王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

6日 米大統領選、ヘイリー氏撤退表明 バイデン、トランプ両氏再対決へ

2024-03-07 09:39:22 | 米国(トランプ)関連
6日行われた「スーパーチューズデー(Super Tuesday)」は、ふたを開けてみれば予想通り民主党はジョー・バイデン(Joe Biden)大統領(81)、共和党はドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領(77)の圧勝だったと報じられました。この記事はトランプ候補のⅰ5戦14勝だけでなくバイデン大統領に言及している所が日本のマスコミ各紙といささか扱いが違っています。
共和党ではニッキ・ヘイリー(Nikki Haley)元国連大使(52)が撤退を表明した事に触れ、(彼女が他ランプ支持を明言しなかった為)両陣営で彼女の支持層の取り込みが始まったと報じています。
大統領選までに刑事訴追が有るか? バイデ大統領は健康に問題を生じないかいか?を抱えながらの勝負が続きそうです。

写真:マールアラーゴの自邸で勝利宣言するトランプ候補(ネットより)

AFP/BB:
【AFP=時事】米大統領選に向けた候補者選びのヤマ場となる、予備選などの集中日である6日の「スーパーチューズデー(Super Tuesday)」は、ふたを開けてみれば予想通り民主党はジョー・バイデン(Joe Biden)大統領(81)、共和党はドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領(77)の圧勝だった。共和党ではニッキ・ヘイリー(Nikki Haley)元国連大使(52)が撤退を表明、大統領選はバイデン、トランプ両氏の再対決が確実となった。
 トランプ氏はヘイリー氏の撤退表明を受け、同氏支持者に「(自身の返り咲きに向けた)わが国史上最も偉大な動きに参加」するよう呼び掛けた。
 ただ、トランプ氏は2020年大統領選の結果を不正に覆そうとした罪など複数の事件で起訴されており、今後、激戦州での予備選などで伝統的保守派層の離反を招く可能性もある。
 一方、バイデン氏もヘイリー氏について「トランプの真実」を語ったと勇気をたたえ、支持層の取り込みを図った。バイデン氏は7日の一般教書演説で、大統領選について、自身か、それとも米国の民主主義を「破壊することを決意している」トランプ氏のいずれかを選ぶ場になると国民に訴えかけるとみられる。
【翻訳編集】AFPBB News
(引用終わり) 

 ヘイリー氏は地元サウスカロライナ州で演説し、トランプ氏を祝福する一方で、米国は「憎悪と分断の闇から抜け出さなければならない」と強調。今後トランプ氏を支持するかは明言せず、穏健派のヘイリー氏支持層からの支持取り付けに向けトランプ氏は努力する必要があると述べるにとどめた。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4日 米最高裁、トランプ氏の大統領資格を容認 司法闘争の壁を一つ突破

2024-03-05 09:00:17 | 米国(トランプ)関連
前週末のTVニュースショーでは「もしトラ」に付き、様々な意見が出ていました。日曜日の夕刻のニュースでは元共和党の州議員だった老婦人が「彼は本物の共和党員でない。政府に反乱した者は大統領に成れない」と語ってました。
さて、その結果ですが4日「11月の米大統領選に向けた共和党の候補選びで、連邦最高裁は、西部コロラド州の党予備選(5日)について、ドナルド・トランプ前大統領(77)の立候補を認める判断を示した」と報じられました。
この前日の3日ケイリー候補が8連勝中のトランプ候補に「首都ワシントン予備選が開票され、米主要メディアはヘイリー元国連大使が初勝利を挙げた」と 報じましたが、又も「もしトラ」に追い風の様です。
コロラド州を含む16州・地域では5日に予備選や党員集会が集中する天王山の「スーパーチューズデー」を迎える。連邦最高裁は混乱を避けるために、同州での党予備選の前に判断を示した形ですが、トランプ候補の圧勝に見えます。気がかりですね!

写真:選挙集会で演説するトランプ前大統領=米東部バージニア州で2024年3月2日、ロイター 

毎日新聞:
11月の米大統領選に向けた共和党の候補選びで、連邦最高裁は4日、西部コロラド州の党予備選(5日)について、ドナルド・トランプ前大統領(77)の立候補を認める判断を示した。同州の有権者グループが、トランプ氏が2021年の連邦議会襲撃事件で「反乱」に関与して大統領就任資格を失ったと訴えていた。トランプ氏は四つの刑事裁判も控えているが、大統領選に向けた司法闘争の壁の一つを突破した。
 トランプ氏は連邦最高裁の判断を受け、自身のソーシャルメディアで「米国にとっての大勝利だ」と述べた。
 米憲法修正14条3項は、公職者が国家への反乱に関与した場合に公職資格を剥奪すると規定している。同州の有権者グループは「トランプ氏が議会襲撃事件を扇動した」として、大統領就任資格を失ったと主張。同州予備選への参加を認めないよう求めていた。
 コロラド州最高裁は23年12月、議会襲撃事件は「反乱」に当たるとした上で、「トランプ氏は暴力が起きる可能性を認識しながら、支持者に議会に向かうよう呼びかけた」と指摘。公職資格剥奪の対象には、憲法の条文に明文化されていない大統領職も含まれると認定し、トランプ氏は立候補できないと判断した。
 トランプ氏側は「過去にも暴徒化した政治的デモは多くある。議会襲撃事件は反乱ではなく、トランプ氏が支持者に議会に侵入するよう言ったこともない」「州が単独で国政選挙の候補を失格にすることはできない」と主張。公職資格剥奪の対象に大統領職は含まれないとも訴え、連邦最高裁に上訴していた。
 連邦最高裁の判断は、他の州での同様の訴訟にも適用される。コロラド州を含む16州・地域では5日に予備選や党員集会が集中する天王山の「スーパーチューズデー」を迎える。連邦最高裁は混乱を避けるために、同州での党予備選の前に判断を示した形だ。【ワシントン秋山信一】
(引用終わり)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

24日 米共和党予備選、トランプ氏がヘイリー氏の地元でも勝利 “唯一の対抗馬”ヘイリー氏は撤退せず

2024-02-26 10:44:58 | 米国(トランプ)関連
「24日アメリカ大統領選挙に向けた野党・共和党の候補者選びで、トランプ前大統領がヘイリー元国連大使の地元、サウスカロライナ州で勝利した」事をマスコミ各紙が報じました。
開票中の速報では2人への投票率が示された記事もありましたが、結果が出てからは「共和党の指名獲得に大きく前進した」との勢いのある活動ぶりを報じています。又トランプ氏も「11月の大統領選に向け、バイデン大統領との対決姿勢を鮮明にした」と報じています。「もしトラ」一層はっきりしてきたという事ですかね?!
ヘイリー氏は地元と言われるサウスカロライナ州での予備選敗退でも「大統領選撤退を否定しています」。トランプ氏が4つの裁判で訴えられており不測の事態に備えている」「2028年の大統領選を狙って」と様々な予想が並んでいます。共和党もトランプ氏一色でも内容で資金が続くなら頑張りどころですかね? アラウンド80 アラエイティとはなんとも興奮しない選挙戦になりそうです。これから8か月一寸で何が起きるか判らない世界情勢が不安ですね。

写真:トランプ氏 ウスカロライナ州での予備選勝利(ネットから)

日テレニュース:
アメリカ大統領選挙に向けた野党・共和党の候補者選びで、トランプ前大統領がヘイリー元国連大使の地元、サウスカロライナ州で勝利しました。 トランプ氏「我々は11月5日もここで立ち上がる。ジョー・バイデンをとらえる。彼はアメリカを破壊している。『おまえはクビだ』と言う」 トランプ氏は24日、ヘイリー氏の地元、サウスカロライナ州でも勝利し、共和党の指名獲得に大きく前進しました。勝利演説ではヘイリー氏に一言も触れず、11月の大統領選に向け、バイデン大統領との対決姿勢を鮮明にしました。 トランプ氏は4つの事件で起訴されるなど、多くの裁判を抱えていることから、ヘイリー氏を早く撤退に追い込み、バイデン氏との対決に集中したい考えです。 ヘイリー氏「私はみんなのため、アメリカのために戦い続ける」 ヘイリー氏は「国民の多くがトランプ氏もバイデン大統領も支持していない」と強調し、選挙戦を続けることを宣言しました。背景には、トランプ氏が刑事裁判で有罪判決を受ける可能性もあり、不測の事態に備え、唯一の対抗馬としてできる限り選挙戦に踏みとどまる狙いがあります。 加えて、“反トランプ”の唯一の受け皿となったことで、1月だけで過去最高となる、およそ25億円の献金を集めていることから、資金力が続く限り、撤退はしないとみられています。 
(引用終わり)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

15日 トランプ氏、勝利集会で「私たちの国がひとつになるとき」…共和党指名争いで初戦制する

2024-01-17 07:43:26 | 米国(トランプ)関連
15日夜(現地時間)米大統領選の共和党指名候補争いは(日本時間16日午前)、「初戦となるアイオワ州の党員集会が行われ、ドナルド・トランプ前大統領(77)が勝利を確実にした」と報じられました。
スマホのニュース速報でも16日昼過ぎには「トランプ前大統領の初回予備選勝利」を伝えていました。
AP通信によると、開票率89%で、トランプ氏は50・9%を獲得。フロリダ州のロン・デサンティス知事(45)が21・3%、ニッキー・ヘイリー元国連大使(51)が19・1%で、2位争いを繰り広げているそうでトランプ候補は2位のニッキー・ヘイリー氏に大差をつけています。
バイデン政権発足と同時にトランプ前大統領の動静は、日本のマスコミに裁判問題以外は無視に近い状態でしたが共和党員にとっては期待の星の様に見えます。80近い恒例の大統領候補に新鮮味は感じられませんが、MAGAは共和党員を鼓舞しているとは日本政府も動静を見守らないと方向を失いそうです。

写真:トランプ氏=ロイター 【読売新聞社】 

読売新聞オンライン:
 【デモイン(米アイオワ州)=田島大志、淵上隆悠】米大統領選の共和党指名候補争いは15日夜(日本時間16日午前)、初戦となるアイオワ州の党員集会が行われ、ドナルド・トランプ前大統領(77)が勝利を確実にした。米メディアが一斉に報じた。大統領への返り咲きを目指すトランプ氏にとって、思惑通りのスタートとなった。
 共和党指名候補争いは、各地の党員集会・予備選が6月まで続く。初戦は今後の選挙戦の流れを左右するだけに、全米でも高い注目を集めている。
 AP通信によると、開票率89%で、トランプ氏は50・9%を獲得。フロリダ州のロン・デサンティス知事(45)が21・3%、ニッキー・ヘイリー元国連大使(51)が19・1%で、2位争いを繰り広げている。
 トランプ氏は15日夜、デモイン市内で勝利集会を開き、共和党や民主党など立場の違いに触れながら「今はみんなが、私たちの国がひとつになるときだ」と語った。
 全米の世論調査で約6割の支持を得て独走するトランプ氏は、アイオワ州でも50%前後の支持率で抜け出していた。事前の世論調査通りの結果をほぼ得られたことは、党の指名獲得に向けて弾みとなりそうだ。
 トランプ氏は昨年、連邦議会占拠事件など四つの事件で起訴されているが、初戦の勝利により、党内レースへの影響がほぼないことを示した。
 デサンティス氏は州内の全99郡を回るなど、各候補の中で最もアイオワ州に注力した。だが、「ミニ・トランプ」とも称されるデサンティス氏の政策はトランプ氏と共通点が多く、支持は広がりを欠いた。今回の結果が苦戦とみなされると、早期撤退を求める声も上がりそうだ。
 ヘイリー氏は党員集会を前に、トランプ氏について「彼には混沌こんとんがつきまとう」と強調し、批判のトーンを上げたが、差は縮まらなかった。23日に予定される次戦のニューハンプシャー州予備選の世論調査ではトランプ氏に迫っており、ここでの戦いが正念場となる。 
(引用終わり)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4日 トランプ氏無罪主張、業務記録改ざんなど34罪状 フロリダで演説へ

2023-04-05 09:43:51 | 米国(トランプ)関連
4日午後トランプ前大統領はNYマンハッタンの裁判所に出頭しました。
別紙の情報ですと自家用機でマイアミのマールアラーゴの自邸から飛来した様です。
大陪審に起訴された34の罪状すべてに対し無罪を主張したと報じられました。心配された親トランプ派と反トランプ派による暴動は起きないで済みました。
これからはプロの弁護団と検察側の争いになるのでしょう。
この記事に関する写真のコピペが全くできません。この事は、単にマスコミの新しい都合なのか? 政治的な拝領なのか? 目下判りません。
2年前にはあれだけいた「トラさんファン」の動画も目に出来なくなりました。微妙な問題ですね!

写真:何故かこの関連記事の写真はコピペ出来ない様です

ロイター:
[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米ニューヨーク州の大陪審に起訴されたドナルド・トランプ前大統領(76)は4日午後、ニューヨーク市内の裁判所に出頭し、業務記録の改ざんなどに絡む34件の罪状に対し無罪を主張した。
検察側は、2016年の大統領選挙を控え、トランプ氏が自らの性的関係が公表されるのを抑えるため2人の女性への支払いを画策したと指摘。選挙法違反を隠すために業務記録を改ざんしたと主張している。
2人の女性はポルノ女優のストーミー・ダニエルズさんと、元「プレイボーイ」モデルのカレン・マクドゥーガルさん。
判事は、次回の対面での審理を12月4日に設定した。
バイデン大統領は、トランプ氏の裁判に関するコメントを控えている。
罪状を合わせると、ニューヨークの法律では100年を超える懲役刑となるが、裁判で有罪になったとしても、実際の懲役刑はこれよりもはるかに短くなる公算が大きい。
裁判官が許可した法廷内のカメラマンが撮影した写真には、弁護団に挟まれ、弁護席に座るトランプ氏の姿が写っている。トランプ氏は弁護士に挟まれて両手を組んで座り、「無罪を主張する」と述べた。
トランプ氏の弁護士、トッド・ブランチ氏はトランプ氏の罪状認否の後、記者団に対し「われわれは激しく戦う」と表明。トランプ氏は容疑に対して苛立ち、動揺し、怒っているとし、「トランプ氏はやる気に満ちている。止めるつもりはなく、ペースを落とすこともない」と述べた。
検察側は罪状認否手続きの間、トランプ氏が一連のソーシャルメディア投稿を行い、その中には自身が起訴されれば「死と破壊」をもたらすという脅迫的な内容もあったと指摘。判事は各当事者に「暴力や内乱をあおるような発言は控えてほしい」と要請した。
紺色のスーツに赤いネクタイを締めたトランプ氏は裁判所の建物に入る際、集まった群衆に手を振ったものの、発言はしなかった。
米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の記者によると、トランプ氏は指紋を採取されたものの、顔写真は撮影されなかったという。
起訴に向けて取り組んだマンハッタン地区のアルビン・ブラッグ検事(民主党)は記者会見し「われわれは本日、誰もが法の前に平等に立つことを保証するという、厳粛な責任を果たす。どんなにお金があっても、どんなに権力があっても、この不朽のアメリカの原則は変わらない」と述べた。同検事はトランプ氏や他の共和党員から、政治的な理由で同氏を標的にしたと非難されている。
トランプ氏はこの日のうちにフロリダ州の邸宅「マール・ア・ラーゴ」に戻り、午後8時15分(日本時間5日午前9時15分)から演説する。
〈引用終わり)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする