王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

北方領土の日 !!

2019-02-08 09:43:26 | ロシア関連
首相、北方領土返還要求大会で日露交渉に決意 アピールで「不法占拠」消える
昨日7日は「北方領土の日」でした。
2-3日前TVの番組で祝日に「」の入る日と入らない日があるのはなぜか? と理由を説明してました。正解はさておき「北方領土の日」はがありますから厳密にその日である事を特定できる日ではないのですね!
そこでググってみると1855年12月の「日露和親条約」締結の日を西暦に直すと2月7日に当たるので、この日を全国的に「北方領土」を返還せよとの運動を推進する日なのですね!!
この条約の一項に千島列島の国境は択捉島(日本側)と得撫島[ロシア側)に有ると決めました。

さていろいろあって昭和20年8月15日に日本は連合国に降伏します。
GHQの指令は「北海道は米軍に」「千島列島はソ連軍に」というものでした。ところがどっこいソ連のスターリンは終戦処理のドサクサにまぎれ北海道の西半分を(米軍の占領前に)抑えてしまおうと列島沿いに南下を企てました。
その第1歩がカムチャッカ半島の最南部南部のロパッカ岬から指呼の間なある占守島の攻略でした。
8月18日-21日にわたり守備する日本軍との戦闘でソ連軍の南下は停滞します。
当時陸軍のこの方面は第5軍でしたが、彼ら(統率部)は軍上部とGHQからの戦闘停止と降服命令(降服先)をよくよく考えず降服することを主に命令しました。
そのため戦闘力を残していた国後島や択捉島(日本領土)の軍もソ連軍に降伏してしまいます。ここは日本固有の日本領土ですから米軍に降伏すべきでした。勝つことは知っていても負ける事を知らない軍部は「どこが北海道北部方面」では日本の固有領土なのかそしてどこの国に降伏すべきなのか少しも思い浮かばなかったのです。これが問題の根っこですね。

以降9月2日(ミズリー号で降服文書に調印する日)までに歯舞群島・色丹島に至るまでソ連軍による占領が実現してしまいました。一方ソ連の動きを知った米軍は同日までに北海道は根室まで占領を終わっていましたからソ連軍の上陸は阻止できました。
もし「占守島部隊(他にも幌莚島の部隊も)」の奮闘が無ければ北海道は東西に分割でソ連側は生活苦にあえぐことになる所でした。

外務省はHPで「北方4島の返還」を連合軍の「戦争による領土不拡大」に置いています。
最近でも「ウクライナ東南部」の軍事占領を貫徹したロシアにとっては「北方4島」をただの交渉で返すとはとても思えません。
ましてつい最近行われた日ロ首脳会談で一切の成果が無くその前提には「ソ連軍による不法占拠」なんて認めないとロシアの外相に言われた事を下敷きに昨日の「大会で不法占拠」が抜けてるなんて・!

しかもそこへ安倍首相がのこのこ出かけて主催者側が「首相らの慎重な発言に配慮した」とはなんですかなー???

静かに日本は正しく持続可能な国策を進めロシア極東部に乱れが出た時、さっと何かと交換で「北方4島」を取り戻すのが道だと思っています。


写真:会場へ入る安倍首相

産経新聞:
安倍晋三首相は「北方領土の日」の7日、東京都内で政府や関係団体などが開いた「北方領土返還要求全国大会」に出席し、北方領土問題を含むロシアとの平和条約締結交渉の進展に決意を示した。「皆さまの北方領土への切実な思いをしっかりと胸に刻み、一歩一歩着実に領土問題の解決に取り組む」と述べた。

 首相は「相互受け入れ可能な解決策を見いだすための共同作業を力強く進め、領土問題を解決して平和条約を締結するとの基本方針の下、交渉を進めていく」と強調した。政府は6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議までの大枠合意を目指している。

 また、大会で採択した「アピール」では、北方四島についてこれまで盛り込んでいた「不法に占拠」されたとの表現を使わなかった。首相らが北方領土の認識について慎重な発言を続けていることに配慮したとみられる。
(引用終わり)
コメント

安倍首相 ロシアで露韓首脳と会談 !!

2017-09-08 07:28:24 | ロシア関連
安倍晋三首相、対話重視の露韓2首脳を説得 露とは溝、韓国とは一定の成果

北の核実験に対する国連安保理の対応が決まらないのに何で安倍首相が7日ウラジオストックに出向いて日露首脳会談をやったのかわけが判らなかったのですが実は6,7日には第3回目になる東方経済フォーラムなる会議が予定されており20か国の地域と国で3000人からの人が集まっていたのですね。
勿論極東方面の開発に「人、モノ、金、信用」等のお互いに足りないものをうまく補い合い合わせて地域の経済的発展と合わせ政治的安定を狙うものなのでしょう。北の代表団もく加わっていた上ロシア高官と非公式の会談もあったそうです。まあ是非は置いておけば北の労働力は欠かせませんよね。
安倍首相は会議のあいさつで「ロシアのプーチン大統領とモンゴル?でしょう大統領を柔道の名人とよいしょ」したようです。
さて翌日がこの機をとらえまず「日韓首脳会議」も行われ北に対する圧力強化で意見の一致を見たそうです。
ついでロシアのプーチン大統領との首脳会談だったようですか「外務大臣も陪席させない首脳会議でロシアの国益に反する様な内容を大統領が賛成するはずおありません」
まあ日本は今回の北による核実験で“石油禁輸”に賛成してくれろと米国と日本の強い希望を伝えた事で終わりました。

ロシアにしてみれば極東における「不凍港」の確保先として北は何としても(けつ持ちをしても)金体制を米側につぶさせるわけにはいかないのです。

日本は日本で出来ることをしっかり実行しないといけません。
米海軍と組んで海上封鎖ですかね??
パック3も本当は当たらないと週刊誌も書き出す様になりました。浜爺の素人の疑問は世間の疑問でもあったのです。
5兆円超えの平成30年度防衛予算の概算要求が「防衛官僚にによる北をネタとした予算獲得の焼け太り」では国民は困るのです。


写真:固い握手の日露両首脳

産経新聞:

安倍晋三首相が7日にロシア極東ウラジオストクで行った首脳会談は、核実験を実施した北朝鮮をめぐり、日本の立場とは必ずしも一致していなかった首脳2人に再考を促す場となった。1人はロシアのプーチン大統領、もう1人は韓国の文在寅大統領だ。2人は圧力強化を求める首相に対照的な反応を見せた。

 日露首脳会談でプーチン氏の振る舞いが一変したのは、首相が北朝鮮の話題を取り上げた瞬間だった。

 「北朝鮮の問題を含め、地域の平和と安定に貢献するために話し合いたい」

 首相がこう語りかけると、プーチン氏は頬に手を当てて無表情になった。経済協力などの進展を評価する首相の言葉には、うなずいて賛意を示したのとは正反対だった。北朝鮮をめぐる日露の溝は大きい。さらなる対北圧力を求める日本に対し、ロシアは制裁強化に消極的な姿勢を示す。

 日本とともに追加制裁を求めるトランプ米政権は、ロシアにサンフランシスコ総領事館の閉鎖を通告するなど関係が悪化しており、ロシアとの対話に乗り出しにくい。首相はプーチン、トランプ両氏と関係を構築しているため、7日の会談では米露の橋渡し役を果たすことも狙った。

 しかし、北朝鮮に関してロシアが交渉相手とみなすのは米国であり、首相の説得には限界があるのも事実だ。日本外務省の幹部は「対北制裁を受け入れる代わりにサンフランシスコ総領事館を返せと言い出しかねない」と語る。

 首相は会談に先立つ東方経済フォーラムで、核実験がウラジオストクから約300キロの地点で実施されたことを指摘し、ロシアにとっても脅威であることを強調して翻意を促した。だが、プーチン氏は会談後の共同記者発表で「核問題の解決は政治・外交的手段によってのみ可能だ」と言い放った。

 一方、首相は文氏との会談で「タイムリーに話し合うことができる関係を構築できてうれしい」と笑顔を向けるなど友好ムードの演出に腐心した。徴用工や慰安婦などに関しても原則的立場を伝えるだけで追い込むことはしなかった。

 文氏は「韓国は北朝鮮と国境を接しており、国民の不安が大きい」と述べ、圧力強化が北朝鮮の暴発につながる懸念をにじませた。とはいえ「最大限の圧力」をかけることでは一致し、対北対話を重視する韓国を日米韓の連携に引き込むことに一定の成果を得た。
(引用終わり)、
コメント

モスクワで日露首脳会談 !!

2017-04-28 07:06:01 | ロシア関連
【日露首脳会談】安倍晋三首相「日露で緊密に協力し、北朝鮮に自制を働き掛ける」

昨日27日夜(日本時間)安倍首相はロシアのプーチン大統領とクレムリンで首脳会談しました。
共同声明では目下焦げ臭くなっている米朝(もちろん日本も)関係に「安保理事会の決議を順守し、挑発行為(核実験やミサイル発射だとおもいます)を自制するよう働きかける」と述べたそうです。
ロシアは米国による北への武力攻撃には反対の立場ですからまあその前段として北に自制を求めるのは当然でしょうかね?!
昨年12月小雪の混じる山口県で行われた日露首脳会談は「安倍よりはトランプ」と北方領土問題とそれに付帯する関連事項は0回答で終わりました。

このほか22件の官民一体の課題が決まったそうです。露米の関係がやや変わってまあ半年遅れで北方ぬきでマイナーなプロジェクトが進む様です。

話は変わって安倍首相も肉体的にタフになりましたよね。25日夜には二階派のパーティーで前復興相の「東北で良かった」問題で陳謝した後、27日午前には羽田をたち同日夜にはプーチンと会談ですからね。
その後は英国を訪れる予定とか。
この程度の事なら電子機器が発達して今日TV電話とかTV会議でも済みそうな気がします。
1970年代に始まったG7サミット時代のしっぽを引きずり首脳が合えば問題が解決するような幻想を追っている様で釈然としません。
まあお互いにミサイルの照準を相手国の首都に向けていないよとの意思確認のため双方の首都で「握手をしている写真を内外に流すこと」が狙いと言えば狙いなのでしょう。

新しいビジネスモデルならぬ首脳政治モデルが必要な時ヂな気がします。もちろん日本は主役の力量は有りませんが一工夫欲しいところです。
ロシア駐箚日本国全権大使は普段何をしているのでしょう??
しっかり見守りましょうね



写真:モスクワで(AP-毎日新聞)

産経新聞:
安倍晋三首相は27日午後(日本時間同日夜)、ロシアのプーチン大統領とモスクワのクレムリン(大統領府)で会談し、核開発と弾道ミサイル発射を強行する北朝鮮に対し、さらなる挑発行為を自制するよう働き掛けることで一致した。

 安倍首相は会談後の共同記者発表で、「日露で引き続き緊密に協力し、国連安全保障理事会決議を完全に順守し、挑発行為を自制するよう働きかけていくことで一致した」と述べた。プーチン氏は、北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の再開を提唱した。(モスクワ 石鍋圭)
[引用終わり)
コメント

日露首脳会議 領土の言及なし ?!

2016-12-16 07:52:06 | ロシア関連
「サハリン2」ガス生産増強=日ロ経済協力で調整

昨日15日2時間半の到着遅れで山口県大谷山荘で始まった日露首脳会談ですが同日夜10時過ぎTV朝日の「報道ステーション」になっても北方4島に言及する場面はありませんでした。これは「寝ないで交渉する気か?!」と思いさっさと寝ました。

今朝ウェブニュースを見ても領土問題に言及する見出しはなくこの記事の様に「サハリン2」の開発強化に言及するものばかりでした。

領土問題はプーチ大統領の会議前の発言の様に「両国間に領土問題は存在しない」との原則論に一蹴されたのかもしれません??

そして両国の信頼関係を強化するためサハリン2の施設増強に方向が振り返られたのでしょうか??

名前の出ている大商社はサハリン2の開発の際、ロシア側にうまい事を言われ金を注ぎ最後に利権を取り上げられたことを忘れたのですかね?

北方4島はロシア(当時のソ連)が米国陣営の経済攻勢に西では西ドイツ、東では日本を突破口として米国陣営をゆすぶったものでした。
西ではアデナウアー指揮の元にベルリンを取り戻しました。一方日本は当時の漁業相河野一郎(洋平の父、太郎の祖父)が外務大臣(重光)も首相鳩山一郎の意思を抜きにして「サケマス船団」の出向を前に日露平和条約の締結が無ければ「サケマス船団の出向許可は与えられない」日露平和条約を機に歯舞・色丹島を友好的に引き渡すとブルガーニン首相と大筋合意してしまいました。
重光も鳩山も大筋この線で可としたのですがこれを知った米国のダレスをはじめとする国務省の大物に「第2次世界大戦の結果でソ連が領土を拡大するのは認めがたい」と怒られ重光は更迭、鳩山は平和条約を結ぶことが(米国から)許されず国交回復のための共同声明に終わり平和条約発効と同時に2島のみ返還との今日に問題を残す日本外交のドヘマをしでかしました。
この時鳩山と重光が河野を抑え「サケマス船団の出航遅れ」は国家賠償をすると決めて交渉を継続すば東に出たいブレジネフは4島であれば(日本の固有領土だったから)返還せざるを得なかったろうと推測されます。
時間のある方はカテゴリーロシア関連 2009年9月24日の記事 とその関連を一読あれ!

今回もクリミア併合とウクライナ東部侵攻で米欧の経済制裁を受けなんとか破りたいロシアは日本をターゲットとして北方4島の問題を匂わせました。しかしトランプ大統領の登場でロシアは米ロ首脳で握手が可能に見えてきたので手の平を返したと思います。
今回は返還あるいは国境線画定はダメと思います。次回はロシアの長い左腕の先の4島が日露の議題に上るのはシベリアと中国東北三省や北朝鮮のあたりでロシアが安全保障上危機だと認識するような事態が起きた時でしょう。しっかり腰を据えて見守らないといけません。


写真:会談前大谷山荘での両首脳(朝日新聞)

時事通信:
日本とロシアが首脳会談でまとめる経済協力に、三井物産などが参加するサハリン(樺太)沖の天然ガス・石油開発「サハリン2」の生産設備増強などエネルギー分野の案件が盛り込まれることが15日、分かった。日本側が提案した8項目の経済・民生協力プランに基づく、民間案件ではエネルギー分野を含め50件規模の合意文書が交わされる見通しだ。

 安倍晋三首相とプーチン大統領の日ロ首脳会談を踏まえ、16日に民間でも合意文書を出す方向で最終調整している。サハリン2のほか、極東地域での風力発電などが含まれる。当初は民間同士の経済協力は30件程度になるとされていた。 

[引用終わり)
コメント   トラックバック (1)

安倍首相 ウウラジオストックで プーチン大統領と会談 !!

2016-09-04 07:52:33 | ロシア関連
北方領土、現世代で決着=「日ロ極東会談」定例化を―安倍首相演説

昨日3日安倍首相はロシアのウラジオストックで開かれた同国政府主催の「東方経済フォーラム」で演説し「北方領土と平和条約交渉にも言及し私たちの世代(ここ10年くらい?)で(問題の処理を)責任を果たそう」と[ロシア首脳部)に訴えたようです。

会議にはプーチン大統領が出席し「安倍首相に耳打ちする(関係が親密だとのロシアの態度)」予定だった様です。今回の耳打ちの内容は当然「北方4島の帰属問題」についてと言われていました。
親密になるのは良い事ですがそれで北方4島の処理が進むとも思えません。
もっともウクライナの一部を武力で制圧した結果、国際的経済制裁を受けているいま、ロシアが東に活路を求め日本を巻き込むため仕掛けて来たかも知れません。

そして知っておかなければいけないことは1955年から1956年にかけてソ連が米国のロールバック政策を突破するため西は西ドイツ、東は日本に狙いを定め国交回復と平和条約締結を仕掛けてきました。
日本は鳩山一郎内閣(由紀夫氏の祖父)の時で「サケ・マス漁業協定」の取り扱いを巡りソ連に出かけていた河野一郎農林大臣を捉えブルガーニン首相と単独会見(日本側通訳も連れず)「平和条約締結時に4島のうち特に歯舞・色丹を返す」とのソ連の提案に「それはわかる」とか「同意できる」という趣旨の書きこみを残したとか。加えて「漁業協定は国交回復と同時に発効」と国交回復と漁業団体の利益がリンクさせられてしまいました。

時の鳩山首相も重光外相も上記の合意を外交成果と思い訪ソして国交回復とそれに続いて平和条約締結をと
浮かれていた所、米国のダレス国務長官から「第二次世界大戦の結果で他国と国境線を変更はまかりならぬ」と強い反対で「2島返還どころか訪ソは国交回復のため日ソ共同宣言」という名ばかりの結果になりました。
その後鳩山氏も重光氏もその地位を失いました。

第1次安倍内閣の時に安倍氏は「おなかの不調で下野しました」が第2次安倍内閣ではこの間はリオ五輪、その後アフリカのケニアにそして台風10号が近づくとの事でトンボ返りさらにラジオストックに出て今日にも中国広州でG20に出席と別人の様な活躍ぶりです。

暮には山口県でプーチン大統領と親密な会談だそうです。
その様な情緒的な感覚でロシアが武力で占領した北方4島を返すか? 目下クリミア半島とウクライナ西南部を武力制圧している現状とを両睨みすると微妙なものを感じます。
日本人としてはうまくやってほしいものですが「よくよく米国と打ち合わせの上で行動してほしいものです」


写真:ウラジオストックで演説する安倍首相

時事通信:
【ウラジオストク時事】安倍晋三首相は3日(日本時間同)、ロシア極東ウラジオストクで開かれた同国政府主催の「東方経済フォーラム」で演説し、プーチン大統領との首脳会談を毎年、ウラジオストクで行うことを提案した。懸案の北方領土問題を含む平和条約交渉にも言及し、「私たちの世代が勇気を持って責任を果たしていこうではないか」と早期決着を訴えた。

 フォーラムには大統領も出席。首相は5月の首脳会談で提示した経済・民生分野8項目の対ロ協力プランに触れ、「年に一度、ウラジオストクで会い、進捗(しんちょく)状況を互いに確認しよう」と呼び掛けた。

 領土問題に関しては「重要な隣国同士であるロシアと日本が(第2次世界大戦終結から)今日に至るまで平和条約を締結していないのは異常な事態だ」と重ねて強調。「70年続いたこの事態に終止符を打ち、次の70年の日ロの新たな時代をともに切り開いていこうではないか」と述べた。 
[引用終わり)
コメント