王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

辺野古 埋め立て承認撤回の効力停止!!

2018-10-31 07:05:15 | 政治
辺野古工事、1日にも再開=石井国交相、承認撤回の効力停止―沖縄反発、対抗措置へ

昨日30日A新聞の夕刊トップ記事は「辺野古埋め立ての承認撤回」を国交相が「効力を停止して(その結果)工事再開を可能にする」との報道でした!!

確か先の沖縄県知事翁長氏が県知事権限で「辺野古沿岸部埋め立ての承認を撤回」したため埋め立て工事が中断していました。
その後先月末県知事選挙があり野党系のデニー玉城氏が新知事に当選したため政府はさらに難しい立場になっていました。

それでも12日には東京で菅官房長官と玉城県知事が会談しましたが何も決まらなかったというか国と県の面通しにすぎなかったのでしょう。

現状を打破するに「県による埋め立て承認の撤回」を撤回または無効にする裁判闘争になるかと思っていましたから国交相が県の判断を無効にするとはなんじゃいな??と思った次第。
どうやら一般市民に認められている「行政不服審査請求」を国の期間である「沖縄防衛局」が請求し国交省が「この請求を認める」という強行策と言うか違法行為でないかとの説も根強いやり方で対処しました。

防衛省はこの決定を受けて早速「埋め立てを再開する」様ですがはて?沖縄県民の思いを無視し行政法上も問題のある手段を取りどうなりますかね?
興味深いのは石井国交相は公明党の形ですからこの人が火だるまになると自公の連立にもひびが入りかねないそうなると安倍首相の狙う憲法改正にも微妙な影響も出そうです。
沖縄県の幹部も「粛々と手を打つ」と言っています。
どうなりますかね? 臨時国会で野党が取り上げるでしょうか?
しっかり見守りたいと思います。


写真:30日閣議後の石井国交相

時事通信:
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設をめぐる政府と沖縄県の対立が30日、一段と深まった。県による辺野古沿岸部埋め立て承認撤回の効力を一時停止することを石井啓一国土交通相が決定。これを受け、政府は8月末から中断している工事を11月1日にも再開する方針だ。沖縄県は猛反発しており、対抗措置の検討に入った。

 岩屋毅防衛相は30日、記者団に「気象状況等を踏まえ、速やかに再開したい」と述べ、準備が整い次第、工事に踏み切る考えを強調した。

 一方、沖縄県の玉城デニー知事は東京都内で記者団の質問に答え、国交相の決定について「知事選で示された民意を踏みにじるもので、到底認められない」と批判。総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」への審査申し出などの手段で対抗する方針を明らかにした。

 2015年に国交相が県による埋め立て承認の取り消しを一時執行停止した際、県は同委員会へ審査を申し出るとともに、取り消しの効力回復を求める訴訟を那覇地裁に提起した。今回も県は辺野古移設阻止のため、法廷闘争を辞さない構えだ。
(引用終わり)
コメント

独 メリケル首相 党首辞任 !!

2018-10-30 06:50:13 | 海外
メルケル氏、今期限り政界引退=与党党首辞意を表明―州議選連敗で責任・ドイツ
昨日29日(現地時間)ドイツのメリケル首相はベルリンの記者会見で「州議選での連敗の責任を取り与党キリスト教民主同盟の党首を退く」と表明しました。
首相職は2012年の任期満了まで続投する考えだそうですが、その後は政界を引退するとの事。
マスコミ各紙も14日に行われたバイエルン州の議会選挙でもCDUと連立を組むキリスト教社会同盟(CSU)が記録的惨敗で28日のヘッセン州議会選の結果を予想させていました。

浜爺はたまたま数日前メルケル首相がトルコのイブリド県に追い込まれた反政府勢力とそれに巻き込まれている地域の住民の安全確保についてトルコのエルドアン大統領らと会談しているニュースを見ましたがその時に人の事を気にしている場合かよ?と何となく思ったのですが自分の足元に火がついてしまいました。

一枚岩とはいかぬEUの中でダントツに稼ぎ難民の受け入れを促進してきましたがその行き方にも陰りが出そうです。

この厳しい国際情勢の中で党内基盤を持たない首相の任期(2012年まで)なんか屁のツッパリにもなりません。CDUの後継党首争いの中で連立の解消に始まり場合によっては早い時期に総選挙になるかも知れません。
極右勢力の台頭と合わせ何だかいやな政情になりそうです。
他国の事ですから静かに見守るしかありません。


写真:記者会見するメルケル首相

時事通信:
【ベルリン時事】ドイツのメルケル首相(64)は29日、ベルリンで記者会見し、州議選での連敗の責任を取り、与党・キリスト教民主同盟(CDU)の党首を退くと表明した。首相職は2021年の任期満了まで続投する考えだが、その後は公職にも就かず、政界を完全に引退する。

 抜群の安定感で、欧州の重しとなってきた「メルケル時代」の幕が下りることになった。欧州の政治への影響は大きい。先が見通せない新たな段階に入ることになる。

 大敗を喫した前日のヘッセン州議選から一夜明け、落ちくぼんだ目で記者会見に臨んだメルケル氏は「ドイツとその国民に尽くすことは困難だったが、満ち足りた責務でもあった」と珍しく感情を吐露した。しかし「新たな章を始めるべきだ」と、後継者に道を譲っていく姿勢を示した。

 CDUの党首選は12月に行われる。党首選には、メルケル氏に近いクランプカレンバウアー幹事長(56)、メルケル氏の寛容な難民政策を批判してきたシュパーン保健相(38)らが立候補の意向を固めた。ただ、メルケル氏自身は「特定の候補は推さない」と、選考からは距離を置く意向を示した。

 即時辞任による混乱を避けるための首相留任とみられるが、野党が反発し、前倒し総選挙を求める声が強まる可能性もある。メルケル氏は、任期満了前に総選挙が行われても、出馬しない方針を示した。 
(引用終わり)
コメント

桜木町で路線バス 多重事故 1名死亡 !

2018-10-29 14:30:44 | 社会
路線バス2台と乗用車が絡む事故 1人死亡 横浜・桜木町
昨日28日は10時頃から暖かくなり3時過ぎまで屋外のイベントでも競技でも過ごしやすい一日に見えました。
確か横浜マラソンがあったと思いA新聞の朝刊を見たのですが載ってないのですよ??
2万7千人参加とか聞いた気がしたんですがね?
ひがむわけではありませんが水戸の偕楽園マラソンが1万7千人参加で写真入りで載っていたのにですよ??

あれこれニュースを探しているうちに同じ日の午後9時15分頃桜木町で信号待ちの乗用車と市営バスに神奈中のバスが追突して多重事故となる事件があり居ました。

なんでバスが追突したのか原因が書いてありません。
良くある話ではわき見か居眠り運転くらいしか考えられません。

夜の9時過ぎと言えばまだ帰宅時間のうちですよね。気の毒だなーと思ったのはバスの乗客の20代とみられる男性は死亡してしまいました。バスの運転手と40歳代の女性乗客は重傷、自動車の運転手とバスの乗客3名が軽症だそうです。
怪我した方はお気の毒な事と思います。
1週間程前にも自殺目的?で建物から飛び降りた学生にぶつかられて重傷を負った先生?が居たと思います。
まー世の中は「理不尽と以下思いもよらぬ」事故みたいな事があるなーと思った次第。
この手の事故?は防ぎようもありませんがそれでも気を付けましょうね!!

追記:その後の調べで事故を起こした運転手は200メートルほど手前でもガードレールと接触する事故を起こしており「頭がボーとしていた」と話している様です。軽い脳梗塞化南下を起こしていた可能性がありますね。また死亡した若い男性は高校生だったとか。何とも可哀想です。

写真:追突したバス

産経新聞:
28日午後9時20分ごろ、横浜市西区桜木町の国道16号で、信号待ちをしていた普通乗用車と横浜市営の路線バスに、後続の神奈川中央交通の路線バスが衝突した。

 この事故で、神奈川中央交通のバスに乗っていた20代の男性が病院に運ばれ、死亡が確認された。このバスの運転手と乗客の40代女性が重傷、乗客3人と乗用車の男性の計4人が軽傷を負った。市営バスの乗客らにけが人はなかった。

 現場はJR桜木町駅に近い片側3車線の道路で、神奈川県警戸部署で、詳しい事故原因を調べている。

 追突したバスは車体前部が大破しており、衝撃の強さを物語っていた。
(引用終わり)
コメント

スケート 宇野昌磨選手 逆転Vで2連覇 !!

2018-10-28 08:44:44 | スポーツ
宇野昌磨が2連覇、逆転VでGPファイナルに前進

カナダで行われているフィギュアースケートGP第2戦で日本の宇野昌磨選手が27日(現地時間)フリートップの188.38点を記録し前日2位の成績を逆転し優勝そして前年に続き2連覇を達成しました。
凄いですねー!!!

前日のspではミスが出て壁に激突、それでも2位の成績でした。
昔は国際的なスポーツ競技会でトップを期待されているのに2位かそれ以下で出ると大体は巻き返しは難しく惜しくもXX位となる例が多かったと思います。

凄いのは前日の点差をフリーでカバーして逆転してしまったのですから対最多ものです。
これでGPファイナルへの進出が決まりました。これも4年連続ですから大したものです。
国際級の競技スポーツは年中どこかで大会を行っています。
体に気を付けて頑張ってください。


写真:演技中の宇野選手

日刊スポーツ:
<フィギュアスケート:スケートカナダ>◇27日(日本時間28日)◇カナダ・ラバル◇男子フリー

ショートプログラム(SP)2位と出遅れた平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)がフリートップの188・38点を記録し、合計277・25点で逆転優勝を果たした。2連覇を達成し、シリーズ上位6人が進むGPファイナル(12月6〜9日、カナダ・バンクーバー)への4年連続出場に前進した。3月の世界選手権で5位に入った友野一希(20=同大)はフリー139・20点の合計220・83点で9位だった。

滑り終えた宇野は酸素を求めるように口で息をし、前傾姿勢をとった。呼吸を整えることに苦労するほど、疲労感がにじみ出る。それでもSPを終え「後悔と悔しさでいっぱい」と振り返った男の演技に、五輪銀メダリストの意地がにじみ出た。

冒頭から結果的に回転不足となったが4回転サルコーを着氷。高難度の4回転フリップは出来栄え点(GOE)で3・77点の加点を導き、4回転トーループも決めた。4回転−2回転の連続トーループ、前日のSPで転倒したトリプルアクセル(3回転半)も成功させ、得点を次々に加算。新フリー「月光」を丁寧に表現した。

最終盤は3連続ジャンプの最後や、サルコー−トーループの連続3回転ジャンプでミスがあったものの、要素が凝縮されたプログラムを質高く滑りきった。スケーティング技術などが問われる演技構成点も5項目のうち、2つで9点台(10点満点)を記録した。

今季初戦のロンバルディア杯(9月、イタリア)で新ルールを初体験。4分30秒から4分に演技時間が短縮されながら、要素はジャンプが1本減っただけのプログラムをこなし、足がぐらついた。「思った以上にきつかった」。それでも競技を引退している織田信成(31)の奮闘に刺激を受けたジャパン・オープン(10月、埼玉)を経て、GPシリーズ初戦できっちりと仕上げてきた。

次戦はGP第4戦NHK杯(11月9〜11日、広島)。自国開催の声援を受けて、GPファイナルに手をかける。
(引用終わり)
コメント

日中首脳 新時代 3原則を確認 !!

2018-10-27 07:15:23 | 外交
日中首脳、新時代へ3原則を確認 習主席「訪日を真剣に検討」
25日と26日の両日安倍首相が北京を訪問し日中の首脳会議が行われました。
この前後日本ではジャーナリスト安田氏の解放と帰国、福原愛さんの引退と会見加えてプロ野球ドラフト会議の結果と報道と一般人が興味のある事件やイベントが目白押しで日中諸脳会談は大きな取扱いになっていない様に見えました。

事前には「中国に対するODAが正式に終わる」事が合意されたと報道された程度。25日は空港で李首相の出迎えで儀仗兵の閲兵を行う安倍首相の写真が流れましたけどね。
さて習近平国家主席との記念写真も撮り終え会議の結果出てきたものは以下の3原則です:
競争から協調へ
脅威で無くてパートナー
自由で公正な貿易の推進 だそうです。
一般的には無難ですけど日本と中国の40数年間特にここ20年の日中間の出来事を考えるとはて? 具体的には何をするんですかね??? と市井の隠居は思ってしまいます。

まあこの1年ほど米中間では「貿易の不均衡」に対するトランプ政権の反発と中国品に対する関税の引き上げ、それに対する中国の反発でぎくしゃくしていました。
言地面では南シナ海に対する中国の実効支配の強化 それと新疆ウイグル地区で代表されるの人権抑圧問題に対する米国はじめ国際世論の反発等で習体制派苦しい立場になりつつあります。
経済の伸びもここ2年ほど6%台と言われてきてそれは官僚の鉛筆なめと統計の誤差の反にとかでほとんど伸びが無くなりそれが公式に中国内部認められるようになりました。浜爺の友人の北京にいる中国人も言いました。昨年から景気があまり良くない! と。

そうとなれば「」金はあるけどあまり根性の無い日本政府を取り込んで金を出させたうえ日米関係にひび割れもしくは歯止めを掛けられれば良いとの「一石二鳥」会談だったのでしょう。
「尖閣の中国による公船j侵入」には何の言及もありません。福島原発事故の放射能懸念を理由に禁輸されている関東周辺の農水産物に対する緩和もなさそうです。まあパンダなんか借りなくても日本は実際問題困らないんですけどね。
両国による第三国に対する共同投資や事業の事は「一帯一路」プロジェクトに日本の金と技術が(上手くゆけば)加わるという美味しそうな話ですけど気を付けて欲しいと思います。この会談が大規模な企業団の訪中が企画されたそうです。
まあ取り敢えず6年ぶりに北京で首脳会談が開かれ記念写真が撮れたとこから普通の交渉が始まるのかもしれません?!
過度の期待することもないし過去の償いの気持ちもビジネスには不要ですし準備もなしに海外への出口を中国窓口で成功させようなんて助平根性は捨ててしっかり商談を進めて欲しいものです。
何が起きるか静かに見守りましょうね。


写真:会談前に記念写真

共同通信:
【北京共同】安倍晋三首相は26日、中国・北京で習近平国家主席、李克強首相と個別に会談し、「新たな時代」の日中関係構築に向け「競争から協調」など三つの新原則を確認した。習氏に来年の訪日を招請し、習氏は「真剣に検討したい」と答えた。安倍首相は尖閣諸島周辺海域での中国船の領海侵入を踏まえ、状況の改善を要請。両首脳は意思疎通の強化と不測の事態回避で一致した。

 3原則は他に「脅威でなく協力のパートナーに」「自由で公正な貿易の推進」。安倍首相がツイッターで両氏と確認したと明らかにした。習氏との会談で「世界の平和と安定のため、力を合わせて貢献していきたい」と強調した。
(引用終わり)
コメント