王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

防衛施設庁 解体?

2006-02-02 08:29:23 | 官僚と構造改革
施設庁解体を明言 額賀防衛庁長官 (産経新聞) - goo ニュース
今国会中の野党による政府攻撃の為の第4点目に指定された防衛施設庁の官製談合であるが額賀防衛庁長官が施設庁を解体すると明言した 加えて天下り先の財団法人の取り潰しも視野にあるそうだ
もしそうなれば構造改革の目に見える結果が出る

額賀防衛庁長官は8年前小渕内閣の防衛庁長官であったとき防衛庁の石油調達に関する役人の背任・汚職事件で問責決議を出され就任4ヶ月で詰腹を切らされた その事が脳裏にあるから今回の事では怒り心頭であろう

担当大臣が怒れば庁規模の廃止(防衛庁への吸収合併であろうが)が実現すれば立派なもの 加えて天下り先の受け皿そのものである半官半民の財団法人を取り潰し出来れば他の省庁の受け皿にも手を入れる先駆けとなる

しかし ♪そうだったらいいのになー そうでだったらいいのになー♪と子供の歌の歌詞を思い出す
前回は額賀氏は就任4ヶ月、今回は9月までもって1年事務次官以下局長級は頭を下げ嵐の過ぎ行くのを待てば良いのであるから 面従腹背 ハイハイと二つ返事をしておいて何もやらないか 或いはやった振りをして抜け道だらけの変更(改革でない)をやる 有名大学卒の入省順による序列はこ揺るぎもしない ここは民主党が主張していたように局長以上は内閣の意向に従うか否か意思確認をしなければ
或いは将来的には米国の様に政権交代と同時に高級官僚の交代も行われないと腐敗は防止が難しくはないか 施設庁の役人は進駐軍の物資調達を請負い敗戦で仕事の無い、売り先の無い日本人に注文をしてやるとの特権的構造で育ってきているから懲りないのだよ 支払いの元が税金である事もすっかり忘れて! 

冷やかしてばかりではいけない 額賀氏の腕前を見守りたい 又野党は何を政府に要求するのであろうか 野党の力量も見極めたい 
 

コメント (2)   トラックバック (11)

構造改革と官僚の弊害 

2005-10-05 15:34:26 | 官僚と構造改革
昨晩朝日テレビの“センセイ教えてください”という番組を見てしまった 若いタレントが学校の先生や代議士先生にいろいろ問題を出して面白おかしく回答を聞く3時間であった サラリーマン増税、年金(社会保障)、財源としての消費税、公務員定員削減、特別会計の整理、はては憲法9条改正まで改革の対象となる案件のオンパレードであった どれか一つだけでも国民的合意(郵政民営化のように)を取りまとめる素案を出せばセンセイ方は国会議員として国民に答えた事になる さて与野党議員の論戦では意見のかみ合う事案も有るのだが官僚(省庁と言い換えても良い)の反対をつぶさないと実現が難しい様だ 官僚の利権には勿論族議員や業界人がそれぞれの立場でぶら下がっている 官僚の弊害
                          
そもそも官僚とは“大東亜戦争前は天皇親政という虚構に輔弼の臣(天皇のなすべき事或いはなさぬべき事を奏上しその結果に責任を持つ者)を置き(彼らが権力の実態)その実行を官員官吏が行った この官員官吏が戦後になって亡霊のごとく徘徊している姿の別称である”
昭和天皇は昭和20年8月自ら終戦の決断をなされ政治の場から身を引かれた 天皇に忠誠を誓うが故に清廉潔白であるはずなのに忠誠を誓う対象が無くなり実務上の権限を握ったまましかも国会議員と異なり選挙による国民の監視を受けないのであるから堕落するのは当然と言えば当然 年金の掛け金を経費に流用 マッサージ器からゴルフボールの購入 格安官舎 調査費をプール 飲み食いや送別費に 採算無視の豪華施設の建設 官製談合 天下り先の子会社設立等 ワイドショーのネタに事欠かない まだまだ有るけど不愉快だから書かない 吏道不心得につき切腹 お家断絶 知行召し上げは当然である 民主党が先のマニフェスト?で高級官僚に政権党の政策に従うか否か問うと書いたのは珍しく正しい 

行政の改革には特別会計に手を入れて反対する官僚や族議員は国民おちょくり罪で即逮捕 彼らのギョーセイシドウ他 法の目にも触れない権限を根こそぎにしないと駄目
センセイ達が言っていた 官僚が問題と その言やよし でも誰がやるの?と思う 爺はマッカーサー元帥かと思ったが 答えは首相の強いリーダーシップの下 内閣府に省庁横断的に一元管理する“改革実施所(爺の言葉)”を作れだって 賛成する 小泉総理すぐやって

 


コメント