王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

誤認逮捕?! 滋賀・三重県警が帳尻合わせ

2014-04-30 08:02:03 | 社会
滋賀・三重県警が帳尻合わせ 窃盗事件、誤認検挙の疑い(朝日新聞) - goo ニュース

こまかい事は判りませんが報道の「タイトル」帳尻合わせは誰が何の帳尻を合わせたのでしょう?
別紙も併せて読むと形が判ってきます。
滋賀県警の大津北署が「車上荒らし」の男を逮捕しました。
所がこの男は三重県警松阪署が既に逮捕していたのです。しかしさらに調べると逮捕していなかったそうです。
この時点で三重県警×イチですね。
ここで三重県警が「御免なさい」すれば何の問題もなかったはずです。
ここからがTVの警察物で良くある「警察の(正しいとの)メンツ」なのでしょう!
何と滋賀県警は三重県のメンツを立てる為、松阪北署が別の窃盗事件の余罪として処理したそうです。
ここで滋賀県警も×イチですね。
更に見えなくなるのは「実際に窃盗した男の身柄はどうなっているのでしょう??

三重県警側で遅ればせながら逮捕とか? 滋賀県警も関係ない人に窃盗の余罪を付けてしまったのですよ!
両県警とも×2ですね。
本当に悪いのは三重県警の様な気がしますがどうやってあるべき姿に戻すのでしょう?
追っての報道に興味が有りますが報道されないかも。


朝日新聞:
滋賀県警が三重県松阪市で2010年に起きた車上荒らし事件で容疑者を逮捕した際、すでに三重県警が誤って事件処理していたため、両県警がつじつまを合わせるため統計上の検挙件数を操作していたことが29日、両県警への取材でわかった。三重県警は「誤認検挙の可能性がある」と認めている。公電磁的記録不正作出・同供用にあたるおそれもあり、両県警は事実関係の調査に乗り出した。

 両県警によると、滋賀県警大津北署が昨年、覚醒剤取締法違反事件で逮捕した容疑者の男(46)のDNA型を調べたところ、10年6月に松阪市で発生した車上荒らし事件の現場に残っていたDNA型と一致。大津北署は男を窃盗容疑で再逮捕した。ところが、この事件は三重県警松阪署が別の窃盗事件で逮捕した男の余罪として、すでに検挙していた。

 さらにこれと前後して起きた窃盗事件についても、滋賀県警の捜査の過程で、三重県警が誤認検挙していた可能性があることがわかったという。
(引用終わり)
コメント (4)

iPS細胞 山中教授に論文疑惑!!

2014-04-28 20:11:28 | 科学


昨日28日夕刻TVを点け流しにしてニュース番組を見ていました。
また教授の論文に不備とか聞こえましたから「理研の教授が又やったか?!」と思ったものです。
ところがその教授は「iPS細胞でノーベル賞を取った山中教授」ではないですか!
14年前の論文にコピペの疑惑が指摘され調査の結果「論文の内容には疑義が無い」と京大側ははお評したそうです。
論文の内容は他の複数の人により再現されているそうです。

これを受けて同日記者会見して「研究ノートなど一部データーの散逸を認め謝罪しました」

小保方嬢の騒動の後、研究者として「若い人は未熟なところがある」なんて山中教授は語っていたと思います。

キリストが「この女に石を投げることが出来る者はいるか?」
みたいな化学業界?の液状化状態です。
本当は「沢山の実験で研究ノートを決められたように書き留めている暇何かがない」のが実情なのかもしれません?!

難しければ難しいほど「公式には建前を大声で叫ぶ」向きは良くあることですよ。
小保方嬢のSTAP細胞の201回目の再現を願っています。


写真:山中教授

産経新聞:
京都大iPS細胞研究所は28日、所長の山中伸弥教授が平成12年に発表した論文に疑義があるとの外部指摘を受け、山中教授自身からの申し出を受けて調査を行った結果、論文の報告内容には問題がないとする見解をまとめ、公表した。

 山中教授は同日、同研究所(京都市左京区)で会見し、15年前にまとめた論文の生データの一部が見当たらなくなっていることを明らかにし、「研究結果には自信を持っている」としながらも「日本の科学者の見本とならねばならない立場であることは十分理解している。その中で過去のこのような論文に使っている生データが自分の資料から発見できないことは、研究者として、心から反省している」と陳謝した。

 問題の論文は、山中教授が12年に「EMBOジャーナル」に発表したもので、ES細胞の分化において重要な役割を果たす「NAT1」という遺伝子の機能を解析した論文。

 この論文で使用された2つのNAT1細胞の画像が類似している▽使用されたデータの数値が似通っている-の2点について平成25年夏ごろから、日本のインターネットサイト上で指摘されていたという。

 山中教授は、「論文の研究結果は複数の研究者により再現されており、研究者倫理の観点から適切でないことをした記憶もない」と説明した。

 この日の会見には調査の責任者でもある、同研究所の森沢真輔副所長と山中教授が出席。森沢副所長は、この実験は山中教授が複数の協力者とともに10年ごろに実施したもので、画像、データのいずれも山中教授の実験ノートに、実験データが存在していると説明。

 一方で、山中教授以外の協力者の実験ノートが存在しなかったことや、図、データのいずれも元となるデータが存在していなかったことについては「遺憾」とした。

 同研究所では、報告内容に問題がないことなどから、追加調査の必要はないと判断した。








コメント   トラックバック (3)

フィリピン 米国 新軍事協定を調印!!

2014-04-28 07:45:37 | 海外
米・フィリピン、新軍事協定調印へ=中国にらみ本格復帰(時事通信) - goo ニュース

おそらくオバマ大統領のリバランス政策の一環なのでしょうね。オバマ大統領の訪フィを前にしてフィリッピンと米国が新軍事協定を結ぶ合意ができ28日調印だそうです。
1992年にフィリピンが米軍基地の完全撤廃を米国と合意し実行に移してから22年ぶりに振り子が戻った事になります。
ベトナム戦争の一大後方基地であったフィリッピンの基地群も米軍の再編成とフィリッピンンの米軍基地廃止の意思が合致し肝炎撤退が実現しました。
浜爺はフィリピン政権は立派なものだと感心したものです。
その後の話として海軍基地で有ったスピックベイはさびれましたがその後新興産業基地として勢いを取り戻した映像を見た気がします。

ところでここ数年中国は南シナ海でも関係国に領有権を主張し小島を巡って火花を散らしています。フィリッピンはセカンド・トーマス・ショールを巡って中国船に補給を阻害される様な事態になっています。

フィリピンは日本の様に「専守防衛」なんて難しい憲法を持っていませんから、米国がケツもちしてくれるなら現地紛争くらい恐れないでしょうね。
ただし財政の問題もあり中国の監視船に対抗するだけの船舶もそろってないようです。
紛争はこれで静まると見るよりもっと顕在化するでしょうね!?
ベトナム、マレーシア等他の関係国はどう見るでしょう?
見守りが必要です。


写真:safety japan より

時事通信:
【マニラ、クアラルンプール時事】フィリピン国防省は27日、米国との新軍事協定に28日調印すると発表した。協定によって米軍の比国内基地へのアクセスが拡大する。米軍は1992年、フィリピンから全面撤退した。南シナ海で挑発行動を強める中国をにらみ、米軍が事実上の本格復帰を果たすことになる。

 調印式は28日午前(日本時間同)、オバマ大統領のマニラ到着に先立ち、マニラ首都圏の国軍本部(アギナルド基地)で行われる。フィリピンのガズミン国防相とゴールドバーグ駐比米大使が署名する。

 協定の期間は10年。原則的な内容が記されるにとどまり、米軍の展開規模や場所は盛り込まれない見通しだ。ただ、オバマ大統領に同行してマレーシア入りしているメデイロス国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は27日、記者団に対し、米軍のアクセス拡大の中に、冷戦時代に米軍が拠点としていたスービック海軍基地が含まれると述べた。

 またローズ大統領副補佐官(戦略広報担当)は、米比両軍の協力の拡大は「南シナ海の安定に寄与する」と指摘する一方で、中国をけん制するものではないと重ねて強調した。 
(引用終わり)
コメント

札幌のボンベ爆発事件 女性を事情聴取!!

2014-04-27 07:05:01 | 社会
ボンベ爆発で女性聴取=自宅も捜索、関与否定か―北海道警(時事通信) - goo ニュース

昨日26日3時過ぎにウエブ上で女性から事情聴取している事を知りました。
浜爺は勝手に犯人像は「比較的若い男でオタクみたいな感じ」と思って居ましたから女性と聞いて驚きました。
又女性にしてもなぜか比較的若い人と思ったのです。ところがこの参考記事では50代と有りますから「小母さん」ですね。
これも何だか違和感が有ります。
「ボンベに殺傷能力を高める為釘が混入してあった」なんて聞いていましたから反社会的男の若年層と思い込みが有ったようです。

さて任意ですと「帰して下さい」と言えば警察から出られるのですよね。関与を否定したので26日は出られたようです。今日も引き続き事情聴取との事です。
この女性は「弁護士を呼んでくれ」と言ったのでしょうか?
家宅捜索も行った様ですから道警も相当な覚悟なのでしょう。
早く解決する事を願っています。


時事通信:
札幌市北区の警察関連施設などで相次いだカセットボンベの爆発事件で、北海道警捜査1課などは26日、事件に関わった可能性があるとして、同区に住む50代の女性から任意で事情聴取し、自宅を捜索した。女性は関与を否定したとみられるが、27日も聴取を続けるという。
(引用終わり) 
コメント   トラックバック (1)

石井STAP論文調査委員長 辞任 !!

2014-04-26 07:48:27 | 科学
STAP論文調査委員長、自らの論文疑義で辞任(読売新聞) - goo ニュース

24日夜STAP細胞の論文問題で利権の調査委員長を務めた石井俊輔上席研究員(62)が辞任したそうです。
その理由が自分の論文に関する疑義が出ているとのそうですが「画像の一部にコピペがあると指摘された」事とか。
何だかなー!!

この報道を読んだ時「ミイラ取りがミイラになっちゃった」のかなーと思いましたよ。
それはともかく、委員長の交代で「小保方さんによる理研の再調査」が遅れる可能性が有るそうです。
事態は液状化してゆきますね。
世界とは言わず日本でお金持ちが居ますよね。1億円か2億円をポンと出して「小保方晴子嬢とスタッフ」にSTAP細胞再現の研究をする人か機関はありませんかね?
巧みな儲け話で億単位のサギに引っかかる個人は結構いますし、怪しげな投資で何十億円と言う損を出す企業は勿論、学校、病院、寺院などが有るんですがね。
まだ続きがありそうです。
しっかり見守りましょう。


写真:石井前調査委員長

読売新聞:
STAP スタップ 細胞の論文問題で、理化学研究所の調査委員会委員長を務める石井俊輔・上席研究員(62)が24日夜、自分の論文に関する疑義が出ているとして、委員長を辞任する意向を理研に伝えた。

 理研の野依良治理事長は25日、辞任を了承した。後任は、委員の渡部惇弁護士をあてた。一方、理研は石井氏の論文疑義について調査を始めた。

 調査委は、STAP細胞の作製を発表した論文の画像に、改ざんや 捏造 ねつぞう があったとする最終報告をまとめたが、責任著者の小保方晴子ユニットリーダーが不服申し立てを行い、再調査するか審査している最中。石井氏の辞任で、審査が遅れる可能性が出てきた。

 疑義が出ているのは、英科学誌ネイチャーの関連誌「オンコジーン」に、2008年に掲載された乳がんの遺伝子に関する論文。石井氏は2人の責任著者のうちの1人になっている。インターネット上などで、遺伝子解析結果を示す画像の一部に、切り貼りなどの疑いがあると指摘された。
(引用終わり)
コメント (4)   トラックバック (1)