王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

大阪の2児変死 母親を逮捕

2010-07-31 07:12:34 | 社会
「育児放棄し殺してしまった」逮捕の母親 大阪2児変死(朝日新聞) - goo ニュース

大阪西区のマンションで幼児2名の変死体が発見されたのは30日未明でした。
その後府警は母親である下村早苗(23)を死体遺棄容疑で逮捕しました。
なんと死んでいたのは長女の羽木桜子ちゃん3歳と長男の羽木楓ちゃん1歳でした。
遺体は一部白骨化かつミイラ化していたそうです。

府警は殺人や保護者閾値氏容疑の適用を視野に調べているとか。

春先から3度ほど児童相談所に「夜中に子供の泣き声がする」との通報がありましたが相談所の踏み込みが甘く二人を救出出来ませんでした。

母親は19歳で結婚し2児の母親に成った様ですが離婚したとか。それで母子の姓が違うのですね。
子連れで三重?から西成に出てきて風俗業とありますから体を売って生活するしか無かったようです。
このマンションも風俗店の社員寮のようです。
その前後から子供の世話が嫌になり育児放棄が始まったようです。
6月下旬頃二人を残したまま部屋を出たと語ったそうで「ご飯も水も与えなければ生きていけないのは分かっていた」と話しているそうな。

可哀想な二人の胃や腸には何も残ってなかったそうですから完全な餓死か渇きによる緩慢な死だったのでしょう。冷蔵庫には何も残っていなかったとか。
二人はどんな思いだったでしょうね。特にお姉ちゃんは知恵も付いていたでしょうに。
本当に本当に可哀想で仕方ありません。
謹んで哀悼の意を表します。      合掌

さて小さく見れば「育児放棄」が原因ですが、そこ根底には「安易な結婚と離婚」「残された子は母親が保育」「生活苦」「いじめとか育児放棄」と日本の人生転落と貧困生活という社会問題が加わります。
今回は(もかも知れません)児童相談所に通報が行ったのに子供の救出が出来ませんでした。警察との協力で「ドアさえ開ければ救出可能だったのですよね」
まったく残念です。「命を守りたい」のは前首相の鳩山さんで菅首相は関係ないかも知れません。 でも子供手当てを配る位ですからその線は継承するのでしょう。
適切な法律が出来る間、児童相談所と所轄警察は「子供救出に果断な行為を取るよう」指示をしたらどうでしょうか。「やりすぎは不肖、菅の責任、手抜きは現場の責任」とでも緊急アッピールしたら見直しますよ。


写真:帽子の女(時事)

朝日新聞:
大阪市西区南堀江1丁目のマンションの一室で30日未明、幼い女児と男児の遺体が見つかった事件で、府警は同日午後、この部屋に住んでいた風俗店員下村早苗容疑者(23)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。府警は西署に捜査本部を設置し、殺人や保護責任者遺棄致死容疑の適用を視野に捜査している。

 捜査1課によると、亡くなったのは下村容疑者の長女の羽木(はぎ)桜子ちゃん(3)と、長男の羽木楓(かえで)ちゃん(1)。下村容疑者は2人の遺体を部屋に放置した疑いが持たれている。府警の調べに対し、下村容疑者は6月下旬ごろ、2人を残したままマンションを出たと供述し、「ご飯も水も与えなければ生きていくことはできないとわかっていた。私自身が育児放棄したことによって殺してしまった」と話しているという。

阪市西区南堀江1丁目のマンションの一室で30日未明、幼い女児と男児の遺体が見つかった事件で、府警は同日午後、この部屋に住んでいた風俗店員下村早苗容疑者(23)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。府警は西署に捜査本部を設置し、殺人や保護責任者遺棄致死容疑の適用を視野に捜査している。

 捜査1課によると、亡くなったのは下村容疑者の長女の羽木(はぎ)桜子ちゃん(3)と、長男の羽木楓(かえで)ちゃん(1)。下村容疑者は2人の遺体を部屋に放置した疑いが持たれている。府警の調べに対し、下村容疑者は6月下旬ごろ、2人を残したままマンションを出たと供述し、「ご飯も水も与えなければ生きていくことはできないとわかっていた。私自身が育児放棄したことによって殺してしまった」と話しているという。

 遺体は腐敗や白骨化しており、一部ミイラ化していた。司法解剖の結果、死因は不詳で、死後1~2カ月たっていた。胃や腸に食料は残っておらず、府警は少なくとも数日間は何も食べておらず、餓死の可能性もあるとみている。骨折や皮下出血など外傷はなかった。遺体発見時、2人は部屋の中央付近に裸で仰向けに倒れ、布団などは敷かれていなかった。

 府警に対する供述によると、下村容疑者は風俗店に勤め始めた今年1月ごろ、店が借りているこの部屋に住み始めた。そのころから2人に食事を与えたり、風呂に入れたりするのが嫌になり、「子どもなんていなければいいのに」と思うようになった。6月下旬ごろ、2人を残してマンションを出た後、友人宅を転々とした。今月29日午後6時ごろいったん部屋に戻り、2人が亡くなっているのを見つけたが、そのまま部屋を出たという。(引用終わり)
コメント (5)   トラックバック (3)

111歳男性 実は30年前?に死亡か

2010-07-30 06:59:46 | 社会
「111歳男性」32年前に死亡か 室内から当時の新聞(朝日新聞) - goo ニュース

報道によれば「戸籍上111歳で東京都では男性最高齢とされた方」が30数年前に死亡していた様です。
足立区が「(祝い金か何かを送るため)生存の確認をしたが確認が取れないので警察の出番となったようです。」
この男性加藤宗現さんは娘夫婦と同居していたようで娘さんも81歳とか。
今月28日警察が自宅で加藤さんの遺体を発見となったのですが死体はミイラ化していたのだと。部屋には78年付けの新聞が残っていたので、この頃死亡したとすると32年前から自宅に放置されていた事となる。
娘さんから事情を聞いていた所、孫の女性(53)が「即身成仏を願っていた。30年前から自室に篭ったまま」と警察に話したらしい。
どうやら殺人事件ではなさそうだが「うるさい爺さんの希望?だったとしても死亡後葬儀もやらず自室に放置していた」のは何かおかしな家族ですね。
この方の年金はどうなっていたのでしょう? 6年前に亡くなった奥さんの遺族共済年金が支払われていたそうでこの方面で詐欺などの問題が起きそうです。
金の問題で「葬儀も出せなかった」としたら悲惨ですね。でも写真では結構立派な構えに見えましたよ。
善意か悪意か?いずれにしても悩ましい問題です。


朝日新聞:
戸籍上は111歳で東京都内の男性最高齢者とされていた加藤宗現(そうげん)さん=足立区千住5丁目=が32年前に死亡していた疑いがあることが、警視庁千住署への取材でわかった。足立区が6月、同署に「加藤さんが本当に生きているのか確認がとれない」と相談し、今月28日午後に同署員が自宅で加藤さんとみられる遺体を発見した。加藤さんには妻の遺族共済年金が支給されており、同署は詐欺などの疑いで同居する長女(81)の一家から事情を聴いている。

 同署によると、孫の女性(53)は「祖父は三十数年前から、水も飲まず、食事もとっていない状態だった」と説明しているという。室内からは1978年11月に発行された新聞などが見つかった。同署は加藤さんがこのころ死亡したとみて、DNA型鑑定などで身元を確認する。(引用終わり)


コメント   トラックバック (6)

サザン 桑田さん 食道がん公表

2010-07-29 10:05:06 | 芸能
桑田佳祐さん、食道がん公表=ツアー中止、手術へ(時事通信) - goo ニュース

歌手の桑田佳祐さんが28日食道がんだそうです。
幸いステージ1とかで8月の手術でほとんど回復の見通しらしいので同慶の至りです。
桑田さんの所属している芸能プロの株価が情報と同時に一時年初来最安値をつけたと言いますからその衝撃の大きさが伺われます。

さて爺は桑田さんの歌にあまり関心が無いのですが(済みません)昭和が平成に変る頃
名古屋で営業の仕事をしていました。
栄町の中小証券会社がぼろビルを立派なビルに建て替えている頃でした。
でも商売は結構厳しい状況になって来ていました。
クラブでの接待なんて事もなく(もともと物堅い町風に感じました)たまに行く店もカラオケスナックみたいな所が多かったですよ。

もう日本人のホステスなんて望むべくも無くフィリピンの娘さんが(ダンサーかなんかの名目で入国していた頃です)上手に喋るし歌も唄います。
大抵エリちゃんという源氏名のホステスがいて、この娘が客と桑田さんの「いとしのエリー」をデュエットで唄うのが定番でしたね。
エリちゃんは英語が喋れるのに日本人の客は若者も中年もほとんど駄目なんですよね。

「いとしのエリー」はこの10年も前に流行った歌ですが桑田さんと聞くと「いとしのエリー」そして名古屋のカラオケスナックを思い出します。
日本経済が蝕まれてゆく始まりの頃だったんですね。

桑田さんの病状が発表のとおり軽いことを祈念しています。
早く元気になってください。


時事通信:
 歌手の桑田佳祐さん(54)が初期の食道がんで近く手術を受けることが28日、分かった。10月に予定していたアルバムの発売を延期するほか、10~12月の全国ツアーもキャンセルするという。

 所属事務所によると、8月に入院して手術を受け、術後の経過を見て復帰時期を判断する。

 桑田さんはサザンオールスターズの公式サイトを通じ「ご心配をおかけして本当に申し訳ない気持ちです。しばし治療と静養に充てるお時間をいただいて、また改めてみなさまにお会いできる機会を、心より楽しみにしたいと思っております」とのコメントを発表した。 (引用終わり)

コメント   トラックバック (6)

千葉法相 死刑執行

2010-07-29 07:48:08 | 政治
民主党政権で初の死刑執行=法相自ら立ち会う―1年ぶり、篠沢死刑囚ら2人・法務省(時事通信) - goo ニュース

人間は「自己の心情に従って生きるのは難しいものだと思います」
宮城谷昌光さんの書く中国春秋時代の人物の様な高潔な生き方はとてもとても無理。
さてそれでも何とかどうにかつじつま合わせて生きています。

さてこの記事にある千葉景子法相の場合はどうでしょうか?
この方は法相就任以前には「死刑反対議員連盟」とかの会員で法相就任時に脱盟したとか。
従って「死刑執行はしないのでないか」と思われた方です。
2006年自民党時代にも杉浦法相は「宗教的理由」で死刑執行命令に署名しないと明言し物議を醸しましたが「死刑執行をしないで」任期を終えました。
従って登用の仕方に議論はあっても前例が無いわけではありませんでした。
でも政権交代で大臣登用にも新鮮な選択が期待されましたが(小沢氏に近いとか?)「死刑反対論者」の千葉氏が法相になりました。
国会議員としての法相任期中(多分25日まで)には「死刑執行命令」を出しませんでした。
誤りのその1:
「死刑執行反対」の信念或いは心情を変えないで法務大臣に就任した。
ところで彼女は7月の「参院選神奈川選挙区」で落選してしまいました。
落選会見で、今後政治活動からの引退を表明したのですが菅政権が(参院選のぼろ負けを隠すため)大臣居座りを決めました。
それはそれで彼女は議員資格喪失を理由に辞任すればよかった話です。
それを「民間人の大臣登用」との小手先事例で大臣に居座りました。
誤りのその2:
大臣に民間人を登用するとは「落選した議員を大臣に横滑りさせる特例」が本旨ではありませんから「政治活動から引退」との発言を簡単に引っ込めました。
誤りのその3:
このまま9月の内閣改造まで並び大名ならぬ並び大臣で終わればお愛嬌でした。
昨日28日二名の死刑囚に「死刑執行命令」を出し自らの主張を簡単に覆しました。
彼女の「死刑反対の心情」が何故一夜で変ったのか?
30日?だかの臨時国会で「法相不信任案の提出」が野党でありえるとか?
それを避けるためだとすれば誤りの1から3まで全て彼女の個人的栄達とトラブル回避のための行動に過ぎず、その品性と知性に相当な疑問を感じています。
予断ですが千葉氏は爺の選挙区だったのですよ。
爺は胡散臭く思ってましたので投票しませんでした。
一時が万事とか。
菅権政権の知性と品性もこの人の頼りなさに代表されるのかも知れません。


追記:執行命令は24日付けだそうです。議員資格喪失の前日です。死刑反対論者がなぜん駆け込みのように死刑執行命令書を出したのでしょう? 個人の心情や信念もっと言えば覚悟なんかとはかけ離れた政治的事情の様な気が益々強く感じられます。

時事通信:
法務省は28日、宇都宮市の宝石店に放火し、女性店員ら6人を殺害した強盗殺人事件で死刑が確定した篠沢一男死刑囚(59)と、埼玉県熊谷市の4人殺傷事件で死刑が確定した尾形英紀死刑囚(33)について、刑を執行したと発表した。死刑の執行は昨年7月以来1年ぶりで、民主党政権下では初めて。

 死刑廃止論者だった千葉景子法相は同日の記者会見で、死刑執行に自ら立ち会ったことを明らかにした上で、東京拘置所の刑場を今後公開し、法務省に存廃を含めた死刑制度を考える勉強会を立ち上げる意向を示した。同省によると、法相が死刑執行に立ち会うのは初めて。

 勉強会は外部有識者からの意見も聞いた上で、結果を公表する方針。千葉法相は「死刑について広く国民的な議論が行われる契機にしたい」と述べた。

 千葉法相は、死刑執行の理由について「いずれも残忍な事件で、十分な審理を経て死刑が確定した」と述べた。前回から1年となるこの時期に執行したことには「さまざまなことを考えた結果だ」とした。

 法務省によると、未執行の死刑確定囚は107人となった。 
(引用終わり)
コメント (2)   トラックバック (8)

辻元氏 社民党離党

2010-07-28 07:22:01 | 政治
辻元氏離党 「看板」失った社民、党再建の糸口失う(朝日新聞) - goo ニュース

昨日27日午前のTVニュースを見ていますと社民党福島党首は離党を断念させる説得に失敗したようでした。
一方辻元氏は午後(地元)大阪での記者会見で立場を明らかにすると語っていました。
昨日夜から今朝になってもTV各局は辻元衆院議員の決断に賛否両論です。

辻元氏は:
民社党を離党した。
今後は無所属で議員活動をする。
野党では「政策実現」が難しい。と明快に説明しています。
その心はTVの評論家が語るように:
いづれは民主党入りそして(無所属でも)政府内重要ポストの提示が有るのだろう。
いやその前に次に来る衆院選挙の地元(大阪10区)の事情--社民党の党勢衰退がある。
そしてどちらも正しいのでしょうね。

そもそも二大政党による政権交代を志向して小選挙区制度を参院選に導入したのですから少数政党は衆院選で勝ち難くなっています。
加えて社民党支持の労働組合員は激減かつ高齢化しています。
それを考えあわせれば社民党は隊列を解いてそれぞれ個人が民主党か自民党に合流してその中で主張を実現してゆかねばなりません。その点では共産党も同じと考えています。
二大政党になって「少数意見」をどうくみ上げるのかに危惧する評論家がいました。
まだまだ先の話ですがそもそも国会議員は「有権者の直接投票により国会の場に選出されてきたのですからその政治的見解は極力考慮されねばなりません」
そこで「二大政党」であれ少数政党であれ「党議拘束」なるものを掛け貴重な意見を抹殺する所に問題があります。
理想的議会運営を目指せば「議員は個別の案件毎に賛否を明らかにする権利を有し党議で拘束してはならない」とする事です。
政党助成金も初めに「政党ありき」ですが初めに「議員ありき」で議員個人に助成金が支払われねばなりません。
政党は党員から助成金に対する応分の党費を払うのが順序です。
そこで政治主張が異なるのに5名以上の党派を組むと言う便法さえ取られています。

さて辻元氏は「小泉元首相にソーリ、ソーリ」と質問を浴びせ一躍有名になりましたが、議員秘書給与のピンハネ問題で議員辞職しその後復活当選を果たした人で「一度は地獄を見ています」
今回の離党で「社民党を始め少数野党の解体の端緒をつけ自身はもう少し政権近くで政策実現を果たせばピンチはチャンスに代わります」
多数決に埋没しない清新な政治家として活躍を見せてください。
見守っています。


朝日新聞:
社民党の辻元清美衆院議員(大阪10区)は27日、大阪市内で記者会見し、離党届を提出したことを明らかにした。辻元氏は野党では政策実現が難しいことを離党理由に挙げた。知名度の高い「看板」議員の離党で、社民党は党再建の糸口の一つを失うことになった。

■広がる憶測 「衆院選の布石」「いずれ民主入り」…

 「私も『総理、総理』と野党で批判の急先鋒(きゅうせんぽう)として反対を唱えたが、それだけでは日本を変えられないと思った」

 辻元氏は会見で与党への強い思いを隠さなかった。社民党が政権離脱するまで、辻元氏は国土交通省の副大臣を務めており、「政権や国交省で働き、今すぐ色々なことを解決していきたいという思いが強くなった」と強調した。

 今回の離党劇をめぐっては、次の衆院選への布石との見方が党内外に広がる。

 約1週間前、辻元氏は親しい議員に「自分が昨年の衆院選で得た票のうち社民党票は1万5千、民主党票は8万5千。民主党が対抗馬を立てれば、私は間違いなく落ちる」と漏らしたという。前回選挙で大阪10区は、社民、民主両党の選挙協力が功を奏したが、野党の立場では選挙協力は望めないというわけだ。

 辻元氏は無所属で議員活動を続ける意向だが、その去就をめぐっては「いずれ民主党入りするのではないか」との憶測が消えない。前原誠司国交相は27日の会見で「辻元氏は素晴らしい政治家。無所属になられたら、一緒の会派でともに仕事をさせていただきたい」とエールを送った。

 民主党入りについて辻元氏はこの日の会見で「これから政界はどうなるか分からない。非常に流動的になる可能性もある。いま申しあげるのは非常に難しい」と述べるにとどめた。
■切り札失い、募る危機感

 「これはやはり打撃ですよね。今後、元気に政策実現できる政党として頑張っていきたい」。社民党の福島瑞穂党首は27日、国会内で記者団にこう語った。

 福島氏はこの日朝、辻元氏を慰留したが、辻元氏の意思は固かった。党関係者の一人は「辻元さんは闘争心の塊。小選挙区で勝ちたいとの思いが強い。離党は比例区で安全圏に身をおく福島氏への不満もあっただろう」と見る。

 社民党の基礎体力は衰えるばかりだ。支持基盤の労働組合の多くが民主党支持に移り、党員の高齢化も進む。参院選比例区の得票数は、1998年437万票から今回の参院選では224万票に落ち込んだ。獲得議席は福島氏を含む2議席で、改選3議席を下回った。

 辻元氏は26日夜、参院選結果について「私は危機感をもっている」と記者団に語ったが、社民党はいまのところ選挙総括や党再建の方向性を打ち出せていない。党内には「新執行部で次の選挙に臨むという議論はあってしかるべきだ。福島党首の責任論が出ない方がおかしい」(幹部)との不満もくすぶっている。

 党内には社民党で当選しながら離党表明した辻元氏に対し、「冗談じゃない。離党は認めない」との批判もある。だが、次期党首候補とも目された辻元氏の離党には危機感が募る。党再生のカードを失うことで「党刷新をしなければ党はバラバラになる。危機的状況だ」(党関係者)との懸念も広がっている。
(引用終わり)
コメント   トラックバック (10)