爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

19-06-27 盛岡市近郊の川

2019年06月27日 | 川そして・・・

盛岡市内を流れるアユの川とすれば、奥羽山系を源とする雫石川、北上高地を源とする簗川と中津川、それらのすべては北上川に合流して宮城県石巻で太平洋にそそぎます。
解禁が4日後に迫ったので、オラはそれぞれの川を眺めることに。
水質は若干落ちるも相変わらず育ちのいい川、アユが全く見当たらない川、水質抜群ながら成長が遅れてまだ15センチにも届かないままの川、いろいろですが、今年も何とか楽しめそうではあります。

午後からは本格的な雨降り。
熱帯低気圧と梅雨前線の影響で、明日にかけてかなり降りそう。
解禁日の竿出し不可能だけは避けたいところですが・・・。

コメント

19-06-20 アユの川見て歩き

2019年06月20日 | 川そして・・・

朝7時、恒例の解禁前情報を得るための1周320Kmのドライブに出発です。
平年より半月早く遡上を開始したアユたちのその後の育ち具合、しかとこの目で確認したいとの思いから、東北道を北上米代川上流の鹿角エリアを目指します。
解禁を10日後に控えた川には、オラと同じ思いのアユ狂いの人たちがちらほら。
遡上アユが未だ到達していないエリア、一番アユは着いてるが後続が見当たらないエリア。
巷には小躍りするような情報ばかりが飛び交っていますが、実際は手放しで喜べる状況ではなく、このあとの10日間で何か劇的な変化でもなければ、期待値を下方修正せざるを得ないものが多そうです。

北の奔流解禁前情報へ

コメント

19-06-05 アユの川

2019年06月05日 | 川そして・・・

 

雪シロが収束して既に渇水傾向、このままでは少々厳しい雫石川春木場です。
この辺で適度の増水が欲しかったところでしたが、午後から雷雨になると言う予報が出ております。
橋から見下ろす澄んだ流れの中、コンクリート法面に、右岸の深みに激しく群れるアユのきらめき。
放流して間もないだけに広く流れに散ってはいないのですが、型は既に予想を上回る大きさ。
大きいと言うことは数が少ないのかもしれませんが・・・。
1ヶ月後の解禁で18センチ以上が普通に出るとすれば、それはそれで楽しみなことです。
ダム上の全放流河川、育ちのいい金田一産稚魚、水質が良いだけに食味は一級品です。
夏の川にはやっぱり欠かせない元気アユの姿。
鬱積したわだかまりが一気に晴れた瞬間でありました。

コメント