王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

拉致問題 モンゴルで接触開始?!

2018-06-15 09:54:02 | 北朝鮮関連
モンゴルで日朝当局者が接触 拉致問題巡る政府の立場伝える

昨日と今日15日の2日間ウランバートルで「北東アジアの安全保障」に関する国際会議があり日本の外務省の人間と北朝鮮からも要人が出席しています。
このほか当然ながら主催国のモンゴルそして中国、ロシアと韓国は主要関係国として外せません。

加えて今回は12日の米朝首脳会談を受け金正恩委員長が「拉致問題」にもオープンな姿勢?とトランプ大統領の情報を得て安倍政権は色めき立っているのでしょう!!
マスコミでは「私の出番だ」とか「騙されない」なんて意気込みと不信感の並列された活字が目につきます。
米朝首脳会談が徹底した友好ムードの中で(具体性に欠けるですが)次への実務者協議で詰めるとすればスタートとしては良かったね!と思います。
一方安倍首相は(腹の中で)騙されないと誓っていれば良い事を外に言う/発言が活字にされるのは子供じみて見えます。
日朝首脳会談で両国の理解と友好を深める!!
位の表現がムードの盛り上げには必要に思えるのでっすがはて高官同士の接触はどうなるでしょうか?
朝鮮だって「いつまでも拉致問題を引っ張っていればあと10年もすれば直接の関係者は死亡し日本に対する交渉カードとしての威力は失せてしまいます」
今がカードの切時で決断の時は双方にありそうに素人には見えますがはて?専門家の接触はどうなるでしょう。
しっかり見守りたいと思います。


写真:モンゴルの首都 ウランバートル(多分ジンギスカン像)

共同通信:
【ウランバートル共同】外務省の志水史雄アジア大洋州局参事官は14日、モンゴルの首都ウランバートルで開催された国際会議の場で、北朝鮮外務省のシンクタンク、軍縮平和研究所のキム・ヨングク所長と短時間接触し、拉致問題の解決に向けた日本政府の基本的な立場を伝えた。日本外務省が同日夜、発表した。

 日本外務省によると、北東アジアの安全保障問題を話し合う国際会議「ウランバートル対話」の機会に、志水氏がキム氏と非公式に意見交換した。志水氏は、拉致問題は日朝が直接向き合い、解決すべきだとの安倍晋三首相の考えを伝達。キム氏の発言については明らかにしていない。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米朝首脳会談 宣言文書調印 !!

2018-06-13 06:23:44 | 北朝鮮関連
金委員長、非核化への「揺るぎない決意」を再確認=トランプ大統領<

昨日12日朝9時(現地時間)シンガポール会談が行われました。
両国ともに仲の良い雰囲気を出す演出でマスコミがこぞって使う会場の入口での握手の場面その後の最初の会話の応答で二人の良好な関係を演出しました。
多分二人だけの対談に続き幕僚や補佐官となる高官を交えての対談になりました。
ワーキングランチまでやって詰めた中身はなんだったのでしょう?!

外電を見ても文章の中身ははっきりしていない様です。
恐らく:
トランプ商会と金商店は店主の人柄を信用して会いたい取引をすることに合意した。
トランプ首魁の売りは「金商店の体制保証」であり金商店の売りは「非核化」と決まったと
いう事でしょう。
その品質も納期も支払い済度もクレーム処理などにも言及はありませんから、それらは後日この会議に参加した番頭連中で決めるという風に見えます。
良い意味でも悪い意味でも「開けてびっくり、びっくり箱」ではありませんでしたが宣言文書からは「良好な関係で話し合った」という雰囲気(ムード)を伝える物に見えます。

これからが大切なのでしょうね!!
しっかりmみっもる必要があります。


写真:会談冒頭の握手



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米朝首脳会談 セントーサ島カベラホテルで開催!!

2018-06-06 09:32:46 | 北朝鮮関連
米朝会談はセントーサ島のホテルで=「特別行事エリア」指定―シンガポール

5日(米国時間)米国の大統領報道官が12日シンガポールで行われる米朝首脳会談がセントーサ島の「カベラホテル」で行われることを発表しました。
トランプ大統領も会談の成功に期待感を示すツイートをしました。

数日前から金正恩委員長の俗に言う秘書長役の高官がホテルの下見に入っていたり大統領級の人物が泊まるスイートは65万円/1泊もして誰がその費用を負担するかそれ自体が話題になっていました。
浜爺の様な素人から見れば米国の招待ではないのですから北自らが払うのが筋でしょう! 北が外貨不足で払えないのでないかと忖度していますが1発100億円(93百ドル/108円・ドル)はする長距離ミサイルを作る力がある国ですから払えないわけがないと思いますがね?!

シンガポール政府が国際貢献のため負担すると言いましたし反核団体も負担しても良いと言っている様です。
ラッキー チャチャチャ。

そんな事より今日を入れてあと7日会談が取り敢えず「話し合いの口開けになる」事を願っています。
何だか「びっくり箱」をあける様でどっちの持ってきたびっくり箱に何が入っているか怖さ半分、期待半分です。
余り期待しないでその日を待ちたいと思います。

写真:島のシャングリラホテル(ロイター)

時事通信:
【ワシントン時事】サンダース米大統領報道官は5日、ツイッターで、シンガポールで12日に行われる米朝首脳会談の会場が、南部のリゾート地セントーサ島の高級ホテル「カペラホテル」に決まったと明らかにした。これに先立ち、シンガポール政府は5日、セントーサ島全体とその一部周辺を10〜14日に「特別行事エリア」にすると発表していた。

 トランプ氏は5日、「(米朝首脳会談は)何か大きなことの始まりになると期待している。間もなく分かるだろう!」とツイート。会談の成功に期待感を表明した。 
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米朝首脳会談 12日開催を決定 !!

2018-06-02 09:18:19 | 北朝鮮関連
12日に米朝首脳会談=予定通り開催、トランプ氏言明―正恩氏の親書評価

昨日1日(米国時間)トランプ大統領は数日前から訪米している北朝鮮の金英哲労働党副委員長とポンぺオ国務長官の会談を受けホワイトハウスで金正恩労働党委員長と6月12日シンガポールで米朝首脳会談を行うと発表しました。
しかし浜爺の様な素人が見ていても(仮に首脳会談が)当初の予定通り行われるとしても「不可逆的非核化」なんて実務者が山の様な合意文章を作らなければ検証可能にならないのですから金英哲氏が金正恩氏の親書を渡そうと72時間話そうと「当日話し合う項目」程度が決まるのであってそれ以上の物でないと思っていました。たとえば米国とソ連のSALT2交渉は数年ががりで「弾頭の数から移動の手段まで細かく詰めて数百ページの議定書が出来ているはずです」

トランプ大統領が当日は「サインすることは無い」「取りかかりのはじめでプロセスが大切」「経済支援は中韓日から受けろ」と現実的な表現をしています。
一方北朝鮮も「段階的非核化」と9月の建国70周年記念日までには(国内の少なくとも)地方にいる労働党幹部には生活必需品を相当量調達しなければいけませんが目下国連の経済制裁が効いていて物資の不足は深刻な様です。この辺りが米朝の「一気呵成か段階的な非核化か?」の綱引きのカギになりそうです。
さて「日本の拉致問題」は話には上らなかったようです。
もし休戦協定の和平協定への移行。日本との国交回復が視野に入って初めて「拉致問題解決と経済協力」が本音で話し合える時になるのでしょう!?
日本は主役ではありませんので渋い脇役を演じ続けなければいけません。それが現実です。安倍首相にそれが出来ますかね??
やってもらいたいものです。
しばらくは厳しい目で首脳会談を見守らないといけません。


写真:金労働党委員長と握手するトランプ大統領(AFBBP)

時事通信:
【ワシントン時事】トランプ米大統領は1日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と予定通り12日にシンガポールで会談すると明言した。ホワイトハウスを訪れた金英哲党副委員長から正恩氏の親書を受け取った後、記者団に語った。史上初の米朝首脳会談は、トランプ氏がいったん中止を通告するなど曲折を経て、開催される運びとなったが、「完全な非核化」や体制保証の方法で、双方が歩み寄れるかはなお不透明だ。

 トランプ氏は、正恩氏に非核化の意志はあると述べ、「首脳会談は非常に成功するプロセスになるだろう」と期待感を示した。ただ、「6月12日に何かに署名するつもりはない」とも指摘。非核化の方法などで米朝の隔たりは埋まっていないとみられ、1回の会談で最終合意は目指さず、非核化実現には長期間を要する可能性を示唆した。

 トランプ氏は、正恩氏の親書について「非常に素晴らしい書簡だ」と評価した。

 一方、トランプ氏は、北朝鮮への現在の水準の圧力を維持するとした上で、「(米朝関係が)うまくいっているので、最大限の圧力という言葉はもう使いたくない」と述べた。さらに、米朝交渉が決裂しない限り、新たな制裁を科すことはないと語った。会談の成功に向けて北朝鮮への配慮を見せた形だ。

 トランプ氏は、金英哲氏と休戦状態にある朝鮮戦争(1950〜53年)の終結についても協議。「(戦争終結について)首脳会談で何らかの成果があるかもしれない」と述べ、休戦状態が終結すれば「北朝鮮の安全を保証する」と強調した。北朝鮮の人権問題をめぐっては話し合わなかったが、首脳会談の議題になる可能性はあると指摘した。

 また、トランプ氏は、非核化受け入れ後の北朝鮮への経済支援について、近隣の日本や韓国、中国が支援するだろうと述べ、「米国が支出する必要はない」との認識を示した。
(引用終わり)
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝鮮 緊急首脳会談 !! 

2018-05-27 09:39:08 | 北朝鮮関連
金正恩氏、米朝会談へ意志表明 韓国大統領に協力呼び掛け

昨日26日にわかに韓国と北朝鮮の首脳会談が板門店の北側ので行われました。
24日のトランプ大統領による米朝首脳会談の中止通告を受けての反応と思われます。

1回目の朝鮮首脳会談は入念に演出されていましたが今回は会談前の記念写真の箕ですからバタバタぶりがすけてみえますね。
米朝韓の首脳の頭の中など窺い知れませんが1回目の韓朝首脳会議では「北の思惑以上の事を韓国が米国に伝え注文の多い米朝首脳会談が決まったのでしょう」

ポンぺオ国務長官やボルトン大統領補佐官等による米国100%ベースの非核化要求に北は金桂寛第1外務次官等に激しい反対(非難)の発言をしましたが、この結果非核化はリビア方式を取らない事と金体制の(維持)保証をトランプ氏から会談前に取り付けましたが会談は中止となりました。
先にも書きましたが北だって行力な軍部が居てこれをなだめるにはショック療法は必要だったのでしょう。
まあ米国もやり直すなら「実務者会談が必要」と言っていますからこれからの詰めが大変ですね。
6月1日が3度目の首脳会談だそうですがそれどころでないのではないかと(他人事ながら)心配しています。
そんなことは無いと思いますが空約束だけでまたぞろ援助の騙し取りなんか起きないよう米国実務者には頑張って欲しいのですがそれには時間が必要な気もします。
はてどうなるでしょう??
希望しながら騙されないよ成り行きを見守りたいと思います。


写真:2度目の朝鮮首脳会談

共同通信:
【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は26日、韓国の文在寅大統領との首脳会談で、米朝首脳会談開催への「確固たる意志」を表明し、米朝関係改善や朝鮮半島の恒久的な平和体制構築のため積極的に協力していこうと呼び掛けた。南北首脳は朝鮮半島非核化を実現するため共に努力していくことで一致。6月1日に高官級会談を開催することで合意した。朝鮮中央通信が27日報じた。

 金氏はトランプ米大統領が中止を通告した史上初の米朝首脳会談への意欲を文氏に直接伝え、非核化を目指す姿勢を再確認することで、会談再設定の環境整備を図った。

 文氏は27日、首脳会談結果を発表する。
(引用終わり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加