爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

12-06-30(土) 一人前夜祭か

2012年06月30日 | ウダウダ日記



2012年も今日で半分が終わる。
そして今日も空梅雨、気温は朝からうなぎ上り。
午前中から孫たちが襲来してきて、遊び相手のオラはもう汗だくのヘトヘト状態。
今日は早めに出て一回り川見をしてくる予定でいたが、もう15時を過ぎてしまった。
こうなりゃ、一人前夜祭を覚悟で全てのアユ道具を積み込み、とにかく走り出すことにしよう。
行き先はまだ決まらないが、何れにしても日本海方面へ向かうことにする。

そんな訳で、釣行の報告は後日。

 

コメント

12-06-29(金) 情報錯綜

2012年06月29日 | ウダウダ日記



アユは大きいのか小さいのか。
遡上量は充分なのか、まだまだ全く足りないのか。
もう石に着いて縄張りを張っているのか、それとも未だ群れ固まっているのか。
そもそも、いつも狙うポイントまでアユが来ているのか来ていないのか。

人によっては1ヶ月前には遡上の帯が黒く連なるのを観たと言う。
またある人は、何処へ移動しても、いくら目を凝らしてもアユらしき姿は全く観えなかったと言う。
A氏は魚道や堰堤の越流に向かって盛んに跳ねている光景を何度も観たと言う。
B氏は2時間ほど眺めていたが、そんな光景には殆んど遭遇しなかったと言う。
ピカピカに磨かれた底石に感動した人あれば、ここぞのポイントを観察する度に落胆する人もある。

今季ほど解禁直前情報が錯綜するシーズンはなかった。
ホントのところは蓋を開けてみないと判らない。
そんなこんなで、とうとうあと1日と少し・・・。

 

コメント

12-06-28(木) 真夏日?

2012年06月28日 | ウダウダ日記



いつまで続くのか梅雨の中休み、もう明けたんじゃないかと思うほどのドピーカン。
気温はぐんぐん上昇、北東北観測地点のあちこちで、午後には真夏日を記録する。
こうなるとさすがに川の様子が心配になってくる。
渇水高水温の後に、突然大量の冷たい雨が降ることにでもなれば、あの忌わしき感染症をも心配しなければならない訳で・・・。
週明けにお湿り程度の雨はあるらしいが、オラは渇水の川が大好きだからいいけど。

そんな大渇水の様相を呈してきた我がHG阿仁川は、平年を10日ほど遅れて堰堤越えが本格化。
今季はもうダメだろうと諦めかけていたところだったが、後続も結構あるらしくて、未だなんとか期待は繋いでいる。
この遡上ラッシュが1週間続いて、その3日後から阿仁前田地区に縄張りが形成される。
したがって、今季に限ってはせいぜい桂瀬~白坂で解禁を迎えるのが得策かも知れない。
盛岡市街地の中津川もいいらしいし、何処に行こうか未だにオラは迷っている。
そんなこんなで、あと2日と僅か・・・。

 

コメント

12-06-27(水) 久々廻戸沼

2012年06月27日 | へら鮒釣り



北東北は梅雨時とは思えぬ快晴微風の釣り日和。
09:00、オラはヘラ道具を積み込んで家を出る。
気になる西和賀川のアユの生育状況を観察しながら、廻戸沼まで足を伸ばした。
上の池は西寄りの風が少し気になるし、下の池はイモリの異常繁殖。
真夏のような日差しを避けて、オラは下の池のヤナギの木陰に釣り座を構えた。
小鳥の声、水面を飛ぶ瑠璃色のトンボ、澄み切った山の空気。
素晴らしい環境の下、今季前半戦最後となるへら釣りである。
この後、9月一杯はアユ一色となる訳で・・・。
そんな訳で、解禁まであと3日と少し。

(以下 ヘラ釣り日誌  アユ解禁前情報 へ)

 

コメント

12-06-26(火) 空梅雨

2012年06月26日 | ウダウダ日記



梅雨入り宣言時には愚図ついた天候が続いたものの、結局大きな雨は降らないまま現在に至る。
長引いた雪シロが収束した後、今度は軒並み渇水状態に入ってしまった北東北河川。
大幅な遅れがあるのか、それとも遡上量が極端に少ないのか、大いに気を揉む天然遡上である。
しかし、ここへ来てあちこちからいい情報が聞こえ始めた。
阿仁川は本城、根小屋の両堰堤で遡上本隊らしいかなりの群れが確認されている。
根小屋を越えると、3日あれば充分阿仁前田地区には到達する。
どうやら阿仁川は滑り込みセーフとなりそう、あとは後続がどれだけあるかにかかっている。
問題は米代本流、現在は先発がようやく扇田堰堤越えにかかったばかりらしいが、この水量不足が大いに影響しそうだ。
比内漁協管内まではなんとか釣りになりそうな気はしてきたが、鹿角管内の解禁日は、やはり微妙なところであろう。
天候のせいだったのだろうか、それにしても6/19の観察では下流部においても殆んど見ることが出来なかった魚影が、今は川いっぱいに煌いている・・・って、アユって不思議なサカナだ。

と言うことで、解禁は何処で迎えるか、またまた悩んでしまう訳で・・・。
そんな嬉しい悩みを抱えながら、あと4日と少し・・・。

 

コメント (2)

12-06-25(月) セミ時雨

2012年06月25日 | ウダウダ日記



梅雨の合間に突然やってきた夏。
途中の雫石川を眺めながら、岩手山麓の温泉へと向かう。
間近に秋田駒連峰烏帽子岳を望む標高900m、降り注ぐセミ時雨に思わずクルマを停める。
気持ちのいい青空の広がり、陽光にきらめく緑、小鳥の声、残雪と黒い岩肌とのコントラスト・・・。
亜高山帯に咲く幾多の草花、柔らかな風が運んでくる何かの綿毛がキラキラと美しい。
で、よりによってデジカメの電池切れ・・・。

露天風呂に浸かったまま、頭上を飛び交うイワツバメを見ているうちに一瞬まどろむオラ。
ぼやけた頭で見た夢は、雫石川アユの大爆釣。
そう言えば春木場地区のアユ、この時期としては随分デカかったが・・・。

北東北解禁まで、あと5日と少し。
今年は何度も通うことになるであろう雫石川は、少し遅れて7/5の解禁。
(以下解禁前情報へ)

 

コメント

12-06-24(日) 準備万端

2012年06月24日 | ウダウダ日記



陽射しはないものの、梅雨寒だった昨日に比べるとだいぶ暖かい。
孫たちは幾つかの仲良し家族が集まって、近くのキャンプ場でバーベキューだとか。
我が家から折り畳み椅子やテーブルを積み込んで、張り切って出かけていった。

オラはクルマの中を綺麗に整理して、アユ仕様に模様替えした。
続いてオトリ用イケスに水を張って、排水ポンプなどの試運転をしてみる。
そう言えばエアストーンが破損していたんだっけ・・・。
乾電池類、ガスカートリッジ、湯沸しポット、その他アウトドア消耗品類も揃えなくちゃなんねぇべし・・・。
明日はホームセンターを一巡りしてくるかと。
解禁まであと6日と少し・・・。

 

コメント

12-06-23(土) ストーブが欲しい

2012年06月23日 | ウダウダ日記



夏日となった昨日に比べると7~8度は低い。
涼しさを通り越してストーブが欲しくなるぐらいの寒さを感じる。
沖縄では梅雨が明けて夏本番に突入だと言うのに。
驚くことに、米代支流阿仁川では水温も気温も14度台だとか。
これじゃアユの活性も上がらず、今日もまた堰堤越えは見られなかったのは当然。
もっとも、温かくなって遡上アユが活性を帯びたとしても、遡上量が増えることはない訳で・・・。

米代のアユ釣り適期を知る指標としている我が家のクリの花は、雄花が未だ開かない。
いつもなら開き切って老成した雄花が、歩道いっぱいに落ちている時期。
それからすると、ここまでの北東北の平均気温は、やっぱり平年を大きく下回っていると言うことになる。
はてさて、待ち焦がれたアユ解禁ではあるが、当初は成育が順調だと言われている内陸放流河川を狙うのが賢明なのか・・・。
とにもかくにも、解禁まであと7日と少し・・・。

 

コメント

12-06-22(金) 梅雨の中休み

2012年06月22日 | ウダウダ日記



雲は多いながら久々の陽光が眩しい一日だった。
そして本格的な夏を思わせる気温上昇、朝から草むしりのオラは大汗をかく。

歩留まりよく成育も順調だと言う内陸放流河川を見て歩くつもりだったがつい行きそびれた。
明日は近場を巡ってみたい。
解禁前の週間予報欄には雨マークがない。
再び渇水傾向に進んだまま、解禁日を迎えることになりそうだ。
浅チャラ瀬の釣り、オラは好きだからいいけど・・・。
解禁まであと8日と少し・・・。

 

コメント

12-06-21(木) HYBRID

2012年06月21日 | ウダウダ日記



相変わらず梅雨空が続く北東北。
陽射しはなく暗い一日ではあったが、最も昼時間の長い二十四節気「夏至」。

長いと言えば、愛車の航続距離。
ガソリン満タン(40?)で、航続距離計は960Km台を示した。
無給油で大阪まで・・・って、これはまさに感動ものである。
この春、乗り心地も走破性も犠牲にして、思い切って小さめのFF車に替えた。
これまで同様の河川敷への乗り入れは諦めざるを得ないが、この経済性は唯一の救いだ。
さてその真価が発揮されるか、長距離走行のアユ釣り、解禁まであと9日と少し。

 

コメント

12-06-20(水) カウントダウン

2012年06月20日 | ウダウダ日記



解禁まであと10日、仲間たちは何処で新年を迎えるか、情報収集に余念がない。
県内外の今年の放流アユは、歩留まりも成育も順調とのこと。
日本海側も中小河川だけを見れば遡上は極めて順調らしい。
但し、嘘か誠か雪シロの影響が未だ続いているらしい最上水系と、理由が解からぬまま遡上不振が疑われる米代水系からは、全くいい情報が聞こえてはこない。
台風4号による雨は北東北太平洋沿岸河川を潤おしたが、雨乞いムード全開の日本海側河川では殆んど恩恵を受けることはなかった。
さぁてオラは、何処へ行ったものやら・・・。

 

コメント

12-06-19(火) 急遽遡上観察

2012年06月19日 | ウダウダ日記



台風4号は速度を上げて列島を直撃した。
朝のうちの北東北は嵐の前の静けさだったが、台風は明朝にかけて最接近すると言う。
一夜にして大きな増水に見舞われれば、予定していた遡上観察は困難になる。
と言うことで、急遽駆け足で一回りしてきた。

結果、今年の米代水系の釣況を予測することはなんとも難しい。
水位低下に起因したものか、現状は川床があまりにも汚れすぎている。
アユの遡上量が平年並みであれば、川床の汚れなどあり得ないのだが・・・。
はっきり言って、本流も藤琴も阿仁も解禁直後はかなり厳しいものとなるだろう。
しかし米代水系好転の鍵を握るのは、明日にかけての台風による増水なのだ。
秋田3大水系のうち、子吉も雄物も平年を上回る遡上量だと聞く。
山形県など日本海側河川が軒並み好調の中、米代だけがダメとは思いたくないオラなのである。

(以下遡上情報へ)

 

コメント

12-06-18(月) この目で・・・

2012年06月18日 | ウダウダ日記



接近中の台風が干上がる寸前の北の川に、どの程度の雨を降らしてくれるのだろうか。
今回降らなければ遡上速度はさらに鈍り、上流域での釣りは完全にアウト。
警報が出るほどの降り過ぎは、体力の乏しい小アユたちを押し流してしまう。
なかなか思うようには行かないのが自然界。
で、ホントのところ遡上アユの群れは今どの辺に居るのか、ホントに遡ってきているのか。
近年遡上観察を怠っているオラだが、今年に限ってはなんとも気になって仕方がない。
いつか日和を見て、確かめに出かけたいと思っている。
見に行ったからって、どうなるものでもないのだけれど・・・。

 

コメント

12-06-17(日) 遡上情報

2012年06月17日 | ウダウダ日記



ちょっと陽射しが覗いたかと思えばパラパラと小雨が・・・。
その繰り返しで、かかぁは洗濯物を出したり取り込んだりと忙しい一日だった。
部屋の中の湿度がぐんと上がって、如何にも梅雨時らしい空気感。
晴れ間をみつけて庭に出てみると、木立を揺すって強めに吹く風がとても気持ちがいい。
昨夜からの雨は、残念ながら渇水気味の北東北河川に影響を与えるほどではなかった。

本日より「阿仁川鮎小屋情報」を再開。
さっそく合川地区阿仁川橋からの観察報告では、纏まった遡上の群れが見えていると言う。
このまま順調に推移すると、25日ごろには根小屋堰堤越えがピークを迎えるかも。
心配していた解禁日の阿仁前田、どうやら無事釣りになりそうな嬉しい予感も・・・。

 

コメント

12-06-16(土) 梅雨入り

2012年06月16日 | ウダウダ日記



昨年より数日早い北東北の梅雨入りである。
朝からの霧雨が時を追うごとに強くなって、夕刻には本降りとなった。
西日本方面は大きな被害を齎す降雨量、当地域はどの程度降るのか気になるところ。

週末とて遊びに来ていた孫たちは外に出られず、家の中でオラを相手に運動会。
週に一度は逢わずに居られない可愛い奴らだが、オラは1時間半でスタミナ切れ。
その後も延々オラを小突き回し散々家の中を荒らしまわり、数時間後に意気揚々と引き上げて行った。
爺様と対等に遊んでくれるのももう暫くの間だけで、そのうちきっと相手にされなくなることだろう。
日に日に確実に成長していく彼らを見るのは嬉しい一方で、少しだけ寂しい部分も
あったりして・・・。

 

コメント