爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

17-12-21 花巻温泉

2017年12月21日 | 温泉



低張性弱アルカリ性高温泉、PH7.8ほどのいわゆる単純泉である。
奥羽山系に多い硫黄泉など酸性の湯とは違って穏やかでまるで刺激がない。
刺激がなさ過ぎて物足りなさもあるが、身体の芯までよく温まり湯冷めがし難い。
氷点下9℃、この冬の最低気温を更新したこんな寒い日には是非入りたくなる湯でもある。
と言うことで、今日は爺婆のささやかな贅沢でもある新蕎麦と温泉のフルコース。
我が家から山沿いの道を走って30分の距離。
陽当たりは乾いていて快調なのに、日陰はガリガリに凍結した危険な路面。
久しぶりの花巻温泉が、腰の引けた怖々運転で掻いた冷や汗を洗い流してくれた。
嗚呼、いい湯だった・・・、さて次回は何処へ。

コメント

17-10-12 橋場温泉あねっこの湯

2017年10月12日 | 温泉

秋雨前線が南下して北東北に晴れ間が広がった。
夏が戻ったような関東方面とは異にして、風が冷たく気温は上がらない。
こんな日は30分のドライブで、道の駅併設日帰り温泉あねっこの湯。
微かに緑がかった透明アルカリ性単純温泉。
誰も居ない露天風呂に浸かり、鮮度のいい空気を腹いっぱい吸って手足を伸ばす。
雫石川上流部奥羽山系の山懐だが、鮮やかな紅葉が見られるのはもう少し先。
やがてその紅葉が散って山は丸裸、そして間もなくして峠路には雪が降る。

コメント

17-05-05 雫石あねっこの湯

2017年06月05日 | 温泉



朝から愚図ついていた空模様、雨雲が次第に薄れてゆく。
午後一番、突然青空が広がって真夏を思わせる陽光が降り注いだ。
雫石川本流竜川は今朝までの雨で薄濁りの高水。
川沿いの道の駅に併設された「あねっこの湯」は独特の肌触りが嬉しいアルカリ単純温泉。
空いている露天風呂で手足を伸ばし、日に日に緑が深まってゆく樹林を愛でている。
山間から沸きあがるエゾハルゼミの大合奏に、アユ解禁近しを感じるオラであった。

コメント (2)