王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

ハロウィーン 仮装イベント 大賑わい !!

2015-10-31 06:21:57 | 社会
ハロウィーン前日、渋谷は早くもにぎわい

先週週末の24-25日位からかぼちゃや魔法使いその他の仮装をした子供さんや大人さんが目につく様になりました。
ハロウィーンのイベント? 騒動の様です。

こんなお祭り騒ぎはサラリーマン退職するころでさえなかった事です。!!

報道で「本場では!」明日日曜日が祭りの日だと言ってました。
本場とはどかかいな? と思ったのですがどうやら米国の事の様です。
(西洋の)お化けの格好をした子供さんが近所の家にお菓子を貰いにゆくのが素朴な形らしいのです。
うんちくを語る人は、ヨーロッパの収穫祭が元だとかもっと古くは英国北部のケルト人の精霊信仰がカソリックの儀式と融合したとか言ってました。お化け型にの偽装してお化けの難を逃れようとの様です。
さて平和日本では秋のお祭り(騒ぎ)として定着してきたと言うか、様々な業界が飯のタネにしてイベントを盛り上げ経済効果1250億円とか騒いでました。

朝晩は冷えますから羽目を外さない程度に仮装を楽しんで街中をねりあるいて下さい。


写真:外国旅行者も入り仮装の写真をとる人たち

シブヤ経済新聞:
ハロウィーンを翌日に控えた10月30日、渋谷の街には一足先に仮装した人たちでにぎわいを見せている。(シブヤ経済新聞)

 ルパン一味の4人に仮装した男性4人組

 秋の風物詩として年々盛り上がりを見せているハロウィーン。昨年は、例年以上に仮装した若者たちが渋谷に集まり話題となった。今年はハロウィーン当日が週末ということもあり、広域渋谷圏では多くのイベントが行われるなど、昨年以上の盛り上がり・混雑が見込まれている。

 翌日が休みの人も多いこの日は前日にもかかわらず、夕方ごろから仮装した人たちの姿が増え、時間がたつにつれて駅前のハチ公広場から渋谷センター街の中央通りであるバスケ通りは歩くのが困難になるほど人で埋まった。仮装した人たち同士での記念撮影のほか、外国人旅行客らが仮装した若者たちと一緒に写真撮影をする姿も多く見られた。

 囚人服やナース、デビル、プリンセスなど定番の仮装に加え、「ルパン三世」「美少女戦士セーラームーン」など一つのコンテンツで異なるキャラクターに扮(ふん)するグループ、絵本「ウォーリーをさがせ!」のウォーリーや、映画「ミニオンズ」のミニオンズなど、複数人で同じ仮装をするグループも目立った。例年以上に仮装している外国人の姿も見られたほか、マウスピースやカチューシャ、LEDが付いたパニエなど、光るアイテムで個性を出している人も。

 チャイナドレスに本格的なゾンビメークをした20代の女性2人組は「昨年の盛り上がりを見て渋谷に来た」と言い、「ハロウィーン当日は予定が合わなかったので前日に仮装した。思ったよりも多くの(仮装した)人がいて楽しかった」と笑顔を見せた。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトバンク 日本一に !!

2015-10-30 07:33:01 | スポーツ
工藤監督「僕は本当に幸せです」選手たたえる日本一

昨日29日ソフトバンクの3勝1敗でヤクルトに大手を掛けた第五戦が行われました。
勝負はソフトバンクの5-0と危なげのない勝ちで日本一に輝きました。
ソフトバンクとファンの皆さん おめでとうございます!!

加えて工藤監督は就任一年目の新人監督によるシリーズ優勝となり、ロッテ西村監督に次いで10年ぶりの栄誉を手にしました。

主力内川の扶養球場にも関わらず李」選手の起用など采配ぶりも光りましたよね。
三原監督が稲尾投手と組んだ西鉄は強かったなーなんて浜爺は思い出しました。

どうも野球はパシフィックリーグが強いようです。
おまけですが横浜DeNA も来シーズンはリーグ優勝に絡んでほしいものです。


写真:優勝を喜ぶ工藤監督

日刊スポーツ:
<SMBC日本シリーズ2015:ヤクルト0−5ソフトバンク>◇第5戦◇29日◇神宮
 ソフトバンクがヤクルトを4勝1敗で下し、2年連続の日本一に立った。第3戦こそ落としたが、先発、救援ともに安定した投手陣と、4番内川を欠きながら高い攻撃力を誇った打線がシリーズを通じてかみ合い続けた。
 工藤公康監督(52)は、10年ロッテの西村徳文監督(55)以来の新人監督日本一を達成。マウンド付近には歓喜の輪ができ、工藤監督はナインに胴上げされ9度宙を舞った。監督インタビューで、興奮気味にシリーズを振り返った。
 「感無量ですし、選手たちが1戦1戦大事に、絶対に負けないんだという気持ちを出してくれた。ぼくは本当に幸せです。(胴上げは)最高でした」。
 自身は選手時代、11度の日本一を経験していたが、監督として初めての頂点に立ち「全然違いますね。選手たちが気持ちをひとつにしてくれた。選手たちに熱い拍手をお願いします」と選手をねぎらった。
(引用終わり)
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

宮崎で軽自動車 暴走 2名死亡4名重軽傷 !!

2015-10-29 06:18:40 | 駄目だ! こりゃ
【宮崎車暴走6人死傷】軽乗用車が歩道700メートル暴走、6人はね2人死亡 運転の73歳男にてんかんの持病

昨日28日午後3時前宮崎市のJR駅前の歩道を軽自動車が暴走し弾jy6名を次々とはね、2名が死亡4名が重軽傷との酷い事故が起きました。

運転していたのは鹿児島県日置市の川内実次さん(73)で当人外傷性の重傷です。
警察は同人を自動車運転処罰法違反容疑で調べているそうです。この報道では同人は「てんかん」の持病が有った事をあ把握しているそうです。
直の接因果関係があるのかこれから慎重に調べる事になるそうです。
73歳と言えば極端に老人でもありませんが、他人ごとではありません。
1-2年前でしたか栃木の若い重機オペレーターが集団登校の列に突っ込み子供さんが死亡した事件がありました。これも「てんかん」を隠しての運転有ったように思います。

この事件を見ても殺され損、けがさせられ損に見えます。
歩行者にしてみれば車の暴走ですから避けようが有りません。
亡くなった方のご冥福をお祈りします。


写真:事故現場(宮崎日日)

産経新聞:
28日午後2時50分ごろ、宮崎市中心部の交差点からJR宮崎駅前にかけて軽乗用車が歩道上を約700メートル暴走し、歩行者や自転車に乗っていた男女計6人を次々とはねた。宮崎県警によると、いずれも宮崎市の無職藤本みどりさん(66)と、会社員高木喜久枝さん(50)の2人が死亡し、東京都と宮崎県の17〜68歳の男女4人が重軽傷を負った。

 車を運転していた鹿児島県日置市東市来町、職業不詳川内実次さん(73)も、外傷性くも膜下出血で病院に運ばれた。県警は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで調べており、川内さんの回復を待って事情を聴く。捜査関係者によると、県警はてんかんの持病があったとの情報を把握しており、慎重に調べる方針。てんかんは薬で発作を抑えることができ、適切な治療を受けていれば運転に支障はない。

 現場は宮崎駅前の大通り沿いにオフィスビルやマンションが立ち並ぶ一角。宮崎市橘通東4丁目で起き鵜た最初の事故の目撃者が110番した。

 県警によると、車は市中心部のデパート「山形屋」前の交差点付近から、宮崎駅前につながる「高千穂通り」の歩道に進入して暴走。駅西側の交差点で横転し、停止した。同乗者はいなかった。

 現場には、なぎ倒された自転車やかばんなどが散乱。横転した車の周囲にも、ガラスの破片や血の痕が見られた。

 被害者を救助するため、宮崎県のドクターヘリコプターも出動、駅西側の交差点に着陸した。県によると、通常は空港やあらかじめ定められた地点にしか着陸できない。ただ、救助や捜索の目的で安全の確保ができ、決められたスペースがある場合は降りられる。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米イージス艦 南沙諸島 12カイリ以内を通過 !!

2015-10-28 06:59:33 | 中国関連
中国「米艦船を追跡、警告」 南シナ海派遣、米は継続へ

昨日27日午前、中国が南シナ海で領有権を主張する南沙諸島の人口島から12カイリ(22キロ)以内に米海軍のイージス艦が侵入しました。
その心は「中国による人工小島に対する領有権を認めず公海での航行の自由を示す」ものとされます。

この行動に対しフィリピンと日本は素早く「適切な行動」と賛同の意を表しています。

一方中国側はこの行動に「激しく反発」しています。
現場では中国の「蘭州」他1隻がラッセンを追尾し警告を発したそうですが砲火を交える事にはなりませんでした。

先月末習近平が訪米した時「南シナ海での中国の軍事進出」について激しい交渉があった様ですが結論を見ませんでした。
同時期友人がボストン、ワシントン周辺に旅行で居ましたが、ローマ法王の訪米でTVも新聞も持ちきりで習近平の事など目にしなかったと語っていましたよ。まあ無視ですかね?!

演説はお見事ですが実行のないオバマ大統領ですが(まあ大統領は民主党ですが議会は上下院とも共和党多数)の少数政権ですから仕方が無いかも知れません。
2016年の大統領選の指名競争が激しくなる中、民主党として存在価値を示さなければいけませんし共和党の中でも中国に対するあまりにも弱腰な態度に批判が出ていました。
5月頃から米国は人工衛星による「南沙、西沙」での中国の軍拡振りを映像で流し出しました。
9月の米中会談で物別れ、今回の実力行使と「米国の不同意の意思」を中国に示しています。

2013年暮れでしたか?中国が「東シナ海に防空識別圏」を一方的に設け、違反した国には「断固たる処置をとる」と宣言したものの、その後米国の軍の飛行機が「識別圏を無断飛行しました」。
結局2014年末には「その運行規則」をこっそり削除していたなんて事が有りました。
今度は人も物もつぎ込んでいますからお「手の下しどころは難しい」でしょう。
チキンレースはどうなりますかね。
オバマにイージス艦一隻を犠牲に人口島の2つ3つを粉砕してしまう覚悟が有りますかね?
しばらく緊張が続きそうです。


写真:イージス艦ラッセン

朝日新聞:
米海軍のイージスあ駆逐艦が26日夜(日本時間27日午前)、中国が南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で領有権を主張する人工島から12カイリ(約22キロ)内に進入し、航行の自由を行動で示す作戦を行った。この海域で中国の領有権を認めない狙いもある。カーター国防長官は27日、米上院軍事委員会の公聴会で作戦を認め、今後も南シナ海で同様の作戦を実施する考えを明らかにした。

 一方、中国外務省は27日、「強烈な不満」を表明し、「米艦船を追跡した」と発表した。同国国防省も同日の談話で、「海軍のミサイル駆逐艦と巡視艦が米艦船に警告した」と明らかにした。その上で「国家主権と安全を守る意思は堅固で、自らの安全を守るためにあらゆる必要な措置をとる」と強調した。中国の今後の出方次第では、緊張がさらに高まる可能性もある。

 米軍が実施したのは「航行の自由作戦」。米国防総省当局者によると、中国が埋め立てをし、3千メートル級の滑走路を建設しているスビ礁から12カイリ内の海域を横切って航行した。第7艦隊の拠点である横須賀基地所属のイージス駆逐艦ラッセンが、寄港していたマレーシアから南沙諸島に向かった。

 米軍当局者によると、ラッセンは南沙諸島を約5時間かけて北から南西に抜け、スビ礁に加え、ベトナムや台湾が領有権を主張する岩礁の12カイリ内も航行した。国際法では領土から12カイリ内が領海とされるが、スビ礁は中国が埋め立てる前は、満潮時に岩が海面下に沈む暗礁だったため、12カイリ内は領海にならない。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊方原発 再稼働 県が同意 !!

2015-10-27 08:25:52 | 社会
「国の責任」引き出す 他自治体への影響は疑問 伊方原発再稼働同意

昨日26日経産省大臣室で愛媛県知事中村氏が伊方原発の再稼働に同意したと報道されました。
川内原発に続き福島原発事故が契機で止まっていた原発の再稼働2番手になりました。

まあ地元は「経済活動の一環として再稼働が必要なのでしょう」が事故が起きた時の被害は「自らの判断」によるものですね。
中村知事は安倍首相より「事故時の責任は国」と安倍首相の言質を得たことを同意の根拠にしたようです。
でも事故が起きたら(福島原発事故の時もそうでしたが)事態の収拾には国レベルの力を動員しなければ同しようもありません。

伊方の様に半島の東の根元に原発があって事故が有ったら西の方向の住人は逃げ場に困りそうです。
避難計画では海沿いの他の原発でもあるようですが船で外部に逃げるのだそうです。
風の日もありしけの日もあるし夜中の事故もあるでしょうから船(漁船?)を誰がどうやって調達するのでしょうね?!
地元が再稼働同意したとあれば事故が起きないことをよそ事ながら心配するばかりです。

福島事故以来、節電と需要減少で原発稼働なしで2年もやってきたのですから伊方とか泊の様に地域で1か所で海に近い地域では「廃炉」に踏み切る電力会社と地元住民は出てきていません。
残念です。



産経新聞:
今回が川内原発のケースと異なるのは、愛媛県が「国の責任」を自ら引き出した点だ。ただ、原発の再稼働を目指すたびに首相が地元首長と面会し、責任に言及しなければならないのか。「地元」の定義が定まっていない中、「伊方方式」が今後のモデルケースになるかは疑問視される。(原子力取材班)

 「非常に重い責任を伴う判断だった」。愛媛県の中村時広知事は26日、同意を伝えた四電の佐伯勇(はや)人(と)社長との会談で、硬い表情を崩さなかった。

 川内の場合、再稼働の判断責任がどこにあるか明確でないまま、地元の同意が進んだ。審査を担った原子力規制委員会は安全性を判断するだけで「再稼働の判断には立ち入らない」と強調。国は「規制委の厳しい基準に合格した原発は地元の理解を得て稼働させていく」と説明し、判断責任を事業者に押し付けた。

 こうした中、中村知事は「万一の事故時には国が責任を取るという首相の言質が取りたい」と安倍晋三首相との面会を再三要求。政府は前面に出ることに難色を示していたが、10月6日の国の原子力防災会議に中村知事を呼び、安倍首相が「事故が起きた場合、国民を守るのは政府の重大な責務」と発言し、知事が得心した経緯がある。

 ただ、国が事故時の賠償を確保するため、具体的な法改正などを検討している形跡はない。しかも「地元」の範囲には争いがある。関西電力高浜原発(福井県)のように30キロ圏に京都府や滋賀県が入り、両府県が再稼働への関与を求めているケースでは、国はどう対処したらよいか。明確な方針は出ておらず、伊方の先例が踏襲されるかは不透明だ。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加