爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

09-02-28(土) 激渋の岩洞湖

2009年02月28日 | ワカサギ釣り



岩洞湖第4ワンド07:00、氷点下15℃の氷上にダイヤモンドダストが舞います。
遠来の友を迎えるテント設営のため、先発のオラたちは鼻水をすすりながら魚影を求めて、
もうかれこれ小1時間も彷徨っているのです。
穴を掘っては魚探を入れ、浅場から深場へ、そしてまた浅場へと20箇所も・・・。
いったい何処にいるんかねワカサギは・・・。

僅かに反応の出た8mライン、腹を決めてここをベースにすることに。
仕掛けを降ろすも、釣れねぇ釣れねぇ・・・オラの穂先はちっとも動かん。
相方にも数匹だけ・・・稀に見る激渋なのだ。
そこへ皆さんの到着。
暫く4人で竿を出しますが、状況は変わらず・・・。
皆さんは群れを求めて周辺の探索に出て行きます。
晴れ渡った清々しい今日の岩洞湖、どのテントも同様の状況なのでしょうか、それとも余裕でこの冬最後の日光浴を楽しんでいるのでしょうか、皆さんが外に出ておりますなぁ。

で、オラたちは岸寄りの6mラインへとテントを移動。
すると、ここまで「ボ」のオラに2連荘、・・・うむ・・・悪い予感。
オラの先走りで、好釣果を呼んだ例がないから・・・。
まさにそんなジンクス通り、その後も厳しい釣況は続きます。
開始から数時間経過しても、片手に満たないとか、時速1匹だとか、せいぜいツ抜けだとか寂しい会話が飛び交うテント内でありました。


  浅場の探索中                           悲惨な釣果


皆さんはポツリポツリながらも確実に目標値へと近づいておりますが、オラだけは昼飯を食った後も無残な釣況は続き、ツ抜けすらできそうにない最悪の有様。
午後になると、賑わいを見せていた周辺のテントが一つ二つと減って行く中、何故か妙に熱くなったオラたちは、相変わらず動かない穂先に全神経を集中し続けるのでありました。
途中オラは、便意をもよおし雪深い山中に駆け込むやら、リールを水没させるやら、幾つかのハプニングがありましたが、一時プチラッシュにも恵まれまして2桁はなんとか・・・。

17:00、4人合計が130弱と言うあまりに悲惨な釣果を以って諦めの刻限と相成りました。
激渋2月病の岩洞湖、このあと残り少ないシーズンですが好転はあるのでしょうか。
寒さがビリビリと足元から這い上がってくる中でテントをたたみ、クラストした雪の上をソリを曳いて撤退と相成ります。
これにて、オラの今季氷上釣りは最後、明日からはヤマメモード切り替えとなります。
 

 

コメント

09-02-27(金) 冬にお別れ

2009年02月27日 | ウダウダ日記


積雪量はかなり減ったけど、脇の小道に一歩踏み出した途端たちまちクルマは立ち往生する。
先日の大雪は、比較的温かな日中の気温でも容易には消えてはくれない。
それでも残雪の切れ目からは黒い地面が・・・、そしてフクジュソウが再び姿を現した。
明日は皆さんのご好意にあまえて、今季最後のワカ釣りを楽しむ予定。
その後はいよいよ渓流モードへの切り替えを行います。

コメント

09-02-26(木) 閉伊川、解禁3日前

2009年02月26日 | ウダウダ日記



区界峠を越え川井村の中心部を過ぎると、雪景色が殆んど視界に入らなくなります。
積雪が最も多いはずの2月なのに、沿岸部には既に春の到来が感じられます。
北東北における早春の川は、生き物の存在を否定する冷たい流れがあるだけなのですが、今日の閉伊川の水の色にはなにやら温かみさえ感じられます。
暫くトロ瀬を凝視するも、さすがにサカナを見つけることはできませんでした。
しかし、どうやら解禁当初からいい調子で推移しそうな気配はあります。
あと3日、楽しみですねぇ・・・。

 

コメント

09-02-25(水) 暇を持て余して・・・

2009年02月25日 | ウダウダ日記



どんより曇り空ながら気温が上がり、先日の積雪はぐんとその嵩を減らした。
そろそろあの池の氷も融けた頃かと様子を伺いに行ってみた。
かなり水が浮いてきてはいるが、残念ながら未だ全面結氷のままであった。
釣りが出来るようになるまでには、あと1週間ほどを要するかも。
渓流が始まる前に一度竿を出したかったけど、やっぱり無理そう。
明日は所用で沿岸部まで・・・、時間があったら、閉伊川でも覗いてくるべ。
それにしても、サンデー毎日ってのは、なんとも辛いものだ・・・・・。

 

コメント

09-02-24(火) 春、足踏み

2009年02月24日 | ウダウダ日記


今朝の内陸部は猛烈な冷え込みでありました。
我が集落は氷点下2桁、岩洞湖などでは氷点下20℃を下回ったらしい。
いい天気かと思わせたのも朝のうちだけ、昼過ぎには鉛色の雲が広がり風も強まった。
夕方には雪が舞い始め、ちょっとした吹雪模様に・・・。
1月に「つどいの森」の陽だまりに顔を出していたフキノトウは・・・、いつもの散歩コースに咲き揃っていたフクジュソウは・・・、雪に埋もれたままでいったいどうなってるのだろう。
もうじき3月だけど、週間予報によると気温は暫く低めで推移するらしい。

コメント

09-02-23(月) 高齢者

2009年02月23日 | ウダウダ日記



入院中の親戚が逝ったと言う一報が入り、予定していたワカ釣行を断念。
何か役目を仰せつかるかと待機するも、特段のこともなく一日が過ぎた。
考えてみるとこの数年は葬式ばかりがやたら多く、ただの一度もめでたい席はなかった。
周りの皆が一律に歳をとっていく訳で、仕方がないと言えば仕方がないのだが。

そんな中、明日を境にオラは「前期高齢者」に仕分けされるらしい。
100年前なら、とっくに土に還っていても可笑しくない年齢だが、オラの場合まだ暫くは釣り三昧が出来そうな気がしている。
が、誰かがトカレフの頭金にすると言っていた低額(定額?)給付金は、あと一歩のところで¥20000にならなかったってのが、ちと悔しい訳で・・・。

 

コメント

09-02-22(日) 冷たい南風

2009年02月22日 | ウダウダ日記



風向きが南に変わったけど、雪原を渡ってくるのは相変わらず射すような冷たさだ。
数日前まですっかり乾いていた我が家の前も、圧雪凍結路面に変貌したまま。
しかし発達した低気圧がこのまま東海上に遠ざかると、出されている強風注意報も解除され、1週間ほど続いた低温傾向も次第に解消されることでしょう。
週明けからは好天が期待できそう・・・、ワカ釣り、渓流前にもう1回行ってみるか。

 

コメント

09-02-21(土) 地吹雪残る週末

2009年02月21日 | ウダウダ日記



強風が恐ろしいほどの唸りをあげていた一夜が明けました。
遮るものもない田圃地帯を、灰色の地吹雪が通り過ぎていきます。
除雪が間に合わなかった道はボコボコに凍てつき、大型車が通る度に我が家は地震でも来たかのように揺れます。

近頃まるで不器用になってしまった指先の鍛錬になるかと、四苦八苦しながら小鈎を巻いた。
やっとのことで鈎20本と、仕掛け2組を作成。
これでヤマメ解禁日はなんとかなるだろうけど、今後はやっぱり出来合を買うことにしよう。

 

コメント

09-02-20(金) 大雪だぁ

2009年02月20日 | ウダウダ日記



雪は明け方から本格的に降りだし、昼前には我が家周辺で35センチを超えた。
朝方払ったクルマの屋根も、再び大きく盛り上がった。
シンシンと降り積もる細雪の中を、オラはこの冬やっと2回目となる雪掻きに追われた。

午後になると急に気温が上がったらしく、ベタ雪から雨に変わった。
積雪は見る間にその嵩を減らしていった。
本格的な降雪とは言えやっぱり春の雪、地温も上がってきてることですから、すぐにも消えてなくなるのでしょう。
渓流へあと1週間・・・。

 

コメント

09-02-19(木) 冬の夜長に

2009年02月19日 | ウダウダ日記



低温注意報は解除されても、オラの住む郊外は本日もまた確実に真冬日であります。
平地は晴れ間が多く時折風が吹く程度ですが、山岳方面はかなりの荒れてるみたい。
岩手山を始めとする奥羽の山々は、吹雪の中にすっぽりと埋没しております。

歳をとるとオシ〇コにかかわる悩みは尽きない。
冷え込みの厳しい冬の夜長は、オシ〇コに起きるのがことのほか辛い。

「残尿感」・・・若かりし頃のドッと出るあの開放感を、もう一度味わいたいものだが・・・。
「出渋り」・・・かなり切羽詰った状況にあっても、あのチョロチョロってのは、いったい・・・。
「尿漏れ」・・・チャックを締めた途端に、下着をジョロッと濡らすあの不快感が堪らんぞ。
「頻尿」・・・夜間、何回起きるかが問題、・・・幸いオラはまだ1回だけど。

オラとすれば、既にどれも自覚症状はある訳でして・・・。
もう昔には戻れないのね・・・。
ハルンケアでも試してみっかねぇ。

 

コメント

09-02-18(水) 二十四節気「雨水」

2009年02月18日 | ウダウダ日記



早いもので、二十四節気の「雨水」だそうな。
しかしここ数日は、寒中には殆んどなかった北国らしい厳寒が続いております。
暦の上で冬が終わろうとするこの時期になって、つじつま合わせのように、寒さがやってくるのは近年多く見られる傾向です。

陽が射してたかと思うと、奥羽の山々から雪雲が伸びてきて、粉雪が舞う落ち着かない天気。
一面に水が浮いてきて、もうじき氷が融けるかに思えたかの池ですが、きっとまたガンと凍りついたに違いありません。
つうことは、お手軽な釣りはもう暫く我慢しなくちゃ・・・。
その間、もう一辺あの極寒の地岩洞湖へ行く必要が・・・、身体が鈍ってしまいそうだから。

 

コメント

09-02-17(火) んんん・・・ん

2009年02月17日 | ウダウダ日記



氷点下9℃の朝は、さすがにまだ厳冬期であったことを痛感する。
僅かに降り積もった雪は、冷凍乾燥状態の中で結晶の一粒一粒をはっきり見せている。
しかし日中は陽射しも豊富、気温はさして上がらないけど路面は綺麗に乾いた。
この朝晩の冷え込みは週末まで続くらしい・・・、暖冬とは言え北東北の2月ですから。

随分日が長くなったもんだ・・・、5時半になってもまだ残る明るさ。
春の訪れは「光」が先行し、「温度」は遅れてやってくる。
オラが「春」を実感できるのは、秋田の渓流が解禁される頃。
その春を待たずして、突然やってきた先日の雪シロ、その出水が未だ収束しないままの奥羽山系河川、天然アユの遡上期に大渇水になりはしまいか、春の渓流はどんな滑り出しになりますやら、大いに気の揉めるところではあります。

 

コメント

09-02-16(月) 一転して厳冬へ

2009年02月16日 | ウダウダ日記



昨日までの温かさは何処へやら、一夜にして厳冬が戻ってきました。
昼を過ぎても気温は氷点下4℃台と真冬日、針状粉雪が舞う我が家周辺であります。
近くで買い物をしているうちにクルマのドアが凍りついてみたり、風呂場の給湯管が凍結するなど今季初めての出来事。
しかし、これが北国における本来の寒さってヤツだった訳でして・・・。
それでも当地の桜開花予想は4/16頃だとか・・・、も少し早まりそうな気もしますがなぁ。

 

コメント

09-02-15(日) 温かな雨

2009年02月15日 | ウダウダ日記



2日前の雨で時ならぬ雪融けが始まり、奥羽山系を源とする各河川が大増水のピークを迎えた昨日でしたが、本日はまたしても温かな雨。
一旦収束を見せていた出水ですが、またまた増水に転ずるかも知れません。
それにしても、太平洋岸南部河川は、北上高地の積雪が少ないこともあって、5月並みに気温が上がってもさしたる増水は見られなかったね。
さてさてこの後はどのように推移するのでしょうか・・・、渓流へあと2週間。
今日の雨で、路側の排雪の山も消え、まるで梅雨時を思わせるような・・・ヘンな感じ。

 

コメント

09-02-14(土) 雪融け

2009年02月14日 | ウダウダ日記



比較的温かな強風が轟々と吹き荒れる一日です。
北東北には「春一番」に当たるものはないと言いますが、長い冬に決別を告げる嵐か。
急激な雪融けに、チョロチョロの細い流れを幾筋も集めた側溝は、久々の激しい流れ。
溢れ出した濁り水は、勢い良く路面にまで広がります。
庭先では、昨日までたっぷりあった雪がみるみる嵩を減らすと、黒々とした地面が現れます。
もうじき山野草が芽を出して、そのまま一気に春に突入か。
それともまたしても雪に覆われる日が来るのか。
何れにしても、平年より半月は早い「三寒四温」の季節がやってきたみたいですね。

 

コメント