爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

19-11-20 紅葉・初雪

2019年11月20日 | ウダウダ日記

雨がいつしか雪に変わったようで、明け方の庭先には僅かながら積雪を見ました。
カエデの紅葉と淡雪の取り合わせ、如何にも北国のこの時期らしい風情を醸しております。
日中風強く気温上がらず4℃止まりと真冬並み。
それでも室内では窓越しの陽射しがほんのり暖かくていい気持ち。

午後はTマンの力をお借りして、大木となってしまった栗の木を切り倒しました。
家を建てる前から植えて置いた樹齢やや40年。
味の良い大粒の実の着く木だったのですが、陽当たり確保のためには致し方なく・・・。

コメント

19-11-19 ナナカマド

2019年11月19日 | 紅葉

ナナカマド、ご近所のものはもう葉を散らしましたが、我が家は今が盛りの紅葉です。
山は雪でしょうか、朝から厚い雲に覆われて状況が解りません。
里は強い風、小雨がぱらついたり雲間から陽射しがこぼれたり、この時期特有の不安定なお天気です。
今夜盛岡地域の予報欄には今季初めての雪マーク、明朝は初雪となりますでしょうか。

インフルエンザワクチンの接種でいつもの病院へ出かけましたが、あまりの待ち時間に出直すことに。
タイヤ交換するにも天気は悪いし、何よりも小型車と言えどもパンタタイプのジャッキでは辛いし。
1.5tタイプの安い油圧ジャッキ買ってこようかしら。

コメント

19-11-18 ミズナラ

2019年11月18日 | 紅葉

何年か前に孫たちと岩手山麓で拾ってきたドングリを育てたミズナラの黄葉です。
昨日の強い風で周辺のこれらを含む広葉樹はだいぶ葉を落としました。
冷え込んだ今朝、裏の畑地には霜柱、刈り取り後の田圃の水溜りには薄氷です。
午前中は穏やかな曇り空、寒冷前線が通過する夕刻には雨、ところによっては雪の予報。
この時期のオラ、ワカサギが始まるまでの2ヶ月間、いよいよ何もすることがなくなりました。
販売店からタイヤ入荷の連絡、交換を急がなくちゃならない訳で・・・。

コメント (2)

19-11-17 志和三山冠雪

2019年11月17日 | ウダウダ日記

さほど気温の低下は見られなかったのですが、奥羽の山々には纏まった積雪がありました。
長い裾野を曳く岩手山は、もう麓の牧野にまで雪が達しているはず。
我が家の周辺、奥羽山脈の前衛峰にあたる志和三山の各ピークにも僅かながら積雪が見られました。
日が昇るとたちまち消滅する淡い雪ですが、我が生活圏にまでその季節がやってきたようです。
ヒューヒューと強い季節風が吹き付ける小寒い一日、落葉樹はだいぶ葉を落としたようです。

コメント

19-11-16 ブナ

2019年11月16日 | 紅葉



田沢湖高原からブナの幼木を採取し庭の片隅に移植してやや20年、陽当たりも悪い場所で適当な剪定をしているものですから成長は止まったまま。
自然界にあっては秋の亜高山帯を黄色に染める高木ですから少々可哀そうな気はします。
亜高山帯ではない我が家の庭先にあっても、時期は異なりますが毎年綺麗な黄葉が楽しめます。
今日現在は既に見頃を過ぎてはおりますが、陽射しさえあれば最後の輝きを見せてくれます。
寿命末期を控えたオラもこのまま朽ち果てることなく、少しだけでも光り輝きたいのですが・・・無理か。

コメント (2)

19-11-15 季節風

2019年11月15日 | 紅葉

街路樹を揺すり、干し柿の雨除けシートをバタ着かせて季節風が吹き荒んでおります。
今朝方は平地も雪になるのかと覚悟していましたが、雫石スキー場のコースが白く浮き上がって見えるなど、積雪は山岳方面だけにとどまったようです。
周辺地域の一斉清掃ですが、何度掃いても落ち葉が吹き溜まりますので途中であきらめました。
雲の流れは速く、昼過ぎには青空をすっかり覆い隠してしまいます。
明日にかけて天候はさらに崩れてきそう・・・、嫌な季節だよなぁ・・・。

冬タイヤ入荷したと販売店から連絡。
この時期はもう安心して遠出ができませんから、週明けには交換する予定でおります。

コメント

19-11-14 寒波

2019年11月14日 | ウダウダ日記

夜来の雨は上がりましたが雲の流れは速く、日中の気温は全く上がりません。
この日の最高気温は深夜2時の12℃台、その後は徐々に低下している状態です。
午後になって青空が大きく広がる場面もありますが、この寒波で明朝にかけては初の雪マークも。
1週間前に注文していた冬タイヤ、まだ入荷の連絡はありません。
ま、積もったとしても即刻融けてしまう湿り雪でしょうから、さほど焦る必要もない訳で・・・。

日中は先日収穫したカキの半分を皮をむき、軒先に吊るします。
残り半分は焼酎で渋抜きをします。
孫たちに喜んでもらいたいばっかりに、ドリルや着衣を柿渋でベタベタにして頑張った爺様であります。
しかしキウイ同様にカキもまた孫たちの好みではなく誰も有難がりませぬ。
彼らの幼い頃にヤマブドウであったりアケビであったり、自然の恵みの有難みをしっかり教え込んだつもりだったのですがが、いつしかすっかり忘れ去られております。
オラの子供の頃とは違って、こんなこと現代に生きる子らには全く関心のないことなのでしょう。

コメント

19-11-13 キウイ

2019年11月13日 | ウダウダ日記

我が家における秋の収穫はキウイを以て全て完了。
収獲は簡単なのですが、この後の剪定がオラにとっては大変な作業なのです。
毎年良い実が着くように結実枝の更新をするわけですが、なにしろ35年も経つとかなりの大木です。
込み入った枝の中から、複雑に絡み合ったり今年結実した枝は全て切り取り、幹から新しく発生した中から30本ほど残して主枝として誘引するのです。
キウイの家庭栽培は主枝から出る結実枝(孫枝)を7~10本程度にし、夫々2~3個の実を残し摘果します。
幸いにして小春日和の温かな一日、生命力旺盛で毎度ジャングル状態になる蔓性果樹を相手に奮闘のオラです。
そんな努力があって毎年1000~600個の収穫があるのですが、孫たちが全く喜ばないのが・・・。

コメント

19-11-12 風強く

2019年11月12日 | 紅葉

お天気は回復しましたが、風が強く唸りを上げています。
吹き溜まりの濡れ濡れ落ち葉は、たちまち乾いてカラカラと転げまわります。
そんな中、我が家ではキウイの収獲です。
今年も800個超の豊作。
頭上に繁茂した蔓ものが、折からの強風に葉を散らすと、表の通りが透て見えます。
今日のところはまだ陽射しがありますが、週末は雪マークも出ていることだし庭先は一気に寂しくなります。

コメント

19-11-11 濡れ落ち葉

2019年11月11日 | 紅葉

予報より早めに雨が降り出しました。
吹き溜まった落ち葉が濡れて光っております。
風はないのですが、気温は上がらず寒さが足元から這い上がってまいります。
山には朝から雲が巻き付いておりますが、きっと雪が降っていることでしょう。
今週の予報欄には雪マークが初お目見え。
北国の秋は終わりをつげ、季節は初冬へと進んでまいります。

コメント

19-11-10 収獲

2019年11月10日 | ウダウダ日記

小春日和の午後は、散歩の後にカキとリンゴの収穫です。
裏年となったカキでしたが、粒も大きく思った以上に収獲出来て200個弱。
リンゴもアユ釣りの合間にまじめに薬剤散布をしたので、高接ぎ7種で20Kgほどか。
粒も揃っていたし家庭菜園とすれば上出来の部類でしょう。
ついでにカキの徒長枝や太枝を思いっきり切り戻して低く仕立てることにしました。
来年は脚立を立てなくてもお世話ができるように・・・。
と言う訳で、庭先に残るのはキウイのみとなりました。
表の通りが透けて見えるようになりますと、いよいよ冬将軍の到来も間近となりまする。

コメント

19-11-09 田沢湖高原

2019年11月09日 | ウダウダ日記



アユ仲間とも楽しみましたが、今年は4度目の田沢湖高原温泉郷であります。
既に紅葉時期は過ぎておりますが観光客はとても多く、解らない言語が飛び交うホテルであります。
一晩中雨音がしていたようですが、明るくなるころには駒ケ岳に巻き付いていた雨雲がとれはじめて、6合目付近までの積雪が確認できます。
天候は徐々に回復、恒例の親族の集まりを終えた我らはそれぞれ帰途につきます。
田沢湖越しに見る秋田駒ヶ岳、その左手に烏帽子岳(乳頭山)の突起がみえています。
来年も未だ元気なら、乳頭温泉郷黒湯コースを登ってみたいと思うとりまする。

コメント

19-11-08 角館

2019年11月08日 | 紅葉

県境を成す奥羽の山々の稜線にはことごとく積雪。
しかし部分的には雨に濡れていても、午後の峠路は問題なく通過。
本日もまた秋田側はいつものように良いお天気であります。
この時期の角館、何を狙うかたくさんのシラサギが佇む桧木内川。
来季こそは挽回して欲しいアユの遡上、そんな思い以て暫し流れを眺めるオラでありまする。
その後何年ぶりかで武家屋敷を散策して、今宵の宿、田沢湖高原へ向かいます。

コメント

19-11-07 晩秋・氷雨

2019年11月07日 | 紅葉

本日も晴天かと思いきや、次第に雲が広がって午後には照度も落ちて手元も見え難いほど。
やがて晩秋を迎えた北の郷に冷たい雨が降り出し、深紅のカエデを濡らします。
暫く纏まった雨のなかった当地域ですが、明朝にかけては雷を伴う大雨になるかもしれません。
あすは県境を越えなければなりませぬが、まだ夏タイヤのオラ、雪にならなければいいが。

田舎からの野菜類がこれでもかとばかりに大量に届きました。
米袋満杯のジャガイモ、その他段ボールでネギ、ハクサイ、ニンジン等々・・・、オラ馬じゃないつうの。
ほんに加減を知らない人なので・・・。

コメント

19-11-06 寒風

2019年11月06日 | 紅葉


     志和三山のひとつ東根山

未明の北東北を寒冷前線が通過して、明け方まで雨音がしておりました。
朝方の気温はさほど低下しなかったのですが、山岳方面は雪になったようです。
朝の早い時間帯には、岩手山5合目付近までがうっすら雪化粧しているのが確認できました。
山岳道路も昨日で冬季閉鎖に入りましたし、柔らかな陽射しの下にあっても、土くれだけになった田畑を渡ってくる北風が冷たく肌に沁みる季節です。
はてさてこの冬の寒さはどんな塩梅になりますやら。

コメント