王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

韓国 元徴用工・女子挺身隊訴訟 賠償判決!!

2018-11-30 10:14:01 | 外交
日本企業70社にも賠償判決の流れ確実 元徴用工訴訟

昨日29日韓国の大法院は元徴用工・女子挺身隊員ら2件の訴訟で三菱重工業に対し賠償を命じました。
先月末の新日鉄住金に対する賠償に続いて2例目になります。

昭和20年の敗戦以前、原告らが訴えている非人道的行為があったかどうか? 事実の問題が確認されねばなりませんが、仮にそうだったとして「個人の請求権」が1965年の日韓基本条約(平和協定)に含まれるのか否かが「国際法上の問題になりそうです」

漏れ出てくる日韓基本条約の交渉経過を見れば日本側は「元徴用工・女子挺身隊」の賠償問題に言及していますが韓国側はそれらも含めて一括で賠償金額を決めている様です。
何が原因か外務官僚でhアありませんから分かりませんが、結果として韓国政府は賠償金で漢江の奇跡なる好景気を起こし国富増強に成功しました。
簡単言えば「個人請求件に関わる賠償金」を国家が飲んで(奪って)しまったわけです。
今後も続々と起きる同種の訴訟で原告勝訴が出ると日本と韓国は穏やかな商取引が出来なくなります。
と言っても「何は起きても自分の問題として反省することのない韓国(朝鮮民族)と何か言われるとテンション(緊張)が高まり自滅気味の日本民族」との民族気質にまで行き着く問題に見えます。
日本政府は韓国のみならず日本国民に「基本条約の交渉経過」をつまびらかにし法と情理ともに尽くしている事を明らかにして欲しいものです。
しっかり安倍総理のかじ取りを見守っています。


写真:勝訴を喜ぶ元女子挺身隊員の原告ら

朝日新聞:
 第2次世界大戦中に、広島と名古屋の軍需工場で働かされた韓国人の元徴用工や元女子勤労挺身(ていしん)隊員らが、三菱重工業に損害賠償を求めた2件の訴訟で、韓国大法院(最高裁)は29日、同社に賠償を命じた。10月末に新日鉄住金に賠償を命じたのとあわせ、計3件の判決が確定。同様の12件の訴訟で被告になっている日本企業約70社にも賠償判決が出るのは確実とみられ、日韓関係をどう維持していくのか問われそうだ。

 今回、判決が出た2件のうち1件の原告は、戦争末期の1944年、国民徴用令に基づいて広島にある三菱重工業の機械製作所や造船所に動員され、被爆した元徴用工5人(いずれも故人)。もう1件は、同年に「女子勤労挺身隊員」として10代前半で動員され、名古屋市の航空機製作工場などで働かされた女性4人と親族1人。大法院は1人あたりに8千万〜1億5千万ウォン(約800万〜1500万円)を支払うよう命じた。

 判決は新日鉄住金の場合と同様に、一連の動員は「日本政府の朝鮮半島への不法な植民地支配や、侵略戦争の遂行と結びついた日本企業の反人道的な不法行為だった」と認定。原告の日本企業に対する慰謝料請求権は、国交正常化の前提となった65年の日韓請求権協定には含まれないとして、賠償を求める権利は消滅していないと判断した。

 専門家の一人は「この論理であれば、日本の植民地支配に関わる被害が広範囲に司法の救済対象になる可能性がある」と指摘する。29日午後には、残る訴訟12件のうちの1件の、八幡製鉄所(北九州市)で働かされた元徴用工の遺族が起こした控訴審で、ソウル地裁が新日鉄住金に対し1億ウォン(約1千万円)の支払いを命じた。

 判決確定で原告は、韓国内や第三国で日本企業の財産の差し押さえを申し立てることが可能になり、弁護団はこれをカードとして企業側へ協議に応じるよう圧力を強める方針だ。韓国政府が認定した元徴用工は約22万人。弁護団は追加訴訟を準備しており、問題がさらに広がる可能性もある。
(引用終わり)
コメント (1)

韓国 元徴用工問題 大法院が賠償命令 !

2018-11-01 09:07:08 | 外交
韓国紙「国際社会は日本につく」「孤立招く」
先月30日韓国の大法院(最高裁)が新日鉄住金に韓国人元徴用工への賠償を命じる判決を確定したそうです。
これを受けて日本でも韓国でもマスコミ各紙が問題ありと報じています。

日本の報道は安倍首相の「(そんな馬鹿な事は)あり得ない!」で代表されます。日韓基本条約で解決済みの問題ですし(日本の賠償金の中に含まれている)すぐ河野外相が駐日大使に抗議したのに続き電話会議で韓国の外相に抗議しています。

韓国紙も左派系の新聞は「朴クネ政権下で抑えられていた民意が反映された」と大歓迎の様ですが保守系の新聞は日韓関係の悪化を懸念する報道もあるそうです。

まあ反日が国是のかの国ですから日本寄りの意見を公表する事され大変勇気のいる事ではあります。
それでも2005年盧武鉉政権下の「官民共同委員会」が元徴用工の請求権は「日刊請求権・経済協力協定の範囲内」と判断しているのです。

大統領引退後、穏やかな老後を送っている人物のいない韓国ですから親北政権の文在寅大統領がどう対応するでしょうかね?

さて歴史とは皮肉なものです。
韓国との第1のとげは「元慰安婦問題」ですがこれもいまだにすっきりした形で解決したとは思えません。
この端緒は宮沢内閣の官房長官であった河野洋平氏(現外相太郎氏の父)による元慰安婦に対する事実誤認の談話なのです。
そして今、これは現外相河野太郎氏のチョンボではありませんが第2のとげとして「元徴用工の請求権問題」が息子に手腕に掛って来ています。
しっかりした舵取りをお願いしたいと思います。
当面日本の市井の人間は政府間交渉をしっかり見守りたいと思います。


写真:31日最高裁の賠償確定を報じる韓国紙

読売オンライン:
【ソウル=豊浦潤一】韓国主要紙は31日、韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金に韓国人元徴用工への賠償を命じる判決を確定したことを1面トップなどで大々的に報じた。反日的な国民感情を意識し、判決を評価する報道が目立つ中、日韓関係の悪化を懸念する内容も見られた。

 毎日経済新聞は、「(国民)感情を前面に出した外交は国際社会で孤立を招く可能性がある」とする外交関係者の発言を引用し、「国際社会は韓国より日本の側につくとの分析が支配的だ」とした上で、唯一の解決法は「首脳外交だ」と報じた。

 京郷新聞は社説で、「日本政府の反発は理解できる面がある」とした上で、 盧武鉉 ノムヒョン 政権下の2005年8月に「官民共同委員会」が、元徴用工の請求権は日韓請求権・経済協力協定の範囲内との判断を示したことに触れ、「韓国は政府が替わるたびに約束を覆すという批判を受ける端緒を与えたのは事実だ」と伝えた。
(引用終わり)
コメント

日中首脳 新時代 3原則を確認 !!

2018-10-27 07:15:23 | 外交
日中首脳、新時代へ3原則を確認 習主席「訪日を真剣に検討」
25日と26日の両日安倍首相が北京を訪問し日中の首脳会議が行われました。
この前後日本ではジャーナリスト安田氏の解放と帰国、福原愛さんの引退と会見加えてプロ野球ドラフト会議の結果と報道と一般人が興味のある事件やイベントが目白押しで日中諸脳会談は大きな取扱いになっていない様に見えました。

事前には「中国に対するODAが正式に終わる」事が合意されたと報道された程度。25日は空港で李首相の出迎えで儀仗兵の閲兵を行う安倍首相の写真が流れましたけどね。
さて習近平国家主席との記念写真も撮り終え会議の結果出てきたものは以下の3原則です:
競争から協調へ
脅威で無くてパートナー
自由で公正な貿易の推進 だそうです。
一般的には無難ですけど日本と中国の40数年間特にここ20年の日中間の出来事を考えるとはて? 具体的には何をするんですかね??? と市井の隠居は思ってしまいます。

まあこの1年ほど米中間では「貿易の不均衡」に対するトランプ政権の反発と中国品に対する関税の引き上げ、それに対する中国の反発でぎくしゃくしていました。
言地面では南シナ海に対する中国の実効支配の強化 それと新疆ウイグル地区で代表されるの人権抑圧問題に対する米国はじめ国際世論の反発等で習体制派苦しい立場になりつつあります。
経済の伸びもここ2年ほど6%台と言われてきてそれは官僚の鉛筆なめと統計の誤差の反にとかでほとんど伸びが無くなりそれが公式に中国内部認められるようになりました。浜爺の友人の北京にいる中国人も言いました。昨年から景気があまり良くない! と。

そうとなれば「」金はあるけどあまり根性の無い日本政府を取り込んで金を出させたうえ日米関係にひび割れもしくは歯止めを掛けられれば良いとの「一石二鳥」会談だったのでしょう。
「尖閣の中国による公船j侵入」には何の言及もありません。福島原発事故の放射能懸念を理由に禁輸されている関東周辺の農水産物に対する緩和もなさそうです。まあパンダなんか借りなくても日本は実際問題困らないんですけどね。
両国による第三国に対する共同投資や事業の事は「一帯一路」プロジェクトに日本の金と技術が(上手くゆけば)加わるという美味しそうな話ですけど気を付けて欲しいと思います。この会談が大規模な企業団の訪中が企画されたそうです。
まあ取り敢えず6年ぶりに北京で首脳会談が開かれ記念写真が撮れたとこから普通の交渉が始まるのかもしれません?!
過度の期待することもないし過去の償いの気持ちもビジネスには不要ですし準備もなしに海外への出口を中国窓口で成功させようなんて助平根性は捨ててしっかり商談を進めて欲しいものです。
何が起きるか静かに見守りましょうね。


写真:会談前に記念写真

共同通信:
【北京共同】安倍晋三首相は26日、中国・北京で習近平国家主席、李克強首相と個別に会談し、「新たな時代」の日中関係構築に向け「競争から協調」など三つの新原則を確認した。習氏に来年の訪日を招請し、習氏は「真剣に検討したい」と答えた。安倍首相は尖閣諸島周辺海域での中国船の領海侵入を踏まえ、状況の改善を要請。両首脳は意思疎通の強化と不測の事態回避で一致した。

 3原則は他に「脅威でなく協力のパートナーに」「自由で公正な貿易の推進」。安倍首相がツイッターで両氏と確認したと明らかにした。習氏との会談で「世界の平和と安定のため、力を合わせて貢献していきたい」と強調した。
(引用終わり)
コメント

安田さん イスタンブール出発 !!

2018-10-25 13:45:13 | 外交
シリア反体制派、追い詰められ安田さん解放か=劣勢鮮明
イラクで誘拐されていたジャーナリストの安田さんは昨日のうちに人定を済ませ健康状態もまあまあ党い事で今日25日イスタンブールを立ったそうです。
本人はもとより日本で待っているご家族もさぞうれしい事でしょう。

浜爺が今日ここで書きたいと思ったことは写真で見る通りシリアのイドリブ県はシリアの北西にあり北はトルコと国境を接しています。
ロシアの後押しでシリア政府への反政府勢力(英米仏ト)とさらにはそれにも与さないモスリ同胞派(どうやらこの一部が誘拐に関与していたらしい)と三つ巴の争いもここ2か月くらいには反政府派はひと塊でイドリブ県に押し込められてしまいました。
アサド政権側の総攻撃があれば周辺部で300万とも350万人ともいわれる現地人と追い込められた人たちが死傷する危険があるとされていました。
このため非武装地帯の設定が提案され重火器(戦車もあり)の撤去が話し合われましたがあまりうまくいってない様でした。

こういう混乱した状態の中でトルコとカタール筋の情報機関と日本のなにがしかの期間あるいは窓口が身代ろ金支払いで話をまとめたのかもしれません?!
本当に運が良かったケースなんでしょうね!

現地ではロシアに後押しされたシリアの攻撃が起こればまたぞろ死傷者と難民の逃げ出しが起きそうです。
誘拐騒ぎでイラクのどの辺で起きている話が少しは我がことと感じるようになりました。


写真:イドリブ県と周辺図

時事通信:
〖カイロ時事】内戦下のシリアで安田純平さん(44)が拘束されていたとみられる北西部イドリブ県は、アサド政権と戦闘を続けるシリア反体制派にとって最後の牙城だ。2011年から7年超の内戦で、アサド政権は全土の約6割を制圧。イドリブへの総攻撃を画策するアサド政権と、イスラム過激派や反体制派を切り離す「非武装地帯」が今月15日に設置されたものの、戦闘に疲弊して力をそがれた反体制派は窮地に陥っており、追い詰められた末に解放に応じた可能性がある。

 今年に入ってアサド政権は各地で攻勢を強め、首都近郊の東グータ地区や南西部ダルアー県などの反体制支配地域を次々と奪還した。政権支配下に入るのを拒んだ戦闘員らはイドリブ県などへ逃れるのを強いられ、今や同県とその周辺の人口は推計約300万人に膨れ上がっている。

 イドリブ県は、トルコが支援する「国民解放戦線」や、国際テロ組織アルカイダの流れをくむイスラム過激派など、思惑が異なる武装組織が入り乱れる状況にある。互いの内紛も頻発し、安田さんも拘束主体が途中で代わることがあったようだ。

 アサド政権の後ろ盾ロシアと反体制派に近いトルコの合意に基づき、イドリブ県には非武装地帯が設けられ、反体制派の多くが重火器撤去に応じた。しかし、アサド大統領は非武装地帯を「一時的なもの」と主張し、イドリブ奪還に乗り出す可能性を排除していない。戦闘が激化すれば、アサド政権軍とロシア軍の圧倒的な軍事力を前に、反体制組織側が壊滅的被害を受けるのは確実だ。

 安田さんを長期にわたり拘束し、解放条件として主に身代金を求め続けてきた反体制派は、劣勢が鮮明となる中で、これ以上解放交渉を続けるのは賢明ではないと判断したとも考えられる。 
(引用終わり)
コメント

北朝鮮で拘束された男性 帰国 !!

2018-08-29 10:44:56 | 外交
北朝鮮で拘束の日本人男性が帰国

今月初め他朝鮮を観光旅行中に当局に拘束された日本人男性が昨日28日午後8時前日本に帰国しました。
今朝7時過ぎTVニュースをm手いましたらたまたまこの件をちらと見ました。
男性は幼稚園経営者杉本倫孝氏(39歳)とみられます。
渡航前の写真ではもう少しふっくら明るい感じの人に見えましたが帰国時のサングラスを掛け無表情な様子とはいささか違いました。
拘束の後遺症ですかね?!

浜爺が若い頃「隠密同心」なるTV時代劇がありました。
隠密同心心得の条 「死して屍拾うものなし!」でしたかね?
TVが開設するには「日本は経済制裁の一環として訪朝を避ける様指導しているが北を旅行するツアーはありそれに対応する旅行社も海外にはあるそうです」
但し「北と国交のある、英国やドイツ野旅行者と異なり日本は国交がありませんから日本人の旅行者は気を付けないと危険な側面がある」そうです。

軍事施設を撮影したとか言われていました。事実かどうかも分かりません。
本物のスパイなら「国外追放」なんて軽い処分で済まないと思います。
そこで一般市民で好奇心の強い方だとしたら「随分と怖い思い」をしたのでないかと思います。
何が法ン灯火良く判りませんが命あっての物種でした。
まあ無事でよかった。


写真:帰国時の映像

日テレ24:
今月、北朝鮮を観光中に拘束され国外追放処分になっていた杉本倫孝氏が、28日午後8時前、日本に帰国した。



杉本氏は今月、ツアーで北朝鮮に入り、西部の港湾都市・南浦で拘束されたとみられていたが、北朝鮮の国営メディアは、「人道主義の原則に従って寛大に許し、追放することにした」などと報じていた。



杉本氏は、日本時間28日午前11時ごろ、北朝鮮の高麗航空機で北京に到着し、その後、日本に帰国した。日本政府関係者によると、杉本氏の健康状態は悪くないという。
(引用終わり)
コメント