爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

10-12-31(金) 大晦日寒波

2010年12月31日 | ウダウダ日記



大晦日寒波がもたらした湿雪は夕方までに30センチ。
勢いはまだまだ衰えを見せず、元日の朝までにどれほどの積雪になるのか。
主要道もいたるところで通行止め、樹木や電線など着雪による被害を心配しつつの年越しは殆んど記憶にはない。

夕方現在の県内に出されている警報注意報の類を拾い出してみた。
大雪、暴風雪、大雨、波浪、海上暴風の各警報。
風雪、雷、濃霧、なだれ、着雪、高潮、洪水の各注意報。
そんなさ中に、上の娘夫婦は正月休暇を利用した北陸関西方面へのドライブ旅行。
何事もなく無事に帰ってくればいいが・・・。

 

コメント

10-12-30(木) 整いました・・・

2010年12月30日 | ウダウダ日記



冷たく透明な青い空、穏やかな冬晴れで明けたが、昼を過ぎる頃からは雪雲が広がる。
今夜から正月にかけての予報は、またもや大荒れだ。

一通り子らには配り終えた正月用の餅、本日はやっと我が家の分を搗いた。
実家の慣わしでもある煮しめ(正月中温め直しては食い続ける)に欠かせない材料は、ありがたくも方々から戴いてしまった。
しかし先頃の高波による定置網の破損と時化続きで、いつもの海のモノが揃わない。
その代わり、丁重にお断りしたにも拘らず日頃の礼と言うことで、お隣から立派な蟹を戴いた。
友人やご近所のお陰を以って、我が家もなんとか正月を迎える準備は整った。
身内に不幸が重なった一年、来年こそはいい年になるようにと祈りつつも、正月飾りは控えめとすることにした訳で・・・。

 

コメント

10-12-29(水) 稚アユ

2010年12月29日 | ウダウダ日記



あれだけ降ったのに、湿雪だったので融けるのは早い。
街に至る主要道は既に舗装が露出している。
しかし山沿いの我が家の周辺は、除雪車が削り残した雪がザクザクに膿んでいる。
さらに悪いことには、かつての湿地に土盛りした我が家周辺は極めて地盤が緩い。
ザクザク状態が夜間に凍結することで路面はたちまち洗濯板に変わり、大型車が通り過ぎるたびに我が家は地震の如き振動に悩まされるのだ。
厳寒期の2ヶ月間はこの状態が続き、いい加減疲れ果てた頃にやっと春を迎える。

沿岸南部の孵化場から、中間育成施設に向けて稚アユの出荷が始まったと言う。
地元のアユの解禁まで半年、渓流まで2ヶ月、ワカ氷上まで2週間?、新年まで3日と迫った。


 

コメント

10-12-28(火) スノーバスターズ

2010年12月28日 | ウダウダ日記



しばれる朝、枯れ木に花が咲いたようにふんわり新雪。
昨日の陽気で緩んだ路面の圧雪、除雪車が夜のうちに掻き寄せた雪塊の山は再び凍り付いた。
連続5日目となった我が家の雪掻き、ガリガリの氷塊を相手に今朝はさすがに腰が痛い。
やっとの思いで氷塊を取り除いたオラ、安堵する暇もなく除雪車は一日に何度も往復して、そのたびに雪の塊りを置いて行く。

お隣は三世代住宅、日中は若者が居ないので出入り口にはたちまち排雪の山が出来る。
我が家の前が終わった後、デイサービスの車両が出入りできるようにと、お隣も片付ける。
余勢を駆って今度は屋根に上がっての雪降ろし。
とにかく一日中体を動かしていたが、鈍っていた身体が軽くなったような・・・。
クリスマス寒波は一段落したが、年末には再び強烈な寒波が控えているとか。

 

コメント

10-12-27(月) ソリ遊び

2010年12月27日 | ウダウダ日記



いくらか気温が上がったので、今朝の新雪10センチは重たい湿り雪。
道の両側には、除雪機械が押した排雪の山。
車線がかなり狭まって、擦れ違いに窮する場面も。

岩洞に出かけたかったが、雪道走行に不安を感じ取り止めとした。
やむなく昨日に続き雪のすべり台作り、我ながらいい仕上がりだ。
午後、早速孫たちを呼んでソリ滑りをさせた。
大喜びの彼らだったが、ものの15分で飽きてしまい、あとは見向きもしない。
ヒーヒー言いながら2日もかけた力作だったのに・・・、なんて薄情な奴らだべ。

 

コメント

10-12-26(日) 大雪

2010年12月26日 | ウダウダ日記



北国と言えども決して雪国ではない盛岡。
しかし今朝また40センチの新雪があって、我が家の庭先の最も深い場所で60センチの積雪。
クリスマス寒波は未だ衰えを見せず、カマキリの予知本能をも狂わせる異常降雪が続く。
ルーフから落とした雪でクルマは埋まり、4駆とて脱出に四苦八苦。
この地に住んで40数年、こんな冬は殆んど記憶にない。

今日もまたヒーヒー言いながら年寄り二人で雪掻き作業。
僅か15坪ほどの駐車スペースに3時間も費やす。
やっと片付いたかと一服している間に、大型除雪車が出入り口に巨大な雪塊を残して行った。
雪のすべり台、孫たちのためにと作り始めたが、スタミナ続かず本日完成ならず。

 

コメント

10-12-25(土) ホワイトクリスマス・2

2010年12月25日 | ウダウダ日記



宵の口からの本格的な雪降りは朝になっても止む気配なく、午後我が家の周辺で30センチ。
昨日まで落ち葉の間から顔を出していたフクジュソウもシュンランも完全に雪の中。
北から強烈な寒気が入り込んで真冬日、クリスマスの大雪はこのまま根雪となるのか。
遮るものもない田園地帯では地吹雪が舞い、視界が極端に落ちる。
買い物に出かけた数Kmの道すがら、3台が路肩を踏み外していた。

身体中が痛くなるほどの雪掻きはほぼ1年ぶり。
若者が居なくなった我が家は仕方なく老骨に鞭打って肉体労働。
この冬あと何回雪掻きをすることになるのか・・・。
いよいよ食べるものに事欠いたヒヨドリが、ピラカンサの紅い実を盛んについばんでいる。

 

コメント

10-12-24(金) ホワイトクリスマス

2010年12月24日 | ウダウダ日記



太平洋沿岸部で暴れまくった低気圧が北に抜けた後、北上山系には結構な積雪。
内陸は時の経過と共に気温も低下、時にボタ雪、時に粉雪が舞うクリスマスイヴとなった。

岩洞湖に向かうつもりでおったのに、珍しく早起きに失敗して断念。
庭木に降り積もる雪を恨めしく眺めながら、机の上に釣り道具を広げる。
一昨年から試行錯誤を繰り返すワカ仕掛け、未だこれぞと言うモノはできていない。
釣行のたびに異なる諸条件に追従しきれていないからだ。
このところ釣り勘も反射神経もかなりの衰えを感じているオラ。
今さら釣りに関わる能力を鍛え直すことは難しいから、仲間たちとの釣果の差が縮められるとすれば、オラ専用の〇秘仕掛けで臨むしかない訳で・・・。
あの微細なアタリの全てを釣果に結びつけるべく、今日もない知恵を搾るのであるが・・・。

 

コメント

10-12-23(木) 嵐が去って

2010年12月23日 | ウダウダ日記



一晩中恐ろしい唸りをあげていた台風並みの風が止み、西に空には僅かながら青空も出た。
沿岸部に出されていた大雨洪水暴風波浪の各警報も解除された。
我が家の被害とすれば、発砲の箱が飛んだことと雨樋の一部が壊れた程度で済んだ。
庭の片隅に厚く積もっていた落ち葉が吹き飛び、その下からはフクジュソウの芽が現れた。
しかし早春の花がこのまま開花することはなく、近日中には雪に閉ざされることであろう。
今夜からは冬型の気圧配置が強まりそうだし・・・・・。

 

コメント

10-12-22(水) 冬の雨

2010年12月22日 | ウダウダ日記



時に激しい雨が降る中、二十四節気の冬至を迎えた。
発達した低気圧が三陸沖にあり、沿岸方面には暴風波浪警報も出された。
この荒れ模様は今夜をピークに明日まで続き、明後日からは再び冬型が強まると言う。

昼間でも電灯を点けずには居られない暗い鉛色の空。
外には出られず、かと言ってテレビもいい番組が見当たらない。
何することなくごろ寝を決め込んでいたところへ孫たちの襲来。
少し早いがサンタから預かっていたプレゼントを渡す。
ひとしきり遊び泣いて騒いで、部屋中を荒らしまわって6時間。
やっと引き揚げていったが、この冬休み、こんなシーンが何遍あるんだか・・・。

 

コメント

10-12-21(火) 寒さ緩む

2010年12月21日 | ウダウダ日記



明日が冬至、一頃に比べると日没が数分伸びて、夜明けが数分遅れている。
今日の北東北、寒さが緩んで青空の広がるいい天気。
お陰で我が家の屋根の葺き替えが澱みなく終わった。

今年も残すところあと僅か、県内の学童もここ2,3日中には冬休みに入る。
正月用には少し早めとは思ったが、娘たちのために餅を搗き、先日田舎から持ち帰った魚介類と合わせて配ることにした。
正月だからと特別なことをする訳でもないのに、年末と言うだけで何かと気忙しい。
女房にとってはやらなければならない細かなことが結構あるらしい。
そんな一つ一つを潰して、初めて正月が迎えられるのだと言う。
ま、我が一家も恙無くなんとか年が越せそうだし・・・、世の中には大いに感謝しなければ・・・。

 

コメント

10-12-20(月) リホーム

2010年12月20日 | ウダウダ日記



先日の雪が今季の根雪になるのかと思ったが、夕方になっても止まぬ生温い風が、逆にだいぶ積雪の嵩を減らした。
明日も温かさは続きそうで折角続いていた冷え込みも小休止。
ワカ釣りファンが待ち望む厳寒は、なかなかやってこない。

我が家の屋根の雪も消えたことで、午後から工事業者が入って頭上が賑やかだ。
今回の雨漏り発生では予期せぬ出費となったが、これで安心して正月を迎えられる。
さ、次は老夫婦のためのバリアフリー化を検討しなくちゃなぁ・・・。

 

コメント

10-12-19(日) 田舎へ

2010年12月19日 | ウダウダ日記



外山湖は薄氷ながらほぼ全面結氷。
岩洞湖も結氷の範囲はかなり広がっている。
小石川は駐車場近くまで、国道から望む裏岩洞方面も湖上に雪が積もっているようだし・・・。
本湖の各ワンドも岸辺から凍り始め、そのほか湖面全域で水にトロ味が感じられる。
全面結氷は何れ時間の問題であろう。

日曜日とあって、たくさんの釣り人で賑わうドーム船を横目にしながら、オラは独居爺様を看るために北三陸の田舎へとひた走る。
今回は日帰りのため、10:00の実家到着と同時に忙しく行動開始。
女房は家中の掃除並びに炊事洗濯、オラは霜柱の立つ山の斜面で庭木の剪定。
一通りの作業をこなして、R106回りで19:00の帰宅。
走行320Km、若い頃とは違って雪道は辛い。

 

コメント

10-12-18(土) 積雪15センチ

2010年12月18日 | ウダウダ日記



週末とは言えヤケに静かな朝だと思いつつカーテンを開ける。
外は深々と降る雪、庭木の枝も外置きのテーブルにもふっくら綿帽子。
家の前を通り過ぎるクルマの音は吸収され無音の世界。
雪は午前中には上がり青空が出たが、今季初の15センチを超える積雪となった。

風が強まった午後には、岩洞湖方面は猛吹雪になったらしい。
釣果が一段と下降気味の中、いよいよ厳寒がやってくる。
そろそろ結氷が始まりそうな気配・・・。


 

コメント

10-12-17(金) 冬晴れの一日

2010年12月17日 | ウダウダ日記



安定した冬晴れの下、昨夜降った2~3センチの雪が一日中融けることはなかった。
師走も下旬に差し掛かり、ようやく寒さが定着した感の北東北である。

午前中はクルマが渋滞する中、プレゼントを買いに玩具の大型店へ。
午後は足元から這い上がる寒さの中、下の孫の遊びの相手を努める。
幼稚園は明日から冬休みとのことだから、今後1ヶ月間は連日賑やかな我が家となろう。
ヤツらはタフだし、寒さ知らずだし、我が侭だし・・・。
考えただけで、もううんざりだ。
早く始まって欲しい氷上釣り・・・。

 

コメント