王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

NATO首脳会議 フィンランド・スウェーデン 加盟手続き開始へ

2022-06-30 10:23:56 | 外交
29日マドリードで行われたNATOの首脳会議で「北欧のフィンランドとスウェーデンの2か国の加盟」に向けた手続きを開始する。それと共に、ロシアについて「直接的な脅威」と位置づけ加盟国の防衛態勢を大幅に強化することを決定しました。この会議の前のG7サミットに比べると会議の主張が良く分かります。2014年前後の「ロシアによるウクライナのクリミア半島占領」に対するNATOの対応に比べると「この2月ロシアによるウクライナの侵攻」がロシアに対する危機感を改めて認識させたのは間違いありません。
2か国の参加についてはトルコのエルドアン大統領が「2国によるクルド人テロ組織の援助」に抗議して反対の立場でしたが、バイデン大統領の説得も有り、参加を認める立場に変わり2国の参加が決定しました。
エルドアン大統領と関係国代表〈ネットより)

ロシアはフィンランドとスウェーデンに外交的圧力を加えていますが、手遅れでしょうね?! 更にG7サミット前にはバルト三国のエストニアが、ここをクリック⇒「ロシア鉄道におるカリーニングラードへのEUの制裁対象になっている物資の運び込みを禁止」をしたのを受け21日にロシアの安全保障会議のニコライ・パトルシェフ(Nikolai Patrushev)書記は「深刻な結果を伴うことになると警告した」 事でロシア軍がスヴァウキ ギャップに軍を派遣か? と戦史を研究している専門家から警告が出ています。
まあ、ここをクリック⇒26日前後のウクライナ北東部のセベロドネツク市のウクライナ軍の撤退と南部戦線でのウクライナ軍の反攻とどちらが勝っているか良く分からない状態に加え,エストニアとフィンランド、スウェーデン2国と三方面で軍事行動をとるかどうかは判りませんが、プーチン大統領が国体維持の危機と判断し、核兵器の使用を認めるような事が有ると第三次世界大戦になるのは間違いありません。それは嫌ですね!!
NATO常備軍も4万人から30万人へ増強と言いますから、今度はNATOも本気になったと思われます。岸田首相も中国に対する東の抑えとして役割を期待されているようですが、参院選を勝利しなければいけませんね。
責める方も守る方も暑い夏になるのは間違いありません。

写真:NATO首脳の記念写真

NHK:
NATO=北大西洋条約機構は29日、スペインで始まった首脳会議で北欧のフィンランドとスウェーデンの2か国の加盟に向けた手続きを正式に開始することを決めるとともに、ロシアについて「直接的な脅威」と位置づけ加盟国の防衛態勢を大幅に強化することを決定しました。
NATOの首脳会議はスペインのマドリードで29日から始まり、各国が合意した文書「マドリード首脳会議宣言」を発表しました。

この中では北欧のフィンランドとスウェーデンの2か国の加盟に向けた手続きを正式に始めるとしています。

NATOのストルテンベルグ事務総長は「加盟国は批准の手続きをできるだけ早く進める用意がある」と述べ、NATOに加盟する30か国すべての承認を経て早期加盟の実現に期待を示しました。

両国の加盟を巡っては難色を示していたトルコのエルドアン大統領が28日、北欧2か国の首脳とNATOのストルテンベルグ事務総長と会談し加盟を支持する姿勢に転じていました。
ロシアは「直接的な脅威」 防衛態勢大幅強化へ
一方、NATOは今後およそ10年の活動指針などをまとめた「戦略概念」を採択しました。

この中ではロシアについてこれまでの「戦略的パートナー」から「もっとも重大で直接的な脅威」と位置づけ、加盟国の防衛態勢を大幅に強化するとしています。

また「戦略概念」では中国についてNATOの安全保障や利益、価値観に課題をもたらす存在として初めて言及しました。

NATOは29日、岸田総理大臣を含むアジア太平洋の4か国の首脳も交え、世界が直面する課題について意見を交わしました。

NATOのストルテンベルグ事務総長は記者会見で中国について「核兵器を含む軍備を大幅に増強し周辺国に強くあたり、台湾を脅迫している。ルールに基づく国際秩序を守るためパートナーと結束しなければならない」と述べ、海洋の安全保障やサイバー攻撃への対策を巡り日本などとの協力を強化する考えを示しました。
今後の手続きは
NATOの新規加盟に向けた手続きは北大西洋条約の第10条に基づいて進められます。

今回フィンランドとスウェーデンの2か国について、各国は「加盟議定書」に署名することで合意しました。今後、各国がこの「加盟議定書」に署名しそれぞれの国内で批准すると、両国を北大西洋条約の当事国として認めたことになります。

すべての国が批准すると、NATOの事務総長がフィンランドとスウェーデンに加盟を呼びかけます。

そして両国が国内の手続きを経て、アメリカの国務省に加盟文書を提出すると正式にNATOの加盟国となります。
ウクライナ ゼレンスキー大統領 NATOに支援要請
ウクライナのゼレンスキー大統領は29日に開かれたNATO=北大西洋条約機構の首脳会議にオンラインで参加し、さらなる軍事支援と資金援助が必要だと訴えました。

ゼレンスキー大統領は「これはロシアがウクライナだけに行っている戦争ではない。将来の世界秩序がどうなるかを決める戦争だ」と訴えました。

そして「ウクライナはあなたたちが持っている最新のミサイルと防空システムが必要だ。それらを提供することでウクライナの市民を恐怖に陥れようとするロシアの戦術を完全に断ち切ることができる」と述べさらなる軍事支援を求めました。

また資金援助についても月50億ドル、日本円にしておよそ6800億円という具体的な金額を提示して必要性を訴えました。

さらにゼレンスキー大統領はフィンランドとスウェーデンのNATO加盟をめぐる動きを歓迎する一方で「ヨーロッパの防衛などに対する私たちの貢献はまだ不十分なのか。あと何が必要なのだろうか。ウクライナのための安全が保障される空間を見いだしてほしい」と述べ、ウクライナのNATO加盟に向けた議論を始めてほしいと訴えました。
(引用終わり)

28日 G7閉幕 ドイツ ショルツ首相「われわれの結束と決意を示した」

2022-06-29 10:27:18 | 外交
28日ドイツ南部のエルマウで行われた2022G7サミットはショルツ首相の閉幕挨拶を引用しています。
引用したのはNHKの記事ですが「何だか何を伝えたいのか良く分からない」記述です。他のマスコミの中には「ロシアに対する圧力」「中国に対する警戒」「食糧問題」はては「戦後のマーシャルプラン」だの記者が閉幕挨拶で受けた印象の深い案件を取り上げて書いてあるものも有り、その方が書き手の気持ちは判ります。
事の初めは金持ちの旦那衆が集まり大枠を会って話し合おうとの企画だったと聞きますから「集まる事は美しき哉」です?
集まりました。きれいな所ですね。〈ネットより)

くつろいだ雰囲気で〈ネットより)

この撮影前に「上着は取るのか?」「馬に乗ったら良いのでは(プーチンの上半身裸での写真を冷やかして)」なんて声までは行った映像が流れた記事も有りました。
経済制裁を更にやる(ロシア産金の輸入禁止他)、ウクライナの中部ショッピングセンターにロシアのミサイルが着弾して死傷者が出ている割に「G7の中にも独仏とのウクライナ支援に温度差が有るのを繕う」にはこうなるのかも知れません。これに続いて岸田首相はスペインはマドリードで行われるNATO会議に出席される予定とか。北欧2国のNATO加盟が決まりそうです。
忙しいですね!

写真;閉幕の挨拶するショルツ首相

NHK:
ドイツで開かれていたG7サミット=主要7か国首脳会議は、28日閉幕し、議長国ドイツのショルツ首相は締めくくりの記者会見で「今回のサミットは、ロシアの侵略に立ち向かうわれわれの結束と決意を再び示した」と述べ、G7各国の首脳がウクライナへの侵攻を続けるロシアへの圧力の強化などで結束した対応を確認したとアピールしました。
また、会議の期間中にウクライナ中部のショッピングセンターがロシア軍から攻撃を受け、多くの死傷者が出たことについて言及し「ショッピングセンターへの攻撃はプーチンが市民を標的に残忍な攻撃を続けている証拠だ」などと述べ、ロシアのプーチン大統領を強く非難しました。

そのうえで「プーチンがこの戦争に勝ってはならないという認識で一致した。われわれは、この戦争の経済的・政治的代償をプーチンとその政権の関係者に支払わせ続ける」と述べ、G7として連携してロシアへの圧力を強化する姿勢を強調しました。

また、ショルツ首相は「G7は、ウクライナへの支援で結束している」としたうえで「ウクライナに“マーシャルプラン”が必要だ」と述べ、ウクライナの復興のために第2次世界大戦後の「マーシャルプラン」のような大規模な経済支援が必要だという認識を示しました。
(引用終わり)

10日 韓国大統領選 野党・尹錫悦氏が勝利宣言=「偉大な国民の勝利」

2022-03-10 10:26:48 | 外交
10日朝5時過ぎの韓国大統領選挙に関する聯合ニュースの報道です。別紙の情報では0.7%の僅差とありますから縺れるのは当然ですね。
当選した保守系最大野党「国民の力」候補の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長(61)は中道派の安氏の撤退が無ければ当選は危かったのかも知れません。では革新系の文 在寅(ムン・ジェイン )氏の後継出なければ良いのか?ですが、それはこれからの尹錫悦(ユン・ソギョル)新大統領の行動を見守るしか有りません。かの国の戦後の出自は李承晩以来「日韓併合による日本人による朝鮮人抑圧から逃れるために戦い続け、日本が太平洋戦争で連合国に敗れた1945年8月15日に、連合国側として勝利して誕生した」との可笑しな認識ですからね。
しっかり言動を見守りたいと思います。

写真:当選が確定した後、国会であいさつする尹氏(国会写真記者団)=10日、ソウル(聯合ニュース) 

聯合ニュース:
【ソウル聯合ニュース】9日に投開票された韓国大統領選で、保守系最大野党「国民の力」候補の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長(61)が当選した。尹氏は10日未明、国会で記者会見し、「私と国民の力の勝利というよりは偉大な国民の勝利」と述べた。

 また、「選挙運動をして多くのことを学んだ」として、「国のリーダーになるため必要なものは何なのか、国民の声をどう傾聴すべきかなどを学んだ」と述べた。

 選挙戦で激しく争った革新系与党「共に民主党」候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事らに対しては謝意を示し、「韓国の政治発展のため、皆が大きな貢献をした点でその価値を高く評価したい」と述べた。その上で、「われわれの競争はいったん終わった」とし、「力を合わせ、国民と韓国のため一つにならなければならない」と強調した。

 また、「新政権を準備し、大統領職に就けば憲法の精神を尊重し、議会を尊重し、野党と協治(協力の政治)をしながら国民に仕える」と述べた。

 選挙戦終盤で中道系野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補と一本化し、両党の合併に合意したことに関しては、「国民の力と国民の党が早いうちに合併を終わらせ、より多くの国民の支持を受け、国民の声を傾聴する政党になるよう努力する」と言及した。
(引用終わり)



首相がバイデン氏と初対面、年内含め会談で一致

2021-11-04 10:05:30 | 外交
衆院総選挙後でCOP26には集積をしないのでは? なんて話も有った様ですが、2日朝6時羽田を立ち英国に出かけて脱炭素の支援を約束したほか、英国のジョンソン首相並びに米国のバイデン大統領とも立ち話程度にしろ顔合わせをして3日の午後に羽田に帰って来ていたのですね!
これはジョンソン首相との顔合わせ〈ネットより)

スマホの記事だったと思いますが「0泊2日」の旅程だったとか! 機内で寝るにしても「タフなのは首相級の政治家には欠かせない資質なのが良く分かります」。習近平主席はCOP26を欠席した事で「中国の脱炭素政策に疑問符が付けられた」のに加え「バイデン大統領にCOPに米国は戻ってきた」とアッピールし機構温暖化対策に取り組む姿勢を見せて点数を上げました。
ご苦労様でした。

写真:英グラスゴーでバイデン米大統領(右)と対面し、あいさつを交わす岸田首相(2日)=内閣広報室提供 

日経新聞:
【グラスゴー(英北部)=飛田臨太郎】岸田文雄首相は2日、訪問先の英グラスゴーでバイデン米大統領と初めて対面した。日米同盟の強化に向けて協力を深めることで一致した。第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の首脳級会合の合間に短時間、言葉を交わした。
両首脳は日米が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携を確認した。年内を含めて早期に訪米し日米首脳会談を開くことで合意した。
首相は首脳級会合後、記者団に「できるだけ早いタイミングで再会し、よりじっくりと話ができる会談の場を設けることで一致した。年内を含めてできるだけ早くやる」と明らかにした。
首相は就任翌日の10月5日に電話で協議する最初の外国首脳としてバイデン氏と20分ほど話した。その後もバイデン氏との早期の対面協議に意欲を示していた。

〈引用終わり)

元徴用工訴訟、三菱重工の債権差し押さえ命令 韓国地裁

2021-08-19 09:25:46 | 外交
日本のマスコミ各紙は19日に日が改まって直ぐの発表ですが、”水原地裁安養支部は18日までに同社が韓国企業「LSエムトロン」に対して持つ物品代金の債権約8億5千万ウォン(約7900万円)の差し押さえと取り立ての命令を出した”。言うまでもなく 韓国大法院(最高裁)が2018年三菱重工業に元徴用工らへの賠償を命じた判決と2021年7月に三菱重工の「即時抗告」の一部を退け て今日に至った、実力で「差し押さえ」を認める地裁の判決となります。もしこれに基づき韓国政府が動けば「日韓関係は宣戦布告無しの経済戦での戦争状態ななります」。
日韓が経済戦の先に戦火を交える事は米国にとって好ましくない事ですので、そこまでは行かない事を強く願いますが、両国の保守派が興奮すれば、双方ともに民間人に危害が加えられるような事が無きにしもあらずです。
大韓民国は昭和20年(1945年)8月15日抗日戦争に勝利して誕生したとの作り話(フィクションーー今はやりで言うならフェイク・ニュース)で背負立した国ですから一度その認識を改めてもらうには、厳しい対応が必要になりそうです。

写真:三菱重工業をめぐる元徴用工訴訟で2018年11月、韓国大法院判決を前に集まった原告団ら=東亜日報提供 

朝日新聞:
 韓国大法院(最高裁)が三菱重工業に元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、水原地裁安養支部は18日までに同社が韓国企業「LSエムトロン」に対して持つ物品代金の債権約8億5千万ウォン(約7900万円)の差し押さえと取り立ての命令を出した。元徴用工訴訟で第三者企業への債権の差し押さえが認められるのは初めてとみられる。
 三菱重工業側は即時抗告でき、直ちに現金化されるわけではない。賠償に充てる資産が第三者に対する債権にまで広がったことで、今後、差し押さえの対象が広がったり、元徴用工訴訟の被告となった日本企業の韓国での事業に影響が及んだりするおそれがある。
 裁判所は原告側から今月初めに申請を受け、12日に命令を決定。18日にLS社に伝達して効力が発生した。LS社は三菱重工業に代金を払えなくなる。原告側の弁護士は「事実の認定と謝罪を求めて協議をするつもりだが、三菱重工業が拒むなら命令に基づいてLS社に直接取り立てる」としている。(ソウル=神谷毅)
(引用終わり)