王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

「台湾有事」から日本への波及懸念、自衛隊が取り得る行動は複数類型

2021-04-18 09:16:23 | 米国(バイデン)関連
昨日17日早朝(日本時間)ホワイトハウスの庭で日米首脳会議の共同記者会見が行われました。日本のマスコミが同時通訳付きで動画を流してくれました。話の内容からすると、マスコミが書く「台湾有事」に言及なる言葉がどこに出ているのか判りませんでした。このバイデン大統領と菅首相の共同記者会見の概要にも「台湾有事」とは無いような気がしました。
バイデン大統領は日米2+2 での趣旨通り、自由で開かれたインド・太平洋の平和と安定に関心がる事を強調(underscore)し、(以下は日テレの動画から)



菅首相は台湾海峡の平和と安定の重要性は日米で一致している

と述べましたが、有事にどうするか と言う様な話は有りませんでした。
日米の共同声明(文書)には細かく役割分担が書かれたのかも知れません?!
てなことを考えながら18日朝のスマホを見ると元外務省高官の天木直人氏が「共同声明は公表されないまま、この共同記者会見で菅首相の説明だけで終わらせたから菅首相の勝ち」と評価し、その理由として「台湾問題が共同声明に明記されようとされていまいと、その内容につき記者からの質問を避けられた」とコメントしていまた。浜爺は納得しました。そうだよな!台湾有事に日本がどうするなんてセリフは一言も無かった! その聞き取り方は元外務省高官と同じでしたよ! トランプ政権末期からバイデン政権に代わっても日米或いは印豪日米の4国連合やフランス、英国、ドイツの軍艦派遣と合同軍事演習の実施から見ても、「中国が核心的利益と思っている台湾への介入」を文章にしてそれを見せて余分な揉めごとを増やさない事はバイデン政権の「対中融和策」にも有ったかも知れません。この後は日本側は「憲法の規定する”専守防衛”なる困難な状況をどう世界的ROE(交戦規程)に合わせるのか?」を研究するか、中国による最初の一撃を「如何に軽微に済ませ反撃に転じるのか?」,或いは軍事衝突の形を取らないで、漁船の集団による押しかけ侵犯に対し、海上保安庁と海自のシームレスな連携などを考えておかないといけなく成りそうです。いよいよ中国との付き合いが微妙になりそうです。

写真:「台湾有事」に想定される、日本の自衛隊が取り得る行動の類型 

読売新聞オンライン:
中国と台湾が武力衝突するような「台湾有事」が発生した場合、事態の深刻さに応じ、日本の自衛隊が取り得る行動は複数の類型が想定される。2016年施行の安全保障関連法に基づき、自衛隊の活動範囲は従来と比べて広がった。
 台湾は沖縄県の尖閣諸島を含む南西諸島と近く、政府内では、台湾有事から日本への武力攻撃に波及する危険性が懸念されている。
 有事が勃発すれば、米軍は台湾防衛のために反撃すると考えられる。この場合、まず想定されるのは、安保関連法の一つである重要影響事態法に基づき、自衛隊が米軍に対して行う燃料補給などの後方支援活動だ。
 具体的には、台湾有事が「放置すれば日本への直接の武力攻撃に至るおそれがある」など、日本の平和と安全に重要な影響を与える「重要影響事態」に該当すると認定する必要がある。
 事態がさらに悪化した場合、限定的な集団的自衛権に基づいて武力行使による反撃ができる「存立危機事態」に該当する可能性もある。これも安保関連法で可能になった。ただ、自衛隊法は、「日本の存立が脅かされ、国民の生命や権利が根底から覆される明白な危険がある場合」と適用要件を厳しく定めており、政府は慎重に検討するとみられる。
 在日米軍基地を含む日本への武力攻撃が発生したか、発生する「明白な危険が切迫している」場合は、政府は「武力攻撃事態」に認定し、個別的自衛権に基づく武力行使で反撃することが可能だ。
 これらの三つの事態での自衛隊の出動には、国会の承認が必要となる。
コメント

日米首脳会談「同盟は安定の礎」バイデン氏、菅首相を「ヨシ」

2021-04-17 07:20:33 | 米国(バイデン)関連
昨日16日夕刻TVで菅首相が天気の悪い米国の空港に着いて髪の毛が乱れている映像を見ました。その後アーリントン墓地での献花、ハリス副大統領との面会等を済ませ、予定通り日米首脳会談が16日午後(現地時間-日本時間17日2時過ぎ)から行われました。各紙とも事前に用意した原稿による速報の様で骨子に対し、適切なコメントが付くような報道は今の所有りません。
アーリントン墓地での献花(ネットより)

スマホの速報では、共同記者会見が有ったと報じられましたから、これについての論評は夕方以降でしょうかね? すでに日米で2+2が行われ「インド洋と南シナ海における自由で安全な航行に関する安全保障」については確認済でした。しかしトランプ前大統領とポンぺオ前国務長官の時と違って「中国共産党は敵である」として対抗してきた時と違いバイデン大統領は「中国は強力な競争相手」と融和的と見える政策の延長上に居ますから、(本当の所)うかつに乗ると抗中の矢面に立たされかねません。報道では「台湾有事」には米国と共同して当たる事を約束した様です。まあ。反面で「尖閣諸島は日米安保の適用範囲」とのコミットメント(確約)を確認した様です。しかし、現実には米中直接対決で日本が追随するなら兎も角、「専守防衛」なる憲法上の制約を守る限り、尖閣海域の様に中国の公船(軍艦でないけど事実上海軍の傘下)の連日の領海侵犯や(時に)大量の漁船の集結による圧力(現にフィリピンで起きています)等の戦狼作戦にどう対応するのかを考え準備をしておかないとダメなんですけどね。まあ「新疆ウイグル地区での綿花」も労働キャンプでの生産とトランプ政権は宣言した流れをバイデン政権も引き継いで見えますが、どこまで本気でやるかは判りません。国内でもユニクロに代表されるように「そうは言っても中国の商売に影響したら本体も危ない」企業は他にも沢山ある様です。よく考えたら菅首相は「バイデンとトランプ路線」のどちらに近い方なのか浜爺は知りません。安倍前首相はトランプ氏が大統領に当選した2016年11月だった、ここをクリック⇒と思いましたが、NYに飛んで行って”お祝いを述べた“のです。まだ大統領であったオバマ氏から”俺の在任中に何だ!”とクレームが付いた位ですから親トランプと見えました。菅首相は親中国で有名な二階幹事長の押しで総理になりましたから、個人の心情はどうなのでしょうかね? 微妙です。
夕刻にはいろいろ分かった来ることも有りそうです。続きの話はその折にしましょう。

写真:バイデン米大統領(左端)と首脳会談に臨む菅首相(右端)=ホワイトハウスで2021年4月16日、AP 

毎日新聞:
訪米中の菅義偉首相は16日午後(日本時間17日朝)、ワシントンのホワイトハウスでバイデン米大統領と初めて会談した。バイデン大統領は首相を「ヨシ」と呼び、「私たちはインド太平洋地域で重要な二つの民主主義国家だ」と指摘。首相は「自由や民主主義、人権という普遍的価値で結ばれた日米同盟はインド太平洋地域と世界の平和、安定、繁栄の礎で、重要性はかつてないほど高まっている」と応じた。
 首相は「『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向けた協力や地域のさまざまな課題、新型コロナウイルス、気候変動など国際社会に共通する課題に対応するため、じっくり議論して連携を確認したい」とも述べた。首相は15日に米中西部インディアナ州インディアナポリスで起きた銃撃事件の犠牲者への弔意も表明した。
 両氏の会談は、日本時間午前2時半過ぎから始まった。約20分間は通訳のみが同席する一対一の会談を実施し、その後、少人数会合と拡大会合を約1時間ずつ行った。
 拡大会合には日本側が坂井学官房副長官、阿達雅志、和泉洋人両首相補佐官、北村滋国家安全保障局長、外務省の森健良外務審議官、米側がブリンケン国務長官、オースティン国防長官、イエレン財務長官、レモンド商務長官、サリバン大統領補佐官、キャンベル国家安全保障会議(NSC)インド太平洋調整官らが同席した。【ワシントン田所柳子】
コメント

米政権派遣のアーミテージ氏ら台湾入り 蔡総統と会談

2021-04-15 15:13:26 | 米国(バイデン)関連
昨日14日台湾を米国の非公式訪問団と称し、クリス・ドッド元上院議員とアーミテージ元国務副長官らが台北市の松山空港に到着しました。
ドッド氏はバイデン大統領の年来の友人で民間人とは言え民主党大統領による特使でしょう。アーミテージ氏も良く見ていたら昔TVで見た事が有ります。昨日の台湾系youtubeによればアーミテージ氏も15年前の陳総統時代にP3Cの売却の問題で貢献し2年前には蔡総統の時、トランプ前大統領の意向で軍事関係のレーダーや戦闘位の機能向上やミサイルの飛距離向上等の為、大いに台湾の役に立っている方です。報道では好朋友(ハオポンヨウ)と呼んでしました。
非公式とは中国に配慮した外交用語で実質は与野党合同の訪台政策団で、台湾側も呉外交部長(外相)が出迎えていました。「台湾有事の際の防衛をどうするのか」電話のやり取りでなく蔡総統との面談で協議する事になるのでしょう。15日には蔡総統主催の歓迎晩さん会が行われる予定とか。台湾人が感謝或いは好意や満足を表すときどんな形で晩さん会をやって見せるのか興味が有ります。この記事はサンケイですが、野党のアーミテージ氏をヘッダー(見出し)に使っている所が変わっています。日本では余り報じられませんから台湾系のyoutube で続きを確り見守ります。菅首相の訪米の(米側の事情が)何かが判るかもしれません。

写真:14日、台湾台北市の空港に専用機で到着したドッド元上院議員(手前右から2人目)、アーミテージ元国務副長官(左端)ら米代表団(中央通信社=共同)

サンケイ ビズ:
米国のドッド元上院議員(民主党)やアーミテージ、スタインバーグ両元国務副長官からなる非公式代表団が14日、台湾入りした。台北市の松山空港には呉●(=刊の干を金に)燮(ご・しょうしょう)外交部長(外相に相当)らが出迎えた。代表団は15日、蔡英文総統と会談し、バイデン米大統領のメッセージを伝えるほか、台湾側の外交、安全保障を担当する高官らとも意見を交換する。
非公式代表団は、台湾関係法が1979年4月10日に制定されて42年を迎えたのに合わせて訪台した。
 ドッド氏はバイデン氏の盟友として知られる。アーミテージ氏は共和党の息子ブッシュ、スタインバーグ氏は民主党のオバマ各政権下で国務副長官を務めた。両氏の派遣は米国が超党派で台湾を支える決意を示す狙いがある。
 米ホワイトハウスは声明で、3人を派遣したのは「米国が台湾およびその民主体制への関与(の深さ)に関して重要なシグナルを送るものだ」と強調した。


 これに対し、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は14日、「中国は、どのような形式でも米台の公的往来に断固反対する」と反発し、厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。一方で趙氏は、バイデン大統領のケリー気候変動問題担当特使が14日から訪中すると発表。中国は温暖化対策をバイデン政権との数少ない協力可能分野と位置付け、接近姿勢を見せている。(ワシントン 黒瀬悦成、台北 矢板明夫、北京 三塚聖平)
(引用終わり)
コメント

米、一部政府職員にミャンマー出国命じる

2021-04-01 09:25:29 | 米国(バイデン)関連
30日米国政府は「ミャンマーで2月のクーデター以降に混乱が広がっていることを受け、緊急任務に当たらない現地の米政府職員とその家族の出国を命じた。」と国務省が明らかにしました。クーデターに伴う軍の発砲で500人を越える死者が出ているそうですが余り日本のマスコミは報道しません。2月14日以降、緊急任務に当たらない人員の任意帰国を認めていたのを出国命令に替えたそうです。ベトナム戦争当時のサイゴンでの大使館の頑張り?振りを思い出すと軟弱と言うか弾力的に思えますが、ヤンゴンには米軍の占用できる基地と空港を持たない事情もあるのでしょうかね?
AFPの報道ではミャンマーの東部でタイの(東北部と接する)少数民族にミャンマー軍の空爆が有り3000人の少数民族が国境の皮を越えてタイ側に逃げてきたそうです。 ネットからの写真です。

怪我の治療を終えて自然と2000人程はミャンマーに帰ったとの説とタイ側が追い返したとの説が有り良く分かりません。ミャンマー軍が空爆能力のある飛行機を持っているのですね。武装蜂起でも起きると国軍の管理は一段と厳しくなるかもしれません。ややこしくなりそうです。
28日の軍の発表をコピペしておきます。
国営テレビは28日夜「停戦協定に署名している勢力の一部が協定に違反して軍の拠点を攻撃した」と伝え、南東部カレン州の武装勢力から27日に攻撃を受けたことを認めました。どちらが先に手を出したのかは判りません。

写真:ミャンマー米国大使館:〈ネットより)

ロイター:
[ワシントン 30日 ロイター] - 米政府は30日、ミャンマーで2月のクーデター以降に混乱が広がっていることを受け、緊急任務に当たらない現地の米政府職員とその家族の出国を命じた。国務省が明らかにした。
 国務省は2月14日、緊急任務に当たらない米政府職員と家族による任意のミャンマー出国を認めていたが、今回は出国命令に変更した。
 米ホワイトハウスは29日、ミャンマー軍による市民殺害を「嫌悪すべき」武力行使と非難し、民主主義の回復を改めて要求。
 米通商代表部(USTR)も同日、ミャンマーで民主的に選ばれた政権が復活するまで、2013年に署名した同国との通商と投資を巡る枠組み合意に関連する全ての取り組みを停止すると発表している。
(引用終わり)
コメント

バイデン米大統領、今月25日に就任後初の公式記者会見

2021-03-29 09:36:03 | 米国(バイデン)関連
25日(現地時間)バイデン大統領による初の記者会見が行われました。
これに関し以下のCNNによる参考記事にある通り、事前の大統領府の報道官による”提灯発言”で会見でそれが話されたかどうかは又別の話です。そして話された内容は、大手マスコミによる都合の良い部分に限られていた様です。
日本のマスコミ各紙はその中から1.米中の関係は民主主義対専制主義の戦いである。2:北のミサイル発射は国連決議違反だ。3:南部国境問題で追及を受ける 等、自分の興味のある場分に焦点を当て紹介していました。⤵⤵⤵
そんな中では、youtube で 及川幸久氏の THE WISDOM CHANNEL が秀逸でした。 及川氏は 就任後65日も経ってから記者会見をする点も含め7点を問題点に上げ、事実もさることながら。会見の肌触りとか雰囲気を伝えたいと事前に述べていました。その2点は「私は120年前に上院議員になった」と発言した様です。マスコミ大手はみんなスルーです。3点目はバイデン大統領の背面から移して映像には記者会見に出席した30名以上の名前と顔写真、それに1番から番号が振ってある記者を映し出し、(保守系メディアの記者は1人も入っていない事を含め)予め仕組まれている(様に見える)と穏やかに指摘しました。
その4は:バイデン大統領の発言はスローモーションであった。とし、foxTVの解説者のセリフを引用し「列車の脱線事故をスローモーション」で見ている様でイラついたと感想を補強していました。そして自由闊達な記者会見を演出したかったのだろうがTV画面には演台に向かい原稿を読み上げる様子が映り、これも棒読みの発言でイラつかせたと推測しています。第6点は「2024年の大統領再選には出馬する」と発言しました。最後が7点目ですが「選挙制度改革について」です。民主党はH.R.1という選挙制度改革案を提出しており下院は通過していますが、及川氏の見立てでは上院の通貨は難しそうと言ってました。これは簡単に言えば連邦議員選挙にはID(政府の発行する身分証明書)なしに郵便投票を含め、選挙に参加できる制度(つまり2020大統領選で大量の幽霊投票や死亡者投票その他の不正投票)を正式に法律で認めようとする動きです。これに対し共和党は各州での選挙にID制度を導入し、州知事や州務長官による〈法によらない〉不正投票を防止するとの考えです。これはバイデン対トランプの2020大統領選の第2ラウンドですね。 北の問題とか南部における国境問題(移民受け入れの可否)については上記5と6の間出た問題でしょう。
かくして、我々は初記者会見の仕組みを知る事が出来ました。及川先生有難うございます。また追って米国の大手メディアが報じない問題は、上記チャンネルのお世話になると思います。

写真:バイデン米大統領が3月25日に就任後初の公式記者会見に出席することがわかった/ERIC BARADAT/AFP/Getty Images 

CNN:
(CNN) サキ米大統領報道官は16日、バイデン米大統領が3月25日に就任後初となる公式の記者会見に出席すると明らかにした。
CNNの過去100年の分析によれば、バイデン大統領の就任後初の公式記者会見は直近の前任者15人よりも遅い。前任者全員は単独の記者会見を就任後33日以内に行っていた。
ホワイトハウスはバイデン大統領がこれまで公式の記者会見を実施しなかったことについて擁護。バイデン大統領はすべての米国人が接種できる量の新型コロナウイルスワクチンの確保と、1.9兆ドル(約200億円)規模の新型コロナ対策の財政支援成立に注力してきたと指摘した。
サキ報道官はまた、バイデン大統領が週に何度か質問に答えているとも述べていた。
ジャンピエール副報道官は14日、MSNBCの番組で、バイデン大統領はイベントで記者団からの約40問の質問に答えていると指摘。ジャンピエール副報道官は「これが大統領だ。イベントに出席し、記者が質問を投げつけ、それに答える」と述べた。
バイデン大統領は記者会見で、国境に移民の子どもたちが急増している問題をはじめ、新型コロナ対策法の実施、バイデン政権によるすべての米国人へのワクチン接種の取り組み、学校の教室に子どもたちを戻すことといった喫緊の課題について質問を受けることになりそうだ。
(引用終わり)
コメント