爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

07-10-31(水) 県北に・・・

2007年10月31日 | インポート


本日もまた某釣友の仕事のお供で県北方面へのドライブ。
車窓から眺める紅葉は、既に鮮やかさが失われ茶褐色に変色。
あきれるほど広い県土、谷を渡り峠を越えて、ケツの痛くなる頃にようやく目的地到着。
そしてほんの少しだけ仕事をして、再びとんぼ返り。

もう10月もお終い、明日からは11月だもの。
平地にいつ雪が来ても可笑しくない季節、一夜明けたら突然初冬の佇まいなんてことも・・・。


 

コメント

07-10-30(火) 抜け毛

2007年10月30日 | インポート


          スギタケ


アユ終盤頃から肩と肘と腰に疲れを残したままのオラ、今朝もまたすっきりしない目覚め。
アユシーズンが終わるのを待ってたかのように、これまで封じ込められていた不健康部分が表に出てきた感じがあります。
歳の割には豊富だとお世辞をこかれる頭髪も、自然界の落葉と同期していまや激しい抜け毛。
櫛にかかる抵抗感がなくなり
、最近では地肌がかなり透けて見えるようになったのね。
ほんに秋は寂しいぞ・・・ってか。


 

コメント

07-10-29(月) 値上げ 

2007年10月29日 | インポート


厚い雲間から一瞬こぼれた薄日が周りを明るく照らしますが、ほぼ一日中どんよりした天気。
時折さぁ~っと冷たい霧雨が降ってきます。
家族はそのたびに、洗濯物を入れたり出したりと忙しい思いをしてますぞ。
ネコたちは暖房機の前の一等席を占領して、一日中そこを離れませぬ。
日没の時刻もどんどん早くなってきて、午後4時にはもう部屋の電灯が必要だよ。

さて近日、石油製品がさらに値上がりすると言う・・・。
暖房熱源の選択、もしかして今なら電気が一番安いんじゃないの・・・。
いつか真面目に検討してみようかね。


 

コメント

07-10-28(日) 納竿会明けて

2007年10月28日 | インポート


夜の更けるまで呑みかつ語りあった翌朝、南花巻温泉郷大沢温泉は日本晴れ。
夜のうちに雨が降ったらしく、見頃には少し早い紅葉がしっとりぬれて朝日に光っております。
早起きして、ひとしきりアユ談義に花を咲かせた後、名残を惜しみつつの散会でござりまする。

地域の飲み会出席を強要されているオラは、皆さんと別れてさっさと帰宅。
昨夜の楽しい語らいとは異なって、なかなか共通の話題がみつからない農家の方々との数時間、ひたすら苦痛の時を耐えたのありましたがな。


 

コメント

07-10-27(土) 納竿会

2007年10月27日 | インポート


ライトアップされた紅葉を眺める露天風呂はなかなかの風情ではございましたが、大沢温泉の自炊部って、ボロさ加減ではオラが推奨する大滝温泉のアユ宿といい勝負。
ここもまた「座敷ワラシ」と出会えそうな異次元の
世界でございますぞ。

室蘭から北上まで散髪にやってきたGご夫婦との嬉しい再会、タケチャンマンの武勇伝、尽きることのないアユ談義、触れて欲しくないクロ談義、オラも少し嵌りかけているワカ談義。
気がつけばもう真夜中、8帖間にゴロゴロと雑魚寝するもまた楽しく、一人二人と夢の中。
階段のきしむ音も、廊下のドタバタ足音も、闇に響く高いびきも気になったのはほんの数分、いつしかオラも夢の中。
花巻の夜は誠にうるさく(?)更けてまいります。

 

コメント

07-10-26(金) 秋色を見に・・・

2007年10月26日 | インポート



西和賀町へ・・・、某釣友に同行。
彼の仕事のお手伝い、電気屋たるオラのノウハウをほんの少しお貸しするだけのこと。
さすがに岩手の豪雪地帯ですから、紅葉はだいぶ進んでおりまする。
もうじき季節風に乗って、西の山から初雪が舞い飛んでくるのでしょう。
往き返りのクルマの中では、久しぶりでアユ釣りのこと、磯釣りのこと、PCのことで尽きない話題。
明日、納竿会でまた会えるのに・・・。


 

コメント

07-10-25(木) あまりに天気が良すぎて・・・

2007年10月25日 | 磯釣り



満天の星空、少しだけ歪な月、深夜なのに意外な明るさに浮かび上がる奥羽の稜線。
県境の峠はかなり冷え込んで、気温は2℃台だよ。
寝ぼけマナコを擦りながら、走りに走って加茂着05:30。
金竜丸で渡ったのは小桟橋ハナレ、荒れ後の昨日、大物のバラシがあった沖磯だそうな。
仕掛けはその大物の不意打ちにも耐えるだけの太仕掛け。
しかし釣れてくるのはチャリコ、シマダイ、アジ、フグ、小メジナ、ベラと小物ばかり。
時折ぐんと鈍重な引きをみせるのは、25センチ(足裏サイズ)~20センチ(掌サイズ)の小マダイ。
朝のうちはまだ少しは残っていた足元のサラシも消え、油を流したような凪の日本海。
陽が高くなると、小物たちのアタリも遠ざかり、いつものようにうたた寝の時間。
結局、カウントサイズとの出会いはなく、ベタ凪の海でひたすら美味しい空気を吸って、今日もまた空身で帰って来たのでありました。



コメント

07-10-24(水) 二十四節気「霜降」

2007年10月24日 | インポート



二十四節気の「霜降」は、田んぼの稲藁が朝日にキラキラ光るまさしく霜の朝でしたな。
快晴の下、2℃まで下がった気温もたちまち上昇して、里はまだ秋の入り口のような温さよ。
岩手山の尾根筋がしっかりと雪を纏い、紅葉が中腹以下まで下りて来て、白紅緑の3段染めが見られるのはもうじきだよ。
高気圧に覆われた男鹿の海、今日も明日も凪いでるなぁ・・・。


 

コメント

07-10-23(火) 十三夜

2007年10月23日 | インポート



抜けるような空の青、ナナカマドの紅葉、夕まづめのはっとする冷え込み、アユ竿を仕舞ってから早くも1ヶ月を経過、北東北は今深まり行く秋真っ只中にござりまする。
夏の間の遊び過ぎが祟って、未だに纏まった仕事のないオラ。
最近は無駄なエネルギーを消耗せぬよう、ひっそりと何事もないまま一日を過ごしておりまする。

冷たく中天に掛かる十三夜の月、明朝は放射冷却が入って、さらに冷え込むとか・・・。


 

コメント

07-10-22(月) チャリ中毒 in 岩手

2007年10月22日 | インポート



数年ぶりに見る懐かしいK〇2の
顔でした。
仲間たちと共に南三陸の岬で一日チャリを楽しんだ帰り道、ゴンちゃんちまで足を伸ばしてくれたのでした。
見ごろにはまだ間があるのですが、それでも雲間から陽射しがこぼれると、木々の間に鮮やかな紅葉が眩しい里山の景色です。
見晴らしのいい高台のリンゴ畑から西に広がるイーハトーブの郷を眺めながら、暫しの間都会の雑踏を忘れて、少しは宮沢賢治の世界を感じることが出来たとってもいいひと時でしたね。




コメント

07-10-21(日) 村八分に

2007年10月21日 | インポート


          フウセンタケ

オラの属する班はサラリーマン世帯10戸で形成、それ以外の100戸は農家なのよ。
そんで、地域の行事などは農家中心で日程が決まるのす。
農作業に一区切りがついたこの時期、今日は球技大会、次の日曜は「収穫祭」となんとも忙しい。
で、納竿会の翌朝は急いで帰らなきゃ・・・村八分に。
夏の間、何の行事にも顔を出すことのなかったオラですから。
この地に定着して20数年を経ても、なかなか馴染めない地域とのお付き合いでありまする。



コメント

07-10-20(土) アホくさ・・・

2007年10月20日 | インポート



今日ぐらいは勝つはずだと、テレビに噛り付いたオラ。
谷を始めとする移籍組が、何度もチャンスをつくったのに・・・。
追いつき追い越せの勢いはなく、とうとう悲惨な三連敗。
三晩も続けて同じ試合運びだなんて・・・、以後野球の話題には触れまい・・・、オラもう寝るっ!

 

コメント

07-10-19(金) 天気下り坂

2007年10月19日 | インポート

八幡平を横断する山岳道路は、路面凍結に配慮して、早くも夜間通行止めに入った模様。
平地ではまだ紅葉が盛りを迎えてはいないのに、ここのところ急に寒さが増してきたからねぇ。
関東以南では、まだアユ釣りが行われてると言うのに・・・。

で、巨人、今夜も負けたの?
昨日と全く同じような試合運びだったのね・・・。
頼むから1勝ぐらいはしてくれよ。


コメント

07-10-18(木) クライマックスシリーズ

2007年10月18日 | インポート



巨人はなす術もなく中日に破れたよ。
生え抜きの打てず守れずもさることながら、プレーがあまりに無気力に見えたのはオラだけか。
野獣の如きギラギラしたものを期待してたのに・・・。
ジャイアンツ親父としては、明日一日気分の悪いままで過ごさねばなんねぇべよ。
くそっ、今日はもう寝るっ!



コメント

07-10-17(水) 全山紅葉間近

2007年10月17日 | インポート


          北上高地兜明神岳

R106区界峠を越えて宮古へ。
このところの冷え込みで峠の頂付近は紅葉がだいぶ進んだみたいです。
国道沿いが見頃を迎えるのは・・・あと1週間ってところかなぁ。

往復200Km、アユ釣りなら全く平気な距離も、気の滅入るような用事のためともなると、どっと疲れが溜まってしまいます。
密かに狙っていた今夜の日本海、ちょっと無理になっちまったよなぁ・・・・・。

 

コメント