爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

21-12-05 雪道

2021年12月05日 | 季節の移ろい

今朝は5センチほどの積雪。
雲は多いけど陽射しもあります。
クルマの屋根から雪を降ろして食糧買い出しへ。
日中でも気温の上昇はなく、日陰では路面凍結もありそうなのでそろそろと走ります。
免許歴60年、何年経っても雪道は怖い爺様でありまする。
これからやや4ヶ月の雪道走行、何事もなく過ぎて欲しいものです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-12-04 近づく折り返し点

2021年12月04日 | ウダウダ日記

雲は多いながらも陽射しがあって散歩日和。
少しは腰痛の解消になるかと今日もほんの少しだけ歩いてみます。
紅葉が残ってるのはツツジ科の一部の樹種だけで、周辺は初冬の寂しい景色です。

3日後には二十四節気「大雪」、この日の日没時刻は1年のうちで最早になります。
その後は次第に日没時刻は伸びていきますが、昼夜比を決めるもう一方の日の出時刻は年明けの「小寒」の頃まで伸び続けます。
したがって昼夜比が最大になるのはその中間にある「冬至」の頃となります。
爺様の余命全てをアユ釣りに捧げたい思いがあるため、「大雪」「冬至」「小寒」は全て夏へ向けての大切な折り返し点と言うことになります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-12-03 渋柿

2021年12月03日 | ウダウダ日記

いつもの散歩コース、柿が熟れすぎて殆どが地面に落ちてしまっています。
オラの子供時分にはこんな勿体ないことなどありませんでした。
まだ渋が抜け切らぬうちから木によじ登って盗み食いしたものです。
近ごろではこれを採って喜んで食べる子供たちもいなくなったようで、沢山の実を着けたまま放置される多くの木を見ます。
この畑のお年寄りご夫婦も、もう干し柿づくりは止めたのでしょう。
我が家のヒラタネナシガキも高枝は全て切り戻し手の届く範囲にだけ実が着くようにしました。
その剪定1年目でしたので、今年は粒は大きいけど100個に満たない数でした。
娘夫婦も孫も食べないし先方の爺婆に食わせるのは癪なので、来年も思いっきり摘果してこんな数にとどめようかと思っておりまする。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-12-02 冬景色

2021年12月02日 | ウダウダ日記

クルマの屋根にはやや10センチ、湿雪ではありますが我が家における本格的な積雪です。
山は猛吹雪になってるのでしょうか灰色に煙っております。
薄日が差す中、上空に雲が伸びてくるたびに風に乗ってチラチラと雪が舞う一日です。
ルーフに積もった雪を振り落としながら忙し気に通り過ぎる社用車。
やっと北国らしい師走の景色になったようです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-12-01 嵐の後

2021年12月01日 | ウダウダ日記

唸りを上げていた風雨は夜明けまでには落ち着きました。
ぼんやりと暖かい南寄りの風が吹いています。
昼前には前線が通り過ぎて冬型気圧配置に変わります。
陽射しも零れますが北寄りに変わった風がいきなり冷たく感じるようになります。
車道はたちまち乾き落ち葉がカラカラと勢いよく転がっていきます。
2021カレンダーは最後の1枚、とうとう師走を迎えます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-30 嵐の前の静けさ

2021年11月30日 | ウダウダ日記

明朝から大荒れが予想されております。
今日は一日中穏やかで、まさに嵐の前の静けさであります。
青空を背景に裏岩手の連山と秋田駒連峰の北端小高倉山の滑降コースが見えてます。
あまりに気持ちがいいので、爺様は近場を徘徊してみました。
このポカポカ陽気がもっと続くことを願って止まない爺様なのであります。
しかし日が暮れる時刻はだいぶ早まって4時を過ぎるともう手元が見えにくくなってます。
明日からは12月、地学的事象からすれば昼夜比がそろそろ底を打つ頃合いですねぇ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-29 霜柱

2021年11月29日 | ウダウダ日記

今季最低気温の氷点下3℃、庭先に析出する見事な霜柱です。
キリリと締まったこの寒さは身体が馴染んで来たようで却って気持ちがいいぐらい。
岩洞湖は氷点下2桁、推測ながら全面結氷まで1ヶ月半ぐらいか。
漁協ブログにはここまで何の情報もありませんが、放流量は?ドーム船の営業は?
今、ターンオーバーの真っ最中かな。
今日も陽射しがありますが、日陰では昼になっても水溜りの氷も霜柱も融けませぬ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-28 放射冷却

2021年11月28日 | ウダウダ日記

冷え込み強く今朝も車のガラスはガリガリ、汲み置きの水にはガチンと厚氷です。
日中は北風に冷たさは感じるものの小春日和となります。
もうじき11月も終わりになります。
県内のスキー場の幾つかが昨日から営業を開始した模様。
雪がくるのが遅かった割には順調なスタートのようです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-27 氷点下

2021年11月27日 | ウダウダ日記

昨日の重い雨雪とは違ってふんわり軽い綿雪が降っています。
一瞬降り方が激しくなって周辺は見る間に白くなっていきます。
小鳥の水場にできた薄氷にもクルミを並べたテーブル上にも積雪1センチ。
上空は意外に明るく厚い雪雲は来てませんから、短時間で降り止むことでしょう。
我が家周辺における本格的な冬の到来です。
そろそろ家の水周りの凍結対策をしなくてはなりません。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-26 天候不安定

2021年11月26日 | ウダウダ日記

昨夜からの風雨は激しくなったり落ち着いたりを繰り返しながら夜が明けます。
北に裾野の先まで純白を纏った姫神山が見えています。
狩猟解禁になってるはずですが、今年はまだ発砲音が聞こえてこない志和三山。
天候は落ち着いたかに見えましたがやっぱり不安定なまま。
突然雲がとれて青空が広がったかと思う間もなく、黒雲が押し寄せて冷たい雨が降り出します。
時にボタ雪が混じり、昨夜できた水溜りはぼたぼた音を立てはじけながら波紋を作ります。
照度が落ちた中で水飛沫を上げながら前照灯を点けて通り過ぎるクルマ。
明日は小春日和に期待・・・。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-25 雪身近に

2021年11月25日 | ウダウダ日記

日増しに寒さは募り雪はさらに身近なところまで降りてきました。
今朝方クルマのフロントにはシャーベット状ではありますが雪の形跡。
我が家における初雪の確認であります。
周辺の散策は春まで休止した方が良いかも知れませぬ。
サンデー毎日たる爺様の次なる楽しみは氷上のワカサギ釣り。
ソリを曳き岩洞湖の奥地へ向けての氷上散歩が待ち遠しいこの頃であります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-24 初雪

2021年11月24日 | 季節の移ろい

今朝方の盛岡は平年に2週間遅れの初雪となりました。
市内西南端にある我が家周辺では平地での積雪は見られなかったものの、里山のもう手の届くところまで雪が来ています。
かつて11月末の積雪がそのまま根雪になったこともありましたが、その頃に比べますと誠に温かい冬の入り口なのであります。
今日も裏の林からリスが来て、盛んに土を掘り与えたクルミを溜めこんでいます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-23 里山の雪

2021年11月23日 | ウダウダ日記

昨日にも増して寒い一日。
ミツマタもシロバナシャクナゲも蕾のまま冬を越します。
終日冷たい雨、目の前の里山はすっぽり雲の中。
その雲間から一瞬だけ覗いた志和三山箱ヶ森山頂部には明らかな積雪が確認できました。
R455外山、R106区界、R46仙岩峠、R4奥中山など主要道の峠筋も雪景色。
いよいよやってきた冬将軍、明朝は平地でも雪景色が見られそう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-22 氷雨

2021年11月22日 | 季節の移ろい

二十四節気小雪でしたが雪にはならず、朝から冷たい雨が降っています。
今日から北日本地域は大荒れになる可能性もありそうです。
24日は当地方にも今季初めての雪マークがつきましたが・・・。
足元から寒さが這い上がってきました。
さっさと家に帰って炬燵に潜りましょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21-11-21 穏やかな日も今日まで

2021年11月21日 | ウダウダ日記

朝は良く冷え込んで裏の田圃は一面の降霜。
岩手山の雪はその後増えてるようには見えませんが、寒さだけは確実に増しています。
しかし日中は気温が上昇して本日も穏やかな秋の一日。
庭先の樹上にしぶとく残っていた枯葉もことごとく散って表の通りがスケスケ。
炬燵に入り茨城から届いたカキを食いながらボーッと窓の外を眺める爺婆でありまする。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする