王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

トルコ 米牧師を釈放! トランプ大統領と面会!

2018-10-14 07:18:54 | 米国(トランプ)関連
トランプ氏、釈放された牧師と面会 選挙に関する質問も
13日トルコ政府に拘束されていた米国の牧師が帰国しトランプ大統領と面会しました。
2016年にクーデターを指導した宗教家の宗派を支援した容疑で米国のキリスト教福音派ブランソン牧師がトルコで自宅軟禁されていましたが「禁固刑」未了のまま釈放されました。
まあ一応トランプ政権の圧力が功を奏したのでしょう。

ブランソン牧師は「世界中があなたのファンだ」と感謝の念を伝えたのは当然としてもトランプ大統領が同席していた牧師の奥様に「(選挙戦では)どっちに投票した?」と聞いたそうです。福音派はトランプ大統領の最大の支持基盤だそうで「中間選挙をかなり意識した」面会であった様です。
それにしても自国民釈放のためトルコの高級官僚の拘束とか経済制裁をちらつかせてまで交渉する米国は凄いなーと言うか羨ましい気もします。

トルコにはまだ3人大使館関連の米国人が拘束されている様でどうなりますかね?
米国内に居る(クーデター関連の)指導者のトルコへの引き渡し(要請)もあり今後まだ騒動の火種は残っている様に見えます。
美談だけでなく眉に唾を付けながら米トの交渉をしっかりと見守りたいと思います。


写真:牧師と面会するトランプ大統領

朝日新聞:
トルコでテロ組織支援の罪などに問われ拘束されていたキリスト教福音派の米国人牧師、アンドルー・ブランソン氏が釈放され、13日に米国に帰国した。ホワイトハウスで同日、ブランソン氏と面会したトランプ大統領は「長い間(トルコと)懸命に交渉してきた」と成果を強調。ブランソン氏は「あなたは本当に我々のために闘ってくれた」と応じた。

 トランプ氏は冒頭、「トルコの刑務所を出て24時間でホワイトハウス。悪くないな」と述べた。ブランソン氏に「世界中の人々があなたのファンだ」とした上で、トルコのエルドアン大統領への感謝の言葉を繰り返した。

 ブランソン氏の拘束を巡って、トランプ政権はトルコの閣僚に制裁を科すなどし関係が悪化していた。トランプ氏は「非常に大きな一歩だ。(トルコと)すばらしい関係になるだろう」と語った。

 ブランソン氏がトランプ氏の肩に手を置き、祈りを捧げる一幕もあった。

 キリスト教福音派はトランプ氏の最大の支持基盤。11月の中間選挙前に支持を固める大きな成果となった。面会したホワイトハウスの執務室には、ブランソン氏の家族のほか共和党の議員たちが駆けつけ、トランプ氏を称賛した。トランプ氏はブランソン氏の妻に「(大統領選で)どちらに投票した?」と聞くなど選挙を意識した面会となった。

 ブランソン氏は、トルコ政府が2016年に起きたクーデター未遂の「首謀者」とみている人物を信奉する組織を支援した罪などに問われた。トルコの裁判所は12日に禁錮刑の判決を言い渡したが、未決勾留日数を考慮して国外に出ることを認めた。(ワシントン=杉山正)
(引用終わり)
コメント

日米首脳会談 TAG 交渉開始 !!

2018-09-28 08:26:33 | 米国(トランプ)関連
トランプ氏「日本はすごい量の防衛装備品を買うことに」
26日(日本時間27日未明)トランプ大統領は国連総会後の記者会見で日米で二国間関税交渉(TAG)の開始で合意したことを強調しました。

米国の対日赤字を減らすため、トランプ大統領は「日本にもっと米国製品を買え!」と率直に言っています。
日本は赤字の元である自動車輸出に高額関税を掛けられるのを避ける為、米国産農産物に掛けられる関税の漸減あるいは将来に廃止をTPP並にする事で(時間を稼ぎ)この間輸出車への高額関税を避けたい意向の様です。
しかし仮に米国産農産物が大いに輸入されてもとても日本車による米国の赤字が解消される金額にはなりません。

トランプ大統領にしてみれば「すぐ効果の出る防衛装備品を買え!!」というまことに分かり易い発言になったのだと思います。
日本に取っては「赤字国債を発行して防衛装備品を買うか?自動車輸出を抑制するか?」それを国民が支持するか?が問題でしょう。

米国の農家にしても米国の赤字が減っても「農産物の輸出増」にはすぐ結びつかないので別途の要求がありそうです。これは米国の対中貿易赤字の行方を眺めながらの展開になりそうです。
10月2日には政府と党の人事刷新で新内閣の発足ですが早速難問との格闘になりそうです。
しっかり見守っています。


写真:26日記者会見でのトランプ大統領

朝日新聞:
「日本はいま、やる気になった」。安倍晋三首相との会談を終えたトランプ大統領は26日、日本と二国間関税交渉の開始で合意したことを、まっさきに「成果」として強調した。米中間選挙に向けたアピールだが、トランプ政権がその先に見据えるのは、中国との貿易戦争でもあった。

 「安倍首相と会ってきた。我々は日本と貿易交渉を開始している。日本は長年、貿易の議論をしたがらなかったが、今はやる気になった」

 トランプ大統領は26日、国連総会を締めくくる記者会見で、真っ先に日本との貿易交渉の開始という成果を取り上げた。

 さらに「私が『日本は我々の思いを受け入れなければならない。巨額の貿易赤字は嫌だ』と言うと、日本はすごい量の防衛装備品を買うことになった」と自身が日本から大きな譲歩を引き出したかのように語った。

 実際、日本はオバマ前政権の時にも、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐり、激しい通商交渉を重ねた。今回、トランプ氏は、米国が優位に立てる二国間交渉に日本を引き込んだことを「勝利宣言」とした。

 トランプ氏は貿易赤字は「負け」との思いが強い。11月の中間選挙を前に、雇用増につながるとトランプ氏が考える「貿易赤字の削減」は最も訴えたいテーマの一つだ。

 与党・共和党の支持者には自由貿易を信奉する経営者や農家が多い。トランプ氏が就任直後にTPPから離脱したことに不満を持つ人も少なくない。それだけに、日本との貿易交渉の開始はアピールになると考えているようだ。
(引用終わり)
コメント

米 対中貿易制裁 第三弾 !!

2018-09-18 08:52:50 | 米国(トランプ)関連
中国、貿易協議拒否も=米が制裁第3弾表明なら

報道によれば米国は「知的財産権侵害」を理由とする」中国に対する第三弾の制裁措置を17日か18日(米国時間)に正式に発動する予定だそうです。

トランプ政権はこのほかにもメキシコ、カナダそして日本に制裁措置を取っておりカナダは強く反発しています。
安倍政権は鉄鋼に上乗せ関税を掛けられましたが「目下だんまり」のようです。
中国への追加制裁2000億ドルには正式に発動されれば、中国は黙っていない様です。
日本からの中国への部品輸出が新たな製品になり米国に輸出される例が少なくありませんから騒動が落ち着くまでややこしい関係が続くそうです。
結果的に米国へ向かった部品が割高になり米国の地場産業が苦しい立場になるのでないかと懸念しますがはてどうなのでしょう??
銃弾が飛び交うのはもっともいやですが、米国による保護貿易の拡大も複雑ですね。
米中大国のやり取りを見守らなければいけません。
安倍さんはだんまりですが「もっとアメリカ製品を買わねばなりません」
昭和20年代と違ってそんなに欲しい米製品はないような気がするんですよねー!!


写真:2017年北京で

時事通信:
【ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は16日、トランプ政権が2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に関税を上乗せする追加制裁措置を表明した場合、中国政府が米国との貿易協議を拒否することを検討していると報じた。今月下旬にも再開する協議に「制裁ありき」で臨もうとする米国に強く反発しており、経済大国間の貿易戦争は一層激しさを増す恐れがある。

 同紙によると、米国は中国の知的財産権侵害を理由とする第3弾の制裁措置を17日か18日に正式表明し、その後数週間以内に発動する方針。ワシントンで27、28両日にも開かれる閣僚級協議を前にした米の強硬姿勢に、ある中国の高官は「銃を頭に突き付けられた状態では交渉しない」と語ったという。

 米中両国は、次官レベルの事前調整を20日前後から行う方向だった。中国政府関係者は協議拒否を「最終決定してはいない」としており、米政権の動向を見極める方針だという。 
(引用終わり)
コメント

トランプ大統領の元弁護士 口止め料認める!!

2018-08-23 07:22:00 | 米国(トランプ)関連
口止め料巡る選挙資金関連違反、トランプ氏「犯罪ではない」

昨日22日夕刊とTVニュースの報道によればトランプ大統領の元顧問弁護士コーエン氏が8件の罪を司法取引により認めたそうです。

そのうちの一つが「」トランプ氏と不倫関係にあった2人の女性に口止め料を払った」事を認めたのですがなんでそれが選挙資金不違反なのかと思いましたらその金は2016年の大統領選中の選挙資金の流用だったそうですからやる事がセコイですね。

この元弁護士コーエン氏は「トランプ氏と彼の家族を守る」と言っていましたが8つの西條で彼が「10年以上の懲役と全財産の没収」を突き付けられたため罪を軽減するため司法取引に応じたそうです。
彼が罪を認めればトランプ大統領野指示を認めた事になります。
ロシアゲート疑惑でも選対本部長の真菜フォート被告が系8件の有罪判決を受けています。
トランプ大統領は「魔女狩り」と批判していますがさてどうなるでしょう。
外交ではタイ中国、EUに対する関税引き上げで大問題を起こしている中、内憂外患そして中間選挙対策と忙しい秋になりそうです。
しっかり見守りましょうね。


写真:連邦地裁を出るコーエン氏

ロイター:
[ワシントン 22日 ロイター] - トランプ米大統領との不倫関係を主張する女性への口止め料支払いに関して選挙資金関連の違反があったと元顧問弁護士のコーエン被告が認めたことについて、トランプ氏は22日、ツイッターで選挙資金関連の違反は「犯罪ではない」と主張した。

また、コーエン被告が司法取引のために話をでっち上げたとも述べた。

こうした中、コーエン被告の弁護士であるデービス氏はMSNBCに対し、トランプ氏が恩赦を与えたとしてもコーエン被告に受けるつもりはないとした上で、「コーエン氏はトランプ氏から何も受け取りたくない」と述べた。またロシアの大統領選介入疑惑を捜査するモラー特別検察官が関心を示すような情報をコーエン被告が握っているとも語った。

前日、脱税など8件で有罪の評決を受けたトランプ陣営の元選対本部長マナフォート被告について、トランプ大統領はこの日、「本人やご家族に対し本当に心苦しく思う」などとツイッターに書き込んだ。
(引用終わり)
コメント

米国イスラエル大使館 エルサレムに移転 死者58人へ!!

2018-05-16 12:23:16 | 米国(トランプ)関連
ガザ衝突でイスラエルに非難拡大 死者58人、安保理会合へ

13日トランプ政権はイスラエルの米国大使館をエルサレムに移転しました。
これをきっかけにパレスチナの自治区ガザで起きた抗議デモとそれに対するイスラエル兵の発砲で(パレスチナ人の)被害者は死者が赤子を含め58人 負傷者は2000名と増え続くています。

こんなことをやれば大騒動が起こるだろうとは識者が予見した通りですがその通りになってしまいました。

トランプ大統領は国内の親イスラエル勢力に対する選挙公約の実行で中間選挙に対する支持率の常勝を期待したのでしょう。
死人が出るにしてもこの程度(100人くらい)で発砲はイスラエル兵がやっている事ですから痛くもかゆくもないのかもしれません???

米国はこれでパレスチナとイスラエルの交渉仲介役を果たせなくなったとの見方があります。
アメリカファーストのトランプ大統領としてはまとまらない話等仲介する気はないのかもしれません??
この前の週にはイランとの核開発の合意から「米国のみ離脱」し実際の禁輸策がとられる前に「原油先物はバーレル70ドル台」に上がっています。
パレスチナに置けるヒズボラに対するイランの強い影響力、そしてイランとサウジの不仲等中東の政治図は混とんとしそうです。
米朝首脳会談でトランプ大統領に「平和賞」をなんてお気楽な声も上がっていましたが一つの顔でいくつもの局面を切り盛りしています。
まさにアメリカファーストでおれば良いわけ何でしょうね??
眉に唾をしながらトランプ大統領のやるところを見ていかないと怖いですね。
しっかり見守りましょう。


写真:ガザ地区での暴動

共同通信:
【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザで起きた在イスラエル米大使館のエルサレム移転への抗議デモでイスラエル軍の銃撃などにより多数の犠牲者が出たことを受け、パレスチナ自治政府のアッバス議長は14日、「虐殺だ」と糾弾した。フランスのマクロン大統領は「民間人を多数殺傷した過剰な暴力」との声明を発表、国際社会で非難が広がった。

 ガザ保健当局によると、死者は子供を含む58人、負傷者は2700人以上に達した。国連安全保障理事会は14日、緊急会合を開くことを決定。米ホワイトハウスのシャー副報道官はガザを実効支配するイスラム組織ハマスを批判、イスラエル軍を擁護した。
(引用終わり)
コメント