王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

富田林署 逃走の樋田淳也容疑者 逮捕!

2018-09-30 09:00:38 | 社会
樋田淳也容疑者を加重逃走で再逮捕…大阪移送へ
昨日29日夜富田林署から西へ350キロ離れた山口県周南市の道の駅で「万引き容疑」で逮捕された男が同署から8月12日に逃走した樋田淳也容疑者とわかり30日未明、府警捜査員が荷重逃走容疑で再逮捕しました。
写真を見ると坊主頭でしたね。
まあこれで行き当たりばったりで子供さんや老人が襲われたり金品を奪われたりする恐れはなくなりました。何となくほっとしますよね。
松山の塀の無い刑務所から受刑者が未下駄時も付近の方は落ち着かない日々の様でした。

話は戻って捕まった時は大阪で盗んだ自転車に乗っていたそうです。黒いバイクでのひったくり事件はべつの奴による事件なのか? 燃料切れで捨てたのか? 良く判りません。
逮捕されたとき現金は数百円しかもっていなかったそうですから、まあ万引き(1000円程度の食品とか)で良かったですよね。現金狙いのひったくりや強奪ではけが人が出かねない所でした。
時間は掛りましたが無事捕まってまずは良かった良かった。


写真:30日早朝大阪へ移送される樋田容疑者

読売オンライン:
大阪府警富田林署から逃走した無職樋田淳也容疑者(30)が山口県周南市で万引きしたとして逮捕された事件で、府警は30日、樋田容疑者を加重逃走容疑で再逮捕した。30日中に府警本部へ身柄を移し、逃走の経緯などを調べる。

 発表によると、樋田容疑者は8月12日夜、富田林署2階の面会室で、収容者と面会者を仕切るアクリル板を壊し、署から逃走した疑い。

 樋田容疑者は29日夜、署から西に約350キロ離れた周南市内の道の駅で、食料品(約1000円相当)を万引きしたとして、窃盗容疑で逮捕された。いったん釈放され、派遣された府警捜査員が、加重逃走容疑で再逮捕した。
(引用終わり)
コメント

9月末株価 バブル期以降高値 !!

2018-09-29 06:52:14 | 為替 ドル 株式
9月末株価、バブル期以来高値=日経平均2万4120円―円安、海外株高で買い優勢
昨日28日営業日で9月の最終日となった東京株式市場で日経平均が終り値で2万4120円
(前日比323円30銭高)をつけ引けました。
9月中間期末としてはバブル経済が絶頂だった1989年以来29年ぶりの高値となりました。

株価が上がったからと言って平均的庶民の生活にすぐ返るものはありませんが、市場の心理は企業業績が順調で目下問題の米中・米日間の報復関税問題も織り込み済み(まあ取り敢えず大丈夫)の様です。
企業業績が安定すれば雇用も拡大し賃上げもわずかあるかも知れません。まあ年金基金を株価上げにつぎ込んでの結果ですからこの程度の効果を出さないといけません。
でも利益確定売りをしないと利益が現金になりませんから資産価値が上がったという帳簿上の問題では不安が残ります。売ると株価が下がるほどつぎ込んでいて売るに売れないという恐ろしい話もありますがはて?どうなのでしょう??

米国は着実に金利を上げてきて日米金利差が問題になっています。したがって目下は円安傾向で当面は輸出にリガあります。
木槿一朝の栄にならぬ様、願っておきます。
しっかり年末への推移を見守りましょうね。


写真:28日株価ボード(ネットより)

時事通信:
3月期決算企業の中間期末を迎えた28日の東京株式市場で、日経平均株価が急反発した。終値は前日比323円30銭高の2万4120円04銭。9月中間期末としてはバブル経済が絶頂だった1989年以来29年ぶりの高値となった。

 外国為替市場で、1ドル=113円台後半まで円安が進行。米国や中国での株価上昇も好感され、東京市場では海外事業の採算改善が期待される電機株や自動車株を中心に買いが先行した。

 28日の日経平均は一時2万4286円10銭まで上昇。取引時間中としては今年最高値(1月23日の2万4124円15銭)を上回り、91年11月以来となる高値を付けた。その後は最近の株高が急だったことから利益を確保する動きが強まり、徐々に上げ幅を縮めた。市場関係者は「現在の株価は好調な企業業績に支えられている」(大手証券)と語り、相場の底堅さを指摘した。

 89年9月末の日経平均は3万5636円。当時はバブル経済の最盛期で、年末には過去最高値となる3万8915円まで駆け上がった。その後はバブル崩壊で低迷。リーマン・ショックの影響で2009年3月には約7000円まで下げた。12年の第2次安倍政権誕生後は経済政策「アベノミクス」が好感され、急速に値を戻している。

 28日の東京外為市場の円相場は一時、1ドル=113円67銭と約9カ月半ぶりの水準に下落した。米利上げが続いて日米金利差が拡大するとの思惑から円が売られたほか、輸入企業によるドル買いも強まった。午後5時現在は、113円42〜43銭と前日比83銭の円安・ドル高。円は対ユーロで小幅下落。午後5時現在、1ユーロ=131円79〜79銭と05銭の円安・ユーロ高。
(引用終わり)
コメント

日米首脳会談 TAG 交渉開始 !!

2018-09-28 08:26:33 | 米国(トランプ)関連
トランプ氏「日本はすごい量の防衛装備品を買うことに」
26日(日本時間27日未明)トランプ大統領は国連総会後の記者会見で日米で二国間関税交渉(TAG)の開始で合意したことを強調しました。

米国の対日赤字を減らすため、トランプ大統領は「日本にもっと米国製品を買え!」と率直に言っています。
日本は赤字の元である自動車輸出に高額関税を掛けられるのを避ける為、米国産農産物に掛けられる関税の漸減あるいは将来に廃止をTPP並にする事で(時間を稼ぎ)この間輸出車への高額関税を避けたい意向の様です。
しかし仮に米国産農産物が大いに輸入されてもとても日本車による米国の赤字が解消される金額にはなりません。

トランプ大統領にしてみれば「すぐ効果の出る防衛装備品を買え!!」というまことに分かり易い発言になったのだと思います。
日本に取っては「赤字国債を発行して防衛装備品を買うか?自動車輸出を抑制するか?」それを国民が支持するか?が問題でしょう。

米国の農家にしても米国の赤字が減っても「農産物の輸出増」にはすぐ結びつかないので別途の要求がありそうです。これは米国の対中貿易赤字の行方を眺めながらの展開になりそうです。
10月2日には政府と党の人事刷新で新内閣の発足ですが早速難問との格闘になりそうです。
しっかり見守っています。


写真:26日記者会見でのトランプ大統領

朝日新聞:
「日本はいま、やる気になった」。安倍晋三首相との会談を終えたトランプ大統領は26日、日本と二国間関税交渉の開始で合意したことを、まっさきに「成果」として強調した。米中間選挙に向けたアピールだが、トランプ政権がその先に見据えるのは、中国との貿易戦争でもあった。

 「安倍首相と会ってきた。我々は日本と貿易交渉を開始している。日本は長年、貿易の議論をしたがらなかったが、今はやる気になった」

 トランプ大統領は26日、国連総会を締めくくる記者会見で、真っ先に日本との貿易交渉の開始という成果を取り上げた。

 さらに「私が『日本は我々の思いを受け入れなければならない。巨額の貿易赤字は嫌だ』と言うと、日本はすごい量の防衛装備品を買うことになった」と自身が日本から大きな譲歩を引き出したかのように語った。

 実際、日本はオバマ前政権の時にも、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐり、激しい通商交渉を重ねた。今回、トランプ氏は、米国が優位に立てる二国間交渉に日本を引き込んだことを「勝利宣言」とした。

 トランプ氏は貿易赤字は「負け」との思いが強い。11月の中間選挙を前に、雇用増につながるとトランプ氏が考える「貿易赤字の削減」は最も訴えたいテーマの一つだ。

 与党・共和党の支持者には自由貿易を信奉する経営者や農家が多い。トランプ氏が就任直後にTPPから離脱したことに不満を持つ人も少なくない。それだけに、日本との貿易交渉の開始はアピールになると考えているようだ。
(引用終わり)
コメント

広島 リーグ優勝3連覇 !!

2018-09-27 15:20:21 | スポーツ
広島、27年ぶりの本拠地V 2位ヤクルトに9.5差つけ球団初の3連覇!
昨日26日セリーグの広島東洋カープが今年度のリーグ優勝を決めました。
これで3連覇となる偉業を達成しました。今年は5月には首位を占め一人天下のまま優勝してしまいました。
広島ファンの皆さん さぞ愉快でしょうね! おめでとうございます。

時々DeNAファンの浜爺はM-1が灯った時、せめて地元優勝を広島が決める時にその相手チームにならないよう願って居ましたら運よく広島に連勝しその不名誉から逃れ合わせて首の皮1枚の差でリーグ3位です。せめて巨人がクライマックスに進出するのを防ぎ、自軍がクライマックスに生き残りあわよくば昨年同様、日本一を決める場に出て欲しいのですが、はてどうでしょう?!

ニュースには運不運があるようでTVのニュースショーは貴乃花対相撲協会の争いに関心が集まっている様です。

ここで触れたように今年の広島はクライマックスに勝ち抜きパの勝者に勝って名実ともに日本一になるのですからね。ぜひ頑張ってください。
その際の経済効果は450億円とか取らぬ狸の何とやらをはじいている向きもあるようです。


写真:胴上げで舞う緒方監督

ベースボールキング:
○ 広島 10 − 0 ヤクルト ●
<23回戦・マツダスタジアム>

 広島が2位のヤクルトを直接叩き、27年ぶりの地元優勝を達成。同時に球団初の3連覇を成し遂げた。

 広島は初回、3番丸の中前適時打で先制。さらに一死一、二塁から、5番松山が放った遊ゴロは完全な併殺コースだったが、これが遊撃・西浦の前でイレギュラーバウンドし、ラッキーな適時二塁打で2点目を加えた。その後も、6番野間の適時内野安打、7番会沢の左前適時打、8番安部の中犠飛で加点。初回から一挙5点のビッグイニングとした。

 5回以降も野間、松山のこの試合2本目となる適時打などで加点。終わってみれば先発野手全員となる17安打で計10点を奪った。7回には今季限りでの引退を発表した新井が代打で登場。三ゴロに倒れたが大歓声が送られた。

 投げては先発の九里が力投。4回は無死満塁の大ピンチを迎えたが、4番バレンティンを一飛、続く雄平を遊ゴロ併殺に仕留め渾身のガッツポーズを見せた。5回以降はヤクルト打線に安打を許さず、8回2安打無失点の快投で8勝目(4敗)。9回は抑えの中崎が締め、3年連続の胴上げ投手となった。

 広島は4月24日に首位へ返り咲いて以降、一度もその座を譲ることなく独走優勝。マジック「1」としてから足踏みが続いたが、それでも2位のヤクルトに9.5ゲーム差をつけた。次なる目標は、昨シーズン敗退したクライマックスシリーズ突破。そして、1984年以来、34年ぶりとなる日本一達成だ。
(引用終わり)
コメント

貴乃花親方 協会を退職 ?!

2018-09-26 08:08:28 | スポーツ
【大相撲】貴乃花親方が日本相撲協会を退職 「真実を曲げられない」と告発状への見解相違を理由に
昨日25日大相撲の貴乃花親方が記者会見し日本相撲協会に引退(退職)届を出し、またかって一門に属していた力士は千賀の浦部屋に転属する事も届けた旨明らかにしました。
引退の主旨は「弟子の貴乃花に対する日馬富士の傷害事件」を協会に報告せず告訴状を提出したことに端を発し協会との見解に溝ができそれが埋められない事の様です。
協会は「告訴は事実無根を認めろ!」そして認めないと「一門に所属できない!」と有形無形の圧力を加えた事のようです。

これに対し協会の広報部長の芝田山親方が「引退届」ではなく「退職届」だろうと指摘の上(多分退職はしていないか?)、協会は「告訴状」に関し圧力等一切かけた事が無い。と反論しました。また千賀の浦部屋への移籍は千賀の浦親方の捺印が無いなど書類上の不備があり現在認めていないと反論しました。

浜爺はこの問題が起きた時から貴乃花による「大相撲はガチンコスポーツ」という考え方に対し協会は「興業」に軸足のあるところに両者の確執があると思っていました。

そして仮に貴乃花の思いが「正しいとして」その進め方に彼に特有の独断、思い込みかつ説明不足が協会関係者や相撲愛好家の共感と理解を得られず、その論争の最中に弟子の十両貴公俊が付け人をぶん殴り怪我をさせル事件が起き「言ってることとやってることが違うでないか!」とさらに世間の共感は薄れるどころか興ざめしたと思います。

千賀の浦部屋への移籍も当事者の千賀の浦親方との綿密な打ち合わせもなかった様でここにも独独断、思い込み先行の幣が出た気がします。
山より大きなイノシシになった貴乃花は山にいられず野に出ることになりました。

たとえ平年寄でも協会に残れば彼の信じる「正しい相撲道」を目指すことに影響を与え続けられるのですが「引退(退職)」が認められて少年相手の相撲道場?教室かも開いてどうなるでしょうかね?
平成の名横綱に名伯楽になって欲しいと思いますが教育とは師匠の人格の弟子への投影ですからね。
50歳にまだ間があるのに大変な決断だっと思います。
頑張ってください!


写真:記者会見での貴乃花

産経新聞:
大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱、本名・花田光司、東京都出身=が25日、日本相撲協会に引退(退職)届を提出した。貴乃花親方は東京都内で会見し、内閣府へ提出した協会運営の不備を批判する告発状をめぐる協会との見解の溝を埋められなかったことなどを理由に挙げた。

 親方は今年3月、昨年秋に弟子の貴ノ岩に対し元横綱日馬富士がけがを負わせた傷害事件に絡んで告発状を提出し、その後に取り下げた。親方によると、協会側は「告発状(の内容)は事実無根」とする見解を伝え、親方にも認めるよう要求したという。さらに、無所属で活動していた親方に対して、「一門に属さないと部屋は運営できず、事実無根と認めないと一門に所属できない」などと圧力もかけてきたという。

 親方は「真実を曲げて告発状を事実無根とすることはできなかった。(騒動が長引くことで)弟子を萎縮させたくなかった」などと、決断にいたった経緯を述べた。一方で、「無念というか、悲しい思いです」と悔しさもにじませた。

 優勝22回を誇る「平成の大横綱」が、あまりにも突然の形で角界から去ることになった。
(引用終わり)
コメント