王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

ゆずの北川さん 高島彩さんと結婚

2011-10-21 08:55:29 | 芸能
「ゆず」の北川さん、高島彩さんと結婚(読売新聞) - goo ニュース

朝たまたまフジテレビの「とくだね!」を見ていたら小倉と中ミーが盛り上がっていました。
高島彩さんはフジテレビで一寸前まで局アナだったようで中野アナの先輩になりいろいろゆずの北川さんとの付き合いはとっくに承知の話だったようです。
それにしても「天がニ物を与えた人」は結構いるものですね。
北川さんは男前の上、当然ながら歌が上手い! 彩さんはフリーアナとしてやっており美人!
どうぞ幸せに暮らしてください。

話のついでに:
ゆずは横浜の(今は取り壊された)伊勢佐木町の野沢屋のまえで弾き語りをするストリートミュージシャンだったんですよ。
浜爺の知人の息子もゆず(見たい)になりたいと7-8年も売れない歌手をやっていましたがこの不景気に耐えかねて「専門学校」に通い介護福祉士になりましたがどうも合わないみたいで又フリーターをやってます。
どの道でも成功するのは大変ですよね。

さて来年2月には横浜で披露宴との事。何かと目立たない横浜のため大いに気を吐いてくれて有り難う。
局アナからフリーになった女性人が過日TVで喋る番組を見ました。
内田恭子さんしか名前が思い出せないのですが彩さんも子供の2-3人をたちまち生んで公私共に活躍してください。

追記:北川さんの実家は新興宗教の教祖?さまの家柄だそうですね。挙式した神社はその傘下のものだとか。将来的には彩教祖様(男より女の方が憑依し易いらしい)ですかね?
波乱の人生に乗り出したのかもしれません。

読売新聞:
人気グループ「ゆず」の北川悠仁さん(34)は20日、フリーアナウンサーの高島彩さん(32)と山梨県内で結婚式を挙げたと発表した。

 北川さんによると、2人は6年前から交際しており、来年2月には横浜市内で披露宴を行う予定という。
(引用終わり)
コメント   トラックバック (2)

リビヤ カダフィ氏 死亡 !

2011-10-21 07:28:32 | 海外
カダフィ氏死亡、リビア暫定首相が発表 国づくり本格化(朝日新聞) - goo ニュース

今朝20日の読売新聞一面は「カダフィ氏死亡」と大きく見出しを掲げています。
早朝のTVニュースとあわせると:
カダフィ氏は最後の根拠地中部のシルト攻撃から逃れる為車列を組んで逃走中にNATO軍の空爆を受けた。車から逃げ出した所を銃撃戦で射殺された。
20日「国家評議会(反カダフィ精力)」の発表ですからこの日か前日の話なのでしょうね。

これで42年に及ぶ独裁政権のカリスマが倒れたのですから「国民評議会」が軍事的に全土を制圧し政治的にも表になった事になります。
そう言えば先週でしたか米国のクリントン国務長官が乗り込んで「評議会」支援を明言していました。

カダフィが王様を追い出した頃は「砂漠にテントを張って」なんて清潔なイメージがありましたがその後北朝鮮と並んでテロ支援国家の指定を受けて非難された時期を過ごし英国の斡旋で「核開発放棄」と共に西の支援も受けられるように見えたのですね。
そんな方向転換も効果を表す前に今年1月チュニジアに始まったジャスミン革命がエジプトに飛び火した影響でしょうね? リビヤでも反政府運動がおきました。
ここからが隣の二国と違う事には「NATO軍が反政府支援のため空爆に参加し米国も無人偵察機で情報支援をしていたようです」

カダフィが黒で評議会がしろとは簡単にはいえない図式です。
リビヤからは160万バレル/日の良質な原油が出るのですから地中海南岸というヨーロッパの消費地に近い事と合わせ英仏伊がいろいろな思惑で関わってゆくのでしょう。
フセイン政権崩壊後のイラクが安定しない様にカダフィ亡き後、西の何処が部族国家に手綱をつけて飼いならすのでしょう??

国家再建なるまで紆余曲折有りそうに見えます。
本当の友達は誰でしょうね?
しっかり見守ってゆきましょう。


朝日新聞:
リビアで42年にわたって独裁政権を続けたカダフィ氏(69)が20日、出身地の中部シルトで死亡したと、反カダフィ派組織、国民評議会が発表した。評議会の部隊はこの日、カダフィ派の最後の拠点だったシルトを陥落させ、リビア全土をほぼ制圧した。2月に大規模なデモが始まり、内戦状態にあったリビアは今後、評議会を軸に新たな国造りを本格化させる。

 評議会のジブリル暫定首相は20日、首都トリポリで記者会見し、シルト攻撃の際に「カダフィは死んだ」と発表した。ジブリル氏はさらに「この歴史的な瞬間をリビアの人々に捧げる。この国にもう脅威はない」と語った。抵抗を続けていたカダフィ氏の勢力は同氏の死亡で消滅に向かうものとみられる。

 市民による反政権デモを機に中東・北アフリカで政権が崩壊したのは、1月のチュニジア、2月のエジプトに次ぎ3カ国目。
(引用終わり)
コメント (3)   トラックバック (14)