王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

中国残留孤児 帰国や支援 国に義務ない

2007-01-31 07:30:52 | 中国関連
国に義務や違法ない 残留孤児早期帰国や支援で(共同通信) - goo ニュース

昨日夕刻TVのニュースを見ていると中国残留孤児による国に対する損害賠償の裁判について映像が流れた
裁判所から若い支援者?が駆けて出てくると手に持ったポスター状のものを広げる
それには「不当判決」と書いてあった

先行する同様の裁判では大阪地裁は原告敗訴 神戸地裁は国敗訴、そして東京地裁は原告敗訴となった
引き続き5次訴訟団迄1100人程が東京地裁の同じ裁判官の審判にかかるらしい
その影響は大きい

爺は一昨年秋の中国残留孤児の肉親探しのエントリーでも書いたが中国残留孤児は昭和20年8月ソ連軍の満州侵攻により起きた
昭和16年大東亜戦争勃発 日中戦争さえ解決できぬまま太平洋方面で米英蘭を相手に新戦線展開 本来ソ連に備え満蒙国境に展開していた虎の子の関東軍を太平洋方面に抽出 兵力の不足を誤魔化す為内地より開拓農民を国境近くに展開させた
なけなしの関東軍もソ連軍侵攻の情報を得ると開拓農民を置き去りにして部隊ごと朝鮮国境方面に逃げてしまう
昭和20年には開拓農民の男子を兵隊として徴用、老人と女子供の避難行が始まる
爺の知人や友人でも満州での逃避行をただひたすら歩いたとかすかに記憶する者がいる それでも生きて帰れた人は幸せであった 大勢が殺され病死し一部が残留孤児となった

判決の前に原告の何人かのインタビューがTVで流された
物心付いて「日本人」である事によるいじめ
文化大革命で「日本人」である事による迫害或いは家庭の崩壊
帰国してからの生活苦 言葉の問題 高年齢と会話が出来ない事による就労難というか収入途絶 中国人の伴侶又一緒に帰国した子供や孫の問題を語る
 
爺は感じる 中国の文化の中で育った影響であろう「自己主張は強烈である」又「鉄飯椀或いは親方単位(日本語で自分の勤める企業や行政組織もっと広くは国が最後の頼り)」である

でも中国人との交渉ごとは相手がその様に主張したら当方はその倍の声で反対の主張をする必要がある やがて双方に応援団がつきそこそこ妥協の線が出る

今100%ベースの原告主張が一人頭3300万円である 仮に国が責任を認めなければ回答は0円 その中間のどこかに真実がある

安倍総理 貴方の母方のお爺様は岸信介氏 戦前は満州国国務院総務司長 開戦時は東条内閣の商工大臣でした 
東京地裁が残留孤児の訴えを「高度に政治的な判断」と司法の判断を回避するなら
安倍総理による「政治的救済」も方法の一つです あと10年も争うと原告の中で加齢による死亡者が出ます 是非満州と浅からぬ因縁のある貴方が踏み込んだ判断をしてください お願いします

共同通信:
中国残留孤児40人が国に損害賠償を求めた訴訟で、請求を棄却した30日の東京地裁判決(加藤謙一裁判長)は「残留孤児の損害は戦争から生じたとみるべきで、国には早期帰国の実現や帰国後に自立を支援する義務はなく、違法、不当行為もない」として原告の主張をすべて退けた。原告側は直ちに控訴する方針を明らかにした。

残留孤児約2200人が15地裁に起こした一連の訴訟は、昨年12月の神戸地裁判決が支援義務違反などを認め、国に約4億6000万円の賠償を命じたことから司法への期待が高まったが、それに反する結果となり、今後は政治救済を求める声も強まりそうだ。

東京訴訟も(1)孤児発生に対する国の責任(2)早期帰国を実現する義務に違反したか(3)帰国後の自立を支援する義務を果たしているか-などが主な争点となった(引用終わり)
コメント (4)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

リッチランド 500億円 詐欺容疑

2007-01-30 11:46:01 | 社会
リッチランド会長ら16人、詐欺容疑で逮捕(読売新聞) - goo ニュース

ある所には有るものですね お金の話です 
報道によればリッチランドを名乗る会社が99年頃から投資話をネタに約1万人から500億円を集めたそうです
なんと一人頭500万円 直接の容疑は7人に対する4600万円の詐欺ですからこれですと一人頭700万円ほどですね

爺の印象ですが庶民には金が回りませんがある所にはあると言う事実です
確か05年の夏頃にも俳優の渡辺裕之がある投資会社の広告塔を勤め自らも1億円以上投資して引っかかった事件がありましたよね 

その前にはジー・オーグループの大神源太が135人から13億5千万円の詐欺容疑で捕まりました 一人頭1000万円です 実際の被害額は130億以上といわれていました

爺なんかこの10年に渉る低金利で運用どころか元本を取り崩しの生活ですがお金を持っている人はいるという事です
本当に短期で投資が倍になっても爺には元になる金がありませんから騙されようもありません
まだタンスに千万単位のお金を残している方はくれぐれも気をつけてください
日銀に戻らない旧1万円札が27兆円もあるそうです
そう無さそうな顔をして持っている貴方 貴方ですよ!
くれぐれも上手い儲け話に注意してください

読売新聞:
全国の約1万人から500億円以上を集めた東京・北区の健康食品会社「リッチランド」が、架空の投資話で高配当を約束し、出資金をだまし取ったとして、警視庁と静岡、福岡両県警の合同捜査本部は30日、同社会長ら16人を詐欺容疑で逮捕した。
 逮捕されたのは、リッチランド会長の佐伯万寿夫容疑者(61)や、同社相談役の深山正規容疑者(62)など。

 調べによると、佐伯容疑者らは2004年2月下旬~6月中旬、豊島区内の飲食店経営の女性(当時59歳)ら7人に、「海外の不動投資で、預けた資金が倍になる」などと架空の投資話を持ちかけ、計約4607万円をだまし取った疑い。

 佐伯容疑者らは、「5年で資金が2倍になる」などという「ヨーロピアンプログラム」のほか、深山容疑者について「欧州某国のファンドマネジャーになったので、半年で出資金が倍になる」と宣伝するなど、架空の投資話を次々にねつ造し、99年秋ごろから5年余りの間に、1口50万~300万円の出資金を500億円以上集めていた(引用終わり)
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

民営郵政 制服代 140億円

2007-01-29 07:35:31 | 社会
民営郵政、制服一新で140億円(朝日新聞) - goo ニュース

勿体無い事をするなーというのが爺の感想です 日本郵政公社が10月の民営化にあわせ制服を一新する そのための費用です 記事を読み進むと03年4月の公社化の際にも新制服代120億円を使った様に読めます 一度きりの支給だったのでしょうか? 二年に一度の貸与かしら 一度きりでも4年半でお終い

こんどは140億円だそうです 
制服を一新する事で社員の意識改革に刺激を与えるそうです
その他取ってつけた様な理屈がつきます

民間の会社になるのを機会に「制服の支給」なんて考え方を止める事は出来なかったのですかね? Tシャツにジーパンでも良いしラルフローレンのビシネススーツでビシッと決めた窓口嬢とか各人に任せたら費用も浮くのに

もう一度書きますが140億円掛けて一新して制服は何年貸与なのでしょうね?
新品に換えるたびに140億円が出てゆきます 私が社長だったらこの出費に耐えられません 勿体無い

制服が良いとの事なら郵政公社時代のそれが貸与期限を過ぎる部署から変えるとか
窓口の第一線部隊のみ新制服にするとかいろいろ経済的で理に合った方法はいろいろ有るであろうに 不揃いの制服の理由を国民に説明して新品で揃えなければ許さないが大半の意見ならそれは140億円致し方なし 聞いて欲しかった

蛇足 新年に郵政公社の社長が年賀状の配達遅れについて訳の分からない言い訳をしていた 爺ならば「民間企業になるのだから過剰サービスは出来ない」と言い切れば済むことだ 「年に1度だけのピークシーズン(大繁忙期)に合わせ装置も人も配置する訳に行きません 年末遅く出した年賀状は新年遅くに届きます お許しください」とてもいえないだろうがそこを上手に伝えるのが社長の貫目だよ

ついでに「年賀状は新年になってお出しください
とでも言い添えれば100点満点だけど いえないよね

我々も費用と効果と儀礼のあり方を変えてゆかないといけない
幸い若い方たちは携帯メールで新年あるいは年越しの挨拶とかEメールで年賀とか新しい年賀の方法が増えているらしい 
年賀状販売がトータルコストで黒字なのか メールが増えて年賀状が減るとき代替策は何なのか 社長さんはそこら辺りを部下に考えさせるのもお仕事でないの?
民間会社になるのに金の使い所を間違えている

朝日新聞:
日本郵政公社は10月の民営化に伴い、制服を一新する。ワイシャツ、ネクタイ、ジャケット、スカートなど新制服約50品目の入札が1月で終わり、総額は夏冬合わせた1年半分で約140億円に達した。

 民営化後は、持ち株会社の日本郵政株式会社の下に、「郵便事業」「郵便局」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」の4社が連なる。制服は会社ごとにデザインや色を変えており、後日公表する。着慣れた制服が変わることによる社員の意識改革や、事業が四つに分かれることをアピールする狙いから、民営化後も制服制度を続けることにした。

 郵政公社が抱える人員約25万人の大半が「制服組」。1人あたり夏冬合わせて5万~6万円だが、一括調達したので巨額になった。03年4月の郵政公社発足時は、郵政事業庁からの移行時分だけで総額120億円だった。

 落札したのは、制服を得意とするアパレル業者のほか、三菱商事や三越といった名も連なった。ネクタイ1本483円など、関係者によると「常識的な金額」。大半が予定入札価格を下回ったという(引用終わり)
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「居眠り磐音 江戸双紙」を読む

2007-01-28 07:22:00 | 本を読む
正月の新聞での広告だと思います
平成の大ベストセラーとかで佐伯泰英氏の 「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズの紹介がありました 既刊300万部突破との文字が印象的でした シリーズ物ですから-確か既刊19冊だと思いました-15万部/冊という見当です
広告には白鶴城と城下の鳥瞰図が描かれていた気がします

2002年に第1巻の発売ですから大変な快筆であり読者の評判も良いと言う事が伺われます どなたかの書評ではその上ほかにもシリーズ物を多作され総てひっくるめると既刊1000部と書いているのを見ました

さて本題の「居眠り磐音 江戸双紙」ですが第一巻 陽炎の辻 に寄れば以下の様になります
明和9年(1772年)4月下旬 豊後関前藩6万石 福坂実高守の城下を眼下に望む峠道で江戸帰りの若者三人が一息いれています 勿論一人は坂崎磐音 27歳 連れの一人は河出慎之輔 28歳 妻の舞は三人目小林琴平 27歳の妹 磐音も帰国後琴平の末娘奈緒との結婚が控えていた 三人は幼少からの剣友兼遊び友達時は江戸中期末 商品流通が盛んになり藩は米収だけでは食えず藩政改革により現金収入を増やさねばならない 若い三人は用務の合間に藩特産品の専売など物流による藩政改革を研究する そうこうして 磐音は3年振り 残る二人は2年振りに帰郷が目前である

一休みの後、城下で別れた3人に悲惨な運命が降りかかる
別れた翌日の未明河出慎之輔が妻の舞を不貞の廉で手打ちにしてしまう この仕打ちに怒った舞の兄小林琴平は慎之輔を斬り捨て同時に不貞の噂をばら撒いた藩の上士と叔父をも始末してしまう

藩ではこの刃傷沙汰に困り最後に坂崎磐音に上意討ちを命じる
磐音も琴平も江戸は直心陰流の佐々木玲園の道場で「目録」を許された腕前 他の道場ならば「免許皆伝」の腕に近い
二人は「真剣勝負」の結果 磐音が辛うじて勝ちを制する こうして磐音は1日の内に二人の友を失う事になった 河出、小林両家は御取り潰し 磐音も兄の敵の身で妹の奈緒を嫁に貰うわけには行かないと決める

磐音は熟慮の末「藩に暇乞い」江戸へと旅立つ

さて約ひと月の後 磐音は深川の裏だな金兵衛長屋の住人となり仕事を探す毎日となる
やがてうなぎ取りの幸吉少年の世話でうなぎ裂きの仕事に有りつく 又大家金兵衛の娘おこんの紹介で両国の両替商今津屋の用心棒に雇われ生活が落ち着く

以後豊後関前藩と磐音、今津屋と磐音を巡り様々な事件が巻き起こる
始めから読まなくても一巻ごとの読みきりにもなるので一度お試し読みをお勧めします
おまけ:文庫本ですが昔と違い活字が大きいので高齢者の目にも優しい優れものですよ 
注意:読み出すと止まらなくなります 受験生とかお忙しい方は時期を選んでください

   
コメント (4)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

角田参院副議長 辞任

2007-01-27 07:41:23 | 政治
角田参院副議長が辞任 政治献金不記載疑惑(共同通信) - goo ニュース

昨日26日のTVニュースを見ていると第166通常国会の開会式にお出でましの天皇陛下をお迎えする角田氏の姿をちらと見ましたよ
その後は議場に入る同氏を追って報道陣の「辞任しないのか」との熱報ぶり
最後が夕刻「断腸の思い」と参院副議長を辞任する会見場面でした
辞任について無念の思いは良く伝わりましたが疑惑の説明は「会計責任者にまかせた」という事のみで説明というにはお粗末でした

角田氏の疑惑は「01年7月の参院選に約2500万円の政治献金が政治資金収支報告書に記載されて居ない事 そしてその一部50万円は外国人の団体である朝鮮総連の下部組織からのものである 外国人及び外国人団体からの寄付は政治資金規正法で禁止されている この点は小額だが問題は大きい 総連からの寄付を受けているものは他に居ないか? いたらどうするか? 司直の手は?

さて昨年暮れ不透明な事務所費処理での佐田前環境相の辞任に続き自民党の松岡、伊吹両大臣と衛藤氏に同じ疑惑 この通常国会では野党民主党が追及の手を伸ばすと言われていたがこの角田氏の疑惑 そして党首の小沢氏だってとの指摘もある
これで自民党追求の環境は整ったのであろうか?

有権者の32%位は支持政党がない これは民主党の23%をはるかに上回っている 小沢氏は単に数を頼むのでなくかかる無党派層が投票に行く気を起させる政策を提言して初めて野党第一党と爺は思うのです
事務所費処理で与野党泥仕合の国会にならぬ様頑張ってください
国民の関心は「生活の安定」に有るのですからね お願いしますよ

共同通信:
角田義一参院副議長(69)=群馬選挙区、民主党・新緑風会離脱中=は26日午後、2001年の参院選で2500万円の政治献金を政治資金収支報告書などに記載していなかった疑惑を受け、扇千景参院議長に副議長の辞任願を提出した。30日午前の参院本会議で辞任が認められ、後任が選出される見通し。民主党内では江田五月元副代表や北沢俊美副代表らの名前が挙がっている。

民主党執行部にとって、通常国会冒頭での「身内」の不祥事は大きな打撃で、統一地方選、参院選への影響も避けられない見通しだ。昨年末には佐田玄一郎前行政改革担当相が政治資金問題で引責辞任。不明朗な会計処理が指摘される事務所費問題も浮上しており「政治とカネ」問題は今国会の喫緊の課題となった(引用終わり)
写真:角田氏
コメント (4)   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加