王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

横浜でストロンチウム90検出?!

2011-10-13 06:58:57 | 福島原発事故
横浜でストロンチウム検出 100キロ圏外では初(朝日新聞) - goo ニュース

昨日12日の新聞情報です。
横浜市の港北区のマンションの屋上に溜まったで多分土砂やごみの中から195ベクレル/1キロあたりのストロンチウム90が検出されたそうです。

福島原発事故が原発200発?分もの放射能を周辺に撒き散らし遠い所では静岡の茶葉からセシウムが検出されたのですから関東地方が安全な訳がありません。
事故後の3月21日のブログで指摘したように「核爆発ならストロンチウム90」なんかの放射能漏れもありえたのですよ

浜爺が知人から教わった限りではセシウムは検出されるがストロンチウムが検出されないのはストロンチュームが0なのではなくストロンチュームはストロンチュームを検出する装置なり機械なりでしっかり別途検査をしないと検出されないのです。
その簡易測定器はセシウム検出器ほど簡単には作れないそうです。
大胆に言えば「セシウム」による放射能が大量に検出される地域ではその数千分の一か数万分の一の量でストロンチウム90があると思う方が理に適っています。
横浜市が精査してこの件については後日結果を公表するそうでうす。
しっかり調べてください。 それと市内で放射能のホットスポットがあるならその周辺はストロンチウムの検査も必要になるでしょうね。

世田谷の弦巻で以上に高い放射線量が測定されたと報じられています。
多分セシウム由来の放射線量なのでしょうがこれからはその放射線量がどんな物質由来なのか調べる必要がでるかもしれません。金は掛かるし人手は取られるし地方自治体は頭の痛いところです。
でも保育所や小中学校が近くに有れば「金と手間を惜しんでる訳に行きません」
野田首相と安住財務相 しっかり予算の捻出をお願いします。
しっかり見守っています。


朝日新聞:
横浜市港北区のマンション屋上の堆積(たいせき)物から、195ベクレル(1キロあたり)のストロンチウムを、民間の分析機関が検出した。東京電力福島第一原発事故で放出されたとみられ、結果の報告を受けた横浜市は、再検査を始めた。

 検出されたのはストロンチウム90(半減期約30年)。文部科学省の調査では福島県内や宮城県南部など福島第一原発から100キロ圏内で検出されているが、約250キロ離れた横浜市内では初めて。

 場所は築7年の5階建てマンション屋上。7月、溝にたまった堆積物を住民が採取し、横浜市鶴見区の分析機関「同位体研究所」で測定した。放射性物質が蓄積しやすい条件とみられるため単純に比較できないが、4~5月に福島市内の土壌から検出された77ベクレルと比べても高い値だ。

 同じ堆積物からは6万3434ベクレル(1キロあたり)のセシウムも検出。私有地であることを理由に公表していないが、市衛生研究所でのセシウムの再検査でも、同じ堆積物から10万5600ベクレルが検出された。
(引用終わり)

コメント   トラックバック (1)