王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

17日 機内のCAエプロン窃盗で逮捕の34歳ピアニスト、事務所が声明「心からお詫び」

2024-06-18 07:42:34 | 芸能
別紙の情報と合わせると:
【12日、窃盗の疑いで警視庁東京空港署に逮捕されたのは、東京都練馬区のピアニスト、斉藤一也容疑者(34)。斉藤容疑者は那覇発羽田行きのANA便で羽田空港に戻ったところを捜査員に職務質問され、その日も機内で盗んだANAのエプロンを所持していた】そうです。
以下の記事はその件に関しピアニスト斉藤一也容疑者(34)の所属事務所「東京コンサーツ」が17日までに謝罪の声明を発表したとあります。
斉藤容疑者は「東京芸大卒後、パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学を最優秀で卒業。数々の国際コンクールで入賞している」若手の今後が期待される芸術家の様ですが「制服フェチ」とは残念な結果でしたね。
才能と性癖は様々ですからね。歌舞伎役者と女性遍歴(あるいはセックス依存症)なら芸の肥やしとの騒ぎで済んでもピアニストとなると今後が難しいかもしれませんね。残念なカミングアウトでした。

写真:斉藤一也容疑者(本人のホームページから) 

日刊スポーツ:
全日空機内で女性客室乗務員(CA)のエプロンを盗んだとして警視庁東京空港署に窃盗容疑で逮捕された、ピアニスト斉藤一也容疑者(34)の所属事務所「東京コンサーツ」が17日までに、声明を発表した。
14日付で更新された公式サイトでは「本日、弊社所属のアーティスト齊藤一也が窃盗容疑で逮捕されたという報道がございました」と報告。続けて「まずは、被害者の方に心からお詫び申し上げます。また、関係者の皆様、これまでご支援いただきましたファンの皆様には、たいへんご迷惑とご心配をお掛け致しましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。
そして「現在、詳細な事実確認を行っておりますが、この事態を重く受け止め、関係各位の皆様へご対応をさせていただく所存です。2024年6月14日 株式会社 東京コンサーツ」と締めくくった。 
斉藤は東京芸大卒後、パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学を最優秀で卒業。数々の国際コンクールで入賞している。 
(引用終わり)


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5日 Mr.Children『文春』報道を否定 コンサート収益に関する“不正行為”「一切ございません」【報告全文】

2024-06-06 07:29:24 | 芸能
今朝早朝スマホのニュースを見たら表題の「文春砲の炸裂」を見ました。そして宅配の新聞を読んだら今日は木曜日なので「週刊文春の広告」でも国民的歌手の「Mr.Childrenがコンサート収益 不正」についてを載せていました。

表題の記事は「収益不正行為」をMr.Childrenが否定したとの反撃の報道です。
Mr.Childrenが4人組のロック歌手程度は知っていますが、この記事の「株式会社エジソン」がMr.Childrenの所属事務所で社長が谷口和弘氏なのをググって知りました。
従って「文春記事」の谷口社長が「クラッチ社に制作を委託。クラッチ社が舞台監督や照明など外部業者に発注する。外部業者はエンジン社に代金を請求し、クラッチ社はエンジン社から、別途、制作協力費を得ていた」としてMr.Children4人が無関係なゆえに疑惑を否定したか? 谷口社長の一存で否定したのか?は記事からは不明です。 
もし「Mr.Children4人」がクラッチ社からの不正キックバック4億円の中からギャラに含めて受け取っていたら問題は残りますね? 4億円は谷口社長の懐に入ったままなら4人は道義的責任は在りそうですが、不正行為とは直接関係ないといえそうです。
いずれにしても、警察関係の取り調べが明らかになれば「誰が本当に悪いのか」判ってきそうな気がしました。

写真:谷口社長(ネットより)

オリコンニュース:
Mr.Childrenの公式サイトが5日、更新され、同日に『文春オンライン』で伝えられた“不正行為”について「一切ございません」と否定した。

 同日配信の『文春オンライン』では「《内部資料入手》ミスチルコンサートツアーで裏金4億円が作られていた!」とのタイトルで、2018年、2019年に開いた2つのコンサートツアーで約4億円の裏金が作られていたと指摘した。

 これを受け、サイトでは「本記事で書かれているような、コンサート収益についての不正行為は一切ございません。また、公演のチケット代に関しては、物価、人件費等の高騰などの社会情勢を考慮しながらも、ファンの方々の負担が大きくならぬよう細心の配慮をし、メンバー、スタッフ間において誠実に、慎重に協議を重ねて決定しているものであり、不当な利益を得るための値上げであるといった事実は断じてございません」と呼びかけている。

■報告全文
週刊文春の記事について
「週刊文春」および「文春オンライン」に掲載された、コンサートチケットにまつわる記事についてです。

本記事で書かれているような、コンサート収益についての不正行為は一切ございません。また、公演のチケット代に関しては、物価、人件費等の高騰などの社会情勢を考慮しながらも、ファンの方々の負担が大きくならぬよう細心の配慮をし、メンバー、スタッフ間において誠実に、慎重に協議を重ねて決定しているものであり、不当な利益を得るための値上げであるといった事実は断じてございません。

日頃から応援してくださっているファンの皆様ならびに関係者の皆様にご心配をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。

株式会社エンジン
Mr.Children
(引用終わり)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

30日 増えるのは税と贅肉--世知辛さの句が上位 サラっと川柳ベスト10

2024-05-31 07:39:36 | 芸能
【30日、第一生命保険は2023年の「サラっと一句!わたしの川柳コンクール」(通称・サラ川)のベスト10作品を発表した】と報じられました。
1位と2位はここ2年ほどの物価高と収入源をネタにニヤリとしながらも「ほんとにそうだよな!同感できる作品に思えました。
1位は: 「増えるのは 税と贅肉 減る贅沢」
2位は: 「物価高 見ざる買わざる 店行かず」
実にお見事 !!
笑えるうちは、思い余って自殺なんて起きないでしょう!!!

写真:上位10川柳

毎日新聞:
「増えるのは 税と贅肉(ぜいにく) 減る贅沢(ぜいたく)」――。第一生命保険は30日、2023年の「サラっと一句!わたしの川柳コンクール」(通称・サラ川)のベスト10作品を発表した。1位に選ばれたのは、税負担や体に付いた余分な肉という「減ってほしいもの」ばかりが増え、物価上昇などの影響でぜいたくするのは難しい世知辛さを詠んだ一句だった。
 2位にも物価高による負担の大きさを描いた「物価高 見ざる買わざる 店行かず」が入った。4位の「50代 給与も肩も 上がらない」では、懐事情や健康に不安が浮かぶ中年世代の悲哀を描いた。
 3位は「マスクなし 2年目社員の 笑顔知る」。23年5月に新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが5類に移行され、マスクをしない人が徐々に増える中で感じた新鮮な驚きを句にした。
 そのほか、「PayPay(ペイペイ)を 覚えた父の 無駄遣い」「パスワード チャンス3回 震える手」など、スマートフォンを巡る日常の出来事を面白おかしく詠んだ作品も上位にランクインした。
 今回の応募総数は約6万6000句。その中から第一生命が選んだ優秀100句を対象に、約5万人のサラ川ファンがインターネットなどで投票してベスト10を決めた。【井口彩】
(引用終わり)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

23日 新垣結衣さん「火のないところに煙が…」星野源さん巡り根拠不明の噂が拡散、本人たちも強く否定

2024-05-24 07:06:00 | 芸能
【新垣結衣さん「火のないところに煙が…」星野源さん巡り根拠不明の噂が拡散、本人たちも強く否定】
表題が事実なら何とも迷惑な話ですが、これには前振りが有ったようです。
他紙によれば【有名なユーチューバー 滝沢ガレソ氏は22日午前、Xに「超有名女優とドラマ共演して電撃結婚した男性歌手が、結婚後に今度は番組共演した某NHKアナとW不倫」「今年の元旦に某週刊紙が本件をすっぱ抜く予定だったものの男性歌手の所属事務所が10億円を支払って記事を揉み消した】などと投稿していたそうです。この投稿がすでに「削除されていない」「削除された」「海外からは見られる」とか時系列で扱いに差があります。またこの「削除」云々の扱いについて「X社」の説明が明瞭でないと別の問題を起こしている様です。
比較的若い俳優さんや芸能人に疎い浜爺ですが、星野氏と新垣さんは名前が判る数少ない芸能人です。星野氏は兎も角、新垣さんは「鎌倉殿の13人」で八重さんで大活躍だのが記憶にあります。
さて滝沢ガレソ氏は300万人のフォロワーを抱える有名人だそうですが、フォロワー集めに虚言を繰り返すと「国会議員でも逮捕される前例」がありますから「報道は真実に限って欲しい」と単純な市民の一人である浜爺は願っています。

写真:星野さん夫婦

ハフポスト日本版:
芸能事務所「アミューズ」法務部は5月23日、公式X(@AmuseLegal)を更新。SNS上で拡散している歌手で俳優の星野源さんや同社に関する憶測について強く否定した。
星野さんや、星野さんの妻で俳優の新垣結衣さんもSNS上で「事実無根」などと発信した。
星野源さん、新垣結衣さんも強く否定
アミューズ法務部などによると、星野さんや同社に関する憶測を発信したのは、Xで272万を超えるフォロワーをもつアカウント「滝沢ガレソ」。同アカウントは5月22日夜、次のような趣旨の投稿をしていたという。
「超有名女優とドラマ共演して電撃結婚した男性歌手が、結婚後に今度は番組共演した某NHKアナとW不倫し、今年の元旦に某週刊誌が本件をすっぱ抜く予定だったものの男性歌手の所属事務所が10億円を揉み消した」
これを受け、アミューズ法務部は翌23日未明、Xで「星野源において当該投稿にある事実は一切なく、また当社が記事をもみ消した事実も一切ありません。 虚偽の情報の拡散、発信には法的措置を検討いたします」と強く否定した。
同投稿をめぐっては、「当社所属の星野源のことを言っているのではないか、との指摘がインターネット上で出ており、また当社にも多くのお問合わせが寄せられていた」といい、これについては、以下のようにコメントした。
「当社所属アーティストを名指しし、あるいは名指ししなくても、当社所属アーティストであることが分かるような情報を示して虚偽の事実を摘示、投稿することは名誉毀損その他の違法行為に当たります」
星野さんも公式インスタグラムのストーリーを更新し、アミューズ法務部の投稿を貼り付けた上で、「いまSNSやネット上などで噂されている件に事実は一切ありません。事実無根です」と投稿した。
新垣さんも公式Xアカウントのプロフィールページに、「火のないところに煙が立っているようですが、いま騒がれ噂されている件に事実はひとつもありません。心配してくださっている皆様、ご心配なく」と記載した。
なお、「滝沢ガレソ」の投稿は現在削除されている。

滝沢ガレソ氏によるXでの投稿に関連して、アミューズ所属の星野源の名前を挙げての憶測が拡散され当社にも多くのお問合せが寄せられています。
星野源において当該投稿にある事実は一切なく、また当社が記事をもみ消した事実も一切ありません。
虚偽の情報の拡散、発信には法的措置を検討いたします。… pic.twitter.com/qyUQpeg0xj

— 株式会社アミューズ 法務部 (@AmuseLegal) May 22, 2024





コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

16日 中尾彬さん 死去 81歳、心不全 二枚目から悪役までこなす個性派 16日に自宅で愛妻に看取られ

2024-05-23 07:40:56 | 芸能
昨日22日昼TVニュースで俳優の中尾彬さんが急逝されたことを報じました。
今朝の「羽鳥慎一モーニングショー」でもこの話題を取り上げていました。地近頃は昭和に活動した俳優さんやタレントさんの名前が出ても顔と名前がすぐ出てくる方が少なくなりました。しかし仲尾彬さんと奥様の池波志乃さんは顔と名前がすぐ浮かぶ数少ない俳優さんでした。
若い頃の活躍は兎も角、最近でもトレードマークのストールをねじねじにしてCMに出ているのを目にしていました。
急逝されたのは16日自宅でのことで、奥様の池波志乃さんが最後を見送ったようで「所属事務所が”奥様を喪主にして葬儀告別式もすんだ”」と報じた様です。
今どきの高齢者の活躍を見ると81歳はやや早いように思いますが、ご当人は「就活を進めていた」由、何かの予兆を前どりされていたのですかね?
謹んでご冥福をお祈りします。      合掌

写真:中尾彬さん

デイリースポーツ:
池波は事務所を通してコメントを発表。「終活以来の中尾の遺言で、このような形を取りました」とした上で、「15日に容態が急変し、16日の夜中に自宅で私と二人の時に、とても穏やかに本当に眠るように息を引き取りました」と伝えた。
 池波によると、中尾さんは「今年に入って足腰が悪く体力も落ちて、医師の訪問を受けながら、本人の意思により、自宅でゆっくり休んでおりました。時には取材や、足腰をかばっての仕事もやらせていただき、本人は元気で12月の旅行に向けて、頑張ってリハビリをしていた」という状態。それでも仕事への情熱は衰えず、関係者によると、今月までCM撮影などに参加していたという。
 中尾さんは、武蔵野美術大学油絵科に入学した1961年に日活ニューフェイスの第5期に合格。大学を中退してフランスへ留学し、64年に帰国すると映画「月曜日のユカ」で本格デビューした。75年には映画「本陣殺人事件」で主役の金田一耕助役を演じて話題に。78年からはテレビ朝日系ドラマ「暴れん坊将軍」で初代徳川宗春役を演じ、当たり役となった。
 近年はバラエティーやCMへの出演が目立ち、歯に衣着せぬ豪快さとおちゃめさを兼ね備えたキャラクターで人気に。とりわけダウンタウン・浜田雅功から「アキラ!」と呼び捨てでツッコまれる姿はお茶の間で広く愛された。また、スカーフやマフラーをぐるぐる巻きにして身につける「ねじねじ」がトレードマークとなっていた。
 私生活では1970年に女優・茅島成美と結婚したが、75年に離婚。78年に再婚した池波とは、芸能界きってのおしどり夫婦と称された。一方、2007年3月には大阪市内のホテルで体調不良を訴えて救急搬送され、急性肺炎および横紋筋融解症と診断された。生存率20%という生命の危機だったが回復し、5月には都内の病院に転院して退院。酒豪かつ愛煙家だったが、その後は過度な飲酒を控え、禁煙に努めていたという。
 近年は“終活”として「ねじねじ」200本を処分するなど、多くの所持品を断捨離。13年には自宅近くの寺に墓を建て、15年には千葉のアトリエと沖縄のマンションを売却した。18年に池波との対談形式で出版した著書「終活夫婦」では、2人とも「葬式や偲ぶ会はやらなくていい」としていた中尾さん。その信念通り、最期は最愛の妻や近親者のみに見送られ、天国へ旅立った。
(引用終わり)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする