王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

露スパイ活動か?軍事技術文献入手で逮捕

2021-06-11 10:14:31 | ロシア関連
いまだにロシアが日本人の不用心か意図的かは判りませんが、日本人から情報を手に入れるなんて古典的な手段が使われ、役に立っている事が判り驚きました。
別紙の情報と合わせると10日神奈川県警は相模原の無職・宮坂和雄(70)を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕しました。
今回の逮捕は2019年から去年にかけて、在日ロシア通商代表部の男性職員(40代)に文献を譲り渡す目的であることを隠して、文献検索データベースに登録し、軍事技術と科学技術に関する文献8点を不正に入手した疑いが持たれています。宮坂容疑者は容疑を認めているそうです。1回当たり10万から15万円の報酬だそうでこれまで複数のロシア人に対し情報を渡し30年間に1000万円ほど得ていたと有ります。警察は在日通商部のロシア人に出頭を要請してるそうですが、もう帰国の為、出国しているでしょね。

写真:駐日ロシア通商代表部の正面玄関〈ネットより)

日テレニュース24:
在日ロシア通商代表部の職員に軍事技術の文献を譲渡する目的を隠して不正に文献を入手したとして70歳の男が逮捕されました。

電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕されたのは、神奈川県座間市の無職・宮坂和雄容疑者です。

警察によりますと、宮坂容疑者は2019年から去年にかけて、在日ロシア通商代表部の男性職員(40代)に文献を譲り渡す目的であることを隠して、文献検索データベースに登録し、軍事技術と科学技術に関する文献8点を不正に入手した疑いが持たれています。文献は、無人戦闘車両や半導体の研究に関するものでした。

調べに対し、宮坂容疑者は容疑を認めているということです。

宮坂容疑者は30年にわたり複数のロシア人に文献を渡し1000万円以上の報酬を得ていたということです。

警察はロシアによる組織的なスパイ活動とみて経緯を調べるとともに、外務省と警察庁を通じて在日ロシア通商代表部の男性職員に出頭を要請しています。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウクライナ東部で軍と分離独立派の緊張高まる、ロシア高官が介入の可能性を示唆

2021-04-12 10:04:54 | ロシア関連
日本のマスコミはほとんどスルーしてますが、ウクライナ東部の親ロシア勢力とウクライナとの間で紛争が激化しているようです。それに対応するのか? ロシアの仕掛けか判りませんが、ロシアからウクライナ東部の紛争地帯を囲むようにロシア陸軍が戦車や大砲の大部隊を含む2.5万人規模の軍隊を軍事演習と称して派遣しているようです。台湾系のyoutube では、動員の模様を動画で流し40両くらいの長さの貨物列車に同数の戦車が乗って移動する様子や大型トラックがけん引する大砲の行列を映し出しています。そして解説に曰く「先月22日―23日 桂林で王毅外相とロシアラヴロフ外相が会談し、台湾問題とウクライナ問題には相互不干渉(口を出さない)との密約が出来た」と解説してました。それ虚実は判りませんが、ロシアはクリミア半島併合の問題まで蒸し返されることを考えれば、力ずくでも押さえておかねばならないのでしょう。
これがクリミア半島の位置です〈ネットより)

台湾や尖閣列島に対する中国による侵攻は有りうる話として伝えられ日本人や台湾人の注意は大いに引き起こしましたが、ウクライナ東部問題は欧州とトルコにとってはやはり大命題の様です。NATO軍はどうしているのでしょう? 米国の対ロ政策も不明です。外電に気を配っておきましょうね。

写真:会談した中国の王毅国務委員兼外相㊨とロシアのラブロフ外相(23日、中国・桂林市) (日経新聞)

BBC  News:
ロシア政府高官は8日、ロシアが支援する分離独立派とウクライナ軍との間で緊張が高まっている問題について、ウクライナが分離独立派への全面的な攻撃を開始した場合はロシアが介入し、ウクライナ東部のロシア語話者の住民を助ける可能性があると警告した。 ウクライナ東部ではウクライナ軍と分離独立派が衝突。ロシアはウクライナとの国境で軍備を増強している。 こうした中、ロシアのドミトリー・コザク大統領府副長官は、ロシア軍が自国民を「守る」ためにウクライナ問題に介入する可能性があると述べた。 「すべては争いの規模次第だ」 また、事態がエスカレートすれば、ウクライナにとって「終わりの始まり」がやってくる、「足元ではなく顔面を撃たれる」ことになると警告した。 アメリカとドイツは共に、ウクライナ東部の緊迫に懸念を示している。 ■なぜウクライナとロシアの緊張が高まっているのか ロシアはウクライナ国境に駐留する部隊を増員しているが、脅威と受け止めるべきものではないとも主張している。 ホワイトハウスのジェン・サキ大統領報道官は、ロシア部隊の数がウクライナ東部での紛争が始まった2014年以降で最多となっているとし、「深く憂慮すべき」状況だと述べた。 ロシアは具体的な人数は明らかにしていないが、ウクライナ軍は同国国境に、ロシア軍が3月末時点で約2万人を動員したと主張。ソーシャルメディア上の動画には、ロシアの列車が重火器を同地域に向けて移動させている様子が映っている。   ウクライナ・ドンバスでのウクライナ軍と、ロシアの後ろ盾を受ける反政府勢力との衝突もここ数カ月で増えている。 8日には新たにウクライナ軍兵士1人が死亡し、今年の死者数は合わせて25人となった。昨年1年間ではウクライナ軍兵士50人が死亡している。 一方、反政府勢力はこの日、ウクライナ軍がドネツク市郊外の村に14発の迫撃砲を撃ち込んだ際、戦闘員1人が死亡したと発表した。 事態の深刻さを示す動きはほかにもあり、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は8日、「事態がエスカレートしている現場」を視察。「ドンバスでのこの困難な時期に、兵士たちと共にある」ことを示すために同地域を訪れた。 ドイツのアンゲラ・メルケル首相は8日にロシアのウラジーミル・プーチン大統領と電話で会談し、ロシアの軍備強化を和らげることで「緊張を鎮める」よう求めた。 この会談でプーチン氏は、ウクライナが同国東部の状況を煽っていると非難した。
(以下省略)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アルメニアとアゼルの戦闘激化、相互に砲撃 和平協議拒否

2020-09-30 10:09:33 | ロシア関連
28日辺りから銃撃を繰り返すようになったナゴルノカラバフ地域を巡る戦闘は29日には一層激しくなり、トルコ軍機のアルメニア軍機撃墜(疑惑)が絡み、ロシアのプーチン大統領の仲介も物ものかわ、トルコの思惑もカラに複雑化しそうです。
旧ソ連邦の時には、カスピ海の南部で隣り合う2国でしたが、ソ連邦の崩壊以降、両国の国境に問題が起きました。旧ソ連時代にはアゼルバイジャンの中のアルメニア人自治区としてあったものが、独立を宣言しその領域のほとんどを
アゼルバイジャン・ナゴルノカラバフ共和国を名乗り独立しました。
当然アゼルバイジャンの後押しもあったのでしょう。こんな具合です。

それがここ20年の間の小紛争に加え今回の紛争が「まず停戦」とのロシアの仲介を聞かないと戦争状態になるかもしれない様です。
こういう話になるとコソボの民族紛争と居住区・領土の問題と同様になかなか収まりません。
こんな大砲をあちこちに構えているようですからね。

ロシアとトルコと戦前の大帝国の栄光の名残と最近の石油その他の物資の西への送り出しに重要な拠点となってきている地域です。
誰か留め男の仲介が効いて数年越しの大紛争にならないように願っておきます

写真:旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアの間で勃発したナゴルノカラバフ地域を巡る戦闘は29日も激化の一途をたどり、双方が互いの領土内ナゴルノカに砲撃を加える事態となった。写真は砲撃を行うアルメニア軍兵士。29日撮影(2020年 ロイター 

ロイター通信:
[バクー/エレバン  29日 ロイター] - 旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアの間で勃発したナゴルノカラバフ地域を巡る戦闘は29日も激化の一途をたどり、双方が互いの領土内に砲撃を加える事態となった。民族紛争が全面戦争に発展する恐れが高まる中、米ロなどが自制を呼び掛けている。
ただ、両国は和平協議を拒否。アゼルバイジャンのアリエフ大統領はロシアの国営テレビに対し、協議の可能性を一蹴。アルメニアのパシニャン首相も同テレビに対し、戦闘が続く間は協議できないと述べた。
この日はアルメニアが、自国軍機がトルコのF16戦闘機によりアルメニア領空内で撃墜されたと発表。緊張が一段と高まった。
広告

アルメニアはパイロットが死亡したとしているが、撃墜の証拠は示していない。トルコはアルメニアの主張は「完全に正しくない」として撃墜を否定。アゼルバイジャンも関与を否定している。
ナゴルノカラバフ地域を巡る対立が一段と先鋭化すれば、トルコだけでなく、ロシアも巻き込んだ地域紛争に発展する恐れがある。
ロシアはアルメニアと軍事協定を結んでいるが、同時にアゼルバイジャンとも近い関係を維持。ロシア大統領府によると、プーチン大統領はアルメニアのパシニャン首相と紛争激化後2回目となる電話会談を実施。関与する全ての国・地域に対し事態の沈静化を呼び掛けた。ロシア大統領府は、プーチン氏がアゼルバイジャンのアリエフ大統領と接触したかについては公式に明らかにしていない。

アゼルバイジャン当局によると、戦闘でこれまでに民間人12人が死亡、35人が負傷した。兵士の死亡者数、負傷者数については明らかにしていない。ナゴルノカラバフ当局によると、少なくとも兵士84人が死亡した。
アルメニア当局によると、紛争地のナゴルノカラバフから約20キロ離れたバルデニスで、アゼルバイジャンによる攻撃で民間人1人が死亡した。アゼルバイジャン防衛省は、アルメニア軍がバルデニスからアゼルバイジャンのダシュケサン地域に攻撃を加えていた主張。アルメニアはこれを否定している。
米大統領選挙の民主党候補、バイデン前副大統領は「ナゴルノカラバフを巡る紛争で死者数が急増する中、トランプ政権はアゼルバイジャンとアルメニアに対し事態の沈静化を呼び掛ける必要がある同時に、トルコなどに干渉しないよう要請する必要がある」とツイッターに投稿した。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トランプ氏異例の“過剰”露出共和党大会

2020-08-26 09:32:49 | ロシア関連
24日共和党がノースカロライナ州の党大会でトランプ大統領を正式に指名したそうです。
民主党は先週バイデン氏を大統領候補に黒人のハリス氏を副大統領候補に指名しています。
そしてトランプ大統領は最終日に演説する事が慣例となっている党大会で、初日から何度の姿を見せアッピールする様子が異例と騒がれています。
ざっとの世論調査では民主党のバイデン/ハリス コンビに対し共和党のトランプ/ペンス コンビが 4-6%程劣勢と伝えられています。
しかし共和党は政権政党ですから4-6%程度の差は対中制裁の強化或いは大衆限定戦争で逆手可能との見方もあります。
米国と言えど、新型コロナウイルスによる感染予防に気を配りながらメディア戦略を練っているはずですから見ものですね!

写真:初日から何度も安比^るするトランプ大統領

FNN Prime onnline:
最終日に演説することが慣例となっている党大会で、初日から何度も姿を見せてアピール。
トランプ大統領「われわれは勝利しなければならない。わが国史上最も重要な選挙になる」
アメリカ大統領選挙に向けた共和党大会が24日、ノースカロライナ州で開幕し、トランプ大統領が党の大統領候補に正式に指名された。
初日、トランプ大統領は、会場で演説したあと、ホワイトハウスに戻った。
医療関係者を招く様子のほか、トランプ政権になって、北朝鮮やトルコで救出された元捕虜から感謝の言葉を受ける様子などを公開した。
党大会2日目の25日は、メラニア夫人がスピーチを行う。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北方領土の日 !!

2019-02-08 09:43:26 | ロシア関連
首相、北方領土返還要求大会で日露交渉に決意 アピールで「不法占拠」消える
昨日7日は「北方領土の日」でした。
2-3日前TVの番組で祝日に「」の入る日と入らない日があるのはなぜか? と理由を説明してました。正解はさておき「北方領土の日」はがありますから厳密にその日である事を特定できる日ではないのですね!
そこでググってみると1855年12月の「日露和親条約」締結の日を西暦に直すと2月7日に当たるので、この日を全国的に「北方領土」を返還せよとの運動を推進する日なのですね!!
この条約の一項に千島列島の国境は択捉島(日本側)と得撫島[ロシア側)に有ると決めました。

さていろいろあって昭和20年8月15日に日本は連合国に降伏します。
GHQの指令は「北海道は米軍に」「千島列島はソ連軍に」というものでした。ところがどっこいソ連のスターリンは終戦処理のドサクサにまぎれ北海道の西半分を(米軍の占領前に)抑えてしまおうと列島沿いに南下を企てました。
その第1歩がカムチャッカ半島の最南部南部のロパッカ岬から指呼の間なある占守島の攻略でした。
8月18日-21日にわたり守備する日本軍との戦闘でソ連軍の南下は停滞します。
当時陸軍のこの方面は第5軍でしたが、彼ら(統率部)は軍上部とGHQからの戦闘停止と降服命令(降服先)をよくよく考えず降服することを主に命令しました。
そのため戦闘力を残していた国後島や択捉島(日本領土)の軍もソ連軍に降伏してしまいます。ここは日本固有の日本領土ですから米軍に降伏すべきでした。勝つことは知っていても負ける事を知らない軍部は「どこが北海道北部方面」では日本の固有領土なのかそしてどこの国に降伏すべきなのか少しも思い浮かばなかったのです。これが問題の根っこですね。

以降9月2日(ミズリー号で降服文書に調印する日)までに歯舞群島・色丹島に至るまでソ連軍による占領が実現してしまいました。一方ソ連の動きを知った米軍は同日までに北海道は根室まで占領を終わっていましたからソ連軍の上陸は阻止できました。
もし「占守島部隊(他にも幌莚島の部隊も)」の奮闘が無ければ北海道は東西に分割でソ連側は生活苦にあえぐことになる所でした。

外務省はHPで「北方4島の返還」を連合軍の「戦争による領土不拡大」に置いています。
最近でも「ウクライナ東南部」の軍事占領を貫徹したロシアにとっては「北方4島」をただの交渉で返すとはとても思えません。
ましてつい最近行われた日ロ首脳会談で一切の成果が無くその前提には「ソ連軍による不法占拠」なんて認めないとロシアの外相に言われた事を下敷きに昨日の「大会で不法占拠」が抜けてるなんて・!

しかもそこへ安倍首相がのこのこ出かけて主催者側が「首相らの慎重な発言に配慮した」とはなんですかなー???

静かに日本は正しく持続可能な国策を進めロシア極東部に乱れが出た時、さっと何かと交換で「北方4島」を取り戻すのが道だと思っています。


写真:会場へ入る安倍首相

産経新聞:
安倍晋三首相は「北方領土の日」の7日、東京都内で政府や関係団体などが開いた「北方領土返還要求全国大会」に出席し、北方領土問題を含むロシアとの平和条約締結交渉の進展に決意を示した。「皆さまの北方領土への切実な思いをしっかりと胸に刻み、一歩一歩着実に領土問題の解決に取り組む」と述べた。

 首相は「相互受け入れ可能な解決策を見いだすための共同作業を力強く進め、領土問題を解決して平和条約を締結するとの基本方針の下、交渉を進めていく」と強調した。政府は6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議までの大枠合意を目指している。

 また、大会で採択した「アピール」では、北方四島についてこれまで盛り込んでいた「不法に占拠」されたとの表現を使わなかった。首相らが北方領土の認識について慎重な発言を続けていることに配慮したとみられる。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする