王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

首相、イラン大統領に核合意履行要請海自の中東派遣も説明

2019-12-21 17:10:42 | 外交
昨日20日イランのロウハニ大統領が来日し安倍首相と首相官邸で首脳会談が行われました。
イラン大統領の来日は2000年以来19年ぶりとの事ですが、今年6月現職総理として41年ぶりに訪イランしていますので、外交上の答礼と考えられない事もありません。
仲良きことは美しきかな!! です。 (ネットより)

 しかし両者に思惑はありそうです?!
トランプ大統領によるイラン核合意の離脱とイランの反発による「核の濃縮」や中東での(イランの支援による?)紛争を理由に「イラン制裁による輸出入の制限」でイランもかなり悪影響が出ているようです。 11月にガソリンの政府補助を打ち切ったところ、ここをクリック⇒国内で死者が多数でる暴動が起きています。
イランとしては「欧米の制裁網を切り破る窓口」に日本を使えるものなら使ってみようか?! でしょうし 親イランとの立場をとる日本は「イランの本音はトランプ大統領に伝えますよ!」 位のサービスは出来ます。
イランも日本も本気で「日本が核合意を巡る調停国になるとは思っても無いでしょう」が日本での首脳会談の場で「イランも米国も合意の原点に戻れ」と表明する事に成功しました。
ついでにペルシャ湾の安全航行のため米国主導の軍事組織には入らないけど、情報収集のため「海自は独自行動をとる」ことを一応了解してもらった風に見えます。
まあお互いに直接、敵対行動はとりません! との大筋の了解でしょうかね?!
その心は「手下の跳ね返りのやる分までは知りませんよ」なんでしょう。

もっか米ドルの決済が出来ない様ですから「イランが原油を売ってくれても買えません」 残念 !
ペルシャの商人の子孫と腰を据えた関係を続けて欲しいものです。

写真:会談を前に握手する労派に大統領と安部首相

毎日新聞:
安倍晋三首相は20日、来日したイランのロウハニ大統領と首相官邸で会談した。首相はイランの核開発を制限した核合意の履行を要請。両首脳は米国とイランの対立で不安定化する中東情勢の緊張緩和に向けて協議した。首相は海上自衛隊の中東海域への独自派遣についても説明。ロウハニ師は「自らのイニシアチブ(構想)で航行の安全確保に貢献する日本の意図を理解している」と評価した。
 首相は会談の冒頭、「日本は中東の情勢安定化のためにできる限りの役割を果たす」と強調。イランが米国の核合意離脱と経済制裁強化に反発して核合意の逸脱行為を続けていることを念頭に「イランが核合意の完全な履行を行うとともに、地域の平和と安定のために建設的な役割を果たすことを期待する」と訴えた。
 これに対し、ロウハニ師は米国の一方的な核合意離脱を非難し、「世界各国が核合意維持に向けて努力することを願う」と語った。
 日本とイランは伝統的な友好関係を持つ。首相は今年6月、現職首相として41年ぶりにイランを訪問し、最高指導者のハメネイ師やロウハニ師と会談した。一方で、首相はトランプ米大統領とも親密な関係を築いており、今回のロウハニ師の来日にもトランプ政権は理解を示している。日本は米イランの橋渡し役を担うことで、原油輸入の8割以上を依存する中東地域の安定に貢献したい考えだ。
 首相は27日に閣議決定する方針の海自の中東派遣について、対イラン包囲網の色彩が強い米国主導の海洋安全保障イニシアチブ(有志連合構想)には参加せず、情報収集を目的に独自に派遣することを強調した。ロウハニ師は「透明性をもって説明していることを評価する」と応じた。
 イラン大統領の来日は、2000年10月のハタミ大統領以来で2回目。両首脳は夕食会を含め約3時間会談した。【鈴木一生】(引用終わり)
コメント

土壇場で...GSOMIA破棄撤回輸出管理で協議再開へ

2019-11-23 09:00:55 | 外交
昨日22日は朝から「韓国のGSOMIA破棄の通告」が23日午前0時で成立という土壇場で「韓国がどう出るか?」厳しい見通しをしていました。
夕刻になると午後6時から韓国政府筋が会見しました。
そうこの方です。金有根(キム・ユグン)国家安保室第一次長 (ネットより)破棄通告もこの方が発表しました。
ついでながら8月22日夕刻にはこう言っていました(写真はネットより)

どうやら二重の条件付でGSOMIAの破棄通告を撤回するとの事です。
その1:いつでもGSOMIA の破棄が出来るという事が前提で“通告の効力を撤回”
その2:日韓両国は輸出管理の問題について協議を始めることで合意。
この協議の間、韓国のWTO提訴手続きも停止。としています。
浜爺はこれを読んで「韓国は米国の圧力に屈したなー」と思いましたよ!!
条件の2は韓国が国民向けに煽った「日本の輸出管理は自由貿易の妨げ」なるとの言い分に「韓国国内向けに日本から一本取ったと見せる」口実に過ぎません。日韓両国でGSOMIA撤回に関し「共同声明をしたり共同文書を交わした」わけではありませんから、両国が自分に都合のいいことを自国向けに言えばそれで良いのです。日本は半導体3品については「問題なければ規則通り90日以内に許可する」線を崩していませんし、韓国企業もそれで困る事は有りません。
いわば「戦略的合意」です。顔も見たくないほど嫌いだけど、ある目的の為に仲の良いふりをする事です!!! はははは
まあ今回の「撤回の延期」については日本が譲る点が少ないのは韓国の主張より「道理」が有ったのでしょう。
しかし米国筋からは「歴史問題を含め日韓の歩み寄りを期待する」は今後とも当然ですから、別件で文政権の報復は有るでしょうね。
それにしても浜爺が小学生だった頃から続いた「李承晩ラインによる無道さ」「慰安婦問題」「竹島の占領」など失政続きの日本政府にしては良く踏ん張りました。昨年からはこれに「徴用工問題」「自衛隊機に対するレーダー照射」「下院議長による昭和帝侮辱」等々揉める種は盛りだくさんですから気を配ってお付き合いの程、お願いしておきます。

写真:文大統領

FNN Prime:
GSOMIA破棄を撤回、土壇場での韓国の方針転換。
一体、何があったのか。
22日午後10時すぎ、G20(20カ国・地域)外相会合出席のため、急きょ来日した韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相。
このおよそ4時間前、失効直前ぎりぎりのタイミングで、韓国政府が発表した軍事情報包括保護協定「GSOMIA」の破棄撤回。
安倍首相は、「(GSOMIAの発表どう受け止める?)今回、韓国も戦略的観点から判断したのだろうと思います」と述べた。
韓国大統領府の会見では、「わが政府はいつでもGSOMIAの効力を終了させることができるという前提で、8月23日に行った終了通告の効力を停止させることにした」としている。
韓国政府は2019年8月、日本による輸出管理の見直しに反発し、GSOMIAを破棄することを決定していたが、日韓両国が水面下で交渉し、アメリカが韓国に圧力をかけた結果、韓国政府が破棄の決定をいったん停止すると発表した。
河野防衛相は、「防衛省としては、このGSOMIAがしっかりとした形で延長されることが大事だと思っている」と述べた。
また、日韓両国は輸出管理の問題について協議を始めることで合意。
韓国はこの協議が続く間は、WTO(世界貿易機関)への提訴の手続きも停止するとしている。
しかし、日本側は...。
茂木外相は、「いうまでもなく、GSOMIAの問題と輸出管理の問題は全く別の問題」と述べた。
韓国国内では、GSOMIAの破棄撤回について。
ソウル市民からは、「破棄撤回は非常によかった。日本とは経済面で戦うべきで、軍事協定(GSOMIA)を武器に戦ってはいけない」、「わたしは今、“No Japan”活動をしているので、協定破棄撤回、絶対に反対だ」などの声が聞かれた。
韓国による、土壇場でのGSOMIAの破棄撤回。
日韓が関係改善に向かうかは、依然、不透明な情勢。(引用終わり)
コメント

“4大疑惑”謝罪と反論支持率低下「反省と責任」

2019-09-03 07:25:00 | 外交
昨日2日午後韓国で法務大臣候補のチェ・グク氏の人事聴聞会が国会で開かれなかった事を受け、これに変わり緊急記者会見が開かれました。
冒頭疑惑を招いたことは謝罪しましたが、疑惑については「否定或いは知らない」と述べていました。
以下はFNNが映像でうまく纏めています。
このほかにも息子の「兵役逃れ」も疑惑の一つだそうです。
さて他国の事ですが「この釈明で韓国人の怒り」は収まりますかね?
文大統領は国会の人事聴聞会で承認が無くともチョ・グク氏を法務大臣に任命する事は可能だそうです。これが大統領権限の一つなのでしょう!
5年の任期後、チョ・グク氏を大統領に据え「院政を行い」歴代大統領に有るような「退任後の袋叩き」を避けようとの遠謀とか言われています。
身内の話に「国民の関心が移り、支持率がどんどん下がって、日本たたきに一息入ると良いですね」
かの国は「大統領が変わるごとに革命政権(前政権の権利と義務を引き継がない)が誕生です。本来ならその度にその政権を承認するかどうか?!」日本は考えないといけない国の様に見えます。
それがこれまでは対北朝鮮の関係で「少なくとも戦後の1965年に決まった日韓基本条約を認めないと声高に発言しているのに、何となく(と言うより日米韓の安保問題があるので)ずるずると国交が続いている」様です。
某有名週刊誌が今週号で「もう韓国いらない!!」と一般的日本人の本音を特集したら「リベラルと呼ぶか?!、左派系文士なのか?、より民主的な人々?」から激しい非難の声を受けて出版社は「謝罪した」様です。
何だか骨のない編集者ですね。
どちらが行ってることが「正しい事になってゆくでしょうか!」
しっかり見守りましょうね!!
追記:この会見のその後をチラと見ました。何と翌日(3日)の未明午前2時頃まで休憩をはさんで12時間!!!続いたそうです。
2時間ほどで「それでは時間も押してきましたので後一問だけ!」とか言って会見を打ち切るわけにゆかない文化風土が有るのでしょうね??
とても驚いたしだい。😵 
写真:緊急記者会見でのチョ・グク氏
FNN PRIME:
疑惑に揺れる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の最側近、チョ・グク氏が緊急会見。
真相は、明らかになったのか。
車を降り、足早に歩く長身の男性。
韓国・文在寅大統領の側近中の側近である、チョ・グク氏。
チョ・グク氏「わたしが答えるのを通じて、国民に判断を求めることになった」
自身にまつわる疑惑について、2日午後、緊急の釈明会見を行った。
チョ氏は会見冒頭、「国民の皆さん、申し訳ございません」、「身に余る期待をいただいたのに、大きい失望を抱かせてしまいました」、「深く反省し謝罪します」と謝罪した。
8月、文大統領から次期法相に指名されたチョ氏。
国会では、2日からチョ氏が法相に適任かどうかを審査する聴聞会が予定されていたが、チョ氏の家族を証人とするかで与野党が対立し、聴聞会は中止に。
そのため、チョ氏は「メディアを通じて国民に判断を求める」と、急きょ、記者会見に臨んだ。
疑惑が次々に出てくることをタマネギの皮むきに例え、“タマネギ男”とやゆされているチョ氏。
取りざたされている疑惑は、大きいもので4つ。
「娘の大学への不正入学」、「娘の奨学金不正受け取り」という娘をめぐる疑惑のほかに、「家族ぐるみでの不透明な投資ファンドの運営」、「一家が運営する中学校での教師不正採用」の4つ。
文大統領の支持率を下げている最大の要因とされるのは、娘が高校時代に高度な医学論文の第1著者になり、それを利用したとの疑惑だったが。
チョ氏は「その過程で、わたしだけでなく、(家族の)誰もその教授に電話などしたことはない」、『第1著者』になっている論文問題についても、わたしや家族の誰も、教授に連絡したことはない」と疑惑を否定。
チョ氏自身は、論文に関与しておらず、名門大学の入試でも論文は提出されなかったと反論した。
そして、娘の奨学金不正受け取りについては、厳しいまなざしを向けながら反論した。
チョ氏は「奨学金問題が出ているが、わたしも家族の誰も、ソウル大同窓奨学金について申請したり、電話をかけたり、連絡したり、どこの誰にも連絡していない」、「結果的に、うちの子が合法であっても、恩恵を受けたことを反省する」と述べ、謝罪する一方で、不正は否定した。
そして、一連の疑惑をめぐって、文政権の支持率が5割を下回ったことについては。
チョ氏「骨身にしみるように反省し、重い責任を感じる」
チョ氏の記者会見は、およそ2時間半がたった日本時間午後6時現在も続いている。(引用終わり)
コメント (2)

韓国協定破棄「強い懸念」と米異例の不満、正常化促す

2019-08-23 08:59:09 | 外交
昨日22日夕刻韓国の高官がGSOMIAの破棄を公表しました。
そうです。この方でした。

米国の主導で2016年から日韓で結ばれた「軍事情報の交換」を柱とする双務契約ですから相手側の「韓国が更新しない」といえばそれで終わりですよ!
河野外相は「夜9時半に駐日韓国大使を呼び出し強く抗議をした」そうですが如何ともそれ以上の方法が有りません!!
問題は両国の仕切り役である米国がどう反応するかを見ていました。
ポンペオ長官曰く「失望している! それぞれが元に戻る取り組をするよう望む!」で8月の月初からベトナム?で仲介の労を取ったのに「突っ走る両国に当面打つ手がない?」のか「他に緊急事案が有るのであんたたち両国でやりな!」と突っ放したのか良く判りません?!
トランプ政権は「北朝鮮との非核化を含む何らかの取引を目論んでいます」一方「文政権は親北を目指す政権であり」当面日本は朝鮮半島をめぐり両国と微妙なズレが生じています。
日本政府は従来なら「韓国のテーブル返し」に弥縫策を講じ「韓国のホワイト国除外を事実上解除」で手打ちだったでしょうが、文政権とは「慰安婦の解決済の問題」「元徴用工への補償問題」他「空自機に対するレーダー照射」などが重なり珍しく「きつい対応を韓国にしました」そしてそれに対する韓国の反応が「日本品不買という運動」を引き起こしそれに「日本人のかなりな部分が反発」していますから、少し時間をおいて何かで「水を差さなければ両国首脳の頭も冷えません」
何でしょうね?! 米中の貿易摩擦がいよいよ本格化します。世界の株式市場が落ち着きませんしドル/円の為替相場はやや円高で推移しています。その心はウオン安による韓国からの外資流出!「8月も間もなく終わり日韓の経済指標が出てきますね! 日韓どちらの懐が痛むのでしょう? イラン制裁の関係でホルムズ海峡も平穏なわけではありません!
「半導体関連3品の対韓輸出個別審査をどんどん処理して不適切な輸出のみ良く内容を精査」との業務を粛々とやりながら1965年日韓請求権協定を元に韓国へは多額の国家賠償を支払い済である事を海外及び韓国民に広く公表し説明をしなければいけません。河野外相とそのスタッフには「そこのくどさと見るか、丁寧な説明と考えるか」まだまだ押しが足りない様に見ええなりません。
尻に火がつくのは日韓どちらのリーダーでしょう?
秋風が待たれますね。

写真:ポンペオ長官
共同通信:
【ワシントン、ソウル共同】韓国政府による日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定について、米国防総省は22日「文在寅政権の決定に強い懸念を表明する」と声明で発表した。ポンペオ国務長官は「失望している」と明言。その上で「それぞれが、元の正しい関係に戻るための取り組みを始めることを望む」と述べ、日韓関係正常化へ対話を促した。
 米政府は、それぞれ同盟国である日韓の対立に巻き込まれるのを慎重に避けてきた。歴史問題が安全保障分野に波及したことで危機感を強め、異例の強い表現で文政権を名指しして不満を表明したとみられる。
コメント

中国機、海自の護衛艦標的に訓練探知能力秘匿を優先し政府非公表

2019-08-19 08:22:16 | 外交

昨日18日日本政府関係者の話として「今年5月東シナ海公海上で中国の戦闘機が海上自衛隊の」護衛艦を標的に見立て攻撃訓練をしていた疑いが強い」と証言した!!
何と「習金平主席は安倍首相と友好的な関係でなかったっけ?!」
10月22日の「即位礼正殿の儀」には招待された195か国の一つとして「王岐山国家副主席」を送ってくるように聞いていました。
しかし良く見てみると言葉の有効と関係なく令和元年5-7月に続き8月も目下4隻が今でも「尖閣列島の日本領海内に中国公船は侵入を繰り返しています!!」
口で友好、テーブルの下で激しく足蹴りを続けています。用心!用心!
さて問題の戦闘機攻撃に「無言の構え」は良かったですね!
確か孫子の兵法で「出来る事は出来ない様に見せ、できない事は出来るように見せる!」と言うのが有りました。すっかり電子データーを取って何も言わないのは上策でした。!
いま香港デモが有れています。この人たちに中国が何をするかしっかり見守りましょうね!

写真:中国機JH7(殲轟7、歼轰7) 戦闘爆撃機
共同通信:
東シナ海の公海上で5月、中国軍の戦闘機が海上自衛隊の護衛艦を標的に見立てて攻撃訓練をしていた疑いの強いことが18日、分かった。複数の日本政府関係者が証言した。政府は不測の事態を招きかねない「極めて危険な軍事行動」と判断したが、自衛隊の情報探知、分析能力を秘匿するため、中国側に抗議せず、事案を公表していない。現場での偶発的軍事衝突の懸念があり、緊急時の危機回避に向けた仕組み作りが急がれる。
 東シナ海では中国によるガス田の単独開発や公船の領海侵入が続き、日本が抗議を繰り返している。今回の中国機の行動は、東シナ海の軍事的緊張の一端を浮き彫りにした形だ。
コメント