王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

上野駅は大混乱…2人刺す、殺人未遂容疑で男を逮捕

2021-10-16 09:50:39 | 社会
甲府の若者の殺人放火事件、続いて新居浜の一家3人殺人事件に続いて昨日15日午後3時過ぎ上野駅構内で通行中の男性2人が刃物を持って男に襲われ刺されるという怖い事件が起きました。自宅に居ても安心できない、まして駅の構内でも襲われるなんて何とも落ち着かない世の中になりました。
駆け付けた上野所の警官が近くにいた東京都足立区の職業不詳の男(45)を20代男性に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕。この緊急時にこの対応はお見事でした。男は「刃物で刺したことに間違いありません」と容疑を認めており、何が足立区の職業不詳の男(45)を殺人未遂に走らせたのでしょうか?を含め、追って取り調べの内容が分かってくると思います。
不幸中の幸いは襲われた男性二人は「命には別条ないよう」ですが、怖かったでしょね! 二人は駅構内のATMに並んでいる所を襲われたと有ります。面識はないようで被害者の男性1人を刃渡り12センチのナイフで執拗に追いかけたと有りますから、怖かっただろう事は想像に余りあります。
歳末警戒では有りませんが、人の集まる場所では常時警戒のパトロールが必要だなんて、このままでは嫌な時代になりそうです。

写真:現場付近には規制線が張られ、多くの警察関係者や報道陣が集まっていた=15日午後、東京都台東区(三尾郁恵撮影) 

産経新聞:
15日午後3時10分ごろ、東京都台東区のJR上野駅構内で男性2人が男に突然刃物のようなもので刺された。警視庁によると、2人は同じ会社に勤める豊島区の30代男性と川崎市の20代男性。ナイフでそれぞれ太ももや背中を刺されたが、いずれも意識はあり、命に別条はない。
警視庁上野署は近くにいた東京都足立区の職業不詳の男(45)を20代男性に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕。男は「刃物で刺したことに間違いありません」と容疑を認めており、同署は責任能力の有無を含め、詳しく調べている。
同署などによると、男は駅構内のATM(現金自動預払機)に並んでいた2人を突然襲い、20代の男性の背中を刺した後、逃げる男性を執拗(しつよう)に追いかけたという。刃渡り約12センチのペティナイフを所持していた。2人とは面識がないとみられる。
殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男は無言のまま、ATMに並んでいた見ず知らずの男性らを持っていたナイフで刺したとされる。「もしかしたら自分が刺されたかもしれない」。一部始終を目撃していた男性は声を震わせた。
事件は買い物客や会社員らが慌ただしく行き来する15日午後3時10分ごろに起きた。男が犯行に及んだのは、改札口近くの店舗が立ち並ぶ通路の飲食店脇に2台設置されたATMの行列だった。
最前列に並んでいた自営業の男性(36)は悲鳴と怒号を聞いて、異変を察知した。「おい」「うわっ」。振り返ると、改札に向かって逃れようとする男性を男が追いかける姿が確認できた。「何が起きたのか、すぐには理解できなかった」という。
ただ、よく見ると、男性のシャツは血で赤くにじんでいた。構内は騒然となり駅交番勤務の警察官らが駆け付け、男を取り押さえた。抵抗するような様子はなかったという。
現場は一時、広範囲に規制線が張られ、乗客らが不安そうな顔を浮かべ、駅員に促されて迂回(うかい)するなどする姿がみられた。
目撃した男性は「普段何げなく利用する駅でこんなことが起こるなんて…。状況が違えば、自分が刺されていたと思うと怖い」と動揺した様子。帰宅途中に事件に遭遇したという大学2年の男性(20)は「駅から悲鳴を上げながら人々が逃げ出してきて大混乱だった」と語った。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

15日 NYダウ平均 382ドル高の3万5294ドル

2021-10-16 07:45:36 | 為替 ドル 株式
15日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は、ここをクリック⇒前日比382・20ドル高の3万5294・76ドルだった。値上がりは2日連続。 
15日発表の9月の米小売り売上高が市場予想を上回る結果となり、景気減速に対する警戒感が和らいだ為、相場の押し上げに貢献した様です。

読売新聞:
15日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比382・20ドル高の3万5294・76ドルだった。値上がりは2日連続。
15日発表された9月の米小売り売上高が市場予想を上回る結果となり、景気減速に対する警戒感が和らいだ。決算が好調だった米金融大手ゴールドマン・サックスが約4%上昇し、相場を押し上げた。
 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は73・91ポイント高の1万4897・34だった。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

〈独自〉研究費不正問題の京大霊長類研が解散へ

2021-10-15 10:06:22 | 社会
14日京都大学が京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)を解散する方向で調整している事が、複数ん大学関係者への取材で分かったそうです。
霊長研と言えばチンパンジーのアイちゃんの話で浜爺でも知ってるくらい有名ですが、世界的にも霊長類の研究で国内から多くの学者を輩出して有名だったそうです。
霊長研はチンパンジー用飼育施設をめぐる研究費の不正支出問題を受け、内部認定分も含め総額約11億3千万円の不適切な支出があったと指摘していたそうです。
京大は昨年6月、飼育施設の設備工事で架空取引や入札妨害があり、約5億円が不正支出されたと認定する調査結果を公表。
京大は同年9月、不正支出が認定された研究費の一部を支給した日本学術振興会に対し、罰金にあたる加算金を含めた約9億円を返還。なお不正支出の返還金を捻出する必要の為、人員整理の合理化に踏み切ったように見えます。
京大は、関与した元所長の松沢哲郎氏(70)=懲戒解雇=ら計6人を懲戒処分。松沢氏が地位確認などを求めて京都地裁に提訴している。どうやらこの時代に大掛かりな違法行為が有った様です。
サルに笑われる様では解散も致し方なさそうです。

写真:京都大霊長類研究所は、長年にわたって霊長類研究を牽引してきた=愛知県犬山市 

産経新聞:
京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)のチンパンジー用飼育施設をめぐる研究費の不正支出問題を受け、京大が来年3月に霊長研を解散する方向で調整していることが14日、複数の大学関係者への取材で分かった。今月中にも正式決定し、詳細を明らかにする予定。昭和42年の設立以来、50年以上にわたって霊長類研究を牽引(けんいん)した「京都大学霊長類研究所」の名称が今年度で消える見通しとなった。
関係者によると、京大は来年3月に霊長研を解散。今ある研究分野は新設する研究センターのほか、京大の野生動物研究センターや理学研究科といった既存の研究機関や研究科に再編する。犬山市の研究施設は今後も利用を継続するが、定年退職する教員の後任は補充せず、在籍する教職員や研究用に飼育するサル類を順次減らしていくという。
問題をめぐっては、京大は昨年6月、飼育施設の設備工事で架空取引や入札妨害があり、約5億円が不正支出されたと認定する調査結果を公表。同年11月には、会計検査院が京大の認定分を含め、総額約11億3千万円の不適切な支出があったと指摘していた。
京大は同年9月、不正支出が認定された研究費の一部を支給した日本学術振興会に対し、罰金にあたる加算金を含めた約9億円を返還。他の補助金や交付金についても文部科学省が返還請求額を精査し、総額はさらに膨らむと予想される。京大は霊長研を解散して人員削減などを進めることで、返還費を捻出する狙いがあるとみられる。
霊長研の湯本貴和所長は産経新聞の取材に「何も答えられない」と話した。
京大は、関与した元所長の松沢哲郎氏(70)=懲戒解雇=ら計6人を懲戒処分。松沢氏が地位確認などを求めて京都地裁に提訴している。
世界の霊長類研究を牽引
霊長研は、人間の起源と進化の解明を目指す、国内唯一の霊長類の総合研究拠点。全国の研究者の共同利用研究所として昭和42年6月に愛知県犬山市に設立され、生態学や認知科学といった多様な学問から、人間やチンパンジー、ボノボなどの研究を通じて「人間とは何か」を探究している。
53年に始まった天才チンパンジー、アイの研究で知られるほか、世界的な霊長類研究者も数多く輩出。ゴリラ研究の第一人者で京大前総長の山極寿一(やまぎわ・じゅいち)氏も、63年から10年間、助手として勤務していた。ワニの発声原理の解明に貢献したとして昨年、霊長研の西村剛准教授がイグノーベル賞(音響学)を共同受賞したことも記憶に新しい。
日本の霊長類研究のルーツともいえる京大の研究は、国内研究の基礎を築いた文化勲章受章者で京大教授だった故今西錦司氏が、昭和23年に宮崎県・幸島でニホンザルの調査に乗り出したことに始まる。研究費不正の学内調査結果を公表した昨年6月の記者会見で湊長博総長(当時理事)は、「京大の霊長類研究は古い歴史を持ち、京大にとって非常に重要な研究領域であり続けている」と評価した一方で、霊長研のあり方については「どのような組織体制に改善するかは全学的に議論した上で決定する」と述べていた。(桑村大)
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

愛媛3人刺殺2年前から県警に相談3週間前にも警察沙汰

2021-10-15 09:57:06 | 米国(トランプ)関連
13日新居浜の民家で起きた親子3人殺人事件ですが、ここをクリック⇒現場でナイフを持っていた男が銃刀法違反容疑で逮捕されました。男は河野智容疑者(53)で殺された息子さんも元同僚だったことが判っていました。
この報道は、その後の警察の調べで分かった事です。
被害者の岩田さん宅に河野容疑者は事件の約3週間前にも河野容疑者が家へ押しかけ、警察官が駆け付ける騒ぎになっていた。県警は、河野容疑者が一方的に息子の健一さんへの恨みを募らせた可能性があるとみて経緯を調べている。
昨日の報道でも河野容疑者が「訳の分からない発言をしている」と報じた記事もありました。どうやら健一さんは「電磁波攻撃をやめろと言われる」などと岩田容疑者から言われているとの相談内容で一方、河野容疑者も同年7月から20年8月にかけて4回、「電磁波を当てられる」などと健一さんにつき(警察に)相談していたと有ります。
まあ、素人考えですけど河野容疑者は精神的におかしい所が有った様で今でもある訳ですね。河野容疑者は現場で逮捕された時「殺すつもりでナイフを持っていた」と警官に話していますからこの手の人間に付きまとわれた岩田さん一家の困惑は想像に絶します。日本ではナイフを生じして自宅に押し入る男を「拳銃で射殺して自衛が認められる風土は有りません」
警察もそれなりに、19〜20年に計5回、精神保健福祉法に基づき県の保健所に情報提供したが、その時点では(警察は?)自傷や他害の恐れはないと判断したそうです。幼児虐待で、通報者と役所の行政と改札の連携の悪さが問題になりますが、似た様な話と感じられます。桶川の女性殺人は警察のストーカー取り組みが不十分でその後彼女の犠牲の上に対策が進みました。岩田一家の犠牲を無駄にしないためにも、警察権力の民事介入をもう少し真剣に考えないといけない時になってきたかもしれません。
岩田さん一家3人のご冥福をお祈りいたします。 
                     合掌

写真:親子3人が倒れていた現場付近を調べる捜査員ら=愛媛県新居浜市で2021年10月14日午前11時6分、本社ヘリから 

毎日新聞:
愛媛県新居浜市の民家で高齢夫婦と息子が刺殺された事件で、亡くなった息子が約2年前から、銃刀法違反容疑で逮捕された河野智容疑者(53)について県警に相談していたことが明らかになった。事件の約3週間前にも河野容疑者が家へ押しかけ、警察官が駆け付ける騒ぎになっていた。県警は、河野容疑者が一方的に息子への恨みを募らせた可能性があるとみて経緯を調べている。
 亡くなったのは岩田友義さん(80)と妻アイ子さん(80)、息子の健一さん(51)。13日午後5時38分ごろ、「男が押しかけてもめている」とアイ子さんが110番。警察官が駆け付けたところ、アイ子さんと健一さんは室内で、友義さんは玄関先で倒れていた。傷は複数箇所に及び、搬送先で死亡が確認された。
 県警は同46分ごろ、血の付いたナイフを所持していた河野容疑者を現行犯逮捕。「殺すつもりでナイフを持っていた」と供述した。県警は現場近くで河野容疑者が使っていた軽乗用車を押収。車で訪れ、短時間で3人を襲撃したとみて殺人容疑でも調べる。
 河野容疑者は以前、健一さんと同じ職場に勤務し、一家3人と面識があった。インターネット掲示板には2019年5月と同9月、河野容疑者の名前で健一さんを中傷するような内容の書き込みがあった。
 健一さんは同年9月と11月の2回、県警に相談。河野容疑者から「電磁波攻撃をやめろと言われる」などの内容だった。一方、河野容疑者も同年7月から20年8月にかけて4回、「電磁波を当てられる」などと健一さんに関する相談をしていた。
 事件の約3週間前、河野容疑者が岩田さん方に押しかけた際には、家族の通報を受けて署員らが訪れ、容疑者に「押しかけないように」と指導したという。
 県警は相談内容について19〜20年に計5回、精神保健福祉法に基づき県の保健所に情報提供したが、その時点では自傷や他害の恐れはないと判断したという。県警は「所要の措置を講じたものと考えているが、今後の捜査で全容を解明していく」としている。【斉藤朋恵、山中宏之、遠藤龍】
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

15日 日経平均 大引け 続伸、517円高の2万9068円 2週ぶり高値

2021-10-15 09:20:41 | 為替 ドル 株式
15日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比517円70銭(1.81%)高の2万9068円63銭で終えた。9月30日(2万9452円66銭)以来、約2週間ぶりの高値となった。 
前引け369円高、大引け517円高と 一直線で日経平均hア上げました。
前日のNYダウ平均の値上がりに連れ高と思われます。何だか怖いですね。

日経新聞:
15日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比517円70銭(1.81%)高の2万9068円63銭で終えた。9月30日(2万9452円66銭)以来、約2週間ぶりの高値となった。 前日の米国市場では過度なインフレ懸念が後退したことで、主要な株価指数が上昇した。この流れを受け、東京市場でも幅広い銘柄に買いが入った。外国為替市場で円安・ドル高が進み、輸出関連株の追い風となったほか、アジア株高が日本株の買い安心感につながった。 
(以下省略)

ここからは寄り付き
 15日の日経平均株価は、ここをクリック⇒前日比236.33円高の2万8787.26円で寄り付いた。
今朝早朝閉まったNYダウ平均の400円を超す上げに連れ高で、寄り付き一巡後も250円高ほどで推移しています。
引き続き前場と後場を追ってみます。

株探ニュース:
 15日の日経平均株価は前日比236.33円高の2万8787.26円で寄り付いた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする