爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

06-12-31(日) 雪のない大晦日

2006年12月31日 | インポート

歳とってからの月日の流れは非情なまでに早く、全くもって待ったなしですなぁ。
気がつくと、今年もまたありがたくもない大晦日を迎えてしまったッス。
悲しきかな、着実に冥土への道をひた走っているオラでありまする。
それにしましてもこの雪のない年越しって、過去に記憶のないことでありますよ。
年が明けたら、或いは桜が咲く頃になって、ドカンと豪雪がくるんと違いますか。

ま、様々の事件のあった我が家ではありましたが、なんとか危機を乗り越えてここまできたことに、深く深く感謝しつつ、今宵は爺婆だけで静かに除夜の鐘を聞くことにいたしましょう。

皆さま方におかれましても、良いお年を迎えられますこと願っておりまする。

 

コメント

06-12-30(土) 正月支度

2006年12月30日 | インポート



元日の朝は防寒着の襟を立て、吹き荒ぶ吹雪に首をすくめながら圧雪の参道を辿って初詣・・・って言うシチュエーションは、やっぱりなさそうだねぇ。
本州で最も寒いとされる盛岡ですが、どうやらこんな春のような光景のまま、年が明けてしまいそうでございます。
オラは帰省客で混雑が始まった主要道を通って、朝一番は正月飾りや食材の買出しであります。
午後は松を飾り、神棚を掃除、餅つき機を引っ張り出して娘たちの分までコネコネします。
しかして年越しの準備が完了です。
そしたら、否応なしに正月気分になってくるから不思議なもんだよなぁ。

 

コメント

06-12-29(金) 正月休暇

2006年12月29日 | インポート

朝のうちは忙しげに往来していたクルマも、午後になると次第に数が減ってきました。
もうじき周辺のビジネス街には、1週間以上にも及ぶ大型連休による静寂が訪れます。
今日の盛岡は冷たい季節風の中、ふんわりと軽い雪が舞い上がり舞い落ちて、見る間に枯れ木に純白の花を着けていきます。
このままでいきますと、いつものように凍てついた雪を踏み締めての元朝参りがありそうですね。


 

コメント

06-12-28(木) 嵐が去って

2006年12月28日 | インポート

ほんのりと朝焼けに染まった東の空、薄雲を透かして青空も見えていたのに、いつの間にか灰色に覆われて、昼前にはまたまた雨降りとなっております。
今回の冬の嵐は沿岸部において、鉄道などに幾つかの被害をもたらしておりまする。
我が実家方面でも、沢から道路上に溢れ出た土砂の始末に追われているとか・・・。
今日の北上川もかなりの増水、雪シロを思わせるような白濁の流れでありましたがな。

 

コメント

06-12-27(水) 爆弾低気圧?

2006年12月27日 | インポート

あと数日で正月だと言うこの時期になって、まるで梅雨時のようなナマ暖かさです。
冷房完備夏型住宅の我が家にあっても、今朝だけは寝起きの縮みあがる寒さなどありませぬ。
昨夜からの雨は絶え間なく続き、時には激しい降りとなって車道が川になって流れます。
県南部には大雨洪水警報発令だと・・・。
さて大掃除から免れたオラは、これから何をすんべか・・・。

コメント

06-12-26(火) 甦れアユ河川

2006年12月26日 | インポート

冬の嵐が近づいているそうな。
明日は北東北もきっと雨模様でしょうなぁ・・・。

沿岸南部の孵化場から県内外の中間育成施設に向けて、稚アユの出荷が始まったとニュースが伝えています。
現在は5センチほど、数ヶ月かけて10センチ前後に育ててから各河川放流となります。

岩手県の中央を貫流する北上川の川端に出てみました。
いつの頃からかぱったり途絶えてしまったアユの天然遡上、今は生き物の気配すら感じられない冷たい流れですが、来夏こそ激しい生命の躍動が見られることを願わずにはいられません。
甦れ・・・、みちのくの大河。

コメント

06-12-25(月) 気を取り直して

2006年12月25日 | インポート

老いた夫婦だけのなぁ~んにもない寂しいクリスマスイヴでした。
ケーキもなければローストチキンもない・・・。
ただ、外には合計6960円の安物豆電球が、チカチカと虚しく瞬いておりましたなぁ。
1年の中でイヴだけは特別な日、オラにだって懐かしいような悲しいような胸がキュンとなるような昔が、一つふたつはあったのっしゃぁ・・・・・似合わねぇけど。
それがイヴだからって、特別な感情なんぞ湧いてきやしない・・・って、いつ頃からだったべなや。

明けて快晴の一日、さあ、気を取り直して倉庫の掃除でもすっかなぁ。

コメント

06-12-24(日) ホワイトクリスマス

2006年12月24日 | インポート

も少し降って欲しかったのですが、昨夜の雪はようやく地面が隠れる程度。
それでも周りは一面の雪景色、どうにかホワイトクリスマスらしくなっています。
去年の今頃だと、もう70~80センチほどになっていたような気もしますが・・・。
路面に踏み固められた僅かの雪は、たちまちアイスバーンを形成します。
おっとぉ・・・(冷汗)、ブレーキを踏むたびにABSがグリグリと動作するぜ。

あら・・・、孫にプレゼントってかぁ・・・・・、来年からでいいかね。

 

コメント

06-12-23(土) 雪降りになるかと思いきや

2006年12月23日 | インポート

気温の下がった早朝は、降霜で一面が真っ白となりました。
こんな光景って、本来は11月に見られるものですよね。
その後はいかにも軽そうな雪がチラチラ舞い出して、どんどん激しくなってきて、本格的な雪降りを想像させたのですが、午後には雪雲が途切れて陽射しも現われます。
それでも遅ればせながら、なんとなくクリスマスの雰囲気は出てきましたがな。
ま、オラんちには殆ど関係ございませんが・・・。

コメント

06-12-22(金) 残念ながら暖冬か?

2006年12月22日 | インポート

季節の大きな節目「冬至」であります。
寒さ嫌いのオラが、二十四節気の中で最も待ち焦がれる日でもあります。
明日からは季節感は右肩上がりに推移し、6月の「夏至」でピークを迎えます。
しかし寒さが底を打つ日は、まだ1ヶ月も先のこと。
堆積した落ち葉を掻き分けてみますと、案の定もうフクジュソウが顔を出しております。
このままあっさり花を着けてしまうとは思えませんが・・・。
それにしてもこの暖冬傾向はいつまで続くのでしょうかねぇ。
昨年の今頃だと、もう何回も雪掻きに追われていたような・・・・・。

コメント

06-12-21(木) 疲れ

2006年12月21日 | インポート


  シロバナシャクナゲの冬芽

このごろは一晩だけの睡眠じゃ、なかなか疲れが抜けないオラ・・・。
睡眠不足、一日中の立ちんぼ、寒さの中の飲まず食わず出さずでの集中力発揮、目的を果たせぬまま失意の長距離ドライブ、60年以上生きていい加減くたびれた身体にいい訳ゃないよね。
そう言えば、小便のキレも悪くなったなぁ。
終わったかとしまいこんだあとに、必ずジョボッともう1、2滴出るもんなぁ・・・。

 

コメント

06-12-20(水) 今季三度目

2006年12月20日 | インポート


  国定公園男鹿半島「大桟橋」

早起きして今季3度目の男鹿釣行。
「今日は凪がいいから釣れっと・・・」と渡船屋のオヤジに励まされ、勇躍臨んだ大桟橋でした。
結果はいつもの通り・・・・・、惨めな敗北であります。
朝からず~っとエサ盗りのタナゴと子マダイ、小メジナが磯から離れず、ひたすら養殖事業に精を出すこととなったのです。
オラ、もう今年の分は勘弁してやることにしたぜ。

     

 

コメント

06-12-19(火) 貧乏性

2006年12月19日 | インポート

年の瀬もいよいよ押し詰まって、2006年も残すところ2週間弱です。
今日も朝ション、クシャミ、オナラの3点セットでオラの賑やかな一日が始まります。
今朝はそれにセキが加わったため、あまりの騒々しさにカカァにしかられる破目に・・・。

今日は過日取り付けた電飾に加えて、思い切ってさらに2980円分を追加したのす。
貧乏性の常で、売り場で散々悩んだ挙句に超安物を買って・・・。
しかしあまりの寒さにバイメタルが動作せず・・・って、やっぱしみすぼらしいままだよ。

    

コメント (3)

06-12-18(月) 雪乞い

2006年12月18日 | インポート


空は晴れてもやけに風の冷たい一日でした。
奥羽の山並みは吹雪の真っ只中でしょうか、白く煙ったままで殆ど姿を見せることはありません。
日が傾いて、表は小雪がチラつき始めました。
防寒着のフードを目深にして、学校帰りの女の子が通ります。
北国の学校はもうじき冬休みですが、こんなに雪が降らないと楽しみも半減だよね。
でも北東北の冬が、このままで終わるはずもないでしょうから・・・。
コメント

06-12-17(日) 雨から雪へ

2006年12月17日 | インポート


 ピラカンサ

朝からの雨がボタ雪混じりのミゾレとなって、午後にはすっかり雪に変わります。
それでも気温はまだプラス側、シャーベット状の道をクルマは飛沫を上げて過ぎて行きます。
不景気のさ中にあっても、師走の第3日曜日は民間のボーナスサンデー。
あいにくのお天気ながら、街の中がとっても賑やかです。
いまだしばれる状態のないこの冬、なんでこんなにも暖かいのさ・・・。

コメント (1)