爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

13-12-17(火) 我が家の苦悩

2013年12月17日 | 貧乏人の愚痴話



リモコンひとつで動作する電化製品、いまやその便利さ手軽さに慣れ親しみすぎたオラたち。
しかしある日突然その便利さを奪われた時、もはや平常心で居ることは出来ないらしい。
前回は偶然にも不具合を見つけた我が家のテレビだったが、再び前と同じ症状を見せ始めたのだ。
やはり応急手当をしただけで完治を望むのは無理なことだった。
今回は前回とは異なってヤツはすっかりいじけてしまい、オラの如き古き良き時代の技術屋が得意とする「叩けば直る方式」を頑として受け付けず、時に終日電源が入らないこともあった。
たかがテレビされどテレビながら、家庭における最強の情報源を失う生活は、情けなくて腹立たしくてなんともやりきれないものである。
カカァなんぞはストレス充満でもう爆発寸前、精神衛生上誠に宜しくない状態にある。
カバーを開けて何処をどうすれば復活するかは前回で学習済みのオラだが、テレビ台からあの重量物を上げ下げするのが甚だ容易ではない。
今回修復後は、もう裏蓋を閉じぬまま裸で定位置に戻すことにした。
今後は基板上の不良パーツに直接手をかけて、感電覚悟で復旧を試みることにした訳だが・・・。
いつまで我慢が続けられるか、嗚呼・・・・・。

コメント