爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

18-03-31 ギョウジャニンニク

2018年03月31日 | 山野草



3月最終日は放射冷却で一面に霜が降りたが、晴天の日中は気温が上がった。
霜柱が融けた表土を少し掻き分けてみると、既にギョウジャニンニクは発芽していた。
桜前線の北上も順調、我が家」の花芽も膨らみ、開花まであと10日と言うところか。

高校野球、かなりラッキーな面はあるが地元校の予想外の活躍。
明日の準々決勝は超強豪校、頑張れ花巻東!
一方プロ野球も開幕、何とも嬉しい季節の到来である。

コメント (1)

18-03-30 キクザキイチゲ

2018年03月30日 | 山野草

晴天、昨日とは違って今朝は空気が澄んでいる。
雪が消えたばかりの裏の緑地帯、2年前に植えて置いたキクザキイチゲがいつの間にやら花盛り。
つい先日東北入りしたばかりの桜前線は、早くも仙台付近にまで達している。
いつもなら1週間後には当地でも開花宣言があるはず。
今年の自然界が何もかもが異常な速さで迎えた真っ盛りの春。
関東方面河川の天然アユも、ここまでは近年稀にみる大量遡上らしい。
東北河川の状況はまだ確認できてはいないが、絶えて久しいあのパラダイスの出現を期待したい。

コメント

18-03-29 黄砂

2018年03月29日 | 季節の移ろい

目がチカチカ、空気が重く息苦しさが感じられる。
これは間違いなく大陸からの招かれざる客黄砂である。
灰色に濁った大気を透して淡い陽射し、風もあるだけに昨日に比べると本日はかなり寒い。
平地には全く雪がなくなったので、いつもの散歩コースを歩いてみた。
枯草ばかりの散歩道と思いきや、春を告げる意外にも多くの植物の発芽が見られた。
オラはフキノトウを一掴みだけ採って来た。

コメント (2)

18-03-28 クロッカス

2018年03月28日 | 季節の花



朝の霜はたちまち消え、陽が高くなるにつれてどんどん暖かくなる。
昨日はこの春一番の気温と発表になったが、今日はさらにそれを上回る。
庭先の彩りが日増しに鮮やかになってゆく。
午後になると無風状態の空が赤っぽく霞み、手元も景色も黄色味を帯びて見える。
クルマの窓にびっしりと粉塵が付着、この時期特有の黄砂が来ているのかもしれない。
目がしょぼしょぼ、鼻水が流れるが熱はない。
もしかしてオラも花粉症になったのか・・・。

コメント

18-03-27 フキノトウ

2018年03月27日 | 山野草



ほぼ快晴、爽やかな風、昨日よりもさらに温かい。
遊びに来ていた孫たちと裏の田圃の畔を歩いてみた。
雪が消えて間もない地表にはバッケ(フキノトウ)が発生していた。
しかし殆どは未だ顔を出したばかりだから、バッケ味噌にするにはも少し待ちたい。

午後、リスが庭木の枝を軽やかに走り回っている。
リスに逢いたいと朝から来ていた孫にはよいタイミングであった。
明日はさらに気温は上がると言う。
北国の春は、もうそこまで来ているのだ。

コメント

18-03-26 フクジュソウ

2018年03月26日 | 山野草



全ての雪が消えた庭先に、この春一番に咲いたのはやっぱりフクジュソウ。
その隣にはほぼ同時にクロッカスが黄花を着けた。
日に日に温かさが感じられる今日この頃、朝方の霜はたちまち消えて日中は15℃を超えた。
もうセーターを脱いでも寒さは感じない。
渓流釣りのイメージを膨らませながら、今日は朝から渓流釣りの仕掛け作り。
雪シロ増水中の各河川、水位がもう少し落ち着いたら何処か近場へ行ってみよう・・・。

コメント

18-03-25 春休み

2018年03月25日 | ウダウダ日記



春休みの孫たちは全く寄り付かない。
下の女の子はこの春5年生、超未熟児だった上の男の子はもう中学生になる。
入学祝に買ってあげた自転車で、友だちと元気に遊びほうけているに違いない。
女の子は今年もオラと一緒に風呂に入ってくれるだろうか。
彼らの成長を監察するのは楽しいが、爺婆との距離が次第に遠ざかってゆくのが少し寂しい。
雲が多く肌寒さを感じる一日、今日も彼方からハクチョウの鳴き声。
昨年11月の積雪がまさかの根雪となって4ヶ月、一時2mもあった排雪の山がやっと消えた。

コメント

18-03-24 水温む

2018年03月24日 | ウダウダ日記



平地の雪はもう殆どなくなった。
田の畔の枯草の中からは、フキノトウの発芽。
道端の水路からは軽やかな水音、もはや一頃のような冷たい流れには見えない。
今日もまた温かな一日、食糧買い出しもクルマの窓をいっぱいに開けて心地よい走り。

J屋にて渓流小物類を買い込み、ついでに共通遊漁券を申し込む。
オラの渓流始動は4/10頃からか。
今年は雫石川も年券にしようか、角館も外せないし、金がかかりそうだが・・・。

コメント

18-03-23 花壇

2018年03月23日 | 季節の花



昨秋ついつい植え替えをしないまま冬を越してしまった花壇。
春の定番チューリップが密植状態で発芽している。
この春は葉ばかりで、殆ど花を着けることはないのかもしれない。

春の嵐は朝までには通り過ぎ天候が回復した。
気温も上がって、ほんのり暖かい。
小鳥たちは繁殖期、庭からそれらしき巣作り材料を銜えては何処かへ運んでいる。
如何に北国とて、もう寒さが戻ってくることはないだろう。
視界に入る残雪は庭先の日陰にほんの一握りだけとなった。

コメント

18-03-22 冷たい雨

2018年03月22日 | ウダウダ日記



未明の雪は積もるまでもなく、間もなく雨に変わった。
根雪が融けて以来乾き気味だった大地にとっては適度の潤いとなった。
冷たい雨の中を、今朝は珍しくコゲラ(最も小型のキツツキ)が来ている。
ひび割れたカキの木の樹皮や幹にできたウロを盛んに啄んでは忙しく動き回っている。



K氏より今年もまた渓流浮子を頂戴した。
昨今は浮子釣りをする釣り人を見かけることも少なくなっただけに、釣具店ではなかなか手に入らない貴重な手作り浮子である。
長年の経験から導き出した形状とサイズが、この春のヒカリ釣りへの期待を膨らませる。
これはゼロ釣法に必要な高感度ロッドと釣法に見合った体力の持ち合わせのないオラにとっては、誠にありがたいアイテムなのである。

コメント

18-03-21 二十四節気春分

2018年03月21日 | 季節の移ろい



彼岸の中日は妙に肌寒く今夜は雪模様とか。
しかし殆ど陽射しもない中にあっても、庭の雪は順調に融けている。
雪が消えたばかりのクリの木の下に、カタクリの葉が1枚だけ顔を出した。

カラカラに乾き始めた落ち葉の上を、リスが駆け回っている。
暫く空き家になっていた2軒隣の日本家屋の天井裏には、ハクビシンが棲んでいる形跡があるとのこと。
少し前には日中の歩道上をタヌキがほっつき歩いていた。
深夜にはキツネが吠えるし、裏の田圃からはいきなりキジが飛び上がる。
昨夏は水路沿いでツキノワグマを見かけることもあったらしい。
さほど山里とは思ってはいなかったが、どうやらここは野生動物が豊富らしい。
来週には本格的な春がやってきそうな・・・。

コメント

18-03-20 キクザキイチリンソウ?

2018年03月20日 | 季節の花





庭先の残雪はほんの僅かとなった。
3月一杯は残るだろうと思われたが、ここ一両日中に完全に消えることだろう。
霜柱の立たなくなった黒土をもたげて各種の山野草が芽吹く。
今日も概ね温かな一日である。

北側の緑地帯、雪折れの樹木が我が家の屋根にしなだれかかっている。
昨日今日とオラは大物のこいつを相手に鋸くずと汗まみれになって大奮闘。
たまには身体を動かさないことには、これからの渓流歩きがままならない。
明日は釣具店を覗いてみよう・・・。

コメント

18-03-19 クリンソウ

2018年03月19日 | 山野草



雪の消えたばかりの陽当たりに、早くもクリンソウの芽出し。
遠い山並みはこの時期特有の霞の中、そして今日も二桁の気温。
岩手山の地肌の露出は日増しにその割合が増え、東岩手山頂には既に鷲(雪型)が羽ばたいた。
八幡平アスピーテラインは4/15開通を目指して除雪中。
EHATOVの郷の春は急速に近づいていることが実感できる。

コメント

18-03-18 光の春

2018年03月18日 | 季節の移ろい





本日もまた穏やかな日和。
早朝からひっきりなしにガンやハクチョウなど渡り鳥が北上して行く。
眩しいほどの明るい陽射し、まさに光の春である。

庭先の雪がもうじきすべて消える。
我が家の餌場に毎日来ていたホンドリスは一日おきにしか顔を見せなくなった。
彼らがあちこちの地面に隠した貯えを、見つけやすくなったと言うことなのだろう。
ヤマガラのツガイが巣箱をコンコン突ついている。
今年こそ居間から抱卵の様子が見られるかもしれない。

コメント

18-03-17 雪が消え

2018年03月17日 | 季節の移ろい

早くも水田の土工事が始まったその向こうに雄大に聳える岩手山。
良く晴れた上空を、南寄りの風に乗って今日も北帰行の渡り鳥の編隊。
頬にあたるその風には未だ冷たさは残るが、概ね気持ちのいい一日である。

彼岸の入りを明日に控えて混雑するスーパーへオラは食料品の買い出し。
我が家の身内の墓参りは、もう少し暖かくなってからにしようと思っている。
四国、九州に続いて東京(?)にも桜の開花宣言。
北東北にも春本番は急速に近づいている。

コメント