爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

11-08-31(水) 雨が・・・

2011年08月31日 | ウダウダ日記



朝から蒸し暑いと思っていたら、午後になるとバケツを返したような雨。
遠来の釣友の居る角館方面はどんな塩梅か心配。
昨日までの米代水系は、彼らの到着と同期して釣況悪化。
連日の好調モードは何処かに吹き飛んだ。
消化不良のまま桧木内川に移動してきた彼らに、この辺で納得の出来る釣りを・・・。

終盤戦を迎えている米代水系のアユの状況が心配だ。
各地を転戦する際、感染症が疑われるその地域からのオトリ持ち込みはご法度。
されど生乾きのまま使用する着衣や各種道具類までも持ち込み禁止とすることは難しく、あれがもし憂慮すべき感染症だとすれば、蔓延を防ぐ方策など存在しない。
被害を最小限に留めるのは、天候回復と水温の上昇以外に現実としての措置はない。
しかし今日から3日間はまたしても雨マークが並んでいるし・・・。

 

コメント

11-08-30(火) 惨敗の阿仁川

2011年08月30日 | アユ釣り



昨夜鹿角から移動して来て温泉に、そして釣友との楽しい酒宴、そして車中泊。
阿仁前田06:00、オラの釣行3日目も、雲は多いながらもまずまずの天気に恵まれた。
若い頃ならいざ知らず、歳とってからの連荘は正直辛い。
だが気力を振り絞って江戸の敵は長崎でと、昨日の雪辱戦に燃えるオラであった。
しかし河川敷に集まる常連さんからは、数日前から釣況が急激に悪化したとの情報を得る。
その時はあまり気にしなかったが、直ぐにその情報の正しさが証明されることとなる。

(以下釣行記へ)

 

コメント

11-08-29(月) 米代無情

2011年08月29日 | アユ釣り



アユ談義に湧いた賑やかな一夜が明けると、鹿角の郷は今日も上天気。
しかし眩しい陽射しはあっても、吹く風は涼しく否応なく秋を感じさせる風情だ。
早くも稲穂が頭を垂れトンボが群れる中、オラの釣行2日目がスタートした・・・、苦悩の。


(以下釣行記へ)

 

コメント

11-08-28(日) 久しぶりの鹿角エリア

2011年08月28日 | アユ釣り



昨日から米代入りしている遠来の釣友に逢うべく鹿角へ。
10:00、久保田橋シモにて暫しの歓談。
そしてオラの3日連続のアユ釣行がスタートを切った・・・、苦悩続きの3日間が。

(以下釣行記へ)

 

コメント

11-08-27(土) 山の湯宿

2011年08月27日 | ウダウダ日記



残暑再来、昨日に増していい天気。
アユ釣りも終盤戦、こんな釣り日和なのにオラは山あいの温泉宿で朝を迎えた・・・勿体ない。
所属する某業界の勉強会、実はただのつまらない飲み会であった。
午後には解放されたものの、明日朝は1時間ほど地域の行事に参加しなければ・・・。
毎日が日曜日みたいなオラでも、なかなか時間が自由にならないものだ。

遠来の客人は今何処に・・・。
しっかり楽しんでおられますかな。
オラは明日午後から参戦予定となりまする。

 

コメント

11-08-26(金) 夏再来

2011年08月26日 | ウダウダ日記



締め切ったカーテンの隙間からこぼれる朝日。
湿度が低下して乾いた空気、このからりとした明るい朝を迎えるのはおよそ1週間ぶり。
日焼けした庭の緑を揺らして、少し黄色みを帯びた初秋の風が吹き抜ける。
サンショに纏わり着くアゲハチョウ、何処から湧き出したのか急に増えたトンボの数。
あと数週で終わってしまうアユ釣りのことを考えなければ、誠に気持ちのいい時期である。

暫く停滞していた秋雨前線は遠ざかったが、今度は台風の進路が気になる。
このところの地球の営みの中で、過去データを逸脱した思いも寄らぬ事象が頻発している。
あと1週間もしないうちに、突然シーズンが終わってしまうかも知れない。
この晴天域に入っているうちに、できるだけ釣行日数を稼ぎたいと思っているオラである。

 

コメント

11-08-25(木) 長良川

2011年08月25日 | ウダウダ日記



ムコ殿もアユ釣りをなさる。
休日のたびに近場を釣り歩き、娘に聞くと結構釣果を持ち帰っているらしい。
しかオラは未だ一度も手合わせをしていないので、ホントの実力のほどは不明だ。
そのムコ殿から秋彼岸の連休を絡めて、岐阜方面へ3泊4日のアユ釣りの誘いがあった。
娘夫婦と年寄り夫婦の4人旅。
女衆は白川郷などを観光、男衆は2日間に渡り川に浸かると言う計画だ。
アユ師たるもの生涯に一度は「長良川」を経験したいものとは思いつつも、これまではその機会に恵まれることなく歳を重ねてしまったオラである。
それにしてもかなりの行程である。
若い頃なら直ちに食いつく話だが、体力が落ちた今では考える時間が欲しい。
今季予定していたはずの新潟方面でさえ躊躇している有様なのだから・・・。
さらには現地情報を得るのも大変そうだし・・・。
近日中になんらかの返事をしなければ・・・、オラは今、大いに悩んでいる。

 

コメント

11-08-24(水) 再び増水

2011年08月24日 | ウダウダ日記



震災で延期されていた地方選挙が始まった。
現在は市議候補者が入れ替わり立ち代り、小雨降る表通りを連呼しては通り過ぎる。
この後は知事選挙も行われ、この時期貴重な週末が二度に渡って拘束される。
オラは早めに期日前投票をしておこうかと・・・。

雨のピークは過ぎたかに思える北東北、平水復帰をしたばかりの秋田河川は、前回を超える降雨量により再び大増水となってしまった。
8/26~27は津波被災地との定例打ち合わせと慰安会。
その後は釣り三昧となるも、はたして釣り可能水位まで落ちるのかを心配している。
一昨日のアユは未だ若かったが、成熟はもう時間の問題。
今季は真っ黄色のアユを釣らないまま、終わってしまうのかなぁ。
未だ目にしたくなかった秋の色、裏の畑のホウズキが色付いてしまったし・・・。

 

コメント

11-08-23(火) またも雨・・・

2011年08月23日 | ウダウダ日記



前線が北上して、EHATOVの郷は朝から冷たい小雨模様。
景色は緑濃い夏色のままなのに、もはや涼しさを通り越して肌寒い。
残暑が戻らないまま秋に突入するのではないかと錯覚してしまうような気候だ。
オラの予想は暑さは9月一杯は続き、そして秋は短くて冬は早めにやってくる。
もう暫くはアユを追いかけて、徹底的に夏を楽しみ尽くしたいものだ。
どうやら週末頃から天候回復の兆しは見えている。
そう、この夏、目標達成まではまだまだ程遠いのだから・・・。

 

コメント

11-08-22(月) 阿仁川10回目

2011年08月22日 | アユ釣り



目覚めると外は小雨模様、昨日の夕焼けはなんだったのか。
通い慣れた峠路、とても8月とは思えない氷雨そぼ降る中を、阿仁の郷に入る。

先日の雨、さほど垢を飛ばした様子もなく、綺麗に澄んだ阿仁川。
08:00、早くも流れに立ち込む釣り人の姿。
朝の水温18℃、今日は日中でも殆んど変らないであろう。
そうとう厳しい釣りを覚悟しつつ、オラは下流浦田方面へ。
(以下釣行記へ)

 

コメント (1)

11-08-21(日) いやはや・・・

2011年08月21日 | ウダウダ日記



爺たんちに初めてのお泊りをした孫たち、聞きしに勝る上の子の寝相の悪さ。
縦横無尽に転げまわるこどもに風邪をひかせぬようにと一晩中それを追いかけ回したオラだった。
夜が明けてから訊ねてみると、爺たんと楽しく遊んだ夢を見ていたのだと言う。
下の子も爺たんと雪の滑り台で遊んだ夢を見たと言う・・・、そしておねしょも。
朝飯を食って一騒ぎしてようやく帰っていったが、案じた通りオラは完璧寝不足になった。
お陰で、これから釣りのために100Km以上も走る根性などすっかり消え失せてしまった。
米代水系、高水からの引き際のチャンス、今回はとうとう逃してしまったのであった。

西の空が紅く染まった。
明日はいい天気・・・、早く起きられたら・・・。

 

コメント

11-08-20(土) お泊り会

2011年08月20日 | ウダウダ日記



引き水の米代方面へ出かけるつもりが、急遽取り止め。
前夜、孫からの電話あり、「明日爺ったんちにお泊りしたい」のだと言う。
娘一家がこの家を出てから1年5ヶ月経って、初めてのお泊りだから・・・。

午後にやってきた孫たちは、日が暮れるまでパワフルに遊びまくる。
一時もオラから離れない孫たち、疲れ果てヘロヘロになった身体に鞭打ち最後は花火で締める。
風呂に入れてやっと寝てくれたのは21:30。
しかしあまりの寝相の悪さに、オラは殆んど眠れない一夜となった訳で・・・。
勿論、明日の釣行も無理であろう・・・。

 

コメント

11-08-19(金) 終盤戦

2011年08月19日 | ウダウダ日記



北東北に懸かっていた前線は南下、雨域が遠ざかると5日ぶりの青空が広がった。
たっぷり水を吸った大地から立ち昇る湿気の中、暫くぶりで庭木の手入れをした。
汗ばんだ肌には乾いた風が涼しさをもたらし、あの頃の暑さとは確実に何処かが違う。
今日はまるで聞こえてこないセミの声、見上げる空に群れ飛ぶアキアカネ。
例年北東北は、お盆が過ぎる頃から一気に秋めいてくる。
この後は残暑があっても、真夏日となることはそう多くはないはず。
いよいよ寂しい季節の到来。
北のアユ釣り、残る釣期はおよそ1ヶ月。
リセットされた北の川、終盤戦のスタートをいつ何処にしようかと・・・。

 

コメント

11-08-18(木) 雨、峠を越す

2011年08月18日 | ウダウダ日記



雨降り4日目、北東北全域は昨夜から雷を伴った豪雨に襲われる。
クルマの乗り降りもずぶ濡れを覚悟しなければならないほどだ。
大雨洪水警報下の米代水系では、一気に警戒水位を超えた地域も出た。
今日は前線を伴った低気圧は南下、北陸から南東北が雨域に入っている。
ピークは過ぎたかに思えた北東北だが、それでも断続した激しい降りは続く。
朝のうちはこのまま収束するのであれば、釣り荒れの川には都合のいい雨だと感じていたが、我がHGはさらなる増水に転じてしまった。
今回ばかりは少々降り過ぎの感は否めず、なかなか上手くはいかないものだ。
これまで全く漁のなかった簗場関係者にとっては、笑いが止まらぬ雨だったかもしれないが。
ともあれ連日に渡り攻め尽くされた渇水の川が、暫し竿が入らない期間を置くことで、再び活性化することに期待したいものである。

 

コメント

11-08-17(水) 雨燦々と・・・

2011年08月17日 | ウダウダ日記



涼しい風が吹いた昨日とは違って、梅雨時に似た蒸し暑さ。
時折ザザーッとくるが、直ぐに止んでちょっと日差しも顔を出す。
それでも気温は30℃を下回って割りに凌ぎ易い。

ふと表に目をやると、庭のブドウが色付くなど、秋色が目に着くようになった。
冗談ではない・・・、アユの釣果はまだ目標値の半分、少々焦りも出てきた。
もう片腹が入ってきているのもあるはず、これからは泳ぎが悪くなり数の出難い時期に入る。
この雨、有望河川の水位を何処まで上げてくれるのか、楽しみなような心配のような・・・。

 

コメント