爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

16-11-30 高齢者講習

2016年11月30日 | ウダウダ日記

一瞬陽射しのこぼれる場面もあったが、ほぼ一日中曇り空。
1時間ほど隣地境の松の木の整枝、物置の片づけのあとは何もすることがない。
テレビをつけても見るでもなしに、炬燵の中でだらしなくごろ寝。
この時期ヘラブナをやらない限りは、全く暇を持て余すだけのオラである。

そう言えば運転免許更新に伴う高齢者講習の案内がきていたっけ・・・。
歳をとると何かと面倒なことが多くなるような・・・。
自動車学校のコースを走ることができるのか、視力の衰えが進んではいないか・・・。
少し不安を感じるものの、近日中には行っておかなくてはならぬ訳で・・・。

コメント

16-11-29 冷え込み

2016年11月29日 | ウダウダ日記

このところ足の先の冷えを感じる場面が多くなった。
以前には殆どなかったことだ。
年の割に身体が若いと言われるオラだが、やっぱりあちこちにガタがきている。
じわじわ進行する視力聴力記憶力の衰えに加え、昨今常態化している肩と腰の痛み。
入漁料が半額になる年齢を目の前にして、オラもついに病院通いの日々になるのか。
ご近所が集う場で、薬の量を自慢し合う日は近いのか。
折からの寒風に枯れ葉が転がる晩秋の歩道は寂しい・・・。

コメント

16-11-28 姫神山

2016年11月28日 | 季節の移ろい

田圃を渡ってきた風が、庭先にできた落ち葉の山を崩しながら通り抜ける。
裸になった裏の林の梢を大きく揺すって騒めく季節風である。
昨日まで小雨に濡れていた舗道はたちまち渇き、土埃も舞い上がった。

昔お世話になった恩人の墓参り。
啄木が愛した姫神山を眺めながら暫くぶりでのロングドライブ。
その帰り道、Tちゃんちに立ち寄りお茶をゴチになった。
夕方になって雪が舞う山間の集落、明朝までには積もるのかもしれない。

コメント

16-11-27 雨になった・・・

2016年11月27日 | 季節の移ろい

気温が少し緩んで未明から小雨模様。
庭の片隅でムラサキシキブの実が濡れて光る。
里山の麓にまで積もっていた雪は融けて、周辺は再び晩秋の装いに戻った。
道路情報カメラ、県内峠筋の路側にも雪は殆ど見当たらなくなった。
しかしこの状況は北東北とすれば平年並みなのである。
一方昨日現在で岩洞湖はターンオーバー真っ最中。
小石川の岸辺には薄氷も見られたとか。
今季の氷上釣り解禁は早いのか遅いのか気が揉める。

コメント

16-11-26 一面の降霜

2016年11月26日 | 季節の移ろい

一面の降霜、足元には立派な霜柱、彼方の岩手山は麓までの積雪。
クルマのボディは氷の華に被われ、息を吸えば鼻腔が痛い。
そんな早朝の景観も、このところは当たり前のようになってしまった。
しかしまだ11月、このまま厳冬期を迎えることはあり得ないだろう。
それにしても今年は随分短い秋だった・・・。

コメント

16-11-25 雪山

2016年11月25日 | ウダウダ日記

奥羽山系の積雪は、どうやらこのまま根雪となるようだ。
確かに今年は冬の訪れは早い。
体力旺盛の若かりし頃には、勤労感謝の日が待ち遠しかった。
オープン前の蔵王に出かけ、地蔵岳にスキーを担ぎ上げては滑りまくるのだ。
冬の訪れが早い年なら、蔵王温泉まで積雪を辿って何とか滑り降りることもできた。
あれから半世紀、年々温暖化が進み11月の初滑りはなかなか難しくなったことだろう。
しかし今年は県内代表スキー場の各コースがくっきり浮き上がって見えている。
既に初滑りを済ませた若者もあるかもしれない。
老いた今でも雪山へのあこがれはあるものの、もはや体力的にスキーは無理であろう。
が、北国に生まれ育った孫たちには、自然と触れ合う楽しさを伝える義務はありそうだ。

コメント

16-11-24 霜柱

2016年11月24日 | 季節の移ろい



暦の上ではまだ秋なのに真冬並みの冷え込み。
ヘラのエサボウルに汲み置いたまま放置した水が固く凍っていた。
庭の片隅の見事な霜柱は終日消えなかった。

岩洞湖も殆ど気温が上がらず真冬日を記録。
夕方にはさらに低下して2桁に届こうとしている。
浅場の岸辺がもう凍り始めているかもしれない。

コメント

16-11-23 寒風

2016年11月23日 | 季節の移ろい

空は晴れあがっていても冷たい風がビュービュー音を立てている。
山岳方面は何も見えず吹雪の真っ只中にあるらしい。
昨夜平地への雪はなかったものの、里山の手の届く付近まで薄化粧。
陽が上がっても気温はほとんど上がらず、爺婆は一日中炬燵から離れられない。
それでも身体がだいぶ寒さに馴染んできたためか、さほど辛さは感じない。
しかし予定していた春咲き球根の花壇への植え付けは先延ばしとしたオラであった。

カキの梢には頻繁にヒヨドリの姿。
彼らのために残しておいた実が熟すのを待って盛んについばんでいる。
軒下の干しガキもだいぶ縮んで、いい塩梅に仕上がってきた。
アユ竿を置いて丁度2ヶ月、季節はもうすっかり冬である。

コメント

16-11-22 冬将軍

2016年11月22日 | ウダウダ日記

表の通りを枯れ葉を巻き上げながら季節風が通り抜ける。
風に乗って何処からともなく何かが焦げる匂い。
先日、目の前の倉庫で火事があった際の第一通報者だったオラ。
このところ火の用心には神経質になっているだけに、気になって臭いを追跡。
近隣の農家が果樹畑の中で何かを燃やしているらしいことが解って一安心。
しかしこの風の中での焚火は誠に迷惑千万な訳で・・・。

で、比較的暖かいのは今日限り。
今夜からは冬型気圧配置が強まって、天気予報欄には雪マークも見られる。
いよいよ本格的冬の訪れなのか・・・、今日は二十四節気小雪。

コメント

16-11-21 冬仕舞い

2016年11月21日 | 季節の移ろい

穏やかな一日、街路樹も残る葉はほんの僅か。
あちこちに吹き寄せられていた落ち葉もあまり気にならなくなった。
温かさに誘われて、隣地境の生け垣を整枝。
午後になってまた肩の痛みに苦しむが、もう庭仕事は残ってはいない。

ワカサギ小物類も注文したし・・・。
あとは時折温泉に通ったりしながら、ひたすら厳冬期を待つだけである。

コメント

16-11-20 一陣の風

2016年11月20日 | 季節の移ろい

白く浮き上がって見えていたスキー場コースも目立たないほどに山の雪は融けてしまった。
早々と根雪になることが予想されていた北東北の山岳方面は例年通りの景観。
長かった夏から短い秋を経て足早にやってきた冬の入り口で、進み過ぎた季節はちょいと一休み。

街路樹のケヤキはすっかり落葉して丸裸。
西の田圃を渡ってきた一陣の風が足元の枯れ葉を空高く舞い上げる。
玄関先に驚きの堆積を作った落ち葉の山は、風向きが変わったことで一晩で姿を消した。
日ごと失われてゆく秋の彩り、1週間前に比べると周辺の景色はあまりにも寂しい。
そう言えば、日没も随分早くなって4時を過ぎるともう電灯が必要に・・・。

コメント

16-11-19 くもまっか?

2016年11月19日 | ウダウダ日記



早朝、東の空が深紅に染まった。
いわゆる朝焼けと呼ばれる現象なのだが、翌日の晴天を示す夕焼けとは異なり、数時間以内には確実に天候が崩れる予兆なのである。
やがて雨雲が全天を覆い、まさしく3時間後には梅雨時を思わせる雨が降り出した。
一日中降り続く雨、遊びに来ている孫たちはオラを巻き込み2階で大暴れ。

ケーシー高峰の医学漫談の中で、朝起きて空に真っ赤な雲を見たら健康に気を付けろと言う。
なぜなら「雲真っ赤」→「クモ膜下出血」。
オラも笑ってばかりはいられない年代な訳で・・・。

コメント

16-11-18 陽が射せばまだ秋

2016年11月18日 | 季節の移ろい

氷点下の朝となった。
厳寒の地薮川は-7℃台、裏の田圃の水溜りにも薄氷。
日中の気温は上がって小春日和。
明るい日差しの下で、周辺の秋を見つけることはまだまだ容易である。
葉が落ちて透けて見える林の奥に真紅のカエデのある風情がオラは好きだ。

本日やっと冬タイヤへの交換が済んだ。
あとはワカサギ道具を積み込めば、クルマの冬季仕様切り替えは終わる。
今季の氷上はどんな塩梅になるのだろう・・・、ドームは結構好調らしいが。

コメント

16-11-17 寒風

2016年11月17日 | 季節の移ろい

樹木は葉を落とし、向こう側がすっかり透けて見えるようになった。
空を覆った雲に陽が遮られるとたいまち冷え込みが始まった。
誰も居ない近くの公園、西の山を駆け下りてきた寒風が吹き抜けた。
明日朝は氷点下の予想だが、日中は気温が上がるらしい。
タイヤ交換、明日こそ・・・。

コメント

16-11-16 強風注意報

2016年11月16日 | 季節の移ろい

一晩中荒れ狂った季節風、朝になって天気は回復したがまだまだ残る強い風。
街路樹は大きく幹を揺すり轟音を立て、上空を流れる雲も異常に速い。
木々の葉は大分振るい落とされたが、それでもまだしぶとく残って晩秋の郷を彩る。
地面のある箇所では綺麗に吹き飛ばされ、ある箇所では新たな堆積の山を作る枯れ落ち葉。
本日もまた外に出るのは少々辛いが、意を決してインフルエンザの予防接種。
予定していたタイヤ交換は明日にしようかと・・・。

コメント