爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

22-03-10 岩洞湖氷上・Ⅶ

2022年03月10日 | ワカサギ釣り

06:30、薮川地区は放射冷却の発生で氷点下14℃と冷え込んだ。
無風晴天、既に陽射しが対岸の山々を照らしている。
今日は岩洞湖氷上最終戦、往きは良い良い帰りが怖いのワラビPから急斜面を降りる。
柴沢8番北側、爺様の中では殆ど外したことがない鉄板ポイントだ。
奥地へと伸びる未整備の道、クラストした雪上を軽快にソリを曳く。
帰りは気温が上がって緩んだ道に難儀しそうだ。

8番ワンド奥、水深12mに釣り座を作る。
大きな群れはないがそこそこの魚影は見止められる。
07:30最初の仕掛けを投入するも、殆ど魚信を貰えない。
前回に続きまたまたポイント選びの失敗かと悔やむも、昨今は移動なんぞは全く考えないことにしている爺様なのである。
我慢の釣りはツ抜けまで1時間半を要したが、そこから突然のように展開が変わった。
本来なら朝の荒食いが終わる9時半を境にして、次第に釣況が上向いた。
テントを全開にして太陽エネルギーを全身に浴びながら昼前には快調に1束を超えた。
あまり気持ちがいいので午後1時まで残業を決めた。
岬の雑木林で心地よく雉を撃ち、最終的には1.4束で釣り座を畳んだ爺様であった。
ワラビPへの帰り道は滑りの悪くなったソリを曳き、緩んだ雪面を踏み抜かぬように慎重に堅雪を辿り、最後は息も絶え絶えになって心臓破りの急坂に挑んだのであった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

22-03-02 岩洞湖・Ⅵ

2022年03月02日 | ワカサギ釣り

いつもよりは早い出発、レスト裏やロープ際の深場か、小石川から柴沢かを迷う。
結局小石川駐車場06:00、幻想的な日の出と朝もやの中を氷上への踏み跡を辿る。
湖面はさらに下がって長くなったスロープを降りることとなったが、氷の上には15センチのズボベチャと25センチの新雪。
奥地への街道も不明瞭でソリは滑らず、雪を踏み抜いては姿勢を立て直しつつ前進。
柴沢8番北岸を目指したかったのだが、爺様の体力では膝までの腐り雪を克服できず断念。
既に小規模テント村が出来ている浅場まで戻り、前日の後家穴を狙うことに。

釣り座を設け、仕掛けが降りたのは07:30。
水深4.5m、魚探反応は悪くはないものの殆どアタリが出ない。
餌を替え仕掛けを替え釣り方を考えてやっと掛かればあまりに極小の当歳魚。
ポツポツと拾って9時までに何とか20匹、しかしそこからアタリは完全に途絶えた。
魚探反応は相変わらず賑やかなのに・・・、いったい何なのこの状況は。
今更深場への場所替えは面倒だし、器に活かしていた幼魚は全て湖に還し爺様は釣り座を畳んだ。
次回は氷上が綺麗に整った頃、それを最終回としたい。
今期最早の11時にはもう帰宅した爺様、持ち帰った握り飯を食い甘酒を呑んだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

22-02-14 岩洞湖氷上・Ⅴ

2022年02月14日 | ワカサギ釣り

岩洞湖氷上は風がなく柴沢を目指すには絶好の日和。
奥地に向かう踏み跡は不完全ではあるが爺様でも歩けるほどよく締まっていた。
奥へ進むほど釣果は上がる訳でもないが、シーズンに一度は歩きたい爺様である。
歩行距離2.5Km、標識9番を過ぎ10番との中間点付近まで歩いた。
ここは爺様にとって過去実績のあるエリア。
穿孔20発、期待に反して何処も彼処もほぼ魚影はない。
止むを得ず周辺の中では最も深い障害物がありそうなポイントにテントを張った。
既に陽はのぼりダイヤモンドダストが煌く大氷原、見える範囲のテントは数えるほど。
仕掛けが降りたのはいつもの通り7時を回っていた。
もう既に朝の荒食い状態にあるはずだが、魚探反応があっても全くアタリが来ない。
最初の2時間頑張ってもツ抜けしない情けないスタートだった。
しかし陽が高くなって状況は一変、大きな群れが入ってきた訳ではないが突然アタリを拾えるようになった。
監視人が回ってきた11時前には1束を超えた。
昼が過ぎてもアタリは続いたが、13時を回るとさすがに食いは止まった。
本日の釣果1.8束、少し強い風が出てきた13時半、釣り座を畳んだ爺様は背中に風を受けながら気分良く小石川Pに向かったのであった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

22-02-08 岩洞湖氷上・Ⅳ

2022年02月08日 | ワカサギ釣り

思ったほどの冷え込みはない岩洞湖第一ワンド、06:30。
ワンド内は風裏とあって氷上の積雪は多く今朝方降ったものが15センチもあった。
爺様はこのエリアは初めてとあって、前日のテン場跡を手掛かりに穿孔10発。
風を避けるために選んだワンド内、水深は7~8mぐらいだが、何処でも魚影は見えている。
試掘した中では最も深い8mに釣り座を設けることにした。
07:30仕掛けが降りるやたちまちラッシュアワーに遭遇。
狭いテントの中で仕掛けトラブルやらヤカンをひっくり返すやら大騒動。
しかしワンド内はその95%が当歳魚、アタリの半数は釣果に繋がらないがそれでも時速40尾。
しかしお祭り騒ぎは長くは続かず、魚探反応は賑やかなのに2時間半後にはアタリが消えた。
10:00に1束を超えた後は、いきなり岩洞湖2月病の気難しい状況に変わった。
正午までの2時間で15匹、次の1時間では2匹と、爺様もさすがに我慢ならず釣り座を畳んだのであった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

22-01-31 岩洞湖・Ⅲ

2022年01月31日 | ワカサギ釣り

岩洞湖06:30、気温―14℃、本州一の厳寒の地盛岡市薮川地区とすれば何処か物足りない。
穏やかな朝だが日中は強い風が吹く予報が出ている。
オラは対岸に回り、第2ワンドに降りた。
ワンド沖にはテント村ができているも、風の影響の少ないワンドの奥、比較的浅場で穿孔20発。
パラパラと浮き気味の魚群が確認できる水深12m前後にテントを設営した。
ここは2年前にマイクロワカサギにかなり翻弄されたエリア。
07:30仕掛け投入、たちまち穂先を揺すって数センチのXSサイズ。
その後も多くはワカサギ外しのスリットをくぐり抜けるサイズで、Mサイズは1割程度。
魚探には真っ白だった湖底付近が俄然賑やかになっておよそ1mの厚みで魚影が現れる。
しかしその殆どは例のマイクロワカサギだけに、容易には釣果に結びつかない。
仕掛け号数を替えオモリを変え穂先も替えてみたが、何年経験しても進歩のないオラのアワセではそれを捉えることが出来ず、今年もまた苦悩する爺様。
昼近くになっても魚影は途絶えることなく、空振り多く打率は悪いなりにも釣果は増えて来た。
途中で数を確認しながら2束に下方修正した目標値。
13:00前、この日の目標に到達。
予報通り風が出てきて、氷上をブリザードが吹き抜ける中を釣り座を畳んだのであった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

22-01-25 岩洞湖・Ⅱ

2022年01月25日 | ワカサギ釣り

曇天だが穏やかな一日であるとの天気予報。
本日はゆっくりのスタート、対岸方面通称2.5ワンドと呼ばれているエリア。
氷上に降り立ったのは08:00、もう朝の荒食い真っ盛りの時間帯だ。
2ワンド方面は人気が集中しているらしくテント村が花盛り。
オラは大きな釣果を上げた経験がないこのエリア、先行者の邪魔にならぬよう少し離れた場所の水深15~12m近辺を穿孔20発。
しかし魚探は群れを捉えないばかりか、画面は実に寂しい状況であった。
不思議にも近くのテントからは高活性に恵まれているらしく歓声が上がる。
聞こえてくる話の内容からは熟達者とは思えないが、もう50~60は釣っているらしい。
これって、もしかして仕掛けを降ろすと集まってくると言う場所かも・・・。
焦りを感じたオラは魚影はないが底がフラットな水深12mに急いでテントを張った。
09:00、最初の仕掛けが降りるや直ちに反応が返ってきた。
決して魚探画像が賑やかになることはなかったが、間を空けずにいい反応が続いた。
しかし時既に遅し・・・、朝の荒食いは釣り開始から1時間半でふっと消えた。
なんとか1束は超えたが、急激にペースダウン、朝の遅いスタートが悔やまれる。
この先、目標の2束には長い道のりになりそうだ。
昼を回った頃には魚探はほぼ真っ白、2本の穂先は全く魚信を捉えることはなくなった。
13:00まで粘ってみたが数匹を追加しただけだった。
目標達成には夕方までの延長戦に期待できるかもしれぬが、オラは釣り座を畳むことにした。
本日の釣果、1.5束残念。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

22-01-21 氷上ワカサギ

2022年01月21日 | ワカサギ釣り

05:00、雪は降ってますが除雪は済んでいて思いのほか走りやすいR455。
解禁2日目とあって小石川Pは思った以上に空いている。
オラは明るくなるのを待って氷上に出る。
しかし奥地へと続く良く締まった主要道ですら、なんと岸際からたちまちズボベチャ。
踏み跡を外すと30センチ以上の積雪でソリは滑らず、息も絶え絶えの爺様。
柴沢8番まで歩くつもりだったが、たちまち体力を使い果たして奥地への入り口でダウン。
試掘もしないままにウンに任せ適当な場所を除雪整地してテン場造り。
何か忘れ物をしている気がしてしようがなかったが、やっぱりスコップがない。
もうここで本日の結果は見えたようなもの。
雪は止み東の山から日が昇る頃、ようやく仕掛けが水深15.5mの湖底に降りた。
魚探では障害物もあるが、僅かながら浮き気味の魚影がパラパラ確認できる。
しかし全くアタリの来ない穂先、やはり大外れの場所を引き当ててしまったらしい。
開始45分、ようやく掛かった今季の初ワカサギは随分小ぶりだ。
日が高くなった頃からポツポツと釣れるようになったところで、リールを2台にする。
目標を2束に置いて勇んでの出撃だったが、このペースでは到底無理だ。
暇を持て余して飯も食ったしおやつも腹いっぱい。
いつものように甘酒もお汁粉もたんと飲んで眠気さえも覚えた。
午後1時、仕掛け絡みなど様々の不幸に見舞われながらようやく1束に届いたところで今日は終わりにすることにした。
前日100均で買ったSサイズの保存袋の半分にも満たなかった情けない初戦であった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-03-09 岩洞湖・Ⅵ

2021年03月09日 | ワカサギ釣り

今日はレストハウス下の深場にきています。
オラは至る所地面が露出しているアプローチを、ガリガリとソリを曳きます。
07:30、無風快晴の氷上、既にカラフルなテント村が広がっております。
このエリアは何処でも1束は釣れると隣にクルマを停めた爺様が言ってたことを思い出して、悩むことなく後家穴にテントを張ります。
この時点であまりぱっとしない魚探反応に次第に大きくなる不安を覚えるオラ。
08:00、水深21.5m捨て糸1mの仕掛けが湖底に降りますが・・・・・・沈黙。
なかなか口を使ってくれない深場のワカサギであります。
仕掛け、オモリ、タナ、エサ、誘いを自分なりに工夫してみます。
時折足元には不気味な轟音と共に氷にひび割れが走ります。
1時間後、少し気になる地震の揺れを感じました。
10年前の3/9、オラはあの東日本大震災の予兆とも言える震度5をここ岩洞湖柴沢8番で体験したのでした。
それから2日後の3/11、あの忌まわしき本震が大津波を伴って東日本の広範囲を襲ったのです。
10:00、釣況は一向に上向く気配もなく、ここまで実釣2時間でやっと40匹。
ここからはさらに厳しい時間帯、オラは躊躇なく釣り座を畳むことにしたのでした。
ご近所のテントはそれなりに釣れている模様。
しかしオラにはやっぱり難しい深場の釣り、これにて今季は終わりにしようかとも思いながら、雪の消えた急坂に息を切らすのでした。

帰り道、あまりに天気がいいものですから、岩山展望台に上ってみました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-02-26 岩洞湖・Ⅳ

2021年02月26日 | ワカサギ釣り

満を持しての岩洞湖氷上歩きの日、家を出る頃は激しい雪が降りだしたばかり。
朝方の雪はせいぜい数センチの積雪を齎しただけでやがて止みます。
もう山の向こうから陽光が射し始めた07:00、チェーンアイゼンを装着して氷上に出ます。
小石川から凹凸の激しい氷結路を快調に歩いて奥地へと向かいます。
念願だった奥地へ30分、10番標識の先にはテントはポツンとしか見えない少し寂しい光景。
山間からはキツツキの音、北上高地の大自然の中に居る大いなる満足感と心地よい疲労感に浸るオラであります。
あとは帰り道の何処かで、何年経っても上手くならないワカサギ釣りをすることにしましょう。
釣り人疎らな今日の柴沢、その中に数個のテント寄り添うように見える9番付近まで戻ります。
氷厚やや60センチ、切れ味の落ちたオーガーとパワー不足のドリルで試掘孔20発。
水深11.5m前後、何れの孔も魚影は殆どなく釣り座が決まりませぬ。
と言うことで、本日もまた適当な場所にテントを張って、北西風が強まって撤収を決めた正午まで60匹に終わってしまったオラであります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-02-09 岩洞湖・2

2021年02月09日 | ワカサギ釣り

早朝のR455、5センチの新雪を舞い上げながら快調に飛ばして6時小石川P着。
早速支度をして6:30、もう灯りの必要がなくなった氷上に降ります。
出来れば柴沢8番北を目指したかったのですが、氷上には20センチの積雪があります。
ソリが沈み込み重くて、爺様のパワーでは目的地への到達は無理です。
さらには陽が昇ると北西の風雪が強まる予報が出ています。
止むを得ずオラは強まる北西風を避けるために対岸の山際に目標を変えます。
しかしかつてこの辺での好釣果を得た経験は一度もありませぬ。
もうこの時点で本日の釣況は想像できますが・・・。

北の奔流ワカサギ釣行2021へ

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-01-28 岩洞湖解禁

2021年01月28日 | ワカサギ釣り

 

3時にセットしたアラームでしたが1時前には目覚めてしまいました。
それなら現地で仮眠をとろうと言うことでさっさと出発です。
途中で食料を買い、もう2割ほどが埋まっている小石川駐車場到着は2時半。
解禁日のオラはいつも早起きが出来ずアプローチの楽な小石川には入ることができませんでしたが本日は楽勝。
さて駐車スペースが確保できたオラは安心して仮眠。
・・・そして目覚めればもう6時半、遠く柴沢方面にもテント村ができております。
先日の温かさと雨で駐車場の地面が露出、ソリを曳くのが大変。
氷上も積雪はなくテカテカ鏡面仕上げの岩洞湖であります。
ソリを曳くのは実に楽なのですが、柴沢8番を目指したはずのオラは、あまりの歩き難さでずっと手前で息切れ断念。
もう歩くのが嫌になったオラは初めての場所で解禁を迎えることにしました。
周りには結構テント村ができていますから、きっと実績のあるポイントに違いありません。
先ずは魚群探査に数個の穿孔、水深12m、魚影は殆ど見られぬも周囲のテントからの軽快な巻き上げ音に促されるようにテント設営。
夜中に到着している割にはすっかり明るくなっても未だ仕掛けが降りないオラ。
去年よりもまた一段と手先が不器用になってしまったオラですから、テントの中で細仕掛けに人知れず悶絶しつつ仕掛け投入8時。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20-02-29 岩洞湖・4

2020年02月29日 | ワカサギ釣り

09:00の岩洞湖、週末とて小石川Pは満車状態です。
暫く眺めていると場所替えをするのか出るクルマがありまして、オラは運よく駐車できました。
無風、薄雲を透して陽射しもあり暖かい日です。
よく締まった氷上にソリを曳きますが、奥地方面から戻ってくる釣り人が結構おります。
聞けば早朝に来たが殆ど釣れなかったとか・・・、岩洞湖はどうやら2月病真っ只中のようです。
オラはポイント選びで過去一度も失敗したことのない8番北へと歩を進めます。

以下 HP北の奔流(ワカサギ釣行) へ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20-02-20 大沼

2020年02月20日 | ワカサギ釣り

河岸を替えて本日のワカサギ釣りはいつもの仲間5人で大沼へとやってまいりました。
深夜の東北道の北上、フェリーに乗り継ぎ小宴会で盛り上がりながら函館到着は06:20。
合流した北の仲間の案内で、朝飯を食べ通勤ラッシュの始まったR5を40分ほど走って大沼国定公園。
快晴の空、北に秀峰駒ケ岳を望む素晴らしいロケーション。
氷上を10センチほどの積雪を踏みしめてワンドの出口付近まで歩きます。
適当な場所で数発の穿孔、魚探には水深6mのボトムから2mの厚みでどこもびっしりの魚影。
7名は大型テント2張りに分かれてそれぞれ釣り座を作ります。

間断なく出るアタリとダブル、トリプルが続く釣況。
時速0.8~1束の釣況は途切れることなく続きますが、比率はM:1、S:9とマイクロサイズ中心。
やがて対面する仲間の顔も見えなくなる室蘭焼き鳥を焼く煙から逃れてテントの外に出ます。
少し風が出てきた氷上は何処までも北の大自然、平日とは言え他のテントは数張りだけ。
現場売り加算のない入漁料、なんておおらかな北海道の釣りでしょうか。
時にはこんな釣行もいいものですね。

早上がりのこの日、湖畔の秘湯で温まった後はロッジ風の宿へと向かいます。
晩飯は年に一度暖簾をくぐるだけでボトルキープの小料理屋。
大いに盛り上がった後は宿に戻り釣り談義で夜明かしをするつもりでしたが、前夜のフェリーでの睡眠不足が祟り敢無くダウン。
部屋の中はおそらく猛烈ないびき合戦になっていたことでしょう。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20-02-12 岩洞湖・3

2020年02月12日 | ワカサギ釣り



アユ以外の釣りでは滅多に早起きなどしないオラであります。
珍しく早起きの今朝は小石川Pはまだ真っ暗。
氷上に一歩踏み出してみますと思ってた以上に固く締まった踏み跡。
通称「高速道」と呼ばれる踏み跡ははるか奥地へと続いております。
駐車場の目の前の浅場を予定してましたが、あまりの快適さについつい柴沢へと進入したのでした。
30分歩いてかつて好釣果があった9番を過ぎた南側、オラはそのエリアから探索を始めます。

以下 HP北の奔流(ワカサギ釣行) へ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20-02-04 岩洞湖・2

2020年02月04日 | ワカサギ釣り



小石川07:00、氷上には新雪15センチ、しかも真正面からの強風がなかなかの強敵です。
柴沢方面の予定でしたが、体力の衰えたオラにはとても無理そうです。
急遽行き先変更、歩行距離が短くて済むレストハウス裏のドン深にしました。
上空は良く晴れていますが、遮るもののない本湖氷上を激しいブリザードが通り過ぎます。
すぐ前を歩いた人のソリ跡を埋めて吹き溜まりを作るほどの爆風です。
穿孔探査もほんの数ヶ所でギブアップ、テントはもはや適当な場所に設営するしかありませぬ。
ここはドン深のうちでも最も深い場所らしく、湖面がかなり低下しているのに水深は25m。
魚影は薄いながらもボトムから3mぐらいまでの間に出入りが見られます。
捨てオモリ7g+仕掛けオモリ1.5gで先ずは底から狙ってみます。
徐々に捨てオモリを長くとって、1mのところでアタリ。
深場独特の透き通ったピンク、良型のワカサギであります。
最初の1匹が09:00、そこからポツポツと拾い上げる釣りで、決してラッシュには恵まれませぬ。
昼近くになっても魚影は残っていて調子変わらず時速20尾と低調のまま。
5時間後の14:00、やっと1束となったところで釣り座を畳みます。

ご近所テントのご同輩に釣況をお聞きしましたが、皆さんは1束から2.5束と好調。
このエリアの場所選びではどうやらオラが一番の外れくじを引いたような・・・。
風は止んで穏やかさを取り戻した氷上にソリを曳き、吹き溜まりに脚をとられながら、息も絶え絶えになってアプローチを登り返すオラなのでありました。

釣果:100+α(L4・M5・S1)



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする