王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

30日 倒産速報/日本ロジステック負債75億、運輸・倉庫業界で今年最大

2022-09-02 10:57:06 | ビジネス
今朝ほど,ここをクリック⇒「楽天モバイル」が「日本ロジスティク」に不正請求をさせ46億円が「日本ロジ」側に流出したため、「楽天モバイル」側が「日本ロジ」の預金の「差し押さえを申請、認められた」(らしい)との記事を紹介しました。
念のため「日本ロジ」の情報を拾ってみると,30日の帝国データーバンクの情報により、「日本ロジスティク」と関係会社の日本ロジステックサポートの2社が東京地裁へ民事再生法の適用を申請したと発表したと有りました。
この時点では「倒産」の原因に触れていませんが、業績が頭打ちになる中「日本ロジ」は今3月期2022年3月期には大手通信事業者関連の受注が伸長し年収入高約405億6900万円を計上 していた。と有りますから、この大手通信会社が不正請求をさせた会社か?その親会社だったのでしょう!
46億円を回収するため「主要銀行の4社の口座を抑え得られたら、資金ショートは間違え有りませんよ」
苦しくとも不正に手を貸さなければ「じり貧で持ちこたえたかもしれません」
まあ、まじめに働く従業員の方々にはお気の毒な事件でした。

写真:<日本ロジステックが入居するビル> 

物流ニュース Lews:
帝国データバンクは8月30日、日本ロジステックと関係会社の日本ロジステックサポートの2社が東京地裁へ民事再生法の適用を申請したと発表した。 
同社は、2017年12月に設立。1959年10月に創業した旧・日本ロジステック(現・日本ロジステックホールディングス)からグループ管理事業以外の事業を2018年4月に引き継ぎ、首都圏各所(東京、千葉、神奈川、埼玉)に倉庫を主体とするセンターを設け、倉庫事業を主体に、通関業、貨物運送取次業、荷造資材販売、不動産賃貸業、産業廃棄物収集・運搬業など総合物流サービスを手がけていた。
旧・日本ロジステックの時代から長年の業歴を有し、首都圏集中型の総合物流業者として、特に一般消費財の物流、流通加工技術、物流情報システムの構築に強みを持ち、2022年3月期には大手通信事業者関連の受注が伸長し、年収入高約405億6900万円を計上 していた。
日本ロジステックサポートは、1990年6月に設立。電気製品、食料品、衣料品などの一般貨物自動車運送を手がけて、2022年3月期の年収入高は約8億5500万円を計上していたが、日本ロジステックに連鎖する形となった。
しかし、近年は業容拡大の主軸となった上記大口受注が一服、反動減となっていたなか、今回の措置となった。負債は日本ロジステックが2022年3月期末時点で約75億7300万円。日本ロジステックサポートが同期末時点で約4億5700万円で、2社合計で約80億3000万円。
なお、運輸・倉庫業界では、今年最大の倒産となる。
(引用終わり)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

楽天モバイル、取引先から不正請求 46億円損害か 関与従業員解雇

2022-09-02 10:04:29 | ビジネス
今朝この記事をスマホでチラッと見ました。改めてPCでうろ覚えで「楽天 詐欺」でググると楽天 本体の詐欺とかで社長の三木谷氏に関し悪評が載っていたのに驚きました。
話は本題に戻って「楽天モバイル 不正請求 46億円 損害」でググるとこの記事が出てきました。
この朝日の記事の最後の章にも有りますが「合計46億円もの不正請求をするには、不正請求をした物流会社「日本ロジステック」側のそれも相当地位のある人が噛まないと巨額の請求書なんて発行できませんよね?!
そして、「楽天モバイル」側にも不正桂宮を受けて「支払いの出来る権限のある(悪い)奴がいないと支払いが起きません」いずれにしても巨額の不正請求を起こさせるという「余分な手間」を掛けたため、事案がバレて「日本ロジステック」の預金を「裁判所が差し押さえを認めた」との事ですから、「日本ロジ」の経営規模を知りませんが、46億円全額出ないにしても「資金ショート」が起きそうな気がします。はてどうなっているのでしょう??
どちらの会社も「ガバナンス」の効いていない気がします。
続報が有りそうですね。期待しています!!

写真:日本ロジステックの物流センター=2022年8月29日午前7時50分、千葉県流山市谷 

朝日新聞:
携帯電話基地局整備をめぐり、「楽天モバイル」(東京都世田谷区)が取引先から不正な水増し請求を受けていたことがわかった。同社はこの不正を理由に取引先の預金の仮差し押さえを東京地裁に申し立て、認められた。水増し請求の損害は約46億円に上るといい、一部は同社の当時の担当従業員側に還流していたとみられるという。同社は8月に従業員を懲戒解雇し、不正を警察に告訴したとしている。
 取引先は、物流会社の日本ロジステック(東京都千代田区)。関係者によると、日本ロジは楽天モバイルから基地局建設の部材の保管や輸送の業務を請け負っていたが、2019~22年、京都府城陽市にある法人に対するコンサルティング料などを不正に上乗せし、楽天モバイルに請求していたという。
 コンサル料の支払先となっていた法人は、楽天モバイルの当時の担当従業員が実質的に支配しており、この従業員の要請を受けた日本ロジの役員が不正を行っていた可能性がある。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2日 日経平均 大引け 3日続落、10円安の2万7650円

2022-09-02 09:25:28 | 為替 ドル 株式
2日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比10円63銭(0.04%)安の2万7650円84銭で終えた。
10円安と小幅下げでしたが、党挙の日経平均は3日続落しました。後場は「米国の8月の雇用統計の発表」を控え様子見ムードが強まり方向感のない動きと」コメントされています。米国の経済事情が気になります。

日経新聞:
2日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比10円63銭(0.04%)安の2万7650円84銭で終えた。朝方は前日の大幅安を受け自律反発狙いの買いが値がさ株の一角に入り、上げ幅が一時100円を超えた。買い一巡後は戻り待ちの売りに押され下げに転じた。午後は8月の米雇用統計の公表を控え様子見ムードが強まり、方向感の乏しい動きとなった。 
(以下省略)

ここからは前引け:
2日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前引けは前日比57円10銭(0.21%)安の2万7604円37銭だった。
寄り付き直後は一時100円を超える上げも見せましたが、米金融政策に対する警戒感が勝り、上値では戻り売りも出て、買い一巡後は下げに転じました。
割合冷静です。引き続き後場を追ってみます。

日経新聞:
2日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前引けは前日比57円10銭(0.21%)安の2万7604円37銭だった。 朝方は前日の大幅安を受け自律反発狙いの買いが先行し、上げ幅は一時100円を超えた。しかし、米金融政策に対する警戒感などから上値では戻り売りが出て、買い一巡後は下げに転じた。
(引用終わり)

ここからは寄り付き:
2日の日経平均株価は、ここをクリック⇒前日比94円13銭高の2万7755円60銭と反発してスタート。
NYのダウ平均が5日ぶりに反発した影響か? 東京の日経平均は94円高で寄り付きました。しかし寄り付き一巡後、20円安ほどで揉み合っています。NY株の反発の米国の経済活動が活発と判断できるからで、NY株は上がるから日経平均も上がるほど単純ではない様です。引き続き前場を追ってみます。

モーニングスター:
 2日の日経平均株価は、前日比94円13銭高の2万7755円60銭と反発してスタート。
1日に大幅続落した反動や、シカゴ日経平均先物の円建て清算値が、1日の大阪取引所清算値比155円高の2万7785円だったことから、買いが優勢となったもよう。現地1日の米国株式は、NYダウが5日ぶりに反発した一方、ナスダック総合指数は5日続落するなど、まちまちの動きだった。
(以下省略)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

31日 大谷「凄くいいホームラン」日本人初2年連続30号 史上初「10勝&30発」とダブル達成

2022-09-02 09:08:53 | スポーツ
31日(日本時間1日)エンゼルスの大谷翔平投手がヤンキース戦の6回に30号逆転3ラン。この3連戦2度目の決勝弾で、チームを勝利に導いとスマホのニュースで知りました。頑張ってもチーム全体で点が取れず、「くたびれ儲け」みたいな日も有りましたが、この日は逆転3ランでチームを勝利に導き、その上2年連続30号は日本選手初で、「10勝&30発」はメジャー史上初の快挙 と「一粒で2度美味しい(に止まらず)3度も美味しい」機会をものにしました。
おめでとうございます! 
今シーズ後、31試合残しているそうで、怪我をしないで頑張って欲しいと思います!!!

写真: <エンゼルス・ヤンキース>6回、30号逆転3ランを放ち雄叫びを上げる大谷 

スポニチ:
◇ア・リーグ エンゼルス3―2ヤンキース(2022年8月31日 アナハイム)
 またも歴史を塗り替えた。エンゼルス・大谷翔平投手(28)が8月31日(日本時間1日)、ヤンキース戦の6回に30号逆転3ラン。この3連戦2度目の決勝弾で、チームを勝利に導いた。2年連続30号は日本選手初で、「10勝&30発」はメジャー史上初の快挙。ヤ軍のアーロン・ジャッジ外野手(30)との激しいMVP争いをモチベーションに、大谷は残り31試合も突き進む。
 時差があり、すでに深夜になっている米東海岸に向かい、実況アナが絶叫した。「オハヨウゴザイマ~ス、ニューヨーク!」。目が覚める。思わずベッドから飛び起きてしまうような、大谷の豪快すぎる打球だった。
 「最初の打席も惜しかった。チャンスが来たらもう1回打ちたい、と。凄くいいホームランだった」
 初回1死一塁では中堅への大飛球も、ヤ軍ヒックスにフェンス際で好捕された。だが、迎えた0―2の6回1死一、二塁だ。水原一平通訳に背中を両手で叩かれ、気合満点で臨んだ打席。剛腕・コールの97・9マイル(約157・5キロ)の直球を粉砕し、糸を引くような打球が中堅へと一直線に伸びる。30号逆転3ラン。一塁塁上でガッツポーズし、雄叫びを上げた。通算123本塁打で最も速い球を捉えた一発となった。
 同一シーズンの「10勝&30発」は大リーグ史上初。「単純にうれしい。安定してしっかり出続けられているのがいいところかな、と思う」と素直に喜んだ。ベンチに戻るとアデルらから紙コップの水をかけられる「リアルスプラッシュ」。過去2度はコップが空の「エアスプラッシュ」だったが、初めての祝福の儀式に驚きつつも、うれしそうだった。
 「(MVP争いは)もちろんモチベーションになる。今日のいい場面で打てたのもそうだけど、勝ちを意識して頑張ればおのずと数字はついてくるかなと思う」。チームのプレーオフ出場は絶望的。そんな中で大きな刺激を受けた3連戦だった。相手の主砲ジャッジはMVP争いの最右翼で、1、2戦目に連発し51本塁打。大谷が追いかける形となっているが「単純に凄いなと思って見ている。もちろん本塁打も凄いけど、今日も四球を取ったり打席のクオリティーが高い。見ているだけで勉強になる。素晴らしい打者」とライバルの存在を力に変える。
 今夏のトレード期限前には、ヤ軍も大谷獲得へ動いたことが米メディアで報じられた。17年オフのメジャー移籍時にも獲得に乗り出したヤ軍。去就が再燃することが必至の今オフに向け、再び強烈なインパクトをヤ軍に与えたと言ってもいい。8月は月別で今季最多の8本塁打。「ペース的には昨年ほどではないが、打席の内容は最近もいい」。残り31試合。全米を、そして日本を目覚めさせるショータイムはまだ、続く。(笹田 幸嗣通信員)
 ≪史上初2年連続 100奪三振&30本塁打≫大谷による同一シーズンでの10勝&30本塁打達成は大リーグ史上初。2桁勝利&2桁本塁打は他に1918年のベーブ・ルース(レッドソックス=13勝&11本塁打)しかおらず、19年のルースは9勝&29本塁打だった。大谷は投手として昨季が156奪三振、今季が176奪三振。投手として2年連続100奪三振をマークし、同時に2年連続30本塁打は大リーグ史上初となった。大谷が30号3ランとしたコールの直球97.9マイル(約157.5キロ)は、米移籍後に本塁打を放った球で最速。過去の最速は今年の6月25日のマリナーズ戦でのジルベルトから16号ソロを放った際の96.8マイル(約155.8キロ)。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1日 NYダウ平均 145ドル高、5営業日ぶり値上がり…米国景気の堅調さ意識される

2022-09-02 07:56:30 | 為替 ドル 株式
【ニューヨーク=小林泰裕】1日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は、ここをクリック⇒前日比145・99ドル高の3万1656・42ドルだった。値上がりは5営業日ぶり。
今朝早朝閉まったNYのダウ平均は、中4日空けて5日ぶりに145ドル値を上げました。1日発表された米国の「新規失業保険申請件数が減少し、製造業の景況感を示す指数も市場予想を上回った」為「米国景気の堅調さが意識され」買いが優勢だった結果の様です。ナスダック総合も31ポイント安と小幅ですが値を落としNY株の方向はまちまちで引けました。

読売新聞オンライン:
【ニューヨーク=小林泰裕】1日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比145・99ドル高の3万1656・42ドルだった。値上がりは5営業日ぶり。
 1日に発表された米国の新規失業保険申請件数が減少し、製造業の景況感を示す指数も市場予想を上回った。米国景気の堅調さが意識され、外食大手マクドナルドや小売り大手ウォルマートなどの銘柄が買われた。
 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は31・07ポイント安の1万1785・13だった。
(引用終わり)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする