爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

10-05-31(月) 羨ましい解禁前夜祭

2010年05月31日 | ウダウダ日記


                  ヒロハアマナ


だいぶ平年並みに近づいたとは言え、朝晩の冷え込みはまだまだ尋常ではなく、未だに暖房器具は手放せない日々である。
季節が2ヶ月近くも逆戻りしたようなそんな5月が終わり、暦の上では否応なく明日からが夏。
昨日あたりは里山の林からエゾハルゼミの初鳴き、水辺にはオハグロトンボが舞った。
大自然は歪んだ季節感の修正に躍起になっているのかのように感じる今日この頃。

本日の那珂川水系ライブ画像には、川見をする釣り人の姿。
例年に比べると、あまり多くないのが気にはなるけど・・・。
何はともあれ、いよいよ狂喜の季節が始まる。
仲間たち恒例の新年を祝う集いが、今年もまた夜を徹して行われるに違いない。

 

コメント

10-05-30(日) 酷い一日だった

2010年05月30日 | へら鮒釣り



週一度の食料買出しの脚を務めたあとは急いで三本松。
釣り人は10人ほど、風もなく穏やかな水面、一見最高の釣り日和に見えた。
しかし何処となくいつもと様子が違う・・・、モジリがない。
暫く眺めていたが、先客の竿がまったく立つこともなくあまりに静か過ぎる。
不安を抱きながらも、先客に挨拶してオラは西側石碑下に釣り座を設ける。
11尺1本半の宙、エサ打ち10分でいきなりの消し込みアタリ。
9寸クラスが乗って鼻の穴全開で周りを見渡したが、どうにも納得のいく釣況とは違うようだ。
案の定、その後はアタリサワリまったくなく、時間だけが虚しく流れる。
お隣の底釣りが忘れた頃にポツンと落とすだけで、こっちはジャミすら食ってこない。
結局4時間で最初の1枚だけ、お隣さんは午後から3枚だったそうな。
ヘラは難しい・・・めげそう。
少し時間を置こう・・・、明日からは暫しヤマメに切り替えるべ。

 

コメント

10-05-29(土) ワラビ何処に・・・

2010年05月29日 | ウダウダ日記



雨が上がったので、女房を伴い近くの堤へワラビ採りに。
いつもならクルマを停めてすぐ足元から採れるはずなのに・・・、今年はちとおかしい。
発生がまばらだし、見つけても痩せワラビばかりだ。
これから出るのか、それとももう終わりなのか解らない。
雨上がりで草は濡れてるし、野焼きの後だけにズボンが黒くなるし・・・。
やっぱり山菜は他人から頂くのが一番だよなぁ。
なんとかポリ袋に一つを採ったところで、さっさと諦めて温泉へ。

 

コメント

10-05-28(金) 雨上がり

2010年05月28日 | ウダウダ日記


                   ミヤマオダマキ


雨が上がって午後には僅かながら陽射しも出た。
異常低温もどうやら峠を越し、明日あたりからは、徐々に持ち直してくるらしい。
農家では一部の作物に低温障害が・・・、我が家の畑でも芽が枯れるなどの被害が出ている。
オラの身体も低温障害、体調はすこぶる悪い。
止まらぬ鼻水、布団に入ると激しくなる咳、今のところ熱はなさそうだけど・・・。

それにしても川の引き水がやけに遅い。
北東北各河川、アユの放流は順調だと聞くが、昨今の低水温が影響しないものか。
小本川ヤマメ釣行は6/1以降に延期、それまでに風邪を治しておかなくちゃ・・・。

 

コメント

10-05-27(木) 天候不順

2010年05月27日 | ウダウダ日記


          アマドコロ

5月も終わろうとしているのに、この寒さはいったい・・・。
あまりに激しい気温の変化に、とうとうオラの身体が悲鳴を上げる。
風邪を引いてしまったらしく、咳は出るし鼻水が止まらない。
それでも防寒着を着込み、昼過ぎには三本松。
前回とは明らかに異なる低活性、気温低下が原因なのだろう。
1時間のエサ打ちに、殆んど動かない浮子。
散発的にフッと落とすも、ことごとく合わせられず。
実釣2時間なんとか3枚を獲るも、納得の釣況には程遠いまま、西の山から駆け下りてくる霧雨に追われるように竿仕舞い。
真っ黒になるほど居たジャミが、足元にまるで見えないってのもヘンだし・・・。
明日、雨が降らなかったら近くにワラビでも採りに行くかぁ・・・。


 

コメント

10-05-26(水) 雨のち風

2010年05月26日 | ウダウダ日記


                    マイヅルソウ


雨は小康状態となった。
しかし朝から唸りを上げて風が吹く。
移植したばかりの家庭菜園のトマトが折れそうなほど・・・。
気温はさっぱり上がらず、寒さが骨身に沁みる。
不順な天候が続くため、未だ活かしたままにしておいたFFストーブに、堪らず火が入った。

雨が上がったら巨ベラを求めてTダムにでもと思っていたが、2桁に届きそうにない寒さとこの強風をついて出かける根性もなく、あっさり取り止めとした。
一旦ぐんと増水した県内河川は、今のところ順調に水位を下げている。
このまま推移すれば1ヶ月ぶりの小本川、明後日には釣行できるかも・・・。

 

コメント

10-05-25(火) 気分良好三本松

2010年05月25日 | へら鮒釣り



R-manと小本川の予定だったのに、昨日からの降雨による増水で中止となった。
度重なる増水で小本の本流ヤマメは、殆んど手付かず状態にあるのでは・・・。
引き水のタイミングを見計らって、数日後にあらためて釣行予定を組むことにしたい。

暇を持て余したオラは、いつもの三本松。
農業用水の需要期に入り減水していた堤は、沢水が流れ込んで満水状態。
目の前で盛んなモジリを見せるヘラ、水が入れ替わり活性の高まりが感じられる。
11尺の底、エサ打ち20分でサワリ。
スレが2発続き、その後はカラツンの嵐の中でなかなか乗せられない。
暫くは三本松ヘラの狡猾さに弄ばれるだけだったが、エサを調整した後はまずまずのペースで竿が立つ。
糸鳴りをさせ、竿先を水中に引き込まんばかりに奔走する高コンディション。
一段とパワーが増したヘラに、頻発するハリス切れ。
途中でタナを宙に変えてから、さらにいい感じでペースを掴む。
お昼までの実釣3時間、目標としていた20枚を軽く超え、いい気分で竿仕舞いとした。


          これって「半ベラ」ってヤツらしいけど・・・

 

 

コメント (2)

10-05-24(月) また増水か・・・

2010年05月24日 | ウダウダ日記


                   ホウチャクソウ


悪化傾向の予報は良くあたる。
今朝から愚図ついていた空模様、日中には風雨共に強まって、かなりの降雨量となっている。
明日は帰省中のR-manと予定していた小本川ヤマメ、この分では難しくなりそう。
4月以来ずっと続いていた高水が、やっと治まってきたところなのに・・・。

体力回復して既に退院した孫、幼稚園を今日まで休ませたとのことで、遊びにやってきた。
子供は健康で元気な方がいい・・・とは思うものの、この煩さにはやっぱりお手上げだ。
こんな雨の中を散歩に出たいとせがむ彼らをなだめすかすのは容易なことではない。
一雨ごとに庭の緑が濃くなる5月も残り1週間、アユ釣り遠征の日程も決めなきゃならん時期・・・。

 

コメント

10-05-23(日) 花吹雪三本松

2010年05月23日 | へら鮒釣り



天気は下り坂、東寄りの風が微妙に強い。
三本松堤防の八重桜は見頃が過ぎ、さざ波立つ水面やボウルに盛んに花びらを撒き散らす。
今朝は早めの出動、08:00には石碑下浅場に釣り座を構え底立てを始めた。
11尺バランスの底、1時間後やっと浮子が動くようになったが、相変わらず合わせきれないオラ。
さらに15分、何度かスレを貰いながらも、やっとチャンベが乗る。
今日もまた容易には口を使ってくれない三本松ヘラ。
それでも正午までの4時間、なんとかツ抜け。
1枚目が小さかっただけで、その後は体力が回復し一段とパワーアップした良型にも弄ばれながら、結構楽しめたのであった。

 

コメント

10-05-22(土) 農業のち漁業

2010年05月22日 | ウダウダ日記


                    イカリソウ


周辺の田圃の殆んどは田植えが済んで、カエルとオオヨシキリの甲高い声が賑やかだ。
午前中は食料の買出しと裏の畑の農作業。
前もって土作りをしてあった菜園、女房はトマトやらキウリやらどうでもいいようなものを大量に買い込んできては植え付けている。
ウチの野菜が収穫できる頃、近隣の産直センターには同じ物が溢れているはずだから止めろと言っても、まったく聞く耳を持たないのだ。

それにしても暑い一日だった・・・、27℃を超えたそうな。
午後、少し涼しくなった頃合を見て三本松。
散々カラツンを貰うだけの宙から底に切り替えた途端、プチ入れパク。
それでもツ抜けはならないオラの釣り。
03ハリスが心配なデカいヤツばかりだったのが救いか・・・。

 

コメント

10-05-21(金) いい天気なのに・・・

2010年05月21日 | ウダウダ日記


                    チゴユリ


09:30から18:30までの9時間、孫娘はオラから片時も離れることはなかった。
自分のことなど何一つできず、ひたすら「孫かて」だけで一日が終わった。
少し風はあったがいい天気、あの川の水位もやっと落ちてきてたのに・・・。
疲れた・・・・・、まだ8時前だけど、もう寝るっ。

 

コメント

10-05-20(木) 梅雨のハシリか・・・

2010年05月20日 | ウダウダ日記


                 雨の中のクマガイソウ


一日中続くシトシト降りは、ついつい暇なオラの眠気を誘う。
周辺は老いた目を優しく労わるが如く、一際緑を濃くしてくれた。
この入梅を錯覚させる雨は今夜にはあがり、明日からはまた晴天域に入るらしい。
今回、県内河川の増水がなければ、週末にはヤマメに行けるかと・・・。

今日の「孫かて」がなくなったので、暫く休んでいたアユの仕掛け作りを再開した。
すっかり手先が鈍ってしまい、なかなか進まないことにイライラしながら・・・。
あと10日もすれば北関東河川が解禁だし、いつでも飛び出せるように、準備だけは頑張って進めておかなくちゃなぁ・・・。

 

コメント

10-05-19(水) 孫かて3連荘

2010年05月19日 | ウダウダ日記



裏の田圃の田植えが済み、雨を呼びそうな妖しい風の中に早苗が揺れている。
一時薄日も漏れたが、どうやら今夜あたりから本格的な雨になるやも。
遅々として進まなかった河川の引き水、ようやく今週末あたりには釣行可能かと言うところまで漕ぎつけたのに、再び増水に転じてしまうのだろうか・・・。

孫の検査の結果は胃腸炎、急遽入院となった。
その間、下の孫はオラたち爺婆が面倒をみなければならないだろう。
引き続き我が侭怪獣の相手ができるって、年寄りには涙が出るほど嬉しくて辛い訳でして・・・。
と言う訳で、今週は好きなことが何一つ出来そうにない訳で・・・。

 

コメント

10-05-18(火) シーズンイン?

2010年05月18日 | ウダウダ日記


                    咲き始めたレンゲツツジ


大きい方の孫は自家中毒症状を示し、今日も通院。
症状は少しは軽減したようでも、小さく生まれた子だけに心配は尽きない。
したがってオラは、昨日に続いて下の子の遊び相手(孫かて)を務める。
引っ越していったはずなのに、以前とちっとも変わらず手離れの悪い娘一家だ。
真夏の陽光を思わせる中、外で土いじりをしたがる孫をなだめ賺し、やっと昼寝をさせた。
3日連続夏日の予想、熱射病も心配しなければならないほどの暑さになった。
北国アユ師も、ここに来てようやくアユの話題で盛り上がる季節の到来だ。
今日あたりは、このままシーズン本番に突入してもいい雰囲気だ。
しかし、午後になると雲が広がって暑さは和らぎ、明日以降の天候の崩れがちょいと気になる。

昨日から立ち上がらなくなった我がPC、今朝は突然機嫌が治って正常稼動。
が、何れ近い将来逝ってしまうことに・・・、早くバックアップとらなければ。


 

コメント

10-05-17(月) カッコウの声

2010年05月17日 | ウダウダ日記


                    今年はたった一輪だけになったクロユリ

河川は相変わらずの高水、エサ釣りには苦しいままだ。
ヘラ釣り3連荘でもと思っていたところへ、孫が具合を悪くして病院に行くと言う娘の電話。
近頃めっきり我侭になってしまった下の孫の遊び相手をさせられる破目になったオラである。

爽やかな5月の風、こだまするカッコウの声、咲き乱れる草花。
先日までの寒さは完全に遠ざかって、さしもの北国もいまや初夏の装い。
今日もまた眩しい陽射し、気温も25℃を超える夏日となった。


コメント