧を我慢するのが正解でなかろうか。
どうなりますやら。 ♪ケセラセラ 成るようになるわ♪ という歌があった。
よい年になってほしいですね。


共同通信:
今年最後の取引となる大納会を迎えた30日の東京株式市場は、外為市場の落ち着きを背景に買い注文が優勢で、日経平均株価(225種)の終値は、前日比112円39銭高の8859円56銭と4営業日続伸。昨年大納会終値からの年間下落率は42・1%となり、1990年(38・7%)を超え、過去最大となった。今年は、大発会で平均株価が7年ぶりに下落、大発会としては史上最大の下落幅を記録する波乱の幕開けだった。(引用終り)

写真:(納会の鐘を鳴らす)若いお姉さん二人はオグシオだそうです
コメント (2)   トラックバック (1)

庭に乗用車突っ込み 親子3人死亡

2008-12-30 07:57:37 | 社会
庭に乗用車つっこみ、親子3人が死亡 広島・三原(朝日新聞) - goo ニュース

かねてから車は気をつけて扱わないと瞬時に凶器に変わる危険な物と思っていました。
昨日朝広島で起きた乗用車の飛び込み事故は其の典型に見えました。
帰省中の広島市の男秋保輝行(25歳)が三原市の盛谷浩二さん(51歳)方の庭に突っ込みたまたま庭で片付け仕事をしていた盛谷さん夫妻と次女の里穂ちゃん(4歳)をはねた。
初報では夫人と里穂ちゃんが死亡でお父さんは重傷であったが後お亡くなりになった。3名とも死亡である。

不幸中の幸いと言うか小学4年生の長女は屋内に居て無事。自分で119番通報をしたとか。なんとも健気です。

警察は秋保を自動車運転過失致傷容疑で逮捕した。
なんと盛谷さん一家4人は瞬時に長女を残して崩壊してしまった。
「誰でも良かった」と殺意を抱いてナイフを振るった秋葉原の男と起きた結果は大差が無い。
殺人事件なら3人を殺しているのだから「死刑」であって可笑しくは無い。
現状では「交通刑務所」で数年過ごして終わりであろうか?
何だか割り切れない。
一人残された小学校4年のお嬢さんの心の傷と今後の人生を思うと胸が塞がる思いである。せめて親切な親族が居てくれると少しは良いなと頭の墨をちらり。
盛谷さん親子のご冥福をお祈りします。        合掌。

朝日新聞:
29日午前8時25分ごろ、広島県三原市久井町坂井原の国道486号沿いにある建設会社員盛谷(もりたに)浩二さん(51)方の庭に乗用車が突っ込み、浩二さんと妻の良美さん(41)、次女の里歩(りほ)ちゃん(4)を次々にはねた。良美さんと里歩ちゃんが頭を強く打つなどしてまもなく死亡、浩二さんも腹などを強く打ち、約11時間後に亡くなった。同県警三原署は、乗用車を運転していた広島市中区土橋町、建設会社員秋保(あきやす)輝行容疑者(25)を自動車運転過失致死傷の疑いで逮捕した。秋保容疑者も軽傷を負った。

 同署によると、現場は片側1車線の直線道路。手前に緩い右カーブがあり、同署は、秋保容疑者が速度を出し過ぎてカーブでハンドル操作を誤り、道路左側にある盛谷さん方に突っ込んだとみて調べている。現場にガードレールはなく、歩道との間にある高さ十数センチの縁石は、盛谷さん方の手前でとぎれていた。秋保容疑者は「スピードを出しすぎて曲がりきれなかった」という趣旨の説明をしているといい、容疑を認めているという。秋保容疑者は28日から三原市久井町内の実家に帰省中で、この日朝、家族に「市内へ出かける」と告げて車で実家を出たという。
(引用終り)

写真:朝日新聞 この写真左から走ってきて中央の家の庭に突っ込んだそうである。通常の運転であれば事故が起きそうも無い場所に見える。現場手前から緩やかな右カーブと言うから「スピードの出しすぎでハンドル操作を誤ったか?」
コメント (2)

有馬記念 ダイワスカーレットが制覇

2008-12-29 08:19:50 | スポーツ
有馬記念、スカーレットが制覇 競馬、37年ぶり牝馬(共同通信) - goo ニュース

本年最後の競馬大レース、28日の有馬記念をラジオで聞いていました。競馬馬のこと等何も細かい事は知りませんが前日のオッズでは「ダイワスカーレット」が2.9倍で一番人気なのはわかっていました。2番人気は「マツリダゴッホ」4.9倍3番人気が「スクリーンヒーロー」の6.2倍とか

レースは綺麗なスタートを見せたとの放送のあと「ダイワスカーレト」が危なげなく終始トップを走り一着を物にしました。

さて2着以下ですがゴール前大外から一気に上がってきた馬が居ました。爺には名前の記憶がありません。

多分2-3番人気の馬で無いだろう。そうすると馬番連単と三連単は大穴でないかとの予感。
2着は何と14番人気(どうやら最下位らしい)の「アドマイヤモナーク」3着は10番人気の「エアシェイディ」という大波乱とか。
払戻金が馬単が3万3490円、三連単では98万5580円でいずれも万馬券となりました。三連単はこのレース史上最高額だそうです。当てた方はどんな人でしょうね。一寸したボーナスですよ。

牝馬の優勝は71年以来37年ぶりだそうです。この業界も今年は女性の力が際立ったそうで人間の世界を反映しているのかもしれません。女性が強いほうが戦争は少ないらしいです。来年もそうであって欲しいと思います。


共同通信:
競馬の有馬記念が28日、中山競馬場で行われ、1番人気のダイワスカーレット(安藤勝己騎乗)が2分31秒5で勝ちG1で4勝目を挙げた。牝馬制覇は1971年のトウメイ以来、37年ぶり4頭目。2着は最低14番人気のアドマイヤモナーク、3着には10番人気のエアシェイディが入る波乱。払戻金は、馬単(13)-(14)で3万3490円。3連単(13)-(14)-(6)98万5580円で、このレース史上最高。(引用終り)
コメント (1)   トラックバック (12)

売れ残り食品を再配分

2008-12-28 12:02:45 | 社会
売れ残り食品を再分配 師走の街、NPO走る(朝日新聞) - goo ニュース

別な紙面では派遣契約を打ち切られた男が「チャーハンとラーメン」を食い逃げしたなんて切実な話が出ていた(男は後刻警察に自首)

さてこの話は浅草橋界隈がベース(本拠)のNPO「セカンドハーベスト・ジャパン」が賞味期限切れやそれに類する商品をスーパーからもらい下げ山谷地区の生活困窮者向けの施設に配送しているお話である。
「生ごみ」で焼却しては「もったいない」で終ってしまうがこうして手間を掛ければ「有り難う」と感謝の言葉に代わるよな。

NPOは言いながら専従職員の給料はどうやって賄っているのだろうか?
誰か篤志家の寄付とか運営者が身銭を切っているのかもしれない。
いずれにしても頭の下がる重いです。
頑張ってください。


朝日新聞:
消費・賞味期限が迫り店に置けないパン、印刷ミスの袋菓子、少ししなびた野菜――。味や安全性に問題はなくても捨てられてしまう食品を集め、必要な人たちに再分配するのがフードバンク活動だ。世界的な不況が押し寄せ、師走の風もひときわ厳しい東京で、路上生活者らを支える東京のNPO「セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)」の配送車に同乗した。

 2HJの事務所は東京の下町、浅草橋にある。この日は会員制スーパー「コストコ」などから集めた箱入りのクロワッサン、キャベツ、スパゲティなどの寄贈品をワンボックスカーに満載し、台東区の山谷地区へ向かった。

 ハイ(ハイはくさかんむりに配)島一匡さん(31)は二人いる配送担当の一人。狭い路地を巡り、無料の診療所や路上生活者への食事を用意する団体や炊き出しをする教会、原価以下の弁当を販売する会などを回る。アルコール依存症経験者の自助グループ、DVから避難する母子施設やホスピスにも配達する。この季節、路上生活者の支援活動を本格化させている他団体の活動も目に入ってくる。

 「アルコール依存症だった人には、酒入りの菓子や卵焼きは絶対だめ」。食品の種類と量を考えながら荷を下ろしていく。食品の配布先や優先順位はそれぞれの必要と緊急性などを考え、週1回のミーティングで決める。

 「キャベツあるよ」「あ、パンをもう少しちょうだい」。そんなやりとりに笑顔がのぞく。「『もったいない』から『ありがとう』へ」が2HJの合言葉だ。

 前職で魚の輸入に携わっていたハイ島さんは、食べられるのに捨てられる魚に納得がいかなかった。2HJでのボランティアを始め、今年から職員に。夏場は原油高などで困っている団体が目立った。冬になり、職を無くす人が増えたせいか、提供品を増やしてほしい、とよくいわれるようになった。「本当は、この仕事がなくなるのが一番いいことなんですけどね」と笑う。 (引用終わり)


コメント