王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

両陛下 与那国島 最西端の岬を ご訪問 !!

2018-03-31 10:00:35 | 天皇家
天皇皇后両陛下は27日から29日に二泊三日の予定で沖縄を訪問されました。
(恐らく)御在位中で最後の沖縄訪問とみられています。
皇太子時代からは11回目の訪問で先帝昭和天皇が沖縄を訪問できなかった(遺憾の)思いを受け継がれているやに聞いております。さてご予定は頭にありながら27日は朝から国会で「佐川前財務局長の証人喚問」翌日28日はそれに対するTVニュースショーの解説と北朝鮮から要人の乗った列車が北京に到着と報道あり。昼にはその要人が北の金正恩と判明しました。夕刊は中朝首脳会談を大々的に報道し両陛下の与那国島到着を報じただけでした。
両陛下は西崎をお尋ねになり(西の方を)眺められたでしょう。晴れた日は台湾が見えるそうです。

この日にやな国島を発ち那覇にお戻りでしたが与那国空港は特別機が離着陸できるほど大きさのある規模だったのですかね?!

29日には無事帰郷されたようですが麻生財務大臣の「佐川ばかりとのマスコミ批判」や2045年には全国で20%強の人口減などでやはり扱いは軽かった様です。
報道はとも角80歳を超えるご高齢で二泊三日の強行軍はお疲れだったと思います。
本当にご苦労様でございました。


写真:ネットより 日本最西端の岬で

読売オンライン:
沖縄県を訪問中の天皇、皇后両陛下は28日、空路で与那国島入りし、日本最西端の碑がある岬・西崎いりざきなどを巡られた。

 天皇陛下は岬に立つと、「ここが西端になるのね」と感慨深げに話された。与那国町の外間守吉ほかましゅきち町長から、台湾は110キロ先で年に5、6回は見ることができるという説明を聞き、「近い」と感想を述べられた。

 離島の人々の生活や文化も大切に見守ってきた両陛下は、これに先立ち、町立久部良くぶら小で、太鼓やドラに合わせて勇壮に舞う伝統芸能「棒踊り」を観覧し、拍手を送られた。なぎなたの舞を披露した上原祐二郎さん(32)は、両陛下から「継承に頑張って下さい」と声をかけられた。「練習してきたが緊張した。島のことを気にかけてくれてありがたい」と話していた。

 この日は地元漁協で水揚げされたカジキや島固有の与那国馬なども見学された。
(引用終わり)
コメント

日本初の砕氷型LNGタンカー 就航 !!

2018-03-30 09:37:24 | 経済
日本初の砕氷LNGタンカー就航 商船三井、北極海航路で

商船三井が29日までに(恐らく現地時間)日本初となる砕氷型LNGタンカー「ウラジミール・ルサノフ」を就航させたと報じられました。
砕氷型とありますから北の方の施設とは思いましたが何とロシア北部にあるヤマル半島のサベッタ港のLNG施設からオランダのロッテルダムまで初輸送だそうです。

久しぶりに昔の地図を出して探しましたが何とも北ですね。

2.1メートルの氷を砕氷し単独で航行が可能だそうです。

ロシアの天然ガス大手ノバテクが15隻所有するうちの3隻を商船三井が受注したとか。
この基地が十分に機能するとLNGの国際相場は下がりますかね?
まあ東回りをして日本に持ってきてもブルネイ産の方がCIFベースでは安い様な気もしますが価格の国際競争が下げに働けば日本に取ってもメリットはありそうです。
ロシアも凄いものですね。
ソ連崩壊から何年もたたないのにしっかりとLNG基地を整備して輸出可能にしました。
6-7年で仕上げですかね・! すごいものです。


写真:砕氷型LNGタンカー

共同通信:
【モスクワ共同】商船三井は29日までに、日本の海運会社による所有・運航としては初めてとなる砕氷型の液化天然ガス(LNG)タンカー「ウラジーミル・ルサノフ」を就航させた。同日中に北極圏のロシア北部ヤマル半島にあるLNG生産拠点サベッタを出港し、北極海航路を西にオランダ・ロッテルダム港へ向け初輸送を行う予定。

 サベッタでは昨年12月、ロシア天然ガス大手ノバテクが中心となった天然ガス開発「ヤマルLNG」が生産開始。サベッタからのLNG輸出には世界初となる専用の砕氷LNG船15隻を使用し、商船三井はそのうち3隻を受注した。
(引用終わり)
コメント

金正恩 中国を訪問 !!

2018-03-29 07:03:40 | 北朝鮮関連
金正恩氏、非核化に条件=習主席と初会談「段階的措置で解決」―中朝相互訪問で一致

昨日28日中国外務省は北の金正恩朝鮮労働党委員長が訪中した事を報じました。特別列車が中国国境を越え朝鮮に入ったタイミングです。米国にはこれより前に事情を説明したそうです。
26日午後にはダークグリーンの列車が丹東?の駅に入る映像が流れ「朝鮮の要人が訪中か?」との観測が流れました!
昨日28日には日本の夕刊も「金正恩の訪中」を写真と解説入りで報じました。
何と北朝鮮の朝鮮戦争以後の「けつもち(後援者、後ろ盾」であった中国を金正恩は嫌っていた傾向がありましたがついに日米韓を中心とした包囲網に対抗策を本気で考えたという事でしょうか?

五月末頃米朝の首脳会談で「非核化のカード」を切るとすればそれなりの支援を要請しておくという事でしょうしこれに対して習主席は早い時期の訪朝を応諾したそうです。
いや今回の訪朝も中国からの呼び掛けの様ですから3月初に3期目の主席就任可能にした習政権の自信のある対朝鮮政策の構築なんでしょう!
「非核化」で総論賛成で何も起きないより「段階的」なる表現にこだわれば米朝の朝鮮戦争に関する平和協定締結も含めて厳しいせめぎあい(例えば在韓米軍の撤退、戦術核兵器の半島からの撤収等)がありそうですがはて専門家が次々と入れ替わるトランプ政権はどんな対応をするのでしょう?
仮に段階的に進むとして疲弊の極みにある北の民生を救う力は韓国にはありません。日本はしっかり交渉を眺めながら「拉致の問題」に絡め米国に変わり金だけ提供させられないようしっかり交渉を見守る必要がありそうです。
北が少しは本気で「孤立回避」を願っているのかを見定めたいものです。
遠藤誉先生の意見を聞きたいものです。


写真:人民公会堂で記念写真

時事通信:
【北京、ソウル時事】中国外務省は28日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が訪中し、26日に習近平国家主席と北京の人民大会堂で会談したと発表した。金氏は、4月末以降に行う南北・米朝の首脳会談に言及した上で、「(米韓が)われわれの努力に善意で応え、平和実現に向けて段階的で歩調を合わせた措置を取るなら、半島非核化問題は解決できる」と述べ、非核化実現に向けた条件を付けた。北朝鮮は、体制保証のほか、米韓合同軍事演習中止や制裁解除といった敵視政策の撤回などの要求を突き付けるとみられる。

 金氏が中国との関係改善を急いだのは、「後ろ盾」を確保して米韓との交渉を有利に運びたい思惑がある。このため習氏に「戦略的連携を強化し、対話の勢いと半島の平和安定を維持したい」と求めた。

 金氏は2011年末に最高指導者の座を継承して以来、初の外遊先として特別列車で25〜28日に訪中。習氏は会談で「今回の訪中は時機が特別で意義は重大だ」と述べ、「(首脳の)相互訪問や特使派遣を通じた連携保持」を提案すると、金氏も賛同するなど冷え込んだ中朝関係の改善で一致した。朝鮮中央通信によると、習氏は金氏からの訪朝招請を受諾したという。

 金氏は会談で「祖父の金日成主席と父親の金正日総書記の遺訓により非核化実現に尽力することはわれわれの終始変わらない立場だ」と強調。さらに南北関係を「和解と協力の関係に変えることを決意した」と訴えるとともに、「米国と対話し、朝米首脳会談を行いたい」とトランプ大統領との会談に臨む決意を伝えた。習氏は「中国は建設的な役割を続け、半島情勢が緊張緩和に向かうよう各国と共に努力したい」と応じた。

 会談後に夕食会が開かれ、両首脳の夫人のほか、中国側は李克強首相や王岐山国家副主席も出席する厚遇で迎えた。金氏はあいさつの中で「朝鮮半島情勢に空前の巨大な変化が起きている」と述べた。

 中国中央テレビは28日午前、約15分間にわたり金氏の訪中を詳しく伝えた。会談中の映像は音声がなく、人民服を着た金氏が、やや緊張した表情で手元の紙を見ながら発言した。27日に金氏が北京を去る際も習氏と固く握手した。 
(引用終わり)
コメント

佐川氏 証人喚問 答弁拒否56回 !!

2018-03-28 06:53:06 | 政治
【佐川氏証人喚問】答弁拒否56回、野党の怒号…4時間超、居眠り議員も

昨日27日朝10時前にはNHKのTVは国会中継を始めました。
「笑うてんか」を見て午後2時から佐川氏の国会証人喚問をゆっくり見ようと思って雑用を片付けてしまおうと思ったらなんともう委員長が佐川氏の証人宣誓の手続きを進めていました。
何だ早いじゃないか?と思ったら参議院の喚問は10時からで衆院が2時からとの様でした。
余談ですけど佐川氏が宣誓書(文)に自書した上にポッケから印鑑を出してて捺印していたのは(形式主義にして無意味な)滑稽でしたね。
大体「絶対神との契約に基づく信仰」を持たないほとんどの日本人にとって「神の名に懸けて誓う」その具体的証として「聖書」に手を置いて宣誓する欧米の形を「良心」と呼び何だか保障にならない道義的な言葉にかけて誓わす行為が物まねなんですね。

従って佐川氏が「」すべてをぶちまけて真実を語る」と言う淡い期待は見事に裏切られました。
又国会での証人喚問でも「黙秘権」が認められている(何人も自己に不利益となる供述はしなくてもよい)ですからね!

その結果、政権寄りとみられるこの産経新聞でも証言拒否56回とか数え方出差がありますが他社でも40数回から50回前後証言拒否とあります。

その結果、政権の幹部や昭恵さんの指示命令示唆などは無く一切理財局の中で「文章の改ざん」が行われその責任は佐川氏にありとして謝罪しました。
しかし
実際に有った事を書き綴った公文書や付帯するメモの類を「佐川氏が何の目的でどうして改ざんしたのか」は喚問ではわからずじまいになりました。
安倍政権が続く野党の証人喚問を認めるかどうかは今週以降行われる自民党もしくは安倍内閣に対する支持率がはっきり下がるかどうかだと思います。
仮に政府寄りのマスコミで20%台に入り反政府系で25%あたりの数字が出ると追っての証人喚問が政局になりそうです。
それとは別に大阪地検の取り調べをしっかりやってもらう必要がありますよね。まあ三権分立ですが淡々と進めて欲しいものです。


写真:喚問中の佐川氏

産経新聞:
 衆院と参院合わせて4時間超、かたくなな姿勢は変わらなかった。学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却をめぐる文書改竄(かいざん)問題で、27日に国会で行われた佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証人喚問。改竄当時の財務省理財局長でキーマンと目される佐川氏だが、官邸や政治家の関与はきっぱり否定する一方、計56回に及んだ答弁拒否に議論の場はたびたび紛糾、野党議員の怒号が響いた。問題の真相はいまだ藪の中だ。

 午前9時半前、参院第1委員会室。国税庁長官辞任を表明した9日以降、初めて公の場に姿を現した佐川氏は、黒のスーツに紺のネクタイ姿で、終始硬い表情のまま証言席に腰掛けた。

 佐川氏は衆参いずれの予算委員会でも、改竄問題の結果責任を認めた。「責任はひとえに私にある」。深々と頭を下げて謝罪した。

 しかし、問題が発覚した昨年2月以降の国会答弁の根拠となった資料(文書)が、改竄の前か後のものかを問われると、「改竄の経緯に結びつくので」と答弁を拒否。野党席から「それは違う」と異論が上がるなど質疑は何度も中断した。

 質問が核心に触れるたびに証言を拒む佐川氏に「茶番じゃないか」とのやじが上がると、与党側は「証人喚問はこういうもんだ」。業を煮やした野党議員から、要件を満たさなければ「証言拒否罪」に問われかねないと指摘された佐川氏が、やや声を震わせて話す場面もあった。

   □ □ □

 問題の核心に触れない一方、政治家らの関与や影響を明確に否定。「安倍総理からの指示はありませんでしたね」「総理夫人の指示もありませんでしたね」。矢継ぎ早に問いただした自民の丸川珠代議員に対し、佐川氏はいずれも「ございませんでした」と答えた。

 こうした「断言」に野党側は疑問を呈した。無所属の江田憲司議員は「なぜ一切関与がないと言い切れるのか」と追及。佐川氏は「官邸や大臣から指示があれば当然、私に報告があったはずだ」と主張した。

 野党側の質問に険しい表情で耳を傾けつつ、与党側の質問にはうなずきながら聞き入る光景も目立つ。

 改竄前の文書には安倍昭恵首相夫人の動向が書かれていたため、官僚側の“忖度(そんたく)”の有無も焦点に。佐川氏は「個々の内面の話なので適当なことを言うことはできない」としながら、報告で首相夫妻の話が出なかったことを強調した。

   □ □ □

 今回の問題は、本をただせば、国有地の8億円超の値引きが適正だったかどうかにあった。立憲民主の逢坂誠二議員が、取引の経緯で「わびる部分はないか」と問うと、佐川氏は「個別いろいろ批判はあるだろうが、不動産鑑定士の判断」と妥当性を訴え、「貸し付けも売却も、今でも正しいと思っている」と述べた。

 長時間に及ぶ厳しい追及が続いたが、「官邸から証人喚問で『こういう答弁をしてくれ』と頼まれたか」「(むしろ)自分は被害者だと思わないのか」などの質問には、戸惑いを見せながらも表情を緩めて否定する姿もみられた。

 「国民が知りたい真相を解明できたと考えるか」。最後に維新の丸山穂高議員から聞かれた佐川氏は「どういう経緯なのか答えていないので、明らかになっていない」と自ら不十分さを認め、衆参での証人喚問は午後4時過ぎに終了した。

 同じようなやりとりが繰り返されたためか、午後の喚問では与党の質問時間に居眠りをする議員の姿も。喚問を終えた佐川氏は足早に議場を立ち去った。
(引用終わり)


コメント

新宿署 女性巡査 暴力団員に情報提供?!

2018-03-27 06:47:07 | 社会
書類送検の女性巡査 暴力団員に現金渡した疑い

先週の中ごろと思いますが週刊誌が「女性巡査がやくざと交際」みたいなタイトルでセンセーショナルなネタにしてこの件を扱っていました。
早い新聞は19日遅くとも20日には報道していますが警察に遠慮して?軽い扱いになっていた様です。

新宿署の女性巡査は昨年暴力団事件などを扱う同署の組織犯罪対策課に勤務中同課の対象者であった30代の男と交際し「頼まれて捜査情報を漏らし」地方公務員法」違反で停職6か月の懲戒処分を受け19日に依願退職しました。
それとは別に今年になり暴力団員に頼まれ100万円を渡していたそうです。
情に絡まれて貢いだという事ですかね?!

新宿署と言えば警察小説でも有能な計時や特別組織が大活躍するマンモス警察ですけれど実際は「やくざに貢つぐ女巡査」その結果捜査情報ジャカジャカ漏れなんてこれも絵に描いた様なお粗末な一件でした。
まあもっと重大犯罪の関わりでなかったのが不幸中の幸いかも知れません。
女性巡査には「正しい男女交際」を教場(警察学校)で教えてから現場に出す必要のある時代なんでしょうね。
「貞操を守れ」なんていませんがれない対象は選ばないといけません。


写真:新宿署(ネットより)

NHKニュース:
交際していた暴力団員に捜査の情報を漏らしたとして書類送検された警視庁・新宿警察署の23歳の女性巡査が、この暴力団員の求めに応じて現金およそ100万円を渡していた疑いがあることが捜査関係者などへの取材でわかりました。

新宿警察署の23歳の女性巡査は、去年12月、仕事で知り合って交際していた30代の暴力団員の男に捜査の情報を漏らしたとして地方公務員法違反の疑いで書類送検され、停職6か月の懲戒処分を受けて19日辞職しました。

警視庁によりますと、暴力団員から「自分が捜査の対象になっているか教えてほしい」などと頼まれ、この暴力団員が関係する事件の資料を確認して内容を伝えていたということです。

暴力団員は、ことしになって巡査に「金を貸してほしい」と頼んでいたということですが、巡査が現金およそ100万円を渡していた疑いがあることが捜査関係者などへの取材でわかりました。

関係者によりますと、暴力団員は「金は毎月少しずつ返すつもりだった。迷惑をかけて申し訳ない」などと話しているということです。

警視庁は、暴力団員との関係などについてさらに調べています。
(引用終わり)
コメント