王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

前厚生局長 金品受領

2007-08-31 07:01:03 | 社会
懲戒処分に代わる対応検討 金品受領の前局長に厚労相(共同通信) - goo ニュース

くそ暑い夏の間は「早寝早起き」を励行していた。昨日は久しぶりに夜が涼しい。
窓を開けると外の空気の方が室内より低くエアコン無しで心地よかった。

久しぶりに夜10時前報道ステーションを見ると冒頭TV側と前厚生省九州局長との(どうやら自宅での)対話場面が写る。
会話の主題は:前局長松嶋賢(まさる)氏59歳が在職中に「枚方療育園」の前理事長から十数年にわたって高級国産車を3台無償で譲り受けたり、前理事長が上京したりした折には10万円単位の小遣いを貰っていたらしい。総額は3百万円位と言っていた。画面の外で娘が〝そんなには成らないんじゃないー〟とかちゃちゃを入れていた。
別の情報では自宅の新築や改築に300万円ほどの祝いを前理事長から貰っていたとか。

TV側の「金品の見返りに 前理事側に便宜を図っていたのでないか。公務員の倫理規定にはんするのでないか」との追求に松嶋氏は「申請はそもそも県から上がってくる物で私に裁量の余地が無い。前理事長とは妻同士がいとこなので親類の付きあいとして頂いた」と答えた。
同氏は「障害者自立支援法」制定の要といわれた人で「枚方療育園」との業務上の接点が多い事は否めない。
爺の様な単純人間から見れば、長い事掛けて松嶋氏は業者に「つば付けられたか金玉を握られてしまった」

松嶋氏は60歳を待たずこの8月24日?に厚生省を退職している。これも不自然で疑惑逃れで無いかと多分これも更迭される辻厚生次官に質問している記事があった。答えは勿論「誰もが予想した人事でーー」という事。

新厚生大臣舛添要一氏は徹底究明すると発言した。
もう退官した人間だからどうしようも無いなんて新次官の進言など聞かず結果を出して欲しい。これが元でもっとでかい悪事を掘り出して良いのだから。

今度自民党の政調会長になった石原伸晃氏の顔が浮かんでしまう。大事な問題の度に要職に当たるのだけど、綺麗な言葉使いだけが目立ち、肝心の結果はさっぱり駄目、反対から見れば、だから族議員や官僚たちは安心して石原氏の舵取りに任せられるわけだよ

舛添さん 「外交は舛添に任せろ!」だけでなく「厚生も舛添に任せろ」と言い切ってください。
年金の問題はあるし、医療、介護、産婦人科医・小児科医の減少等などきちんとした方向付けをすれば、安倍総理の後の後くらいには総理大臣の席が近づいてきますよ。本当にしっかりお願いします。


共同通信:
厚労省九州厚生局の松嶋前局長が、社会福祉法人「枚方療育園」の前理事長から乗用車や現金を受け取っていた問題で、舛添厚労相は30日夜、訪問先の広島市内で記者団に「こういうことが絶対にできないようにしないといけない。(前局長は)退職していて処分はできないが、知恵を働かせて、事情聴取を含めて、全力で実態解明したい」と述べ、懲戒処分に代わる何らかの対応を検討する考えを示した。
(引用終わり)

写真:松島氏(zara氏のブログより)
コメント (4)   トラックバック (4)

タリバン 韓国人人質 まず12人を解放

2007-08-30 07:21:28 | 海外
韓国人人質まず12人を解放 アフガニスタン(朝日新聞) - goo ニュース

海外の話であり、当事者がタリバンと韓国である。しかも秘密の交渉だから爺の様な一市民には何も真実が判らない。
しかし19人の人質のうちまず12人が解放され、残りも間もなく解放される見通しの様である。

その条件の一つが「年内に韓国軍のアフガニスタンからの撤退」であり、それが合意されたとの事。

それが本当かどうか、爺には判らない。
しかし興味は持った。
話の一つに「韓国軍のアフガン撤退は既に決まっていた事」という話がある。
そうで有るならば韓国の政府は年内撤退についてどの様に「ブッシュ大統領」を口説いたのであろうか? 是非知りたい!
韓国軍というからには5人や10人の連絡要員ではあるまい。

又「撤退が決まっていなければその受け入れは英断である」

テロとは妥協しないとの原則というか建前が有るのに19人の人質を理由に「撤退を約束した」のであるから。後日米国から強い非難を受けるであろう。
しかし国民19人を助ける為、直接国境を接しない国から「派遣軍を撤退させる」のは立派な政治的決断である。

人質全員が解放された後、米韓両国で何が話し合われるのか注目したい。

爺がふと思った事は「韓国にしてここまで出来るのであるから、小沢氏率いる民主党がテロ特措法延長に反対しても日米関係は緊張しながらも持続する」かなーと思った次第。

以上は日本が米国にとって韓国よりずーと大切であるとの思い込みで考えている。
テロ特措法が切れたら米国がめちゃめちゃ日本に報復したりして。小沢氏が暗殺でもされれば報復だよな。

その他の報復は何であろうか? どの様に嫌がらせをするか?
これも見ものであり要注意である。これはわが身と可愛い孫にも降りかかる問題であるから。


朝日新聞:
アフガニスタンの反政府勢力タリバーンに拘束されていた韓国人19人のうち、女性10人男性2人の計12人が29日夕(日本時間同日夜)までに、東部ガズニ州内で赤十字国際委員会(ICRC)の職員に引き渡された。韓国政府とタリバーンが28日に合意したことに基づくもので、7月19日の拉致から41日ぶりの解放となった。残る7人も近く解放される見通しだ。

 12人は3回に分けて解放された。地元部族長の車でICRC関係者が待機する場所に到着し、車を乗り換えて州都ガズニの赤新月社事務所に向かった。首都カブール近郊の韓国軍駐屯地で健康診断を受けた後、一両日中に韓国に戻る見通しだ。
(引用終わり)
写真:解放された男女の人質
コメント (2)   トラックバック (3)

朝青龍 帰国決定

2007-08-29 08:24:09 | スポーツ
飲んだらクビだ朝青龍 親方連係監視(スポーツニッポン) - goo ニュース

昨日昼前後「朝青龍の帰国問題」で臨時理事会が開かれ、そこで結論が出る。と言う事で若いキャスターが国技館か協会の前で待機している場面がTVで流れている。
ついで「朝青龍が何で帰国したいか」を解説していた。
既に引退した旭鷲山がモンゴルで新進ビジネスマンとして大成功をしているそうだ。朝青龍はそれに習い様々なビジネスをやっているらしい。勿論横綱の兼業は禁止されているから実務は親類・縁者に任せている。新規ビジネスの展開や契約の問題が有り、しばしばモンゴルに帰国せざるを得ないらしい。この辺りに余り語られない「親方に無断帰国」なんて事情がありそうだ。

今回の事の発端は「左肘の故障と腰椎突起の疲労骨折の治療」という事で休業しその期間予定されていた巡業に参加しない事が決まった。ところがモンゴルに帰国していてサッカーに興じている場面を映像に撮られてしまった。
爺も見ましたが、あの巨体で素早く走るし、ヘッディングシュートと着地の時の体の柔らかさはさすが横綱と目を見張りました。と同時にこれが肘と腰の悪い人が出来る動作なのかという事も感じました。

案の定、協会側に召還され、成田空港をふて腐れた顔で歩いてくる場面はしばしば流れています。高砂親方ともども北の海理事長に頭を下げましたが、謹慎処分になったのは衆知の通りです。

世間も爺も「朝青龍が勝手な事してすみません」と一言、反省の弁を述べるかとおもっていました。
その内、どうやら引きこもりみたい、終日自宅から出ない(謹慎中ですから本来はそれが当たり前なのですが)ので取り巻きの?或いは贔屓の医者から「精神病らしいのでモンゴルに帰したほうが良い」との声が出て、そいつは包茎手術の医者だろうーーなんて反論もあり、ついには主治医高木医師と相撲診療所の医師吉田医師とで「解離性障害」と診断され治療には帰国がベストとの話が一人歩きしていました。

でも医師が行っても「あーとかうーとか」しか言わない人にどうして帰国がベストなのでしょうね? 
別の情報では「奥さんは米国に逃げ出している」そうで「お子さん二人も小さいので連れて行っているのでしょう?」
当人が「あー国に帰りたいとか母ちゃんに会いたい」だけしか言わなければ他人が見ても判りますがね。
そもそも「マッチベター」「ベター」「グッド」な方法と並べ評価をしなければ「ベスト」かどうかは誰にも判らないと思うのです。

0時20分頃場面が国技館からのライブになり伊勢の海理事が理事会の決定を述べました。
「朝青龍の帰国を承認する」全会一致の決定だそうで、あとは高砂親方が仕切る事に成ったようです。同席の高砂親方は「帰国の時期」を記者から聞かれ「今決まった事だからこれからーー」と答えていましたが、既に情報が流れていた様に29日即ち今日のモンゴル便で帰国のようです。
つまり臨時理事会は形式で「初めに帰国のシナリオありき」で、その為朝青龍が自宅を出て都内病院での診察、続いて親方の謝罪発言と理事会に向け進んでいた訳です。

長い事一人横綱で協会は散々我が侭勝手に朝青龍を扱ってきました。偽とは言わないが医師の診断書があれば休場、親方に無断での帰国、家庭内の不和、目に余る副業、最近では脱税の話も。 どれ一つ協会や親方が親身になって厳重な警告を与えていたと思えません。

爺は朝青龍が「そんなに協会が小うるさい事言うなら八百長相撲の内幕を全部はなしちゃおーかなー なんていっちゃて」と呟いたのでないかと思っています。

これまで阪神淡路地震や近くは新潟沖地震などで突然近親者を亡くしたり家財一切を失った方々が大勢います。それでさえ辛い経験を耐え立ち直っていらっしゃる方がほとんどであるのに謹慎2-3日後に精神を病むのか疑問です。
まあ今回は朝青龍が「協会だまし」の新手でまづ一勝です。

次回は協会側は朝青龍がモンゴルで「勇み足(公の場に出る、酒や女の話がでる)」するのを待っています。
高砂親方始め日本の利害関係者がどこまで朝青龍を止められるでしょうか?

間もなく日本相撲協会のやることが「国技に相応しいのかそうではなく伝統に則った興行」なのか見えてきそうです。
来月9日は秋場所だそうです。朝青龍は帰ってきますかね?


スポーツニッポン:
飲み屋に行ったら即引退だ!日本相撲協会は28日、緊急理事会を開き、横綱・朝青龍(26=高砂部屋)のモンゴル帰国を承認した。決定を受け、精神不安定で「解離性障害」と診断されている朝青龍は高砂親方(51=元大関・朝潮)同伴で、29日に帰国することになったが、高砂部屋は現地でも24時間態勢で横綱の動向に目を光らせる方針。協会側は、治療以外の目的で繁華街などに出没した場合は、解雇も辞さない強硬姿勢を打ち出した。

 晴れてモンゴル帰国がかなった朝青龍だが、もちろん自由に行動できるわけではなかった。あくまで謹慎処分中の身で、治療が第一目的。帰国を了承するにあたり、北の湖理事長(元横綱)が突きつけた条件は厳しかった。「治療以外の目的で公の場に出ることは許されない」「(行くのが)繁華街だったら認められない」。つまり、帰国してつい気が大きくなり、飲みに行くなどもってのほか。それを破った場合は「処罰はそれなりのものを考えなければならない。それは師匠が全責任を負うことになっている」と断言した。

 朝青龍が重大な過ちを犯せば解雇は必至。師匠の高砂親方も、協会から処罰を受ける。高砂親方は約1時間の緊急理事会後に伊勢ノ海親方(元関脇・藤の川)と会見に臨み、「これからのことは師匠の私が全責任を負ってやります」と悲壮な決意を口にした。

 高砂親方は29日に朝青龍、横綱を往診した本田昌毅医師とともにモンゴルに向かい、現地には数日間滞在。治療態勢を確認してから帰国する。一方、朝青龍は最長で9月いっぱいモンゴルにとどまる予定で、師匠不在の間にハメを外さないとも限らない。そこで導き出した結論が、部屋ぐるみの24時間の監視態勢だった。

 所属力士らは秋場所(9月9日初日、両国国技館)を目前に控えているため、横綱に帯同するのは不可能。5人の部屋付き親方のうち、高齢の2人を除く若松(元幕内・朝乃若)、若藤(元幕内・朝乃翔)、闘牙(元小結・闘牙)の3人がモンゴル行きの候補だ。友綱親方(元関脇・魁輝)も「ただモンゴルに置いてくるだけでなく、私生活を見る人がいないと駄目。師匠が全部見るのは無理。交代で行くのも考えのひとつ」と指摘した。

 1日に厳罰を言い渡され、22日間も自宅に閉じこもっていた朝青龍は、謝罪会見も開かないまま帰国の途に就く。帰国が決まったこの日は滞在していた都内のホテルを出て、後援会関係者と話し合ったものと見られる。“仮病疑惑”発覚から1カ月、高砂親方の指導力不足や相撲協会の危機管理能力不足から大きくなった騒動は、帰国容認で一応は事態収拾をみた。だが、謹慎処分中の横綱が母国でひとつ間違えば、力士生命が危うくなる状況に変わりはない。

 ▼モンゴル繁華街事情 社会主義時代のウランバートルにはいわゆる繁華街はなかったが、市場主義経済が導入されて以降はレストランやパブ、バーなどが市内に増え、小規模ながら繁華街が存在している。また、朝青龍が治療に行くとされるホジルトはウランバートルから西に400キロほどのところにあり、モンゴルでは有名な温泉街になっている。ただし、規模は日本の温泉街ほど大きくなく、歓楽街のようなものはない。(引用終わり)
コメント (2)   トラックバック (22)

安倍改造内閣が発足

2007-08-28 06:08:00 | 政治
安倍改造内閣が正式発足 派閥均衡、ベテラン議員配置(共同通信) - goo ニュース

昨日はばたばたしていて夕方5時のTVニュースを見られませんでした。帰宅すると老妻が「舛添さんが厚労相よ」なんて知っていましたよ。画面は彼が黄色い開襟シャツを着て「総理を批判したものがーー」なんて入閣前の様子を流していました。
7時のNHKニュースで与謝野官房長官が閣僚名簿を読み上げる所から各大臣が内閣府に出向くところ等全部見ましたよ。

爺の印象ですが、安倍商店が国民に勧めたカーテンの色が気に入られず返品されました。普通の商店ならカーテンそのものを替えて新しい色の物を納品するはずです。
ところが安倍商店は当初のカーテン地を代えずかなり大き目のパッチワーク(切り貼り細工)で再び納品してきました。 そんな感じです。

政治評論家が1:経済成長の持続2:地方の疲弊3:財政の健全化4:生活の格差5:年金問題等など
長短期の問題を指摘しています。

国の収入が50兆円/年の時、支出が80兆円/年を未だに解決できません。
その差額30兆円の大半は借り換え国債18兆円と税収不足を補う為の新規国債の発行です。
既にこんな事を1970年代半ばから繰り返しその付けは834兆円もの国の債務残高となり国の先行きを怪しくしています。

収入が一定ならどこかに余分に金をばら撒けば他の何処かを削らなければいけません。それが出来ないので増税(消費税率のアップも含め)含みであったり、改革を見直す声が漏れ聞こえます。
民力(特に個人消費)がここまで落ちているのに持続的経済成長(2%程度?)なんて可能でしょうか? 国策の前提がここ10年以上達成出来ない事を唱えているのです(何度も書きますが帝国海軍の次の会戦では敵の空母を殲滅して--と言っている間に自滅したのに似ています)
さて当面の年金問題も「消えた5000万件のデーター」の処理は当然ですが、人口が減る事がはっきりした今、次世代が支払い年金を負担する現行の方式はもはや破綻しています。もし舛添氏が有能ならここまで切り込むべきでしょう

「政治と金の問題」とか「高級官僚の天下り」の解決は当然ですね。
米国との関係も「従属や追随」から適当な距離を置ける関係へ方向転換出来るでしょうかね?
11月の「テロ特措法」の延長とその為に民主党との話し合いもどうなるでしょうかね?

60年続いた制度を根底から見直さないと国民生活の安定はありえません。
「戦後レジームからの脱却」とはそういうことでしょう。
この内閣のやることから目が離せません。

追伸:夕刻に集まるのが判っているのにモーニング姿とはどうなんでしょう?
この服装の中にホワイトタイとかタキシード姿がいても良いと思うのです

共同通信:
ベテランを幅広く配置した安倍改造内閣が27日夜、正式に発足した。安倍首相は、外相に町村信孝前外相、防衛相に高村正彦元外相を処遇するなど派閥会長クラスを幅広く並べる重厚な布陣を敷いた。挙党態勢を組み、弱体化した政権の立て直しを図りたい考えだ。地方・都市格差是正担当相を新設し、総務相との兼務で増田寛也・前岩手県知事を起用。年金記録不備問題を抱える厚労相には舛添要一参院政審会長を抜てきした。(引用終わり)
コメント (6)   トラックバック (37)

お祭り

2007-08-27 07:25:16 | 生活(地域)
いやはや残暑が厳しいですね。
横浜は気温32度との事ですが、日中はもっと高い様な気がします。先週に引き続き昼日中には通りに人を見かけません。

さて昨日日曜日は地元若宮八幡宮のお祭りでした。今年は影宮ですから各町内に神酒所を出し町内もそれぞれ神輿を出して練り歩く騒ぎをしません。
前日土曜日神社で神事があり、神社の大神輿一基のみが蔵出し。日曜日に山車の先導で各町内を大神輿が巡幸します。

爺も昼頃、笛太鼓と「わっしょい」の掛け声に外に出てみると丁度神輿の巡幸に出会いました。
各町内から若い衆(というか中年が多かったが)が出たので神輿は担ぎ手の背丈が揃い中々見事な物でしたよ。
近頃は女衆の担ぎ手も認めていますから大柄の若い女性は数にはいっていました。
残念ながら爺の背丈では棒に肩が入らず宙ぶらりんにぶら下がってしまうでしょう

大神輿は景気をつけて練り歩く(蛇行して移動する)より行進している感じでしたよ。若宮様の御霊が渡御して地の悪霊を祓って下さるのですからそれが本当なのかもしれません。
この暑いのに重いものを担ぎ声を出して歩いているので担ぎ手は汗だくだく。
先導の山車(子供さんと巫女さんがつく)に神輿は遅れがちでした。
幸い救急車出動の様子も無く町内を一周していましたから無事宮入をされたと思いますよ。
良かった良かった。

昔、神社で故事来歴を記した石碑を読んだ時、「当地は鎌倉幕府の鬼門に当たる為、幕府鎮護の為、若宮様を招来ーー」とあったような気がします。
爺は若宮様と呼ぶので、スサノオの尊の若宮(ご子息)ニギハヤヒの尊を御祭りしているのかと思い込んでいましたが、八幡神たる応仁天皇の若宮仁徳天皇が御祭神の様です。
涼しくなったら神社に出向き石碑をよく読んできます。

それにしてもクソ暑い8月末、稲の取り入れも未だですよね。子供さんの夏休みと
付き添いの親の都合に合わせすぎの気がしました。
若宮さんのお祭りなら若い衆は勤めを休み子供達は授業なんか気もそぞろなんて祭りにならないですかね。
町内会が壊れかけていますから無理な注文かもしれません。

写真:大神輿
コメント