王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

イラン新大統領に強硬派ライシ師反米保守、8年ぶり政権奪還

2021-06-20 07:30:20 | 海外
イランで保守穏健派ロウハニ大統領の任期満了に伴い18日実施された大統領選で、イラン内務省は19日の開票の結果、反米保守強硬派の聖職者、イブラヒム・ライシ司法府代表(60)が61.95%を得票し当選したと報じました。別紙の情報を合わせると、前政権が対立候補を事前審査で次々とふるい落とし、出来レースとの声もあり、最低の投票率に国民の反応が表れているそうです。穏健派の最高指導者ハメネイ師(82)が率いても、米国はじめアラブ湾岸諸国と紛争があり、イスラエルを巡ってイランの支援?するヒズボラのロケット攻撃が激しく起きていたのですからね。イランが保守派の大統領に変わり、イスラエルも強硬な新連立政権に代わっていますから、益々戦火が広がりそうな気がします。それに対しては米国をはじめとする民主主義国家による「経済制裁の一段の強化」となると、イランの国民も生活が良くなる見通しは有りません。仲介できるのは中国でしょうか? ロシアでしょうかね? 心配です。

写真:イラン大統領選で投票を終えたライシ司法府代表=18日、テヘラン(ロイター=共同) 

共同通信:
【テヘラン共同】イラン大統領選は19日の開票の結果、反米保守強硬派の聖職者、イブラヒム・ライシ司法府代表(60)が61.95%を得票し当選した。内務省が発表した。保守強硬派は8年ぶりに政権を奪還し、ライシ新政権が8月に発足。米国をはじめとする国際社会とイランの緊張が再び高まる恐れがある。穏健派ロウハニ政権は、任期満了で退場する。
 ライシ師は19日、「国民から与えられた重い職責を果たすため全力を尽くす」と語った。
 当局の事前審査で有力候補が次々に排除され、選挙は最高指導者ハメネイ師(82)がライシ師を大統領にするための「出来レース」との見方が広がった。
(引用終わり)
。。
コメント

韓国地裁、「異例手続き」で軌道修正 元徴用工判決

2021-06-08 09:51:51 | 海外
7日韓国のソウル中央地裁判決はいわゆる徴用工をめぐる未払い賃金や損害賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は7日、原告の訴えを却下した。元徴用工の個人請求権について「訴訟を通じて行使することは制限される」と判断したそうです。今回地裁の判断も訴訟手続きの”日付を変更するのに原告1人1人に連絡する事無く急遽判決を下した”そうです。徴用工訴訟ではすでに最高裁判例が存在し、一地裁の判断が最高裁の判断を覆すとは到底思えません。韓国は「昭和20年8月に抗日戦争に勝って独立をした」との嘘の歴史認識を変えない限り日本との友好平和の真の絆は結べないでしょう! まあ取り敢えずこの所の日本政府の「手厳しい反発」に困り果てたどこかの部門の茶番劇でない事を願います。「いわゆる慰安婦問題」の根っ子と同じ歴史認識に問題が有ります。
静かに見守りましょうね。
 
産経新聞:
いわゆる徴用工をめぐる7日のソウル中央地裁判決は、同地裁で4月、元慰安婦らの請求を却下する1審判決が出されたのに続く日本寄りの司法判断となった。裁判所が異例ともいえる手続きにより、日韓政府間協議への影響を回避しようとしている形だ。しかし、今回の判決は韓国最高裁の判例からも踏み出した内容で、係争中の同種訴訟に波及するかは全く見通せない。
今回の訴訟では5月28日の第1回口頭弁論で、原告・被告双方が求めた審理の延長に地裁が応じず、今月10日の判決期日を指定。さらに7日、原告一人一人への連絡なしに期日を急遽(きゅうきょ)変更し、判決を言い渡した。原告らが法廷で判決に不満を爆発させるのを避けたとみられ、韓国紙記者も「期日前倒しは聞いたことがない」と驚きを隠さない。
ソウル中央地裁が1月、日本政府に元慰安婦への賠償を命じた判決に対しても、同地裁が異例の手続きを行った。地裁の別の裁判官らが4月、職権で判決内容を事実上一部変更し、訴訟費用確保のための資産差し押さえを認めないと決定したのだ。この判決は賠償命令自体を有効としつつ、資産差し押さえは「わが国の司法への信頼失墜を招く」とクギを刺した。
徴用工訴訟ではすでに最高裁判例が存在し、やはり5月下旬に弁論が始まった同種訴訟では、「門前払い」を避けて審理を延長する姿勢を示している裁判官もいる。各訴訟の結果次第で混乱が広がりそうだ。
(引用終わり)
コメント

ベルギーの農家、うっかり領土「拡大」国境の標石動かす

2021-05-09 08:58:30 | 海外
5日の外電で見つけた話です。ベルギーの男性が、うっかりフランスとの国境を変更して。ベルギー領土を「拡大」させて事が話題となっています。ただ報道の姿勢としては「こぼれ話風」の扱いで軍隊がにらみ合いなんて雰囲気にはならない様です。
フランスと国境を接するベルギーのに広がる森を散歩中のエルクリンヌ村の歴史愛好家が国境の一を画定する標石が2.29メートル移動している事に気づいたそうです。原因は地元農家の男性がトラクターの前進に邪魔と言う事でフランス側に移動させて事が判ったそうです。
ただし外交問題にはならず、フランスとベルギーの双方で大勢が面白がっているとのコメント付きです。まあエルクリンヌ村のダヴィド・ラヴォー村長は標石を戻す様に農民に要請して一件落着させる方向の様です。その様に落ち着いて欲しいものです。日韓、日中ましてや日ロの国境問題はこの様には行かないでしょうね。

写真:ベルギーの農家、うっかり領土「拡大」 国境の標石動かす 

BBC:
ベルギーの農家の男性が、うっかりフランスとの国境を変更して、ベルギー領土を「拡大」させたと話題になっている。
ベルギー・エルクリンヌ村の歴史愛好家がベルギーとフランスの国境をまたいで広がる森を散歩していたところ、国境の位置を確定する標石が2.29メートル移動していることに気づいた。
地元農家の男性が、この標石がトラクターの前進を阻んで邪魔だからと、フランス領土側に移動させたことが明らかになった。
ただし外交問題にはならず、フランスとベルギーの双方で大勢が面白がっている。
「ベルギーを大きくしてフランスを小さくしてしまった。困った話だ」と、エルクリンヌ村のダヴィド・ラヴォー村長はフランスのテレビ「TF1」に話した。標石を移動してしまうと、隣国同士はもちろん、土地の所有者同士でも問題になってしまうとも村長は述べた。
「私は嬉しかった。自分の村が大きくなったので。でも(フランス側の)ブージニー・シュル・ロック村の村長は、面白くなかったようだ」と、ラヴォー村長は笑いながら付け足した。
ベルギーとフランスの間の国境は全長620キロ。フランス皇帝ナポレオン1世が1815年にワーテルローの戦いで敗れた後、1820年に調印されたコルトレイク条約で確定した。農家の男性が移動させた標石には、1819年の年が刻まれている。
フランス側のブージニー・シュル・ロック村のオレリー・ウェロネク村長は、フランス北部の地元紙「ラ・ヴォワ・デュ・ノール(北の声)」に対し、「国境戦争の再発は避けられそうだ」と話した。
ベルギーの地元当局は農家の男性に、標石を元の位置に戻すよう要請する予定。もし男性が応じなければ、場合によってはベルギー外務省が1930年以来のフランス・ベルギー国境画定委員会を開く羽目になることもあり得るという。
ラヴォー村長は、もし男性が応じなければ、刑事訴追もあり得るとニュースサイト「Sudinfo」に話した。「快く応じてくれれば、何の問題もない。みんな和やかに問題を解決できるはずだ」。
(引用終わり)
コメント

消息絶ったインドネシア潜水艦は沈没、当局見解

2021-04-25 08:17:09 | 海外
インドネシア海軍の潜水艦が行方不明と21日頃から報道が有り、追って潜水中に沈没とかで、感染を派遣して探していましたが24日インドネシア当局は
「沈没した」との見解を示し、破片や部品を回収したと述べたそうです。24日の未明には管内の酸素が絶えるとの報道もありましたから事故だったのですね。沈没海域を調べるインドネシア海軍の艦船〈ネットより)

トランプ大統領の選挙戦以来、報道に疑い深くなっている浜爺は、これは日本の西にある大国が目を転じさせるため密かに襲ったのではないか?と見ていましたが、そうでは無くて何よりでした。この潜水艦は1978年の西ドイツ製で艦齢は40年を超える老朽艦だそうですが10年前に韓国で大修理を行っていたとの報道もあります。さもありなんと思うのは偏見です。
53人の乗員のご冥福を祈ります。

写真:インドネシア・スラバヤの海軍基地に停泊中の潜水艦「KRIナンガラ402」。インドネシア軍提供(撮影日不明、2021年4月21日公開)。(c)AFP PHOTO / INDONESIA MILITARY 

【AFP=時事】インドネシア当局は24日、バリ島沖で消息を絶った同国海軍の潜水艦について、沈没したとの見解を示し、艦内部の部品を回収していると明らかにした。
 インドネシア海軍トップは記者団に対し、53人が乗った潜水艦「KRIナンガラ402」が最後に潜水していた場所でここ数日間、同艦の破片や部品を回収してきたと説明。「外部からの圧力や魚雷の発射装置への損傷がなければ、(そうした物が)潜水艦の外に出ることはなかったはずだ」と述べた。 【翻訳編集】AFPBB New
(引用終わり)
コメント

英フィリップ殿下死去、99歳エリザベス女王の夫

2021-04-10 08:49:17 | 海外
9日(現地時間)朝、英国のエリザベス女王の夫君フィリップ殿下が逝去されたそうです。御年99歳で6月の100歳まであと僅かでした。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
妻が有名人で、無名の配偶者なんて例が無いわけでは有りませんが、妻が英国女王でその配偶者であった人生を大過なく過ごされた事には驚くばかりです。息子のチャールズ皇太子の結婚は破綻しました。又孫のヘンリー王子とメーガン妃の王室との不和?もあり、決して波風の無い家族と言う訳ではなかったように見受けられます。戦後(1945年)の一時代がついに終わるときになった様な気がします。宗教が違いますのでただお悔やみを申し上げます。

写真:英国のフィリップ殿下。ロンドンのバッキンガム宮殿で(2017年5月16日撮影、資料写真)。(c)Victoria Jones / POOL / AFP 
ご冥福をお祈りいたします
英国のエリザベス女王の夫フィリップ殿下が9日、死去した。99歳。王室が発表した。
 バッキンガム宮殿は同日、「エリザベス女王は、愛する夫フィリップ殿下が亡くなったことを、深い悲しみと共にここに発表する」との声明を出し、「殿下はけさ、ウィンザー城で息を引き取った」と明かした。
 フィリップ殿下は持病の心臓疾患と感染症の治療のため、今年2月16日から1か月間入院していた。
 2017年、96歳で公務を引退した殿下は、今年6月には100歳の誕生日を迎えるはずだった。エリザベス女王にとって、80年近い年月を共に過ごしてきた殿下の死は大きな喪失となる。 【翻訳編集】AFPBB News

コメント