爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

17-03-31 フキノトウ

2017年03月31日 | 山野草



裏の田圃の畔にたくさんのフキノトウ。
ちょっと目を離しているうちに旬を過ぎてしまったかも。
美味いものではないが、春を感じさせるあのほろ苦さを一度だけは味わいたい。

早々の開花となった関東の桜。
このところの時ならぬ寒さに、前線の北上は足踏み状態。
週明けには一気に気温も上がって、再び動き始めるのだろう。
今日もまた陽射しがなく、そして肌寒い一日であった。

コメント

17-03-30 ハワサビ

2017年03月30日 | 山野草



一日中陽が射さず小雨模様。
裏の緑地に植えて置いたハワサビが、少しずつ勢力を拡大している。
あと3週間もすれば白い花を着け遠くからでもよく目立つようになる。
気仙川のあの群生地もその頃が採取適期。
それと同期するようにヒカリ・ヤマメも盛期を迎えるのだ。

コメント

17-03-29 ショウジョウバカマ

2017年03月29日 | 山野草

降ったり晴れたり不安定な空模様。
路面は濡れて不気味に光る。
この時期はもう少し暖かいはずなのに一向に寒さは衰えない。
最低気温が氷点下を脱したのに、実に肌寒い日中である。

濡れ落ち葉を取り除いてみると、ショウジョウバカマの花芽があった。
その周辺には、キクザキイチリンソウの紅く弱々しい葉も見られる。
我が家の山野草たちは日照待ちと言うところのようだ。

コメント

17-03-28 フクジュソウ

2017年03月28日 | 山野草

近隣の陽当たりのいい場所から遅れること1ヶ月、我が家でもフクジュソウがやっと花を着けた。
雪が融けて枯れ落ち葉と土くれだけの庭先に、今年初めての彩りの登場である。
この春の山野草は、去年に比べるとやっぱり開花が遅い。
去年のこの時期には既にキクザキイチゲもシュンランも開花していた気がする。

何の気なしにクリックした某魚道の水中画像には懸命に遡上する小魚の群れ。
今年初めて目にしたアユの天然遡上である。
北関東の有名河川からもいつもより早い遡上が確認されている情報。
はたして北東北河川では如何なる光景が見られるのやら。
あと1ヶ月・・・。

コメント (2)

17-03-27 シフト

2017年03月27日 | 季節の移ろい



天候は崩れ気味で平地は小雨、山岳方面は雪かと・・・。
朝の気温は、氷点下を脱した。
身体中ガタガタになるかと思った年寄りのスキー、意外に心地よい疲労感。
首と上腕と尻周りなど普段使わない部分に、僅かにくすぐったい筋肉痛があるだけ。

さて、ワカサギは充分堪能できたし、スキーも思いがけず体験できた。
オラのアウトドアライフは渓流釣りへとシフトしても良い時期に差し掛かった。
机の上には渓流釣り小物類がとっ散らかっている。
沿岸河川、本格的な雪シロが出る前に一度出かけてみようかと。

コメント

17-03-26 岩手高原

2017年03月26日 | 自然との関わり





雲は多いが風もなく絶好のスキー日和。
パパが欧州旅行の間、退屈している孫たちを連れて岩手高原へ。
そこは西岩手外輪山鬼ヶ城尾根の岩峰を振り仰ぐ素晴らしいロケーション。
しかし春休み真っ只中の日曜日なのに異常に空いている。
その後のスキー人口が如何に激減しているのかを如実に物語る光景である。

リフトに乗り素晴らしい景色を眺めながら、スキーにトチ狂っていた頃には未だ存在しなかったゲレンデに一種の興奮を覚えたオラ。
だがレンタルのスキー用具には馴染めぬやら、それを克服するための身体能力もかなり低下しているやらで散々なスタート。
孫たちにいいところを見せるはずが、逆に気遣いをさせてしまう始末。
午後、優しいコースを数本滑った後半はなんとか感覚が戻りつつあったが体力は限界。
29年ぶりに味わったスキーの醍醐味の後は温泉に浸かり、「松ぼっくり」で美味いアイスクリームを食うフルコース。
生涯の記憶に残したい楽しい一日ではあった訳で・・・。

コメント

17-03-25 シュンラン

2017年03月25日 | 山野草



朝方粉を振ったような小雪。
奥羽山系は中腹以上に雪雲。
各スキー場は霞がかってうっすら見えているだけ。
春休みの孫たちの引率は明日に延期。

落ち葉を取り除いてみると、シュンランがもう大きな蕾を抱えている。
午後になると天候は安定、薄日もこぼれてほっこり温かい。
庭先のあちこちに蚊柱が踊っている。
そろそろ夏タイヤに替えても良さそうだが・・・。

コメント

17-03-24 フクジュソウ

2017年03月24日 | 山野草

今朝もまた地表をもたげて霜柱。
我が家の庭先にやっと芽を出したフクジュソウが気の毒なほどの冷え込み。
週明けからは氷点下が消えて、幾分春らしくなってくる予報。

ワカサギ道具をクルマから下ろし物置の奥に仕舞い込む。
ただちに道具を積み替えクルマは渓流仕様に変わる。
これからアユが始まるまでの3ヶ月はヤマメ三昧。
まだ冷たい北風が吹く中、渓流ロッドをヒュッと一振りしてみる。
その瞬間ワカロス症候群は跡形もなく消えたオラなのであった。

コメント

17-03-23 岩洞湖・10

2017年03月23日 | ワカサギ釣り

 

締まり雪の上に新雪10センチ 、今季の最終釣行は柴沢8番に決めた。
今朝は奥地へ向かった人も少なく、不明瞭になってしまった足跡を辿ること20分。
朝のうちは晴れていても、この雲の多さからすればやがて天候は崩れる予感。
7時、穿孔20数発、魚探反応は寂しいが周辺における最深部12.5mに時折いい反応。
テントを張り仕掛けが降りた8時は、魚探がまだ嬉しい反応を見せている。
が、なかなかアタリを貰えず、本日もまたイライラする厳しい釣況のようだ。

「北の奔流」ワカサギ釣行へ

コメント

17-03-22 春咲き球根

2017年03月22日 | 季節の移ろい



結構強い西寄りの風、陽射しがあっても体感的にはかなり寒い。
我が家の周囲には残雪はもう見当たらない。
少しだけ析出した霜柱が崩れた土の間からは春咲き球根の芽だし。

山は吹雪なのだろう中腹のスキー場が霞んでいる。
春休みの孫たちはスキーに行くことを楽しみにしている。
パパはユーロ圏へ1週間の旅行中、オラとママが付き添うことに。
そんな週末が少し楽しみだが、果たして35年ぶりのオラは上手く滑られるのだろうか。
さらにはスキー道具はおろか着るものもない。
最低限のものをレンタルしなくては・・・。

コメント

17-03-21 雨・・・

2017年03月21日 | 季節の移ろい

薄日がこぼれていたのに、午後からは雨に変わった。
昨日気温13℃で心地良い思いをした我が身には少々辛い冷たさ。
それでも田圃の畔に残っていた雪を綺麗に融かして行く春の雨。
雪が消えた跡には昨年よりも2週間遅れでフキノトウも顔を出した。
あれほど賑やかだったハクチョウの声はもうしない。

昨日で禁漁になったかと思っていた岩洞湖はまだ営業中。
春分後も続いている氷上釣り・・・って、過去に記憶がないが。
明後日でもOKなら、行ってみようかしら。
10回目、やっと元がとれる回数なので・・・。

コメント

17-03-20 墓参

2017年03月20日 | 季節の移ろい

彼岸の中日、オラも世間並みに墓参り。
陽射しを浴びて氷上に咲く眩いばかりのテント群を横目にR455を東進。
昨夏の台風による惨劇を色濃く残す小本川沿いを岩泉へ。
そして一山越えてR45に出る。
海岸段丘を100m降りた崖下にへばりつく僅かばかりの平地が、我が女房殿の生まれ在所である。
爺婆が眠るのは海を見下ろす山の上。
午後の墓地には墓参の人たちの姿はもうない。
聞こえるのは潮騒と風とキツツキの乾いた音。
年に何度もかぐことのない線香の香り。
オラは静かに手を合わせ、心の中で習い覚えた般若心経を唱えたのであった。

コメント

17-03-19 春彼岸

2017年03月19日 | 季節の移ろい

裏のポポーの樹上に取り付けた巣箱を巡ってヤマガラとスズメの争い。
まだ肌を射る冷たい西風がある中、繁殖の季節の一端を見せている。
植物が動き始めた地面、析出した霜柱の上を粉を振ったような小雪が覆う。
週末買い出しの産直は彼岸の生花を求める客で賑わっていた。
オラも明日は氷上最終日(?)の岩洞湖を横目に三陸の寒村へ・・・。

コメント

17-06-18 雨に・・・

2017年03月18日 | 季節の移ろい



3連休の初日は、良く晴れて気持ちのいい一日になりそう。
と、思いきや次第に雲が広がり、午後になると全く予想もしなかった雨降りになった。
僅かに融け残っていた雪は、我が家の庭先から完全に消えた。
懐かしい土の香り、僅かながら濡れ落ち葉をもたげて植物たちの芽だし。
樹上から滴る雨だれがオラの頭上に落ちてきた。
梅雨時のように、派手に水飛沫を上げて通り過ぎるクルマ。
昨日まで聞こえていたハクチョウの鳴き声もついにしなくなった。
薄れゆくワカサギへの思慕、そろそろターゲットを切り替える時期か・・・。

コメント

17-03-17 岩洞湖・9

2017年03月17日 | ワカサギ釣り



岩洞湖の氷上ワカサギ釣りも釣期は残りわずか。
彼岸の入りになっても今年の氷はまだしっかりしている。
夜明け前の氷上は良く冷え込んで、この時期にしては珍しい氷晶。
オラはよく締まった雪を踏んでいつものエリアへとソリを曳く。
乗っ込みワカサギ狙いで先行者の多くは岸寄りにテン場を設けている。
オラも岸寄りの浅場20か所を穿孔探査するも納得できる魚影なし。
探査1.5時間、結局はいつもの深場に釣り座を設けたのであった。
9.3mエリア最深部、はたしてこれまでにないほどの乏しい魚影。
もう撃沈は容易に想像がつく訳で・・・。

「北の奔流」ワカサギ釣行へ

コメント