爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

19-01-31 カウントダウン

2019年01月31日 | ウダウダ日記

節分を控えて、本来最も冷え込む時期なのに、本日の気温は緩んでいます。
先日の雪も殆どが消えて、この分では盛岡名物の市街地の凍結路面は皆無でありましょう。
我が家でも表の道が洗濯板状に凍り付くことで発する騒音と振動による睡眠不足は未だありませぬ。
歳とってからと言うものは、日々が瞬く間に通り過ぎてしまいます。
つい先日年が明けたばかりだと思っているうちに、早くも1月が終わってしまいました。
まだ氷上ワカサギが解禁したばかりなのに、ヤマメ解禁まで1ヶ月そしてアユ解禁まで5ヶ月、オラの中ではもうカウントダウンが始まっています。

コメント

19-01-30 拍子抜け

2019年01月30日 | ウダウダ日記

この冬最も冷え込む氷点下2桁予報だったのですが、今朝はなんとしたことか-3℃台と拍子抜け。
気象台も随分派手に外したものです。
昨夜は水周りの凍結防止を念入りに施したのですが・・・。

午後には少しだけ陽射しもあったのですが、今夜からは再び荒れ模様だとか。
車検も済ましたし、エサも買ってきたし、あとは岩洞湖のご機嫌を窺うばかり。
はたして次回釣行はいつになりますやら・・・。

コメント

19-01-29 新雪15センチ

2019年01月29日 | ウダウダ日記

昨日午後から降り出した雪は今朝までに15センチ。
新年ももう1月が終わりそうになってから初めての雪掻きです。
朝のうちは乾燥雪で快調に進むも、朝飯後にと残した部分の積雪はベタ雪に変化。
雪ベラへの着雪対策は、スキーワックス塗布でクリア。
ネコの額の庭先ながら、久々の全身運動は弱った腰に疲労を溜め込みます。
岩洞湖氷上は再び深雪に見舞われているのでしょう。
また当分の間は模様眺めの日々になりそうなオラであります。

コメント

19-01-28 簗川冬景色

2019年01月28日 | ウダウダ日記



この時期たっぷりの雪に埋まり、飛沫が凍り付いているはずの簗川です。
今年は積雪も微々たるもので、目を引く氷の芸術などは見あたりません。
一年のうちで最も減水しているこの時季、あと1か月余りでヤマメ解禁です。
このままで推移するなら、県内河川の殆どでは春先の雪シロ出水がないかもしれません。
風が強まり小雪が舞ってきましたが、今夜はつもるのでしょうか。
岩洞湖氷上はまた歩き難くなってしまうのでしょうか・・・。

コメント

19-02-27 穏やかな日曜日

2019年01月27日 | ウダウダ日記

先日の雪はほぼ消えて、再び地面の現れた1月の当地としましては全く珍しい景色です。
黒土を割って今にも植物が芽を吹きそうな感じさえします。
家の中に取り込んである鉢にはサフィニアらしきこぼれ種が一斉に発芽しています。
しかし寒さだけは平年並み。
あの日のカマキリのお告げは、この冬の気象傾向をきっちり言い当てております。
今日も山々が美しい・・・。

コメント

19-01-26 早くなった夜明け

2019年01月26日 | 季節の移ろい



寒が明けるまで残り1週間。
ここへきてやっと平年並みの寒さがやってきた感じがします。
しかし気が付くと夜明けがだいぶ早まってきております。
ほぼ定時に起きてカーテンを開け、長い時間、外を眺めるのが好きなオラです。
昼時間がどんどん長くなって行くのを五感に感じることは嬉しいことです。
岩洞湖のワカサギは昨シーズン同様で極めて低調なだけに、なかなか釣行意欲が沸かない訳で。
思いは早くも渓流釣り、J屋に申し込んでおいた遊漁証を受け取りに行かなくては・・・。

コメント

19-01-25 機能低下

2019年01月25日 | 年寄りの愚痴話

大荒れの解禁日から一夜が明けると、晴れ間の広がる穏やかな日和です。
岩洞湖周辺は氷点下21℃、市街地でも同9℃と「寒」らしい冷え込みです。

昨日の釣行ではかなり体力を消耗、今朝方は大いびきをかいていたたとか。
それにしても昨年あたりからは著しい体力の衰えが感じられるようになったオラです。
特に心肺機能の低下は酷いもので、釣りを終えてクルマに戻る急登では、仲間の力を借りなければならない程惨めな状態。
初夏に予定の山歩きまでには何とかしなくては・・・。

コメント

19-01-24 岩洞湖解禁

2019年01月24日 | ワカサギ釣り



待望の氷上ワカサギ釣り解禁日です。
岩洞湖未明の5時半、もう氷上にはランタンの灯り美しいテント村が出現しています。
しかしこの日の昼には強風が吹き荒れ、穏やかさは一変してかなり厳しい一日になります。
我らは大荒れを予測して北西風を避けられるワラビ平対岸の第5ワンド境の山際に向かいます。


(以下は後日ワカサギ釣行記にまとめます)

ワラビ第2駐車場の急坂を下りると、氷上には処女雪20センチと歩き難い状況。
日中は強風が吹き荒れると言う予報だけに、テント設営場所は風裏になる場所が絶対条件。
我らは対岸の相ノ山から伸びて半島状の特徴的な岬に至る山際を目指す。
ここはかつていい実績のあるポイント、幾つかの試掘と魚探投入で短時間で釣り座が決まる。
水深8m、適度に魚影が出入りしている。
日が高くなっても群れが消えないことを願いつつ2張りのテントを設営。

仕掛けが降りたのは、もう手元が明るくなった7時。
仕掛けはD社速攻1.5号5本鈎、2段オモリ2号+1.5g。
魚探反応の多くは当歳魚の群れなのか、Sサイズ主体の釣況は期待に反して芳しくはない。
朝の荒食いはなく、10時前後に一瞬ながら比較的順調な時間帯。
だが11時を回る頃からは次第にアタリが遠ざかり、そこからの3時間はいつもの釣れない時間帯。
再び穂先に反応が現れるのは2時を回ってから。
しかし11時以降に追加したのは僅かに25尾といつもながらの岩洞湖。
テントから顔を出すたびに遥か彼方の本湖を襲う激しいブリザード。
我らは殆ど風の影響を受けなかったことに安堵しつつ15時釣り座を畳む。
かくして19年のワカサギ釣り初日を終える。 
   
M 40% S 40% XS 20% 102

 
ワラビ第2駐車場                                  頑張ってます

 
釣れない時間帯は昼寝に限る                         さっき生まれたばかりかと思うXSサイズ

コメント

19-01-23 嵐の前か・・・

2019年01月23日 | ウダウダ日記

嵐の前の静けさか、ワカサギ解禁を明日に控えて不気味な空模様です。
新年になってからまだ一度もなかったのに、今夜からは本格的な雪降りになりそうです。
午後になると次第に風が強まってきました。
時折乾いた落ち葉がカラカラ音を立てて転がります。
それでも一応出かける準備だけはしておきたいと思ってはおりますが・・・。
釣りの最中に慌てふためいて山中に駆け込むことのないように、ウ〇コのタイミング調整もしておかねば。

温まりに近くの温泉へ。
いきなり雪が降ってくるし・・・、積もるぞ・・・こりゃ最悪だわ!

コメント

19-01-22 志和三山の向こう側

2019年01月22日 | ウダウダ日記



安定した冬型気圧配置、晴れ間が広がっています。
空気が澄みきって日中の寒さはそこそこ平年並みになっています。
すっかり雪がなくなってしまった田圃の向こうに志和三山がくっきり見えております。
三山の向こう側、葛丸川に流れ込む小支流の懸崖は見事に凍り付いているのでしょうか。
志和の地域には滝が凍り付きその氷柱の太さで農作物の出来高を占うタロシ滝の神事があります。
この神事におけるご託宣が、この夏のアユ釣りの好不調とかなりの確率で同期するのです。
即ち厳寒の冬の年には酷暑の夏が来ると言う地域に根差した観天望気の一つなのです。
さて今年はどうなりますやら・・・、2/11が待ち遠しいオラでありまする。

コメント

19-01-21 寒さのピークは・・・

2019年01月21日 | ウダウダ日記

怖くはなくてもヒューヒューガタガタと煩くて眠れない爆風吹き荒ぶ一夜が明けます。
風が平気で通り抜ける我があばら家も、かなり穏やかな朝を迎えております。
隣県はまだ吹雪の真っただ中でしょうか、田圃の向こうの山は全く見えませぬ。

年末の積雪は日に日に消えて、画面上の足元はまるで春のようです。
経験上、大寒が過ぎますと寒さは峠を越したことになります。
家の中に取り込んである鉢物は新芽を吹き始めました。
立春まであと2週間、ここは北国ですから、このまま春を迎えるとは思えませんが・・・。

岩洞湖氷上ワカサギ釣り解禁は1/24と発表になっております。

コメント

19-01-20 二十四節気大寒

2019年01月20日 | 季節の移ろい

二十四節気大寒は一段と気温が緩み-1℃台。
年が明けてからは厳しい寒さはなく、雪らしい雪も全く降ってはいません。
これは確かに過去に例がないほどの暖冬であります。
ここまでは少々気温が緩んでもしぶとく残る霜柱が玄関前に凍り付いていた雪氷と共に、今日はビタビタに融けだして流れ出しております。
氷上釣りの聖地岩洞湖もなかなか氷が成長できず、未だに解禁日が決まりませぬ。
23日に解禁となる大志田ダムに先を越されると言う珍しい事態。
週間予報にも氷点下2桁に迫るような冷え込みは見当たりませんなぁ・・・。

コメント

19-01-19 断捨離

2019年01月19日 | ウダウダ日記



このところオラのPCはパフォーマンスが著しく低下しておりました。
驚速ナンチャラなどと言うソフトを試しても、殆ど回復が見られない状況。
もはや初期設定に戻すしか手立てはなく、思い切って実行した訳です・・・。
勿論個人ファイルは残り、アプリの再インストールの可否も確認した上での実行なのですが・・・。

さすがに初期状態に戻したことでパフォーマンスは回復。
初期化で失われたアプリの再インストールや各種の設定も順調に進みます。
アプリはSOURCENEXTなのでダウンロード回数無制限。
で、生き返ってサクサク動くPCに一人ほくそ笑んでおりましたところ、エラいことに気づきました。
オラにとっては最も使用率も高く価格も高かったHP作成ソフトだけはCDパッケージ版であったことを・・・。

オラの若い時分にはまだなかった単語「断捨離」。
そろそろ身近なところから始めようと、昨年末にPC関連の古い周辺機器やCD等をかなり思い切って廃棄。
必死に家の中を探し回りますが何処にも見あたらず・・・嗚呼。
悪い予感ってよくアタるものであります。
と言うことで、我がHP「北の奔流」は当分の間更新ができない訳で・・・。

コメント

19-01-18 Amazone?

2019年01月18日 | ウダウダ日記

Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!

上記で始まる緊急事態を知らせるMailが舞い込んできました。
巧妙に仕組んだ何らかの詐欺を企むモノでしょうが、「Amazone」と言うところが笑えますが・・・。
それにしても本家Amazonから個人情報がダダ洩れしているのでしょうか。
皆さんのところへは来てませんか?

コメント

19-01-17 3学期

2019年01月17日 | ウダウダ日記

周辺の山々は吹雪の巻かれて灰色の世界。
日本海側ではおそらく酷い風雪に見舞われているのでしょう。
奥羽山脈が壁になってくれる岩手内陸は、粉を振った程度の僅かな雪。
昼前には雲の切れ目から陽射しも出てまいりました。
しかし相変わらず風は強いままです。
この状況下では本来地吹雪に襲われるはずが、まったく雪が少なくてそのようなことにはなりません。

下の孫は今日から3学期。
再びチラチラと舞ってきた雪を窓の外に眺めながら、遊び過ぎて宿題を残したのではなかろうかと、余計な心配をする爺婆なのであります。

コメント