王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

英・EU 離脱暫定合意 !!

2018-11-15 15:25:39 | 海外
英閣議、EU離脱協定案を承認 メイ首相「決定的な一歩」
昨日14日のA新聞夕刊は一面のトップに「英・EU暫定離脱に合意」を持ってきました。
その記事の中に「事務レベルの協定案」とありましたが今現在英国政府は14日夜(現地時間)の臨時閣議でその暫定案を承認したと追っての報道でありました。またそれにこたえる形でEUの主席(交渉)担当官が「」ーー重要な一歩だ!」と語りましたから離脱交渉は間違いなく前進しましたね。
浜爺がここで書きたいのは「事務レベルでの協定案」は別のソースによれば500ページに及ぶとされています。
書きたい事その1:養老保険の契約書でも最近は細かい字で数ぺージある契約書を渡されます。契約の本場である英国とEUであればそのページ数こそが「瑣末に至るまで話が詰められた証です」これまで米ロのSALT-1や2の成果について言及した時に数百ページにわたる契約との話をしばしばこきましたが欧米ロ人の交渉事とはこういう事なんですよね。これに契約に至る1条1条についての議定書(そこに至る交渉経過の記述)を数えれば数千ページに上る書き物になっている筈です。利害の違う交渉事とはこうあるべきなのですね!

別に英国のEU離脱に賛否を述べているのではありません。今北朝鮮と米国のポンペオ国務長官が北の核放棄に「実務者協議」もせずにどうやって核放棄が前に進むか疑問なんです。

書きたい事その2:いま韓国が戦時中の元徴用工の補償の問題を個人の裁判沙汰にして日本企業に賠償/補償を要求しています。この件は1965年の日韓基本条約で解決済みです。それを韓国内で言うと親日という事で過去に遡って一族の財産が没収される様な国柄ですがそれでも当時の外務大臣に当たる方が「日本の賠償金に込み(含まれている)話だ」と言及しています。
韓国政府は「賠償金を政府で飲んでしまい(被害者に給付せず)ホッ被りした付けを日本に回しているのですよ!
その3:ちょっとだけ!今朝の朝刊は日ロの北方4島返還が2島先行返還論が出ています。ウクライナの一部をロシア領に取り込んだプーチン政権には北条時宗公の様な方が必要かと思いますがそれはまた後日!
英国の交渉とはどんなものかしっかり見守りたいと思います。


写真:14日協定素案が閣議決定された事を発表するメイ首相

共同通信:
【ロンドン共同】英国のメイ首相は14日夜、欧州連合(EU)離脱交渉を巡る特別閣議で、EUと実務レベルで合意した離脱条件に関する協定素案が承認されたと発表した。EU側も同日、加盟国の大使級会合を開催。交渉は大きく進展、月末にもEU臨時首脳会議を開いて正式合意する道が開かれた。

 メイ氏は閣議後に首相官邸前で記者団に対し、EUとの合意案は「英国全体にとって最善の利益となる選択だ」と述べ、EUとの正式合意に向けて「決定的な一歩となった」と強調した。

 ただ英与党内にはメイ氏の妥協案への反発も根強く、仮にEUと正式合意をしても英議会で承認を得られるかは見通せない。
コメント

マルコス夫人 汚職の罪で禁固刑 !! 

2018-11-10 10:13:09 | 海外
イメルダ夫人に禁錮刑 比の裁判所、汚職認める

昨日9日フィリピンの裁判所が「故マルコス元大統領の夫人」のイメルダ・マルコス氏(89)の汚職7件を認定し実刑判決を言い渡したそうです。
若い方は知らないでしょうが1960年代半ばに成立したマルコス政権でファーストレディーを務めてきたのですね。長期政権は必然的に腐敗しますが「親米政権」であったため米国により支えられてきました。

1986年に大統領後継候補のアキノ氏が空港で暗殺されたのをきっかけに「革命か暴動か?」が起きマルコス夫妻はハワイに亡命しました。
彼らの住まいであったマラカニアン宮殿からイメルダ夫人の靴が1000足余り発見された話で代表される浪費振りと不正蓄財の話は有名な話です。

さてマルコス氏はハワイで亡くなりましたからもう夫人は過去の人かと思っていましたがフィリピン戻ってていてなんと2016年には下院議員に3度目の当選をはたして現職だそうです。

この人に20年も棚上げされていた「汚職の罪」を裁判所が認めたとはなんでしょうかね?
控訴できる為これで禁固が確定いたわけではなさそうです。政治的警告かも知れません?
何か現政権に思惑があるのですかね?
冬のオバケに会った様な何だか不思議なお話でした。


写真:マルコス夫人(いくつの時の写真ですかね?)

共同通信:
【マニラ共同】フィリピンの公務員犯罪特別裁判所は9日、長期独裁政権を敷いた故マルコス元大統領の夫人で下院議員のイメルダ・マルコス氏(89)の汚職7件を認定し、1件につき禁錮6〜11年の実刑判決を言い渡した。

 裁判所はイメルダ氏に対する逮捕状発行も命じたが、ロイター通信は検察の話として、控訴できるため逮捕状はすぐには執行されない可能性があると伝えた。

 夫のマルコス氏は1986年の「ピープルパワー政変」で失脚し、亡命先の米ハワイで89年に死去した。91年に帰国したイメルダ氏は2010年、マルコス氏の地元の北イロコス州から出馬し、下院議員を務めている。
(引用終わり)
コメント

米国でまたも銃撃事件 12名死亡 !!

2018-11-09 07:13:37 | 海外
学生のパーティーで銃乱射 12人死亡 米・カリフォルニア

7日午後11時過ぎ(現地時間)カリフォルニア州のサウザンドオーク市(ロサンゼルスの近郊)で銃撃事件が起き警官1名を含む12名が死亡したそうです。
犯人も店内で死亡しているのが見つかりました。元海兵隊員の28歳の男で自殺の模様です。
日本時にすれば8日の午後4時過ぎなので夕刊には間に合わず速報に続き詳細が入って記事になったのは午後も11時過ぎになってからでした。
確か先月もユダヤ教会が襲われましたよね!

前回もそして今回も俗に言うテロ事件ではない様です。
しかし大学生中心のダンスパーティの会場に400人ほどの意図が集まった場所で拳銃の乱射の様ですから狙われた一般人はひとたまりもありません。
又「銃砲所持の関する規制が緩い米国の事情に反省と批判が起きて」それが改善される動きも無く立ち消えそして次の銃砲発砲事件と繰り返しですかね?!
ごく普通の暮らしをしているのに「突然の銃撃で死んでしまう」そんな日常を送っていたら気が休まりませんね。
浜爺は米国の州知事ではありませんから「その対策に頭を悩ます必要はありません」が10年後の日本も似たような事が起きるかも知れません。
日本では「銃砲の所持」は一般人には許さず警察を中心として「刀狩ならぬ銃砲狩り」を地道に続けるのが米国状態にならぬ一つの道かも知れません。
とにかく「誰でも良かった事件」二巻き込まれないよう気を付けましょうね。


写真:犯行現場の写真

FNN:
アメリカで、また銃乱射事件が発生。

警察官を含む12人が死亡したほか、犯人の男も、店内で死亡しているのが見つかった。

カリフォルニア州サウザンドオークス市のバーで7日夜、男が拳銃を乱射し、駆けつけた警察官を含む12人が死亡したほか、十数人が負傷した。

会見で警察は、「犯人は店内で死んでいた。テロの可能性も含め捜査する」と述べた。

当時、バーでは、大学生向けのダンスパーティが開かれていて、数百人が中にいた。

バーの中にいた人は、「男は身長190cmくらいで、全身黒ずくめで、フードをかぶっていた」と話した。

現地メディアは、男は29歳の白人で、発煙装置も持っていたと報じていて、捜査当局は、動機について捜査する方針。
(引用終わり)
コメント

独 メリケル首相 党首辞任 !!

2018-10-30 06:50:13 | 海外
メルケル氏、今期限り政界引退=与党党首辞意を表明―州議選連敗で責任・ドイツ
昨日29日(現地時間)ドイツのメリケル首相はベルリンの記者会見で「州議選での連敗の責任を取り与党キリスト教民主同盟の党首を退く」と表明しました。
首相職は2012年の任期満了まで続投する考えだそうですが、その後は政界を引退するとの事。
マスコミ各紙も14日に行われたバイエルン州の議会選挙でもCDUと連立を組むキリスト教社会同盟(CSU)が記録的惨敗で28日のヘッセン州議会選の結果を予想させていました。

浜爺はたまたま数日前メルケル首相がトルコのイブリド県に追い込まれた反政府勢力とそれに巻き込まれている地域の住民の安全確保についてトルコのエルドアン大統領らと会談しているニュースを見ましたがその時に人の事を気にしている場合かよ?と何となく思ったのですが自分の足元に火がついてしまいました。

一枚岩とはいかぬEUの中でダントツに稼ぎ難民の受け入れを促進してきましたがその行き方にも陰りが出そうです。

この厳しい国際情勢の中で党内基盤を持たない首相の任期(2012年まで)なんか屁のツッパリにもなりません。CDUの後継党首争いの中で連立の解消に始まり場合によっては早い時期に総選挙になるかも知れません。
極右勢力の台頭と合わせ何だかいやな政情になりそうです。
他国の事ですから静かに見守るしかありません。


写真:記者会見するメルケル首相

時事通信:
【ベルリン時事】ドイツのメルケル首相(64)は29日、ベルリンで記者会見し、州議選での連敗の責任を取り、与党・キリスト教民主同盟(CDU)の党首を退くと表明した。首相職は2021年の任期満了まで続投する考えだが、その後は公職にも就かず、政界を完全に引退する。

 抜群の安定感で、欧州の重しとなってきた「メルケル時代」の幕が下りることになった。欧州の政治への影響は大きい。先が見通せない新たな段階に入ることになる。

 大敗を喫した前日のヘッセン州議選から一夜明け、落ちくぼんだ目で記者会見に臨んだメルケル氏は「ドイツとその国民に尽くすことは困難だったが、満ち足りた責務でもあった」と珍しく感情を吐露した。しかし「新たな章を始めるべきだ」と、後継者に道を譲っていく姿勢を示した。

 CDUの党首選は12月に行われる。党首選には、メルケル氏に近いクランプカレンバウアー幹事長(56)、メルケル氏の寛容な難民政策を批判してきたシュパーン保健相(38)らが立候補の意向を固めた。ただ、メルケル氏自身は「特定の候補は推さない」と、選考からは距離を置く意向を示した。

 即時辞任による混乱を避けるための首相留任とみられるが、野党が反発し、前倒し総選挙を求める声が強まる可能性もある。メルケル氏は、任期満了前に総選挙が行われても、出馬しない方針を示した。 
(引用終わり)
コメント

ジャーナリスト 安田純平さん 解放か?!

2018-10-24 07:14:33 | 海外
安田純平さん解放か“身代金払っていない”
昨日23日午後11時過ぎ菅官房長官が緊急会見し「3年前にシリアの武装組織に拘束されているフリージャーナリストの安田純平さんが解放されトルコ国境を越えた」とカタールを通じて情報が入ったと発表しました。続いて「その後トルコの入管施設にいる」との報があったとも伝えました。
当然の事ですが政府関係者がトルコのアンタキヤの入管施設に向かい認定確認をする事になっているそうです。
本人と確認され健康状態が許せば日本に向かう事になるのでしょうね。
取り敢えずはほっとする情報ですね。

政府「解放に身代金は払っていない」とローキー(小声で)言ってるそうですがはてどうでしょう??

昔TVで隠密同心なる番組があり冒頭に「死してその骨拾う者なし」とかナレーションが入りました。
隠密の場合はいわば政府の人間ですが安田さんはフリーのジャーナリストで自分の意志で(観光旅行中やそこを通過中でなく)取材に行ったと思われますから無事帰国したとしてもまた「自己責任」か「国家による自国民保護」か論争が起きるでしょうね!!

残念ながら日本の力は外国の武装勢力に「人質にされたら金を払って釈放」してもらう程度しかなさそうです。
長い事シリアや中東を支配してきた英国やフランスの地元に根付いた情報力なんかとは比べ物にならないでしょうからね!又」あえて行く人も「現地語とせめて英語か仏語は流ちょうに話せないと」情報の拾いようもなさそうですものね。

安田さんが無事戻ってきて3年余りの経験と釈放の経過をどれだけ話すかでジャーナリストとしての質が判ってくると思います。
静かに見守りましょうね。


写真:今年7月の安田さん

日テレ24:
菅官房長官は23日午後11時すぎ、緊急に会見し、シリアで武装組織に拘束されているフリージャーナリストの安田純平さんが解放され、トルコ当局のアンタキヤの入管施設にいるとの情報がカタールから伝えられたと明らかにした。

菅官房長官「3年前にシリアで拘束された安田純平氏が、早ければ本日中に解放されるという情報がカタール国からもたらされました。その後、日本時間21時ごろ、カタール国からの連絡で、安田純平氏が解放され、トルコ当局のアンタキヤの入管施設にいるとの情報がもたらされております」

菅官房長官は、「現在、トルコ当局等を通じて人定を確認中」としているが、「情報を総合すれば、安田氏本人である可能性が高いと考えられる」と述べた。
また、この情報を既に安田さんの妻に伝えたことも明らかにした。

政府関係者によると、現地の日本大使館の職員が、アンタキヤの入管施設に向かっているということで、まずは安田さん本人かどうかを確認するという。

その上で、本人と確認されれば健康状態などをチェックした上で、日本に帰国する運びとなりそうだ。

別の政府関係者は安田さんの健康状態について、「意識はしっかりしている」と述べた。

また、複数の政府関係者は、安田さん解放のために武装組織に対して身代金などは支払っていないと話している。

安田さんは2015年6月下旬にシリアに入ったとみられ、その後、武装組織に拘束されていた。
(引用終わり)




コメント