王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

28日 長野県議逮捕、対応追われる自民「期待の若手だったが」 妻殺害容疑

2022-11-30 09:44:57 | 社会
昨日29日のTVモーニングショーで丸山大輔容疑者が妻の殺害された自宅の現場でTVのレポーターとインタビューする動画が流れました。妻が死んでいるのに「笑顔を見せた場面があり」何か変だなー?と思い見てました。
何と昨年の9月29日朝に塩尻市の酒造会社の店舗兼住宅で、丸山希美さん(当時47歳)が殺害された事件があり夫である県議の丸山大輔容疑者(48)が28日に逮捕された事で流れた動画だったことが判りました。
事件当時丸山容疑者は28日夜は翌日の県議会に備え、長野市の議員会館に宿泊していた、と周囲に説明していたそうで、このことが有り倍になっていたようですが、長野県警は長野市と塩尻を結ぶ線上の防犯カメラなどを丁寧に調べ、夜間長野から自宅方向に走る容疑者の車を特定した様です。この記事は若手の期待された県議の逮捕で、まもなく始まるけ議会の自民党としての要望活動などを止めるなど混乱も起きているとか!
人は見かけでは本質までは判らないという事ですかね?

写真:記者会見し、丸山大輔容疑者の逮捕を発表する長野県警の北原浩治刑事部長(左)=塩尻署で2022年11月28日、鈴木英世撮影© 毎日新聞 提供 

毎日新聞:
長野県塩尻市の酒造会社の店舗兼住宅で昨年、丸山希美さん(当時47歳)が殺害された事件は28日、夫でこの会社を経営する県議の丸酒造会社の店舗兼住宅で昨年、丸山希美さん(当時47歳)が殺害された事件が殺人容疑で逮捕される異例の事態となった。県警捜査本部幹部は28日夜からの記者会見で事件の詳細は明らかにせず「一つ一つ捜査を積み上げて解明する」と強調。一夜明けた29日も、丸山容疑者が所属する自民党県議団などは対応に追われた。
県警は28日深夜、捜査本部のある塩尻署で記者会見を開き、丸山容疑者の逮捕を発表した。捜査本部長の北原浩治・県警刑事部長は「殺人という痛ましい事件は1件もあってはならない。悲しい思い、怒りをもって捜査を進めてきた」とし、「真相解明に全力で取り組む」と力を込めた。
 容疑者の認否や供述などは「捜査に支障がある」と繰り返し、明らかにしなかった。希美さんは昨年9月29日朝、遺体で見つかった。丸山容疑者は事件当時、28日夜は翌日の県議会に備え、長野市の議員会館に宿泊していた、と周囲に説明していた。
 丸山容疑者の逮捕を受け、所属する自民党県議団は29日、県議会11月定例会(30日開会)を前にした阿部守一知事への要望活動を中止。取材に応じた風間辰一団長は「県議団として大変驚いている。捜査状況を見守るしかないが、事実であるのならば団長として深くおわび申し上げます」と頭を下げた。
 丸山容疑者は塩尻市選挙区選出の2期目。風間団長は「若手として期待していた」という。事件発生以降の活動について特に不審な点はなかったといい、今年3月に総務企画警察委員会の委員長に就任していたが、風間団長は「警察業務に支障をきたす言動や活動はなかったと思う」と語った。
 自民党県連の宮下一郎会長(衆院議員)は29日、「県連を代表し、おわび申し上げる」とのコメントを発表。丸山容疑者が来春の県議選出馬を表明していたことに触れ、「選挙にも影響せざるを得ない状況だが、詳細が分からないため、まずは捜査を見守っていく」とした。【田倉直彦、鈴木英世】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

29日 東京都立大教授の宮台真司さん、襲われ重傷 大学敷地内の歩道で

2022-11-30 09:31:30 | 社会
昨日29日午後4時20分頃八王子市の東京都立大学南大沢キャンパスで「男性が顔を切られている」と通行人から110番があったそうです。捜査関係者によると被害者は「同大教授で社会学者の宮台真司さん(63)」との事。
夕刻のTVニュースが速報で「教授が襲われた」と報じていました。追手のニュースでは「宮台真司さん」と先に名前が来てましたので、浜爺の様な者は知らないけど、視界では名のある方なのかな? と思いましたよ! 警視庁捜査1課などによると
警視庁捜査1課などによると「宮台さんは大学敷地内の歩道で男に襲われ、首や背中など複数を切られて重傷を負ったが、意識は有り”後ろから殴られた”と語った」とあります。その後首を斬りつけられたようですが、命に別状はないようです。襲ったのは「身長180センチほどの20-30台の男性で黒いジャンパーとズボン姿」だそうで警察が殺人未遂容疑で行方を追っているそうです。学生と単位のもめごと?ですかね。或いは学術上の見解の相違を暴力でp解決を図ったか? 
全く分かりません。追手の報道を待ちたいと思います。

写真:社会学者で東京都立大教授の宮台真司さん=東京都渋谷区で2020年12月26日、玉城達郎撮影 

毎日新聞:
 29日午後4時20分ごろ、東京都八王子市南大沢の東京都立大学南大沢キャンパスで「男性が顔を切られている」と通行人から110番があった。捜査関係者によると、被害にあったのは同大教授で社会学者の宮台真司さん(63)。警視庁捜査1課などによると、宮台さんは大学敷地内の歩道で男に襲われ、首や背中など複数を切られて重傷を負った。意識はあり、駆け付けた警察官に「後ろから頭を殴られた」などと説明したという。殴られた後に刃物で切りつけられたとみられる。
 逃げた男は20〜30代とみられ、身長約180センチで黒色のジャンパーとズボンを身につけていた。捜査1課が殺人未遂容疑で行方を追っている。事件の現場となった都立大南大沢キャンパスは、京王相模原線南大沢駅のすぐ北側に位置する。
 宮台さんは国家や宗教、文化など幅広い分野を論評し、多くの著作を出している。主な著作は「制服少女たちの選択」「終わりなき日常を生きろ」「14歳からの社会学」「日本の難点」など。映画批評家としても知られる。【岩崎歩、竹内麻子】
   ◇
 「不審者がいる」。事件が発生した29日夕、八王子市の東京都立大学では複数の授業が行われていた。大学側は急きょ、構内アナウンスで学生に教室にとどまるよう呼び掛けた。
 犯人が逃走を続けるなか、事件発生から1時間半後の午後5時50分ごろに改めてアナウンスを流し、学生に集団帰宅するよう求めたという。
 同大は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、学生や大学関係者以外は構内に立ち入れないよう規制していた。しかし、入り口で身分確認などは行われておらず、実質的に誰でも大学に入れる状態だった。
 同大は30日以降の対応について協議している。【岩崎歩、木原真希】
〈引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

30日 日経平均 大引け 4日続落 58円安の2万7968円

2022-11-30 09:24:12 | 為替 ドル 株式
30日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前日比58円85銭(0.21%)安の2万7968円99銭で終えた。
今日の日経平均はNY株のハイテク関連株安を受けて軟調でした。後場のコメントは前場とまったく同じです。下種では押し目買いも入り、下げ幅が圧縮されました。明日は米国の金利動向で大きく動くかもしれません。

日経新聞:
30日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前日比58円85銭(0.21%)安の2万7968円99銭で終えた。 米金融引き締めが長期化するとの観測が改めて浮上し、運用リスクを避ける動きが優勢だった。下げ幅は午前に200円を超えたが、下値では押し目買いも入って次第に下げ渋った。 
〈以下省略)

ここからは前引け:
30日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前引けは前日比169円68銭(0.61%)安の2万7858円16銭だった。
米金融引き締めの長期化が改めて意識されたそうで、売りが優勢の様です。
引き続き後場を追ってみます。

日経新聞:
30日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前引けは前日比169円68銭(0.61%)安の2万7858円16銭だった。 米金融引き締めの長期化が改めて意識され、運用リスクを避ける動きが優勢だった。下げ幅は一時200円を超えた 
〈以下省略)

ここからは寄り付き:
[東京 30日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は、ここをクリック⇒前営業日比141円17銭安の2万7886円67銭と、続落してスタートした。 
今朝早朝閉まったNY株のハイテク株安を受けて、日経平均は141円安で寄り付きました。寄り付き一巡後は145円安ほどで揉み合っています。前場を追ってみます。

ロイター:
[東京 30日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比141円17銭安の2万7886円67銭と、続落してスタートした。
前日の米株市場でのハイテク株安を嫌気して、値がさ株や半導体関連株が軟調に推移している。個別では、東京エレクトロン、ファーストリテイリング、ソフトバンクグループが軟調。
一方、自動車株はしっかりで、トヨタ自動車、ホンダは上昇している。 
〈以下省略)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

29日 NYダウ平均 3ドル高の3万3852ドル…FRB議長の講演控え小幅な値動き

2022-11-30 07:57:59 | 為替 ドル 株式

 【ニューヨーク=小林泰裕】29日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は、ここをクリック⇒前日比3・07ドル高の3万3852・53ドルだった。値上がりは2営業日ぶり。

この日のNY株はダウ平均は3ドル高(ほとんど横ばい)、ナスダック総合は65ポイント安と弱含みでした。30日(現地時間)FRBのパウエル議長の講演を控え様子見の様です。さて、「金融緩和の期待が拡大」はどうなりますかね? 明日を待ちましょう。

読売新聞オンライン:

 【ニューヨーク=小林泰裕】29日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比3・07ドル高の3万3852・53ドルだった。値上がりは2営業日ぶり。

30日に予定されている米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演を控え、積極的な売買が控えられて小幅な値動きにとどまった。航空機大手ボーイングや石油大手シェブロンなどの銘柄が買われた。
 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は65・72ポイント安の1万983・78だった。
〈引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

28日 「習近平退陣しろ」 “言論統制への抗議” 「白色革命」が中国全土に拡大

2022-11-29 10:02:16 | 中国関連
27日には中国で、ここをクリック⇒民衆が「清零政策(コロナ感染者0政策)」で厳重な封城(都市封鎖)に怒る状態を隠し切れない混乱が動画で出る様になっていました。
それが僅か2日ほどの間に国民というか人民の間に「ざっと3年に及ぶ清零政策」の押し付けに怒りが爆発し、上海ではBBCの記者に対する警官の暴行迄問題になり、北京では習近平国家主席の卒業した精華大学の学生達まで「習政権退任」「共産党やめろ」等叫び、中には白紙のボール紙を掲げ「検閲を逃れるため政府批判の文字は書かない」としてデモをする若者の姿を(政府の検閲を逃れた)映像が流れています。日本のTV系マスメディアもかなり厳しく習政権を批判する人民の映像を流しています。
最初は信教ウイグル自治区で起きた火災に「コロナ禍抑制のため、州政府が消防車を感染地域に入れない」事に対する抗議で始まったと有りました。そうなのかどうかははっきりわかりませんが中国各地に飛び火している様です。
ネットから

上海では

ぺきんでも

一部の地域では住民の抗議に警官側が折れ、小地域の封鎖を解除したところもある様ですが、14日の広州での騒動はiPhone の製造会社「フォックスコン」が従業員不足を解消するため、就業に応じる従業員に臨時ボーナスを払ってまで人集めに対する現地での揉め事があった様です。台湾系のyoutube では仕事に応じない工員を「義挙」と言っていたようですが早口で良く分かりませんでした。今や中国研究の学者さんたちが「天安門事件」以来の騒動になると言い出しています。抗議するまあ地の人が叫ぶ声を一部聞き取りましたが「qilai qi lai」と言ってました。「立ち上がれ!立ち上がれ!」と中国国歌を叫ぶ・歌っているのですね! なんとも微妙です。
習近平政権は「3期目の入り口で人民に対し強権を振るって弾圧するでしょうか?」コロナ禍対策を緩め「日本風のマスク姿で妥協しますかね? 2023年の春節の大移動を前に微妙なさじ加減必要となりそうです。

写真:この記事は動画のため、ネットから映像を拾いました

TBS News Dig:
きのう夜、北京市内で行われた抗議デモ。参加者が声をそろえて訴えているのは…

デモ参加者
「PCR検査はいらない、自由が欲しい!」

掲げているのは白い紙。言論統制への抗議の意味が込められているといい、「白色革命」と呼ばれ、急拡大しています。その批判の矛先は、習近平指導部にも向かっています。

「逮捕されるのを恐れて声を上げないでいると後悔する」
「自由が無いなら死んだ方がましだ!」

きっかけとなったのは24日、新疆ウイグル自治区の高層マンションで10人が死亡した火災。厳しいゼロコロナ対策による封鎖などで消火が遅れたとの指摘が相次ぐ中、そうした情報がネット上から削除されることに不満をもった学生たちが抗議活動を始めたのです。

学生が歌っているのは中国国歌。「立ち上がれ奴隷になることを望まぬ人々よ!」という歌詞があり、政府に対する皮肉をこめたものともみられます。

デモ参加者
「中国共産党退陣しろ!習近平退陣しろ!」

上海での抗議活動は習近平指導部批判に発展しました。

デモ参加者
「(警察は)共産党の手先になるのをやめろ!」

そんな中…

BBCの記者
「領事館に連絡してくれ」

取材していたイギリスBBCの記者が一時、警察に拘束される事件も起きました。

そして、けさの上海。

記者
「一夜にして交差点が塀で囲われてしまいました」

一方、北京大学ではきょうも抗議する学生とみられる姿が。しかし、すぐに連行されてしまいました。

全国各地で一斉に大規模な抗議活動が行われるのはきわめて異例で、中国政府が今後どのような対応をとるのか注目されています。
〈引用終わり) 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする