爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

08-12-31(水) とうとう大晦日・・・

2008年12月31日 | ウダウダ日記



月日の流れは、異常なまでの速度で目の前を通り過ぎます。
年が明けたと思っていたら、あっという間に08年も366日が過ぎ去ってしまいましたなぁ。

我が人生は既に終盤戦、年金生活に入ってもう久しい訳で・・・。
しかしここまでの過ぎ去った時間は、現役の頃に描いていた「バラ色の余生」のイメージには程遠いのす。
たっぷり有り余る時間を、思いっきり趣味の世界に生きて、好き放題やりたい放題のはずだったのになぁ。
忙しい中に無理矢理暇を見つけては出かけていたあの頃の釣りのような、何日も放心状態になるほどの満足感も、天にも昇るような痺れる達成感もまるで得られないのね・・・なんとも寂しいことです。
残り少ない人生、悔いを残さぬよう来年こそは・・・・・。

郷土の高校がボロ負けを喫したよ。
蹴球王国岩手だけに、初戦敗退はここ暫くなかったこと。
これで正月の楽しみがまた一つ減ってしまったっす。
テレビは今紅白歌合戦、新しい年まであと3時間ちょいかぁ・・・・・。

 

コメント

08-12-30(火) さぁてこれから何をして・・・

2008年12月30日 | ウダウダ日記



クリスマスには間に合わなかったけど、シャコバサボテン(クリスマスカクタス)が咲きました。
夏にうっかり手入れを怠っていたばかりに、花着きがいまいちで、ちょっと見映えが悪いなぁ。

午前中に残っていた正月用品の買出しを済まし、玄関にはちょいと貧相ながら松飾りを。
もちを搗き、神棚を掃除しておそなえを、これで正月準備はすっかり整った訳でして。
・・・てったって、この正月特別なことをする訳でもなく。
暇だなぁ・・・何をして過ごそうかしら。

 

コメント

08-12-29(月) 08納竿

2008年12月29日 | へら鮒釣り


厳しい寒さが緩んで、何日ぶりかで穏やかな冬晴れとなったっす。
今現在、我が家周辺の積雪は数センチ程度と少ないのですが、僅かながらも毎日のように降雪があるために、消えてなくなることもない訳で・・・、ま、例年通りの北国の冬景色です。

日中あまりにも天気がいいものですから、池を覗きに・・・。
結氷は大分進みまして、水面が開いているのはほんの僅か。
それでも3人ほどが竿を出しておられますが、釣況はちと厳しいようですな。
オラも南側の水路の角落とし付近で・・・。
すぐ目の前まで厚い氷が迫っているものですから、いつもよりは手前にポイントを設定しますが、微妙に根掛かりがありまして、んん・・・なんとも。
しかも浮子は全く動きませんで・・・。

諦めかけた頃に、フワッとしたアタリが数回あったものの、ついに型を見る迄には至らず・・・無念。
これをもちまして、本年最後の釣行とさせていただきまする・・・・・ってホントかよ。

コメント

08-12-28(日) 寒波今日も・・・

2008年12月28日 | ウダウダ日記



吹雪が強くなると、樹上から落下する雪も舞い上がって、前方の視界が奪われます。
路面はツルツル、クルマの流れは多く、路肩は不鮮明となり、生活道路は最悪の状態。

そんな中、オラは嫌々ながら一人で「初めてのお使い」に・・・。
満杯のスーパーの駐車場、10台もあるレジに並ぶ買い物客の列、混雑が死ぬほど嫌いなオラとしては、なんでこんな日に引き受けたんだろうと後悔するもあとのまつり。
たかだか30円安いだけの特売品を求めてのこの人混みはいったい・・・。
結果、頼まれたのとは違うモノを買ってきたりして・・・・・。

 

コメント

08-12-27(土) 円高の恩恵

2008年12月27日 | ウダウダ日記



ツルツルテカテカだった路面は、直射日光の下では融けてザクザクに緩んできました。
しかし気温の上昇はなく、今日もしっかり真冬日になっております。
正月用品も買い込んできたことだし、新年を迎える準備は整った訳で・・・。
いつもなら全てが一段落したこの時期に、男鹿へ走ることも多かったのですが、この年の瀬は大荒れの日本海ですから、ちょいと無理でしょうなぁ。

ガソリン価格が数年前の水準になり、随分割安感があります。
500Km走行後50リットル給油して5000円で釣りが来ると言う、かつての判り易い状況にまで復活しました。
昨日給油した時点での単価は@94だった・・・・・。

 

コメント

08-12-26(金) 真冬日

2008年12月26日 | ウダウダ日記



今季初めて真冬日になった本日、スケート場のような凍結路面をおっかなびっくりのドライブ。
猛烈な北西風にハンドルがとられそうになったり、カーブで思わずブレーキを踏んでしまったり、じっとり冷や汗を掻き、とんでもなく肩の凝った一日でありました。
これからの毎日が、こんな思いをしなきゃならんと思うと憂鬱だよなぁ。
明日も同じような天気だってか・・・。

 

コメント

08-12-25(木) 今季最終・・・のはず

2008年12月25日 | へら鮒釣り



天候は下り坂、前線の通過と共に、昼過ぎにはミゾレになるとの予報。
しかし朝方の靄がとれてくると、上空には綺麗な青空が広がったっす。
こりゃ行かなきゃなるまいと、三本松着09:30。
誰もいない池は、昨日と同様に氷は南側が大きく開いております。

今朝の三本松は、昨日あれほど煩かったジャミがなく、全く静かなもの。
それでも開始15分ほどで、浮子に反応が出てきました。
そして1枚目は、新ベラと思われる小ぶりで元気なヤツ。
時折クンと大きなアタリを出すのは、きっとジャミでしょう・・・。
見えないマナコで必死に見つめる浮子、昨日よりもさらに微妙なアタリをとって4枚/2時間。
11:30、山の向こうから雲が広がってきて、鏡のような水面にポツンポツンと波紋が・・・、と思う間もなく雨脚が強くなって大慌てで撤収となります。



このあとの北東北は急激な気温の低下、もうこれまでのような好天に恵まれることはないかも。
明日には全面結氷となって、オラのヘラ釣りはおよそ3ヶ月間の休眠に入ることになるでしょうな。
さあ、午後からはインフルエンザワクチンの接種にでも行くべかね・・・。

 

コメント

08-12-24(水) 珍しく・・・

2008年12月24日 | へら鮒釣り



あまりにもお天気がいいもんですから、午後1時半に三本松を覗いてみました。
薄氷が池の北半分を覆っています。
南側は大きく開いており、なんだか釣れそうな雰囲気ではありますが、本日は誰も来ていませんなぁ・・・例のスランプ先輩も。
風もないし折角来たんだからと、ちょっと竿を出してみることに。

あら、珍しく1投目からなにやら浮子に反応が・・・。
毎回のように浮子は鋭く動くのですが、オラの合わせには一向に乗ってきませんぞ。
何度目かの合わせに乗ってきたのは、この寒い季節何処かに隠れていたジャミ。
そのうち例のフワフワとした動きも出てきて、30分後についに1枚目。
ジャミの摂餌音がヘラを呼んだのか、その後は順調に釣れて7枚/1.5時間。
午後3時、陽が西の山陰に入り、寒さが忍び寄ってきたので、さっさと竿仕舞いとした訳ですが・・・。

 

コメント

08-12-23(火) 少し早めのクリスマス

2008年12月23日 | ウダウダ日記



今日も厳しい寒さ、昨日のベタ雪が凍り付いて、クルマのドアが開かないぞ。
やっと北国の冬らしい寒さの到来であります。

クリスマスが近づくと、オラにだって心ときめく青春時代があった訳で・・、でも何10年も昔のこと。
今はクリスマスの音楽が聞こえてきても、何の感慨も湧いてこない訳で・・・。
しかし今年のオラは、物心がつき始めた孫のためにと、なけなしの小遣いをはたいてプレゼントを用意、2階の住人が全員揃っている本日、早めのクリスマスを祝うことにしたのでした。
さらにはオラが腕を振るったクリスマスケーキ・・・ったって、スポンジは買ってきたんだけど。
中にはフルーツたっぷり、生クリームをベタベタ塗りたくって、見映えはいまいちですが・・・。

そんな家族だけでのパーティ、不況風吹き荒ぶ今年は結構多いのかもなぁ。

 

コメント

08-12-22(月) 本格的な雪降りに

2008年12月22日 | ウダウダ日記



今朝はベタ雪ではありますが、10時ごろまででおよそ20センチの積雪。
雪は秋の名残りたる色あせたモミジを覆い隠し、クルマの走行音を吸収して無彩色無音の世界を創出します。
我が家の周辺もやっと正月を迎える雰囲気になってまいりました

予報では明日から気温がぐっと低下して、いよいよ本格的な冬に突入とのこと。
今季の雪掻きは、いったい何回やらされることになるのかねぇ・・・。
09渓流解禁まであと68日だってさ・・・。

 

コメント

08-12-21(日) スランプ

2008年12月21日 | へら鮒釣り



本来実力のある者が、何らかの理由で調子を落としている状態を表す「スランプ」。
それだけの力の持ち合わせがないにも拘らず、誰しもがついつい使いたくなる言葉ではあります。

今日の三本松は晴れ間もあってポカポカ陽気、しかし雲が広がった午後には寒さが忍び寄ります。
タナやエサの調整を吟味し、なんとか「ボ」抜けだけでもと、四苦八苦する訳ですが、今日もまた渋い渋い状況は変わりませぬ。
本日の釣り人は、ざっと10人ほど。
左隣に釣り座を構えた先輩は、オラが初心者だと知るや、しきりに指導したがるのでありまする。
底のとり方、エサの調整の仕方など、なんだか間違ってるみたい・・・、Yさんから教わったものとは理論的にも違うから。
おかげさまでオラはなんとか4枚ほど獲ったのですが、先輩には釣果がございませんで・・・。
耳障りなことに再三「スランプ」を口にされては、釣れないことの言い訳をいたします。
しかしどう見ても釣りのレベルは、初心者のオラとあまり変わらないようでありまして・・・。
今度はなるべく近づかないようにしようと・・・。

二十四節気「冬至」。
明日からは、季節を形成する地学的事象の全てにおいて、右肩上がりに推移すると言う1年で最も嬉しい日であります。
日没時刻、随分延びてきたと思いません?

 

コメント

08-12-20(土) 風強し・・・

2008年12月20日 | ウダウダ日記



天気はいいけど北風の強い一日でした。
と言う訳で昨日まで4連荘のへら釣りを、本日はお休みにしたのでありました。

食いっ気がない・・・サカナっ気がない・・・即ち気(毛)がないからボーズあるいはオデコ。
このところそのボーズ続きのオラのヘラブナ釣り。
決してサカナっ気がないはずはないのだから、釣りテクに問題があることは明白。
アユとヤマメなら、なんとなく分かり合える時があるのだが、ヘラはなんて気難しいヤツらだべ。
いつかコイツらと気脈が通じ合う時がくるのかいな・・・。

 

コメント

08-12-19(金) いったい何が悪いのよ・・・

2008年12月19日 | へら鮒釣り



釣れねぇ釣れねぇ、この状況って、いったい何なのよ・・・。
昨日と同じポイント、同じタナ同じエサ、同じ時間帯、違うのは昨日は雨で今日は晴れ。
昨日に比べ日中の気温も数℃は低下しているが・・・。
10m離れた右隣りは絶好調、15m左隣りも何度か竿を絞っておりましたが・・・。
で、オラの浮子には何の変化も出ませんがな・・・3時間以上も「異常なし」状態。
昨日は雨が冷たかったけど、今日は北風がやけに冷たく感じます。
昨日の釣りで、何かを掴みかけたと思っていたのに・・・、オラもう訳が解んなくなってしまいましたがな。
修行は辛い・・・・・。

 

コメント

08-12-18(木) 冷たい雨の中

2008年12月18日 | へら鮒釣り

・・・・・てなこと言ってましたが、今日もやっぱり三本松。
午前中はいいお天気の中で、年に一度の大掃除の真似事をしてましたので・・・。
こんな温かな日を逃してなるものかと、飯も食わずに急いでやってまいりましたが、山裾だけに天候が急変してポツポツと雨が落ち始めました。
何度か打ち返すうちに、本格的な降りになってしまい、クルマに一時避難。
ついでに湯を沸かして、夏頃から積みっぱなしだったカップラを片付けます。

雨が小康状態となったところを見計らって、再び釣り台に・・・。
今日は珍しく寄りが早く、ハッキリした食いアタリが出始めたぞ。
12枚/2時間は、最近のオラからすれば、とても面白い釣りではありましたな。
ほんの少しだけ何かを掴みかけた冬の釣り、これに味をしめて、天気さえ良ければ明日も行っちゃうよ、もう。

 

コメント

08-12-17(水) やっと・・・

2008年12月17日 | へら鮒釣り



昨日まで部分結氷があった三本松、今日の午後にはすっかり融けています。
暇に任せて、飽きずに今日もまたチャレンジのオラ。
昨日に懲りて、今日は実績ポイントに入ったにもかかわらず、状況は同じで浮子は全く動かないのであります。
この暖気が抜けると平年並みの寒さがやってくると言いますから、この池は2、3日中には再び凍結してしまうのでしょう。
厳寒の中、氷を割ってまで竿を出す根性もなければ体力もないオラですから、今シーズンは今日が最後になるやも。
と言うことで、かなり気を入れて頑張ったのですが、かすかなアタリを捉え貴重な1枚。
2日続けての「ボ」だけは、どうにか回避したのでした。

 

コメント