爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

09-12-31(木) 大晦日

2009年12月31日 | ウダウダ日記



一晩中絶えなかった雨音でしたが、明け方には細雪に変わりました。
里山の木々は湿り雪を纏い、さながら墨絵の世界。
一瞬陽射しも現れますが、時の経過と共に風も出てきて怪しげな空模様。
大晦日から元旦にかけての内陸方面は、大荒れが予想されていますが、まさしくそんな状況に。

何かと悔いを残した感もある09年も、いよいよ最終日。
そろそろ足手纏いになりつつある高齢者のオラ、にも拘らず親しくお付き合いを頂いている素晴らしい仲間たちに感謝を捧げつつ、心穏やかに新年を迎えたいと思うておりまする。

 

コメント

09-12-30(水) 何とかしなくちゃ

2009年12月30日 | ウダウダ日記



出かける先もないので本日も巣篭もり中。
終日纏わりついて離れない孫ども、ストレス溜まりっ放しのオラであります。
今時のTV番組は、1時間も観ているとたちまち飽きるし・・・・・。
出来ることなら暖かい季節が訪れるまで冬眠してしまいたい・・・、そんな気分です。
最近は益々歩かなくなってしまったオラ、脚の筋肉がだいぶ落ちてしまいましたぞ。
こんな調子では、来季の釣りに支障をきたしそう。
何とかしなくちゃ・・・何とかしなくちゃ。

 

コメント

09-12-29(火) 今年も後3日

2009年12月29日 | ウダウダ日記



今朝もうっすら雪化粧、この数日はあまり寒さは感じませんが・・・。
通りの向こうの倉庫の屋根から太陽が顔を出すのは08:20頃。
日没時刻が伸びているのははっきり感られますが、日の出はもう暫くの間遅れてきます。

新年まであと3日、寒さが緩んで道にへばりついていた圧雪は殆んど消えました。
午後になると大概の商社は休みに入ったらしく、表を走るクルマの流れはとても静か。
一方、街では帰省や観光の他県ナンバーが目立ちます。
年末年始は寒気団の南下で大荒れの予報、皆さん夫々いい新年を迎えられますことを・・・。

 

コメント

09-12-28(月) 風の音に・・・

2009年12月28日 | ウダウダ日記



気圧の傾きが強くなって、今宵も季節風が吹き荒れています。
夏に涼しく冬もまた涼しい我が家、天井裏を壁の間をノシッと音をさせて風が通り抜けます。
おかげで湿気とは無縁の建物ですから、築30年を経ても構造材に傷みなどはありませぬ。
その代わり暖房費の請求書が来るたびに頭が痛い訳でして・・・。
30代半ばの安月給の時代、やっとこさ建てた坪15万のアバラ家ですから仕方がないのですが。
その頃の将来設計は、大金持ちになって25年後にはいい家に建て替える筈だったのよ。
そのオラが、30年後に僅かな年金収入だけで青息吐息の生活だなんて・・・。
そんなことまるで想像出来なかった訳で・・・、う、悲しくなってきた。

 

コメント

09-12-27(日) 正月準備

2009年12月27日 | ウダウダ日記



雨が上がった後は一晩中風が唸りをあげていましたが、明け方には静穏が訪れています。
ツルツルに凍った道、冷や汗を掻きながら正月用品の買出しにいつものスーパー。
ま、この正月はいつものような飾りは控えなければならないけど・・・。
それでも倉庫から餅つき機を引っ張り出して、娘や妹たちのために2ウスほど搗きました。
いいお天気だから家の大掃除もしたいけど、ちょっと寒そうで・・・ヤメ。
暇を持て余してTVを点ければ、何処へ切り替えても似たような特番ばかりでつまらない。
去年の今頃ってのは、まだ三本松が出来てたのになぁ・・・・。

 

コメント

09-12-26(土) 時ならぬ雨

2009年12月26日 | ウダウダ日記



週末の荒天はもう慣れっこ、秋から冬にかけてずっと続いておりますから。
昨日の快晴は何処へやら、今年最後の週末も朝から冷たい雨が時に激しく、時にシトシトと。
おかげで屋根の雪は全部消えて、水捌けの悪い軒下には大きな溜りが。
寒さが緩んだことで三本松の氷が融けたかと、雨が小降りになったのを見計らって覗きに行ったけど、野池はもはや厳冬期そのもの。
出来そうにないとなると無性にやりたくなるヘラ釣り。
同じ気持ちなのでしょうか、ご同輩がお一人南側で角材を投げ込んでは氷を割っておりましたが、オラにはそこまでする根性はなく、さっさと帰宅してHDDの録画番組を見ることに。
はてさて明日は何をして遊ぶべか・・・。

コメント

09-12-25(金) 年の瀬

2009年12月25日 | ウダウダ日記



日中は比較的暖かに推移しているらしく、積雪はだいぶ目減りしています。
上の孫は3ヶ月ぶりの風邪引きで、鼻水が止まらず可愛そう。
快晴微風に誘われて外に出たオラは、下の孫を乗せたソリを引きます。

今年も残すところ1週間、年の瀬もここまで押し詰まってきますと、景気回復など何処にも感じられない中にあって、周辺には年を越すための慌しさがあります。
昨今は大きなリスクを背負う仕事もなくなったオラの場合は、貧乏から抜け出すことは出来なくても、夜逃げの危機を感じることもなく、平和な新年を迎えられそうなことに感謝です。


 

コメント

09-12-24(木) 寒さ緩んだ?

2009年12月24日 | ウダウダ日記



道の雪が融け出してその嵩を減らしています・・・体感的には暖かさが感じられないけど。
屋根からも盛んに雨だれの音、時折ドカッと氷の塊りも落下します。
このところ夕方になると必ず降り出す雪も、今夜はまだやってきません。
ここまでは例年に比べると確実に多い里への積雪、カマキリの卵嚢位置から推測するオラの観天望気は、大当たりであります。
比較的暖かい北陸型の冬と予想した部分は、エルニーニョが健在なのに今のところ大はずれ。
どうせなら、このまま厳しい冬であって欲しい訳で・・・。
寒い冬の後には、必ずや暑い夏がやってくるのだから・・・。

 

コメント

09-12-23(水) クリスマス・イヴイブ

2009年12月23日 | ウダウダ日記



年寄り夫婦だけならなんの感情も湧かないクリスマス。
孫が居ることで、なんだかこっちまで朝からウキウキしています。
と言う訳で一日早めて今夜のクリスマス会。
我が家における特別な日のご馳走は決まって鳥のから揚げ。
本日はそれに加えて手作りケーキも準備しました。
ローソクに灯がともり、信仰心のないオラでもなんだか敬虔な気持ちに。
庭木に飾ったのは安物のイルミネーションだけど、夕方から降り出した雪が、なかなかいいムードを醸し出しています。
しかし孫たちは花より団子。
さっそくケーキにかぶりついて、顔中ベタベタと・・・。

この平和な日がいつまでも続いて欲しいものです。

 

コメント

09-12-22(火) 二十四節気「冬至」

2009年12月22日 | ウダウダ日記



如何にも冬至の日らしい空模様。
ほんの少し陽射しがこぼれる時間帯はあったが、概ね小雪の舞う寒い一日でした。
それでも本日を境に、地学的事象は僅かずつながら夏に向かうことを思うと何処かほっとします。

月に一度は確実に風邪を患っていた孫たち、この冬は皆元気。
その都度おこぼれを貰っていたオラだったのですが、いまのところ健康状態は良好。
さあ健康維持のため、今夜はカボチャを食い、柚子湯に入ってさっさと寝るべね。

 

コメント

09-12-21(月) 豪雪地

2009年12月21日 | ウダウダ日記



午前5時の宿、誰も居ない朝風呂に入ります。
積雪があった模様、まだ真っ暗な屋外を除雪車が走り回っています。
間もなく早起きGクンが一足先に宿を後にします。
続いてTマンが職場へ向かいます。
今朝までの新雪は20センチ、時折視界を遮るほどの吹雪、さすがに豪雪地帯です。
さっさと朝飯を食い、オラも通勤割引時間帯の秋田道へ。

帰り道覗いた石鳥谷も三本松も全面結氷。
これにてヘラは来春までお休みとなりそうです。
この後のオラは、ワカの氷上釣りが始まるまでは、まるで何もすることがないのよね。

 

コメント

09-12-20(日) 激渋のパーク

2009年12月20日 | へら鮒釣り



反省会Part.2(忘年会)が始まるまでの間、激渋のパークでヘラ釣りです。
小雪が舞い一段と厳しい寒さの中、今日もまた辛い修行であります。
11尺段差の底、食わせは感嘆Ⅱ。
何の反応も出せないままに昼が過ぎます。
雪が止み薄日がこぼれた2時間後、初アタリ初ヒットで待望の1枚目。
が、その後のオラは再び沈黙状態。
周囲の方々がそれなりに竿を絞っている中で・・・。
バランスの底に変えたり、両ダンゴにしてみたり、タナを微調整してみたり・・・。
結局寄せきれず、何度か空ツンを貰うシーンはあっても乗せることは出来ず、このところあたり前となってしまった惨敗を、本日もまた喫したのでありました。
ほんにヘラは難しいね・・・。

痺れる寒さの管理釣り場から、雪深い和賀の「ふるさと体験館」に場所を移しての忘年会。
一風呂浴びた後、先発隊の酒飲みが一足先に始まります。
19:00、全員が揃う頃にはすっかり出来上がってしまったオラ。
改めて本番が始まるや、いの一番に布団に潜って爆睡をむさぼったのでありました・・・・・。

 

コメント

09-12-19(土) 紺碧の空

2009年12月19日 | ウダウダ日記



新雪15センチ、しかも氷点下9℃、もう真冬並みの冷え込みです。
樹上に積もった粉雪が、折からの微風に一斉に舞い上がっては、今季初めて雪掻きをするオラの頭上に降り注ぎます。
奥羽の連山は、紺碧の空をバックに白銀の輝きを見せています。
この寒さが暫く続くのだとすれば、山上湖の結氷は早まりそう。
挫折したままのワカ電動の製作、もう一度挑戦したいと思っていますが・・・。

 

コメント

09-12-18(金) 温室のはずが・・・

2009年12月18日 | ウダウダ日記



ここのところ寒い日が続いています。
今朝は3センチほどの新雪、日中小康状態となるも夕方からは本格的な雪降りとなる予報。
そんな中、Tマンのお手伝いで県南方面へ。
ベゴニア咲き乱れる温室内での仕事だと言うので・・・。
しかし外は小雪が舞い日中でも氷は融けず、仕事場は残念ながら火の気のない機械室でありましたが・・・。
岩手県内でも比較的暖かな地域ですが、今日に限ってはここも真冬日だったようです。
さて今週末は忘年会、天気は悪そうだけどヘラ道具は積み込んだしと・・・。

 

コメント (1)

09-12-17(木) 苦手な仕事

2009年12月17日 | ウダウダ日記



日頃電気屋さんと呼ばれているオラですが、自動制御の構築や制御盤設計などが主体。
しかし真空管時代に培ったオラの技術は、いまや完全に時代遅れとなってしまいました。
昔のままの単純明快な制御機器ならいざ知らず、昨今の多機能機器はまるで苦手。
そんな折、知ったかぶりのインチキ技術者のオラに、最新のデジタル機器を取り扱う仕事。
顧客の前では如何にもこの道のプロらしい対応をするものの、内心は冷や汗モノでありました。
しかし数日前からの猛勉強が稔って、なんとか無事完了した訳でして・・・。
これでストレスから解放され、今夜はぐっすり眠れそうではあります。

 

コメント